動画編集の基礎知識

動画編集ってどれくらいかかる?工程別の目安時間や時短方法も解説

動画編集ってどれくらいかかる?工程別の目安時間や時短方法も解説-アイキャッチ

動画コンテンツの人気が高まるにつれて、動画編集に興味を持つ方も増えていますよね。

動画編集ってどれくらいかかるんだろうと疑問に思う方や、実際動画編集を始めてみると想像以上に時間がかかるという方も多いのではないでしょうか。

動画編集は意外と時間がかかる作業であり、1日かけて取り組むこともあります。

そこで今回は動画編集にはどれくらいかかるのか、工程別にかかる時間の目安について詳しく紹介します。

記事の後半では動画編集の時間を短縮する方法や、動画編集に時間がかかってしまう原因についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集ってどれくらいかかるの?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

実際に動画編集にかかる時間は、動画編集になれているのか、どのような動画編集を行うのかでおおきく異なります。

そのため一概には言えませんが、初心者や動画編集に慣れていない方であれば、短時間の動画編集を行うのに8時間程度かかることが一般的です。

実際動画編集は非常に時間がかかる作業なので、1時間や2時間で終わるとは考えないでおきましょう。

例えば動画編集に非常に慣れているプロの方が1本の動画編集を行うにも、4時間程度かかります。

場合によってはプロの方でも1本動画編集に8時間ほどかかることもあるため、短時間で終わることは基本的にありません。

動画編集について、簡単そうやすぐにできそうと考えている方も多いですが、実際非常に時間がかかる作業です。

特に初心者や動画編集に慣れていない方であれば、基本的に1日使って動画編集を行うと思っておきましょう。

動画編集の工程別にはどれくらいかかるの?

疑問に思う女性

動画編集は1本4時間から8時間程度かかります。

その中で何に時間がかかっているのか気になる方も多いですよね。

事前に動画編集の工程別にかかる時間の目安を知っておくことで、動画編集に取り組みやすくなるので、把握しておきましょう。

動画編集の工程別にかかる時間の目安は、基本的に以下の通りです。

工程 必要な時間の目安
編集する動画の取り込みと並び替え 1時間~2時間
カット 1時間~2時間
テロップ挿入 1時間~2時間
画像やアニメーションの挿入 1時間~2時間
BGMや効果音の挿入 1時間~2時間
動画の確認や修正 0.5時間~1時間
動画の書き出しやDVD化 1時間程度

①編集する動画の取り込みと並び替え(1時間~2時間)

動画編集の最初のステップは、編集する動画の取り込みと並び替えです。

この作業には基本的に1時間~2時間程度かかると考えておきましょう。

編集する動画をパソコンに取り込むには、スマホからであればスマホとパソコンをUSBケーブルで繋いでコピーして完了です。

多くの場合スマホで撮影した動画やスマホでもらった動画をパソコンに取り組むと思うので、USBケーブルを用意しておけば問題ありません。

しかし取り込む動画が長ければ長いほど、取り込むまでの時間がかかってしまうため、大きく差が出ます。

短い動画であれば10分程度でできますが、動画の容量で異なるので気を付けましょう。

また取り込んだ動画が短い動画複数などであれば、並び替える必要があるので、より時間がかかります。

1つの動画を取り込むだけであれば30分あればできるため、取り込む動画によってかかる時間を逆算しましょう。

また動画編集をしようと思って取り込みを始めると、待たされる時間ができてしまうため、早めに取り込んでおくことがおすすめです。

②カット(1時間~2時間)

カットは動画の不要な部分を除いて、必要な部分を自然につなぎ合わせる作業です。

素材となる動画の長さと完成させる動画の長さによって、カットにかかる時間は大きく変わりますが、基本的に1時間~2時間と考えておきましょう。

カットではどこを除くか、どのように繋げるかなど、動画編集において重要な部分であり難しい工程です。

特に初心者や動画編集になれていない方は、2時間以上かかると余裕を持っておくことがおすすめです。

カットを行うことで、動画全体のテンポ感を良くし見やすい動画が完成させます。

そのため動画の長さを全部見る必要があり、何回も同じ部分を繰り返し見てもう一度再確認するなど、動画を見る時間が必要です。

素材の動画が長いと6時間程度かかることもあるので、覚えておきましょう。

動画編集のカットにかかる時間は、撮影にかかる3倍程度だと考えておくと良いですよ。

③テロップ挿入(1時間~2時間)

動画のカットが終われば、動画の内容に合わせてテロップを挿入します。

テロップ挿入とは、動画に出てくる人の会話や説明文などを書く作業で、会話内容や注釈を挿入します。

テロップ挿入にも非常に時間がかかり、少なくとも1時間~2時間は見積もっておきましょう。

会話内容を書くだけであればスムーズに進められますが、テロップでは自分で文章を考える必要があるため想像以上に時間がかかりますね。

自分で文章を考える際、視聴者にとって分かりやすいか、動画を見ている上で見やすい長さかなども考えることが必要です。

内容によってはフォントや大きさ、色も変える必要があるため結構頭を使います。

テロップで挿入する文章は、カットの際に同時に考えておくことがおすすめです。

カットの際動画を何回も見る必要があるため、大まかにでもこんな文章を入れようと決めておくと進めやすいですよ。

④画像やアニメーションの挿入(1時間~2時間)

テロップ挿入が終われば、画像やアニメーションの挿入です。

この作業にも基本的に1時間~2時間程度かかります。

まず動画編集において使う素材には、動画以外にも画像があります。

画像を挿入する際、どこにどれくらいどのように挿入するかを考えるため、意外と時間が必要です。

中には画像編集する必要もあるため、複雑な画像を使いたい場合はより時間がかかるでしょう。

また動画に動きを出して見やすさをだすには、アニメーションの挿入も大切です。

アニメーション挿入についても、挿入する時間やタイミング、全体とのバランスを考える必要があるため、頭を使った作業になります。

画像やアニメーションの挿入は全ての動画に必須の作業ではありませんが、必要な場合は2時間程度見積もっておきましょう。

⑤BGMや効果音の挿入(1時間~2時間)

画像やアニメーション挿入が終われば、BGMや効果音の挿入です。

BGMや効果音は、動画内に音声ファイルを入れる作業で、1時間~2時間程度かかります。

効果音やBGMを挿入することで、見やすさや強調、飽きさせない動画を作れますね。

編集している動画にぴったりの効果音やBGMを探すのにも意外と時間がかかるため、素材探しの時間が必要だと考えておきましょう。

動画に合うBGMが見つからない場合は、想像よりも時間がかかることが多いですよ。

ちなみに効果音は1つの動画で多用しすぎると、まとまりのない動画になってしまうことやしつこい印象を与えるので、全体のバランスを考えましょう。

効果音のタイミングと挿入する量は、動画全体を見て考えることが必要ですね。

⑥動画の確認や修正(0.5時間~1時間)

動画の効果音やBGM挿入まで終われば、動画の確認や修正に入ります。

動画の確認には基本的に0.5時間~1時間程度で終わりますが、大きな修正があれば2時間ほどかかります。

できるだけ大きな修正が必要ないように、これまでの工程を慎重に行うことが大切ですね。

動画の確認では、テロップの誤字や脱字がないか、カット編集は自然か、効果音やBGMが適切かの確認が必要です。

1つの動画を最初から最後まで全て通して見る必要があるので、動画の長さによってかかる時間は異なりますね。

動画が短い場合だと10分程度で終わることもあるため、動画に違和感がないか細かくチェックしましょう。

完璧な状態で納品することが重要なので、納品先での修正もないようにすることがベストですよ。

⑦動画の書き出しやDVD化(1時間程度)

動画の確認が終わり、問題がなければ動画の書き出しやDVD化をします。

動画の書き出しやDVD化には基本的に1時間程度必要です。

動画の書き出しは自動で行われるためカウントしませんが、DVD化においては1時間かかります。

書き出しは自動で行われますが、基本的に5時間から10時間程度かかると思っておきましょう。

書き出しには時間がかかるため、納品する際は納期に余裕を持って書き出すことが大切です。
動画編集自体は納期に間に合ったのに、書き出しで納期に間に合わなくなってしまうことは多いので気を付けましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集にかかる時間を短縮する方法

指を指す

動画編集には想像よりも時間がかかると感じた方は多いのではないでしょうか。

そこでこのトピックでは、動画編集にかかる時間を短縮する方法について以下を紹介します。

  1. 動画編集スキルを磨く
  2. 動画編集ソフトを使いこなす
  3. ショートカットキーを使う
  4. テンプレートやフォーマットを使う
  5. 動画編集に必要な素材を整理する
  6. パソコンのスペックを上げる
  7. プロの動画編集者に依頼する

①動画編集スキルを磨く

動画編集にかかる時間を短縮するために、最も有効な方法としては動画編集スキルを磨くことがあります。

動画編集は特に初心者や動画編集に慣れていない方だと、どうしても時間がかかってしまいがちです。

特に独学で動画編集を始めた方であれば、動画編集のスキルや知識がまだ不足している可能性が高いです。

そのため動画編集スキルを磨くには、独学ではなく動画編集スクールに通うと良いでしょう。

動画編集スクールに通えば、正確な動画編集のスキルを最短で身につけられます。

また現役のプロの動画編集者に教えてもらえるため、より実践的な自分では学べないコツやノウハウも学べます。

動画編集スクールで身につけるスキルや知識は、すぐに動画編集に活かせるため、時間短縮に効果的ですよ。

普段忙しくて動画編集スクールに通う時間がない方でも、オンラインスクールなど自分の時間に合わせられるスクールは多いので安心してください。

②動画編集ソフトを使いこなす

動画編集の時間を短縮するには、動画編集ソフトを完璧に使いこなせるようになる必要があります。

主な動画編集ソフトとしては、「Adobe Premiere Pro」や「Final Cut Pro」などがあります。

特に「Adobe Premiere Pro」は、動画編集の案件で使うソフトとして指定されることも多いので、使い方を完全に把握しておくことが必要です。

動画編集ソフトは意外と使い方が難しいため、使いこなせるようになるだけで、動画編集の時間は一気に短縮できますよ。

また動画編集において無料のソフトや編集の自由度が低いソフトを使っている方は、できるだけハイスペックなソフトに変えることが必要です。

動画編集を仕事として取り組むのであれば、有料の動画編集ソフトは必須なので覚えておきましょう。

ちなみに「Adobe Premiere Pro」の使い方については、動画編集スクールでも詳しく教えてくれることが多く、多くの記事でも紹介されています。

YouTubeでは動画で学べるので、一度見てみると良いですよ。

③ショートカットキーを使う

動画編集の時間を短縮するには、ショートカットキーを設定するようにしましょう。

特にカット編集の際ショートカットキーがあるだけで、編集時間は一気に短くできます。

ショートカットキーだけでカット編集を完結することも可能なので、設定していない方は設定から始めましょう。

設定したばかりの際は、ショートカットキーを覚えられていないため、少し難しいと感じるかもしれません。

しかしショートカットキーでの動画編集に慣れれば、時間短縮して効率良く作業に取り組めるのでおすすめですよ。

ショートカットキーを覚える際は、どこに何があるかを頭で覚えるのではなく、積極的に使って指で覚えるようにしましょう。

ショートカットキーを使った動画編集を繰り返すうちに、勝手に使いこなせるようになりますよ。

④テンプレートやフォーマットを使う

動画編集の時間短縮には、テンプレートやフォーマット化することもおすすめです。

動画編集に使用する効果音やテロップ、BGMや効果音などについて、パターン化することで、頭で考えずにスムーズに動画編集ができます。

また統一した動画編集ができるので、視聴者からしても同じ動画編集者による動画として認識しやすくなるでしょう。

特に動画編集になれていない場合、どこでどの素材を使うのか、選ぶのに悩んでしまいますよね。

使用するシーンを事前に決めておくことで、悩む時間を減らせるため動画編集をより効率良く進められますよ。

動画編集に慣れていくうちに、自分がどこでどんな素材を使うのかなんとなく分かるので、自分の動画を一度見返して考えることもおすすめです。

⑤動画編集に必要な素材を整理する

動画編集の時間を短縮するためには、動画編集で使う素材を整理することがおすすめです。

これはテンプレートやフォーマット化する際、同時に進めると良いでしょう。

動画編集に必要となる素材は多いため、整理していないと探すのにも時間がかかります。

そもそも素材を用意していない場合、素材を見つけるにも時間がかかるため、動画編集で使える素材を集めて、使うシーンごとに整理すると良いでしょう。

素材が揃うだけでも動画編集の効率化は進むため、素材がない方はまず素材集めから始めましょう。

ある程度素材が揃ったら、テンプレートやフォーマットを決めて、用途別でまとめておくと非常に便利ですよ。

⑥パソコンのスペックを上げる

動画編集の時間短縮には、そもそもパソコンのスペックを上げることも大切です。

パソコンのスペックが低い場合、動画編集がスムーズに行えないことや、動画のダウンロードやアップロードに必要以上に時間がかかることがあります。

また場合によっては使いたい動画編集ソフトが使えないこともあるので、パソコンのスペックが低い方は変えることを検討しましょう。

パソコンは高いため簡単には変えないので、予算と照らし合わせて決めましょう。

ちなみに必要最低限のパソコンのスペックは以下の通りです。

  • メモリ 16GB以上
  • CPU i7以上
  • SSD 256GB以上

少なくとも上記のスペックがあるか、今使っているパソコンを確認してみましょう。

⑦プロの動画編集者に依頼する

動画編集にはどうしても時間がかかってしまうため、時間がないときが動画編集のプロに依頼することも検討してみましょう。

動画編集のプロであれば、最短で1週間ほどで動画編集を仕上げることも可能です。

特に初心者であれば、短期間で編集できる動画の完成度は限られます。

完成度を保ちつつできるだけ早く動画編集を行うのであれば、一度依頼も考えることがおすすめです。

また完全に依頼しなくても動画編集のアシスタントを依頼することも良いでしょう。

特に動画編集にこだわりがあり、自分の中でどんな動画編集をしたいか明確になっている方は、部分的な外注やアシスタントが合っていますよ。

予算や編集したい動画によって、依頼することも考えてみてください。

そもそも動画編集に時間がかかっている理由って?

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

動画編集には意外と時間がかかりますが、そもそもなぜそんなに時間がかかるのか疑問に思いますよね。

必要以上に動画編集に時間がかかっている場合、以下の理由が考えられるため一度チェックしてみましょう。

このトピックで紹介する動画編集に時間がかかっている理由には、主に以下があります。

  1. 編集する順番や流れが決まっていない
  2. 動画編集の完成系が明確ではない
  3. パソコンや動画編集ソフトのスペックや使い方が未熟

①編集する順番や流れが決まっていない

動画編集に時間がかかってしまう理由として、編集する順番や流れが決まっていないことがあります。

特に動画編集を始めたばかりだと、どの順番で編集を行うのが自分に合っているか分からないですよね。

そのため毎回動画編集の順番や流れが異なることがあります。

動画編集の順番が決まっていないと、何から始めるか悩んでしまう時間や二度手間にもなりやすいです。

動画編集を行う際は、一般的な順番も把握し自分のやりやすい順番を見つけましょう。

毎回同じ流れで動画編集ができるようになれば、取り組みやすくなりますよ。

②動画編集の完成系が明確ではない

動画編集に時間がかかっている理由として、動画編集の完成形が明確にイメージできていないことがあります。

どのような動画にしたいか不透明なまま作業を進めても、途中で違和感がありやり直すなどの手間もかかるでしょう。

また進めていくうちに、完成形がなんとなく想像と違ったということもあります。

そのため動画編集を行う際は、始める前に明確にどのような動画にしたいのかイメージしてから取り組みましょう。

どんな動画にしたいのか悩んでいる方は、似ている動画を参考にして編集イメージをつかむこともおすすめです。

動画編集において修正が必要になると一気に時間がかかってしまうため、気を付けましょう。

③パソコンや動画編集ソフトのスペックや使い方が未熟

動画編集に時間がかかっている方の中には、パソコンや動画編集ソフトのスペックが足りていないことや、操作に慣れていないことがあります。

特に動画編集を仕事として取り組むのであれば、パソコンのスペックや編集の幅が広い動画編集ソフトは必須ですね。

パソコンのスペックに関しては前述しましたが、それよりも低い場合は変えることがおすすめです。

スペックが低いと最悪編集中に落ちてしまい、最初からやり直すこともあるので、できるだけ早く変えましょう。

また動画編集ソフトにおいて基本的な操作が充実していないと、自分の思い通りの編集ができずスムーズに作業を進めにくいです。

動画編集ソフトやパソコンのスペックをあげて、とにかく触って慣れるようにしましょう。

特に初心者や動画編集になれていない場合は、スキルや知識も身につけながら実践を繰り返すことが重要です。

インプットよりもアウトプットを中心に作業を行うことを意識しましょう。

動画編集を依頼するなら「むびる」がおすすめ!

むびる

動画編集の依頼を検討している方には「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは、動画編集を依頼したい方と全国の動画編集者をマッチングするサービスです。

「むびる」で依頼できる動画編集のジャンルは非常に幅広く、プライベートからビジネスシーンまで様々です。

実際に動画編集をする方はプロのフリーランスの動画クリエイターなので、質を保ちつつ費用を抑えて依頼できます。

そのため予算は少ないけど完成度も重視した方にはぴったりですね。

公式ホームページでは、在籍しているクリエイターの制作実績も確認できるので、ぜひチェックしてみましょう。

「むびる」では24時間無料でLINE相談できるので、気になる方は一度相談してみることがおすすめですよ。

【むびるのサービス概要】

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集にかかる時間に関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画編集にかかる時間に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • 動画編集にかかる時間に関係することって何?
  • YouTubeの動画編集にはどれくらいかかるの?

①動画編集にかかる時間に関係することって何?

動画編集にかかる時間において、主に以下の点が関わります。

  • 素材の動画の長さ
  • 求める完成度

素材の動画が長ければ長いほど、動画編集にかかる時間も長くなります。

動画編集においてカットに時間がかかりますが、カットでは動画を全体何回も見ることや同じ部分を繰り返し見る必要があります。

そのため、素材の動画の長さによってかかる時間は大きく異なりますね。

また動画編集においては、どれだけでもこだわることができます。

求める完成度が非常に高ければ、どの工程にもこだわれるため、非常に時間もかかるでしょう。

特に動画編集は、こだわりたいだけこだわれるものなので、時間をかけようと思ったらどれだけでも時間を割けます。

クオリティの高さを求め抜く場合、1日で終わらないことも多いので覚えておきましょう。

②YouTubeの動画編集にはどれくらいかかるの?

YouTubeの動画編集にも、基本的に8時間程度かかります。

YouTubeの動画も完成度や動画の長さによって異なりますが、基本的に必要な時間は同じです。

なんとなくYouTubeの動画編集であれば短い時間でもできると感じている方も多いですが、そんなことないので気を付けましょう。

最近ではよくYouTubeに毎日投稿している方もいますが、毎日動画を投稿するのは非常に大変なことです。

毎日投稿できると考えると、意外と自分でも簡単に動画編集できるかもと思いますが、実際やってみると相当な時間が必要です。

YouTubeでは動画編集の完成度も一定に保つ必要があるので、継続が大切ですよ。

動画編集には時間がかかる!

動画編集では短い動画でも8時間程かかる場合があるなど、想像よりも時間がかかる作業です。

特に初心者や動画編集に慣れていない方だと、必要以上に時間がかかり大変だと感じることもあるでしょう。

しかし動画編集にかかる時間は、動画編集のスキルを磨くことで大幅に短縮できます。

まずは動画編集に慣れて常にスキルや知識を磨くことで、効率良く作業を進めましょう。

ちなみに以下の記事では動画編集のやり方を紹介しているので、時間がかかる工程を見直すためにも一度チェックしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談