動画編集

無料で勉強できる動画編集スクールはある?コストを押さえるコツやおすすめの動画編集スクールを解説

「無料で勉強できる動画編集スクールはある?」
「コストを押さえて動画編集スキルを身につけるには?」
「無料で動画編集スキルを身につける方法は?」

YouTubeやその他の動画配信プラットフォームの普及に伴い、副業として「動画編集」に注目が集まっています。

動画編集スクールも増えており、授業料が高めなものから安いものまでさまざまです。

しかし、安いといっても決して小さくない金額であるケースも多いことから、冒頭で挙げた疑問を抱えている方も、なかにはいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな方々のために、無料でアクセスできる動画編集の学習リソースや、関連ソフトを実質無料で利用できるスクールの情報を詳しく紹介しています。

動画編集は、始める際のコストを抑えやすい点が特長です。

今回ご紹介する学習方法を取り入れれば、必要な投資も大幅に減少し、効果的に学び始められますよ。

\Chapter Twoなら月々8,933円!/

Chapter Two動画編集コース_300-250-20231204

コース料金
298,000円~ ※最大10万円分OFF!
マンツーマン指導
あり
サポート体制
無制限
受講スタイル
オンライン完結でいつでも受講できる!
Chapter Twoのおすすめポイント
  • ☑受講生の満足度95%!
  • ☑動画編集スキルと営業スキルが身につく!
  • ☑入学から卒業後もマンツーマンサポート!

動画編集にはある程度のコストが必須!?

結論から言うと、全くお金をかけずに動画編集のスキルを習得するのは、ほぼ不可能といえます。

というのも、動画編集をするうえでは必ず揃えなければならないツールがあるからです。

独学する場合でも、ある程度の出費は必要なので「ゼロ円で動画編集スキルを習得する」のは基本的に不可能だと考えてください。

次の章では、動画編集にはある程度の出費が避けられない根拠として、動画編集に必須のツールともいえるソフトについて詳しく解説します。

動画編集の勉強には関連ソフトが必要

動画編集の学習を始める多くの方が直面する問題として、必要なソフトウェアが挙げられます。

特に初心者の方々は、無料で学べるスクールや教材を探す一方で、実際に編集作業を進めるためのツールにかかる費用を、適切に計算しなければなりません。

たとえば、動画編集に広く利用されているAdobeの「Premiere Pro」や「After Effects」です。

これらは業界で非常によく使われるツールであり、機能性と専門性から多くのプロフェッショナルに支持されています。

Adobe CC(Creative Cloud)には、これらのソフトが含まれており、月額6,480円、年間で77,760円の費用がかかります。

この金額は、初めて動画編集を学ぼうと考えている方には少々高額に感じられるケースがありますが、動画編集者として収入を得るには、必須ともいえるほど重要なソフトです。

無料の動画編集ソフトもありますが、これらは基本的な機能を備えているものの、プロとして活動するためには、Adobeのような高機能なソフトウェアの知識とスキルが求められる場面が多く、機能不足は否めません。

動画編集にかかる費用は投資と考えよう

上で解説したような背景を考慮すると、Adobeのソフトウェアは自分への「投資」と捉えられます。

将来的にはこの投資こそが、多くの仕事の機会や収入アップをもたらす可能性を高めます。

もちろん、初めての出費としては決して安くはありませんが、プロフェッショナルなスキルや知識の習得、そして将来のキャリア構築のための投資と捉え直すことで、価値を見出してください。

コストを押さえて動画編集技術を身につけたい方におすすめの動画編集スクール5選

上で解説したように、Adbobeソフトの利用には費用がかかるため、完全無料で動画編集技術を身につけるのは、ほぼ不可能です。

しかし、受講料が安い動画編集スクールもあります。

動画編集は高度な専門的技術や知識が求められる作業です。

ある程度の費用は自分への投資と考え、受講料の安い動画編集スクールへの受講をおすすめします。

ここではそんな動画編集スクールのなかでも、特におすすめのスクールを5校厳選して紹介します。

以下に挙げる5校を見てください。

  1. Chapter Two
  2. デジハク
  3. Udemy
  4. STUDIO US
  5. デジタルハリウッドAdobeマスター講座

➀Chapter Two

受講料 398,000円(税込)
※分割払い月々8,933円~
入会金 記載なし
習得できるスキル
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • 名刺作成 など
学習期間 12週間
受講形態 オンライン
おすすめポイント 営業活動に講師が3回まで同行してくれる

Chapter Twoは、多くの動画編集スクールとは一線を画す、クリエイター育成スクールとして知られています。

その特徴は、講師の質と独自のカリキュラムにあります。

Chapter Twoが強調しているのは、「営業スキルの習得」です。

Chapter Twoの理念は「自立」を「案件獲得から制作、納品までの一連の流れを一人で完遂できる能力」としています。

Chapter Twoが目指すのは、この「自立」を実現できる技術の習得です。

そのため、学べるのは動画制作の技術だけではありません。

案件を獲得するための営業技術や、商談時のコミュニケーションスキルも習得できる点が、受講者にとっての大きな価値です。

特筆すべきサポートとして、講師が受講者の商談に最大3回まで同行するというサービスがあります。

このような実践的なサポートが、フリーランスとして独立したい方や映像制作会社への就職を希望する方に、実務の現場での役立つスキルやノウハウを提供しています。

また、提供されるレクチャーや講座は、再視聴が可能なので、受講者が自分のペースで学び直せるのも利点の一つです。

②デジハク

デジハク
受講料
  • デジハクコースREG/148,000円(税込)
    ※分割払い月々6,200円(税込)~
  • デジハクコーPRO/248,000円(税込)
    ※分割払い月々10,340円(税込)~
入会金 無料
習得できるスキル
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe illustrator など
学習期間
  • デジハクコースREG/90日間
  • デジハクコースPRO/180日間
受講形態 オンライン
おすすめポイント 教材を24時間いつでもオンラインで視聴できる

デジハクは、自ら独学でプロフェッショナルレベルに達した講師陣が指導する、価格帯が手頃な動画編集スクールとして注目されています。

スクールのカリキュラムは、AdobeのPremiere ProとAfter Effectsをメインに使用しています。

基本技術の習得の次に、さまざまなジャンルの動画制作を実践的に取り組んでいるのが特徴です。

ポートフォリオ作成時には、クライアントの視線を意識しながらの添削サポートが受けられるため、求職活動時の強力なサポートとなります。

デジハクでは、二つの主要コースが提供されていおり、「デジハクコースREG」は編集技術を深めるためのコースで、148,000円(税込)の価格にて90日間のサポートが受けられます。

「デジハクコースPRO」では、動画制作の全領域を網羅し、248,000円(税込)で180日間のサポートつきです。

特に魅力的なのは、入学金が全くかからないので、コストを抑えたい人にも向いています。

③Udemy

Udemy
受講料
  • カリキュラムによる
入会金 無料
習得できるスキル
  • コースによる
学習期間
  • 買い切り型のため無期限
受講形態
  • オンライン
おすすめポイント 動画教材の数が豊富

Udemyはアメリカ発の巨大なオンライン学習プラットフォームとして有名です。

このプラットフォームでは、世界各国から集まる専門家や講師たちが180,000件を超えるコースを提供しており、その中でも動画編集に関連する講座は特に人気があります。

動画編集のカテゴリーにおいて、初心者向けの基本的な編集ソフトの操作講座から、経験者向けの高度な編集技術、さらには映像コンテンツのマーケティング戦略に至るまでの幅広いトピックが取り扱われています

これらの講座は、初級、中級、専門の3つのレベルに分けられており、学びたい内容や現在のスキルレベルに合わせて、自分に最適なコースをピンポイントで選択できるのも魅力です。

また、Udemyはセールを頻繁に行っており、特定の期間になると、元々10,000円以上だった一部の講座が大幅に値下げされる場合があります。

このようなセールを上手く利用すれば、高品質なコンテンツをリーズナブルな価格で手に入れることができるため、学びたいコースがある方は、Udemyの公式サイトでのセール情報を定期的にチェックしましょう。

④STUDIO US

studious
受講料
  • 動画編集コース:55,000円(税込)
    ※分割払い月々4,584円〜(税込)
  • 動画クリエイターコース:99,000円(税込)
    ※分割払い月々8,250円〜(税込)
入会金 記載なし
習得できるスキル
  • マーケティングスキル
  • 実践式動画制作ステップ
  • Adobeソフト各種
学習期間
  • 6か月
受講形態
  • オンライン+通学
おすすめポイント 700本以上ものオンライン動画講座が公開されている

STUDIO USが提供する動画クリエイターコースは、動画編集の世界への第一歩を踏み出そうとする初心者たちを主な対象として設計されています。

このコースは、副業としての動画制作から独立したフリーランスとしてのキャリア、さらには映像業界のプロフェッショナルを目指す者たちにとって、充実した学びの場となっています。

Adobeの主要なソフトウェアであるPremiere Pro、Illustrator、Photoshopの操作方法やテクニックを始めとして、これらのツールを駆使した高度な画像編集や動画編集の技術を学べるので、Adobeの使用が初めての方でも安心です

さらに、デジタルリテラシーの向上を目的とした教材も用意されており、デジタル時代の情報収集やコミュニケーションの基本を習得できます。

また、映像業界で成功を収めるための営業スキルやクライアント対応のノウハウに関する教材も充実しているなど、多岐にわたるスキルを身につけられます。

⑤デジタルハリウッドAdobeマスター講座

デジタルハリウッドAdobeマスター講座
受講料
  • 39,980円(税込)
入会金 記載なし
習得できるスキル
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Premiere pro など
学習期間
  • 3か月
受講形態
  • オンライン
おすすめポイント 主要Adobeソフトが安く利用できる

動画編集の道を完全未経験から探求したい方には、デジハリONLINEの「Adobeマスター講座」がおすすめです

この講座を選ぶ最大の魅力は、Adobe公式サイトでの価格の約半額、39,980円でAdobe CCを使用できる点にあります。

さらに、デジハリONLINEが20年の長きにわたり培ってきた実践的な知識と技術を、46時間にわたる基礎動画教材として提供しています。

この教材は1ヶ月間制限なくアクセス可能で、マイペースを維持して学習したい人にもぴったりです。

基礎教材の学習を終えた後、受講者はプロフェッショナルなクリエイターからの添削を受けられる課題を提出します。

また、デジハリONLINEの効率的なシステムにより、受講料を支払った後、わずか10分で学習を開始できるのも嬉しい点です。

⑥たのまな Adobeベーシック講座

たのまな Adobeベーシック講座
受講料
  • 1か月プラン/39,980円(税込)
  • 3か月プラン/45,800円(税込)
  • 12か月プラン76,800円(税込)
入会金 無料
習得できるスキル
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Premiere pro など
学習期間
  • 1か月~12か月
受講形態
  • オンライン
おすすめポイント 3つの学習期間が選べる

動画編集の独学に挑戦する際の不安や疑問を解消してくれるのが「たのまな Adobeベーシック講座」です。

デジハリONLINEと同じく、39,980円~というコストパフォーマンスの高さで「Adobe CCの1年利用+1ヶ月講座受け放題」を提供しています。

その上、何度でも利用できる質問サポートが含まれているので、不明な点がそのままになる恐れもありません。

動画編集の初挑戦では、未知の課題や疑問が次々と浮かび上がるものです。

そんな時、「たのまな」のシステムを通じて手軽に質問ができるのは、学習過程での大きな安心感といえます。

このサポートを通じて、学習者は問題の解決と同時に「なるほど!」という納得感や成果を体感でき、学習のモチベーションを持続にもつながります。

また、1ヶ月の講座で内容をすべて吸収するのが難しいと感じる方のために、「3ヶ月」や「12ヶ月」といった長期コースも選べるので、学習の進度や深さに応じて適切な期間を選択できるのも魅力です。

無料で利用できるAdobeオンライン講座2選

Adobeの公式サイトでは、動画編集に関連するソフトのチュートリアルを、無料で後悔しています。

気になる方はぜひ視聴しましょう。

Premiere Proチュートリアル

Premiere Proチュートリアル

Adobe社が公式サイトで提供している「Premiere Proチュートリアル」は、動画編集の初心者から中級者を対象とした質の高い学習リソースです。

このチュートリアルは無料で利用でき、Premiere Proの基本的な操作方法から、より専門的な編集技術までを網羅しています。

チュートリアルには、カット編集やエフェクトの追加といった基礎的な操作から始まり、現役YouTuberによるアドバイスやテクニックが含まれるなど、内容の豊富さが魅力です。

こうした質の高い情報が無料で公開されているのは、嬉しいですね。

また、全部で100種類以上ものチュートリアル動画が揃っており、それぞれの動画が具体的なテーマやテクニックに焦点を当てて解説されています。

これにより、ユーザーは自分のニーズや興味に合わせて学びたい内容を選択し、効率的にスキルアップを図れます。

Adobe CreativeStation

Adobe CreativeStation

Adobeは公式サイトだけでなく、公式YouTubeチャンネルでもさまざまな教材を提供しています。2

2,000本以上の動画がアップロードされており、なかには初心者向けの「超入門編」や、プロのアーティストの編集手法を直接視聴できる「アーティストに学ぶ」シリーズなど、多岐にわたる内容が含まれています。

「これだけの動画があると、どれを選んで見れば良いのか迷ってしまう」という声もあるかもしれませんが、心配はいりません。

動画はテーマごとに再生リストに整理されているので、特定のトピックや技術に焦点を当てて学習できます。

YouTubeは定期的に更新されるプラットフォームであり、Adobeも新しい情報やテクニックを継続的にシェアしています。

公式サイトの教材だけでは満足できない方、もしくは最新の情報を求めている方には、このYouTubeチャンネルは貴重なリソースです。

まとめ~動画編集スキルを無料で完璧に習得するのは難しい~

この記事では、動画編集スキルを無料で学びたい方に向け、おすすめの動画編集スクールや講座などを解説しました。

動画編集には関連ソフトが必要です。

なかには無料のソフトもあるものの、実際の動画編集の現場では、Adobeが提供する「Premiere Pro」や「After Effects」といった有料ソフトが使用されるケースが一般的です。

ソフトの利用に費用が発生する以上、完全無料で動画編集のスキルをマスターするのは、ほぼ不可能といえます。

動画編集の学習に発生する費用は「自分への投資」と考えて、ある程度の出費は覚悟しましょう。

どうしても費用をかけたくない場合は、書籍での独学や安い動画編集スクールの受講などで、コストを抑えてください。

 

\Chapter Twoなら月々8,933円!/

Chapter Two動画編集コース_300-250-20231204

コース料金
298,000円~ ※最大10万円分OFF!
マンツーマン指導
あり
サポート体制
無制限
受講スタイル
オンライン完結でいつでも受講できる!
Chapter Twoのおすすめポイント
  • ☑受講生の満足度95%!
  • ☑動画編集スキルと営業スキルが身につく!
  • ☑入学から卒業後もマンツーマンサポート!
無料相談会はこちら