動画制作の基礎知識

動画制作のクレジット表記とは?書き方の例も紹介

動画制作のクレジット表記とは?書き方の例も紹介-アイキャッチ

動画制作で著作者や提供者を明記するクレジット表記は、動画の種類や言語によって異なります。

特に英語でクレジット表記をする場合、表記の仕方が難しいので事前の確認が必要です。

そこで今回は、動画制作におけるクレジット表記をどのように書けば良いのか、英語や日本語の例を載せて詳しく解説します。

記事の後半では、動画制作のクレジット表記を書く際に考えるべきポイントや注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作のクレジット表記って何?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画制作には基本的にクレジット表記が必要です。

クレジット表記とは、音楽や画像の提供元など動画制作で使用した各コンテンツの著作者や提供者を記載することです。

上記以外にも、実写動画であれば動画に出演しているキャストや動画の制作者などの情報も載せます。

動画制作では、動画の最後にクレジット表記が必要です。

映画を観る際、映画の最後にキャストや制作者の名前が記載されるエンドロールは知っている方が多いですよね。

映画のエンドロールはエンドクレジットとも言い換えられ、エンドロールに記載されているような情報を動画制作でも最後に作成します。

動画制作におけるクレジット表記では、著作者や提供者以外にも、使用制限のルールを記載する場合があります。

また、音楽や画像の素材を提供しているサイトによっては、クレジット表記の参考を載せている場合があるので、確認してみましょう。

動画制作のクレジット表記の例

動画制作では、最後のページにクレジット表記が必要ですが、具体的にどのような表記がされるのか紹介します。

動画制作におけるクレジット表記の例としては、主に以下があります。

英語表記 日本語表記
Music: 音楽
Shooting Location: 撮影場所
Produced by: 制作
Edited by: 編集
Directed by: 監督

動画制作におけるクレジット表記では、以上のような表記がよく使われます。

英語表記であれば、「by」の後に該当する個人名やチーム名を記載しましょう。

動画制作のクレジット表記に悩んでいる方は、一部の例としてぜひ参考にしてみてください。

動画制作のクレジット表記には何を書く?

疑問に思う女性

動画制作においてクレジット表記が必要だと紹介しましたが、初めて動画制作を行う場合何を書けば良いか分からない方は多いですよね。

クレジット表記に必要な項目を知らないと、動画制作が終わった後にもう一度調べ直す等の手間がかかります。

動画制作を効率良く進めるためにも、事前にクレジット表記に必要な項目を把握しましょう。

動画制作のクレジット表記には、以下の内容を記載することが一般的です。

  • 動画の出演者
  • 動画撮影の場所
  • 動画制作に携わった方

基本的には動画制作に関する全ての情報を記載する必要があります。

そのため動画制作において、企画や構成、カメラマンや編集者なども記載するようにしましょう。

動画の制作者において、より詳細に紹介すると以下の通りです。

  • 企画
  • 監修
  • 制作
  • 編集
  • カメラマン
  • 制作協力

動画制作のクレジット表記には、上記の項目を忘れずに記載しましょう。

また動画制作に協力してくれた方についても、協力や制作協力として、記載が必要です。

動画制作のクレジット表記は厳密に定義されていない!

動画制作のクレジット表記に必要な項目や、誰がどの項目に当てはまるかなどは、厳密に定義されているわけではありません。

基本的に記載するべき項目は決まっていますが、全てに決まりはないので気を付けましょう。

例えばクレジット表記において、誰が協力なのかなど明確に定義されていないですね。

動画制作する人によって、捉え方には多少違いがあるため、必ずこのような項目で誰を記載しなければならない、などはないので安心しましょう。

クレジット表記を記載する際は、1人で全て決めるのではなく、周りと話し合うことがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作のクレジット表記で考えておくポイント!

ポイントを指す女性

動画制作のクレジット表記では、考えるべきポイントが主に以下の2つあります。

  • 英語表記か日本語表記か
  • クレジット表記に載せる順番をどうするか

クレジット表記を記載する場合は、事前に上記を考えておきましょう。

ちなみに、クレジット表記として英語表記をイメージする方が多いですが、日本国内向けの一般的な動画であれば、日本語表記がおすすめです。

例えば日本向けの動画をYouTubeなどに載せる場合は、日本語表記が分かりやすいでしょう。

YouTubeでは動画を上げていく内に、視聴者の層が変わることがあるので、視聴者に合わせて英語表記に変更することもあります。

クレジット表記の言語は、動画制作の目的やターゲットを参考に決めると良いですよ。

またクレジット表記において、基本的に以下の順番が多いです。

  • 動画のキャスト
  • スタッフや制作会社
  • 監督

クレジット表記は一般的に上記の順番であり、キャストはメインとなる方から順に記載しましょう。

動画制作のクレジット表記では著作権に注意!

人差し指を立てる女性

動画制作において、協力してくれた方はクレジット表記として記載しますよね。

クレジット表記で記載した協力者などは、完成した動画制作の著作権について、取扱に注意が必要です。

動画制作では協力してくれた方と、話し合いや修正を繰り返して動画制作を行います。

場合によっては動画制作に大きく協力してもらうため、事前に内容確認がないと動画制作が進まないこともあります。

そのような動画制作の協力者とは、動画が完了した後の動画の著作権について、関係性を意識しましょう。

例えば完成した動画を他のメディアで流す際は、動画に携わったキャストや制作者だけでなく、協力者にも確認することがおすすめです。

動画制作でクレジット表記を入れるメリット

おすすめ

動画制作にはクレジット表記が必要ですが、なぜ記載するのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

動画制作でクレジット表記する目的としては、動画という著作物の制作に関わった著作者の権利を表示することです。

著作権は自動的に発生する権利なので、クレジット表記がないと著作権が発生しないわけではありません。

しかし動画制作を含めたあらゆる著作物において、クレジット表記を入れるメリットがあるので、覚えて置きましょう。

動画制作でクレジット表記を入れるメリットは主に以下の通りです。

  • 著作物に関する著作者の権利が明確にできる
  • 無断転載を防止できる

動画制作でクレジット表記をすることで、無断転載を防げることは大きなメリットです。

クレジット表記には意味があるので、必ず動画の最後に入れるようにしましょう。

動画制作における著作権って?

動画制作における著作権とは、著作者が著作物における上演などを独占する権利です。

著作物において、例えば以下について限定することができます。

  • 動画の配信媒体
  • 動画の公開期間

動画制作の著作権は動画制作会社に帰属することが一般的です。

基本的に動画制作に携わった、ディレクターやプロデューサーを著作者とするケースが多く、動画制作のクレジットにも記載されます。

そのため、会社紹介や商品紹介などを目的として、動画制作を外部に依頼した場合は、動画を新たな用途で使いたい時に依頼先に確認が必要です。

また、動画制作において利用する音楽や画像の著作権にも注意しましょう。

特にフリー素材を使用する際は慎重に確認が必要です。

クレジットとして、動画内で利用した画像や音楽を明記することで、無断で利用していないことを伝えられるので、忘れないようにしましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作でクレジット表記を忘れたくなければプロに依頼しよう

むびる
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画編集や動画制作を依頼するのであれば、むびるに依頼するのがおすすめです。

「むびる」とは、全国の動画クリエイターと依頼者をマッチングしてくれるサービスです!

厳正な審査に通過したプロの動画クリエイターが動画制作を対応するため、コストを抑えつつクオリティの高い動画制作を考えている方におすすめです。

自分で動画制作をしようとして挫折してしまった方は、ぜひ利用してみてくださいね。

またむびるは24時間LINEで相談無料できるので、まずは一度無料相談から利用してみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作ではクレジット表記を忘れないようにしよう!

動画制作においてクレジット表記は、著作者や提供者を明記するために重要な情報です。

クレジット表記がなくても著作権は自然に発生しますが、表記があることで視聴者へ信頼感を与えられます。

動画制作のクレジット表記では以下の項目を記載し、動画の最後に入れましょう。

  • 動画の出演者
  • 動画撮影の場所
  • 動画制作に携わった方

クレジット表記が難しい場合は、動画制作を外注することもおすすめです。

しかし動画制作を外注する場合、自社制作に比べて費用が高くなる不安もありますよね。

以下の記事では動画制作を依頼した際の費用相場を紹介しているので、気になる方は一度チェックしてみてください。

LINEから無料相談