動画編集の基礎知識

動画編集の買い切り型おすすめソフトを紹介!対応OSや料金も解説

動画編集の買い切り型おすすめソフトを紹介!対応OSや価格も解説-アイキャッチ

近年の動画市場の拡大に伴って、動画編集ソフトの需要は高まっていますね。

動画編集ソフトには、買い切り型やサブスクリプション版、有料や無料など様々なソフトがあります。

今回は、長期的に活用できる買い切り型の動画編集ソフトに焦点をあてたおすすめを紹介します。

それぞれのソフトの特徴や価格、対応OSなども詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の後半では、動画編集の買い切り型ソフトの選び方やメリットとデメリットも紹介しています。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画編集の買い切り型ソフトおすすめ12選!

このトピックでは、動画編集の買い切り型ソフトでおすすめを12選紹介します。

ソフト別の特徴や対応OS、費用や機能など詳しく解説するので、自分に合っているか確認してみましょう。

初心者や経験者などそれぞれに対応したソフトがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに後半では特に初心者におすすめのソフトを紹介しています。

ソフト名 対応OS 料金
Filmora Windows/Mac 8,980円(税込)
Final Cut Pro Mac 11.5.1以降 36,800円(税込)
PowerDirector Ultimate Windows 16,980円(税込)
DaVinci Resolve Studio Windows/Mac 40,678円(税込)
EDIUS X Pro Windows 65,780円(税込)
Videostudio Pro 2022 Windows 14,080円(税込)
Adobe Premiere Elements Windows/Mac 19,580円(税込)
Vegas Pro 19 Windows 39,800円(税込)
EaseUS Video Editor Pro Windows 10,549円(税込)
VideoProc Converter Windows/Mac 4,980円(税込)
LoiLo SCOPE 2 Windows/Mac 9,800円(税込)
Nero Platinum 2022 Unlimited Windows 12,800円(税込)

① Filmora

フィモーラ

Filmoraの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 動画編集から共有まで1つのプラットフォームで可能
  • よく使う機能を自動化して時短編集可能
  • 定番ツールが充実している
  • テンプレートが豊富で簡単に動画編集可能
  • 初心者から上級者までおすすめの動画編集ソフト
ソフト名 Wondershare Filmora 11
料金 永続ライセンス 8,980円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 動画編集、オーディオ編集、カラー調整、ストックメディア、その他
キャンペーン 7日間無料トライアル

Filmoraは、WindowsとMac両方に対応している買い切り型の動画編集ソフトです。

様々な動画に合わせたテンプレートがあるので、動画編集初心者でも簡単に利用できます。

編集した動画は他のクリエイターとも共有できるので、友人と一緒に動画編集を行いたい方にもぴったりですね。

定番ツールが充実しているので、簡単なものからプロ並みの動画編集まで幅広い完成度を実現できます。

Macであれば、Macの性能を最大限に活かす特別設計の機能が搭載されているので、Mac利用者には特におすすめですよ

Filmoraは操作性も高く7日間無料トライアルがあるので、気になる方は気軽に試せるのも嬉しいポイントです。

無料トライアルを実施する場合、期間を過ぎると毎月1,999円で自動更新されます。

無料トライアルで自分に合わないと感じたら、自動更新の停止の手続きを忘れずに行いましょう。

また、Windows版とMac版それぞれ対応したライセンスのみで稼働するため、OSを変える場合などはそのOSに対応したライセンスが必要です。

②Final Cut Pro

Finalcutpro

Final Cut Proの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 最高のプラグインやエフェクト、ツールが揃っている
  • 高品質なパフォーマンスでプロでも満足できる
  • レンダリング不要で全ての機能を使いこなせる
  • オープニングからエンディングまでに必要なツールが豊富
  • 360°の編集が可能
ソフト名 Final Cut Pro
料金 36,800円(税込)
対応OS Mac 11.5.1以降
機能 動画編集、動画共有、トリミング、エフェクト、オーディオ、色補正、その他
キャンペーン 90日間無料体験あり

Final Cut Proは、Macのみに対応している買い切り型の動画編集ソフトです。

ユーザーが非常に多いため、初心者でも安心して利用できます。

操作性も比較的簡単で難易度が低いため、動画編集に慣れていない方にもおすすめですね。

直感操作で動画編集ができる使い勝手の良さは、Final Cut Proの大きな特徴です。

Final Cut Proでは簡単かつ高品質なパフォーマンスが可能なので、プロでも満足のいく動画編集もできますよ。

初心者からプロまで幅広く対応しているので、ユーザー数が多い動画編集の買い切りソフトを探している方にぴったりですね。

またFinal Cut Pro はiMovieからプロジェクトを送信して、プロレベルの動画変種を行えます。

そのためもともとiMovieで動画編集を行っていた方は、より効率良く利用できるでしょう。

Final Cut Proには90日間のフリートライアルがあるので、自分に合ったソフトなのか慎重に吟味できます。

最新バージョンを体験できるので、購入してから後悔することを防げるのも嬉しいですね。

③ PowerDirector Ultimate

PowerDirector

PowerDirector Ultimateの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 簡単に動画編集できるので初心者にもおすすめ
  • Ultimateだと高度な編集機能も利用可能
  • 983種類のエフェクトやテンプレート、音楽や効果音がある
  • 基本的に制限機能がないので幅広い編集が可能
  • プラグイン数が多い
ソフト名 PowerDirector Ultimate
料金 16,980円(税込)
対応OS Windows
機能 高度なビデオ編集、かんたんなビデオ編集、編集作業の効率化、その他
キャンペーン 30日間返金保証あり

PowerDirector Ultimateは、PowerDirectorの買い切り型動画編集ソフトです。

PowerDirectorには、「Ultimate」の他に「Ultra」と「Ultimate Suite」といった買い切り版もあります。

今回紹介する「PowerDirector Ultimate」は、料金やプラグイン数、制限機能が中間のソフトなので、制限は避けたいけど費用を抑えたい方におすすめです。

またエフェクトやテンプレートなどが1,000種類弱揃っているため、あらゆる動画編集にぴったりな編集が可能です。

かんたんな動画編集から高度な動画編集まで、1つで完成させられるので、幅広いスキルの方に対応できますね。

PowerDirector Ultimateには高品質なエフェクトの数が多いため、簡単に完成度の高い動画編集が可能です。

基本的な制限機能もないため、一般的な動画編集がしたい方は問題なく使えるでしょう。

GoProやiPhoneなどで撮影した動画を編集したい方やシンプルな動画編集をしたい方は、「PowerDirector Ultimate」がおすすめです。

ちなみに、「PowerDirector Ultimate」はWindowsのみの対応となっているので、Macを使用している方は気を付けましょう。

④DaVinci Resolve Studio

davinch

DaVinci Resolve Studioの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 動画編集のプロにも使われている
  • カラーグレーディングに定評がある
  • 頻繁なアップデートがあるので機能が楽しめる
  • 機能が非常に充実しているので適切な動画編集が可能
  • 動画編集や書き出しがスムーズに行える
ソフト名 DaVinci Resolve Studio
料金 40,678円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 動画編集、カット、カラー、モーショングラフィックス、オーディオ
キャンペーン 無料版あり

DaVinci Resolve Studioは、多くの動画編集クリエイターに利用されている高品質な買い切り型の動画編集ソフトです。

完成度の高い動画編集ができますが、マウスやキーボードで簡単に編集できるので、スピーディーな作業が可能です。

また大きな特徴としては非常に充実した機能が携わっていることで、作業時間の効率化に役立つツールも整っています。

特にカラーグレーディングツールの評判が良いため、膨大なツールで事由に動画編集したい方におすすめです。

コラボレーションも可能であり、複数で同じ動画編集の作業もできることも、嬉しいポイントです。

DaVinci Resolve Studioには無料版もあるので、まずは無料版を試して慣れてきたら買い切りソフトに変えると良いでしょう。

無料版でも他の有料版のソフトに劣らない多くの機能がついているので、満足できる動画編集ができますよ。

編集中のデータも引き継げるので、途中で有料ソフトに変えても問題ありません。

⑤ EDIUS X Pro

EDIUS X Pro

EDIUS X Proの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 進化を続けるソフトであらゆる機能が使える
  • 作業時間の短縮によりスピーディーな編集が可能
  • ユーザーのリクエストに応えた新機能搭載
  • 多くの動画編集のプロも利用している
  • 目的やスキルにあった動画編集が可能
ソフト名  EDIUS X Pro
料金 65,780円(税込)
対応OS Windows
機能 動画編集、共同/共有編集、映像・音声解析、クラウドサービス連携、その他
キャンペーン 30日間の体験版あり

EDIUS X Proは、特にプロの動画編集者におすすめの買い切り型ソフトです。

動画編集の買い切り版ソフトは種類が非常に多いですが、その中でも料金が高めの設定になっています。

料金に見合う高機能なツールが充実しているので、本格的な動画編集をしたいプロの方におすすめですね。

EDIUS X Proは、リアルタイム編集機能や次世代を見据えるなど、常に進化を続けているため、時代に合った動画編集が可能です。

またユーザーのリクエストに応えた新機能も追加されるため、ユーザーニーズを満たすソフトといえます。

機能性が非常に高く加えてスピードも考慮しているため、作業時間を短縮して動画編集を行えます。

無料のプラグインソフトウェアも多く混在編集ができるので、目的に合わせた自由な動画編集が可能ですよ。

EDIUS X Proには30日間の体験版があり全ての機能を使えるため、気になる方は慎重に吟味しましょう。

⑥Videostudio Pro 2022

ビデオstudio

Videostudiopro 2022の主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 直感的なツールで初心者でも使いやすい
  • 動画編集と共有を簡単にできる
  • 基本編集から始められる
  • 直接YouTubeやVimeoにアップ可能
  • チュートリアル機能で知識も身につく
ソフト名 Videostudio Pro 2022
料金 14,080円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 動画編集、音声編集、キャプチャ、共有、その他
キャンペーン 体験版あり

Videostudiopro 2022は、初心者からプロまであらゆるレベルに対応している買い切り型の動画編集ソフトです。

チュートリアルが付いているため、動画編集に慣れていない方でも比較的簡単に高度な動画編集が行えます。

またスマホで撮った動画も簡単な操作で高品質な動画に編集できるため、普段からスマホをよく使う方にもおすすめですね。

作成した動画はすぐに書き出し簡単な操作で共有できるので、家族や友人、SNSなどにアップするための動画編集にも向いています。

Videostudiopro 2022には動画編集に必要な基本ツールが揃っていて、動きや色にこだわれるので、目的に合った動画編集が可能です。

新機能として顔のエフェクト調整もあるため、顔出しの動画を中心に編集する方には嬉しい特徴ですよ。

独創性の高い動画編集を行いたい方は、ぜひチェックしてみましょう。

⑦Adobe Premiere Elements

adobe

Adobe Premiere Elementsの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 自動編集オプションがあるので簡単に動画編集ができる
  • ガイドが表示されるので操作に迷わない
  • 共有先に適したサイズに圧縮できる
  • 自動のタグ付け機能で編集した動画を整理できる
  • アニメーション追加も簡単
ソフト名 Adobe Premiere Elements
料金 19,580円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 自動編集、ガイド付き編集、共有、整理、その他
キャンペーン 30日間無料体験あり

Adobe Premiere Elementsは、特に初心者におすすめの動画編集の買い切り型ソフトです。

初心者からプロまで自分のレベルに合わせた動画編集が可能ですが、自動編集機能やガイドがついているため、初心者の方に嬉しい特徴が揃っています。

Adobe Premiere Elementは、Adobe Premiere Proよりも初心者向きのソフトであり、短時間の動画編集も可能です。

非常に多くのユーザーが利用しているAdobe Premiere Proと提供元が同じなので、安心して利用できることもポイントです。

ガイド付き編集では少ないステップで動画編集を完成させられるので、短時間で動画編集を行いたい方にも向いています。

またSNSへの共有に関する機能も充実しているので、普段からInstagramやYouTubeに動画投稿している方も嬉しいですね。

Adobe Premiere Elementには、クイック編集モードとエキスパート編集モードの2つがあります。

自分の気分やスキルに合わせて動画編集モードを選べるので、融通の利いた幅広い動画編集を楽しめます。

⑧ Vegas Pro 19

vegas

Vegas Pro 19の主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 初心者でも使いやすいインターフェース
  • 動作が軽いため多くのパソコンに対応可能
  • 動画編集の効率化を重視
  • 動画や音声、静止画以外にも対応している
  • プロフェッショナルな完成度を実現
ソフト名 Vegas Pro 19
料金 39,800円(税込)
対応OS Windows
機能 映像編集、ライブストリーミング、クロマキー合成、サウンド編集、その他
キャンペーン 30日間無料体験あり

Vegas Pro 19は、Windowsのみに対応している動画編集の買い切り型ソフトです。

初心者でも直感的に使いやすい画面になっているので、動画編集に慣れていない方や始めてソフトを購入する方にもおすすめです。

操作性が良く使いやすいソフトですが、高品質で完成度が高いため、プロの方も満足のいく動画編集ができます。

初心者からプロまで幅広く対応しているソフトで、多くの動画編集クリエイターに選ばれています。

Vegas Pro 19の大きな特徴は、使いやすさに加えてスピーディーな動画編集を可能にすることです。

動画編集ソフトでは動作が重く遅くなりがちですが、Vegas Pro 19であれば軽くて早い動画編集ができます。

直感的に使えるため短時間の動画編集を可能にし、動きが止まるなどのストレスも少ないことは嬉しいポイントですね。

ちなみにVegas Pro 19はキャンペーンで安く購入できることがあるので、気になる方はホームページからチェックしてみましょう。

⑨EaseUS Video Editor Pro

EASE US

EaseUS Video Editor Proの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 動画編集に必要な機能は全て揃っている
  • あらゆるデバイスでいつでも再生可能
  • 初心者でも使いこなせるソフト
  • 様々なシーンに対応した動画編集ができる
  • 50個以上のエフェクトでカラフルな動画編集可能
ソフト名 EaseUS Video Editor Pro
料金 10,549円(税込)
対応OS Windows
機能 動画編集、シェア、その他
キャンペーン 無料体験あり

EaseUS Video Editor Proは、初心者でも簡単に使える買い切り型の動画編集ソフトです。

買い切り版以外にも、1ヶ月間ライセンスや1年間ライセンスといったサブスクもあります。

EaseUS Video Editor Proでは、動画編集に必要な機能が全て揃っているため、1つで理想的な動画編集が可能です。

編集した動画はあらゆるデバイスで再生できるので、エクスポートしておくと自分の楽しみたい時に確認できます。

また動画をDVDに焼くことやSNSへの共有も簡単なので、普段からSNSを頻繁に利用する方にも嬉しいですね。

旅行からVlog、ゲームビデオやコマーシャル動画など、あらゆるシーンに適用しているので、目的に最適な動画編集ができますね。

EaseUS Video Editor Proには無料体験があるので、気になる方はまず無料体験から初めてみましょう。

無料体験では全機能利用でき動画の長さに制限もないため、自分に合っているソフトが十分に見極められますよ。

⑩VideoProc Converter

ビデオプロック

VideoProc Converterの主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • パソコンでの動画編集に慣れていなくても使いやすい
  • 料金をおさえて動画編集ができる
  • 動作が軽くスムーズに編集を進められる
  • WindowsとMac両方に対応している
  • 高度な編集が可能であらゆる目的に適応
ソフト名 VideoProc Converter
料金 4,980円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 動画編集、音声変換、DVD変換、画面録画、その他
キャンペーン 無料ダウンロードあり

VideoProc Converterは、WindowsとMacに対応している買い切り型の動画編集ソフトです。

簡単な操作で動画編集が可能なので、特に初心者の方やパソコンに慣れていない方におすすめです。

簡単に完成度の高い動画編集が可能で機能も多いため、1つのソフトで動画編集を全て終わらせられます。

GoProやスマホなどで撮影した動画を編集できるため、日常的にスマホで動画を撮る方にもぴったりですね。

結婚式の余興ムービーや成長記録動画など、シンプルな動画編集を行いたい方に向いているソフトです。

実用的な機能も豊富に設定されているので、初心者から経験者まで広く使いこなせますよ。

VideoProc Converterには、無料ダウンロードもあるので、まずは無料で試してみましょう。

買い切り版でも4,980円と非常に安いため、できるだけコストをかけずに動画編集を考えている方も嬉しいですね。

⑪LoiLo SCOPE 2

ロイロスコープ

LoiLo SCOPE 2の主なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 自動作成機能があるので初心者でも簡単に動画編集可能
  • 速度が速いのでスピード重視の方も安心
  • パソコンのスペックに左右されにくい
  • スマホやカメラからの動画入力が可能
  • ガイド機能があるので目的通りの動画変種ができる
ソフト名 LoiLo SCOPE 2
料金 9,800円(税込)
対応OS Windows/Mac
機能 動動画編集、DVD作成、その他
キャンペーン 30日間の体験版あり

LoiLo SCOPE 2は、特に初心者の方におすすめの買い切り型動画編集ソフトです。

使い方の案内説明があるため、動画編集に慣れていない方でも、自分の思い通りの動画編集が可能です。

ガイドに沿って操作を覚えながら作業できるので、パソコン操作が不慣れな方でも安心ですね。

また自動の動画作成機能もあるため、動画編集をスピーディーに終わらせることもできます。

LoiLo SCOPE 2では、入力機種も選ばずにカメラやスマホなど、あらゆる機種から動画編集可能です。

出力もDVDやブルーレイなど様々な形式に対応しているので、融通が利きますね。

初心者でも高機能な動画を簡単に編集でき、音声や効果など自分の目的に合わせて完成させられます。

LoiLo SCOPE 2には30日間の体験版があるので、気になる方はまず試してみましょう。

⑫ Nero Platinum 2022 Unlimited

nero

Nero Platinum 2022 Unlimitedの主な特徴は以下の通りです。

  • 8K動画編集が可能
  • エフェクト素材が豊富なので自由な動画編集ができる
  • エクスプレス編集はシンプルで簡単な操作なので初心者でも安心
  • シンプルで使いやすい操作性
  • データ保護技術が確立している
ソフト名 Nero Platinum 2022 Unlimited
料金 12,800円(税込)
対応OS Windows
機能 動画編集、動画変換、ライティング、管理・再生、その他
キャンペーン 90日間のサポートあり

Nero Platinum 2022 Unlimitedは、動画編集に関するあらゆる機能が搭載された買い切り型のソフトです。

エクスプレス編集という、シンプルで手軽な操作で動画編集ができる機能もあるため、動画編集に慣れていない方も使えます。

また簡単に拡張編集モードへの変更も可能で、より細かい仕上げの編集もできます。

編集モードが分かれているので、初心者から経験者まで自分のしたい動画編集が可能ですよ。

シンプルで使いやすい操作性なので、パソコンを普段あまり使っていない方にも嬉しいですね。

エフェクトやフォーマットも充実していて、マルチトラック編集にも対応しているため、編集方法は幅広いでしょう。

新機能としては人工知能を使ったアップスケールによって、ぼやけの改善を4K解像度まで行えます。

解像度を高くすると画質が悪くなるといった悩みにも対応しているので、簡単に高画質の動画編集が可能ですね。

他にも便利な動画編集機能が数多く揃っているので、創造的な編集ができますよ。

買い切り型の動画編集ソフト選び方を紹介!

指を指す

これまで動画編集におすすめの買い切り型ソフトを紹介しましたが、どれが自分に合うのか分からない方もいますよね。

買い切り型の動画編集ソフトは、安くないので自分に合ったソフトを見極めることが重要です。

そこでこのトピックでは、買い切り型の動画編集ソフトの選び方について、以下の点を紹介します。

悩んでいる方はぜひ一度チェックしておきましょう。

  1. 動画編集の目的と合っているのか
  2. 利用者数はどれくらいか
  3. 対応OSは何か
  4. コストパフォーマンスは良いか
  5. 自分にとって使いやすいか

①動画編集の目的と合っているのか

買い切り型ソフトを決める際は、動画編集の目的と合っているか確認しましょう。

ソフトによってどんな機能や特徴があるのか、どのような動画を編集できるかは異なります。

そのため自分の編集したい動画の目的に合った機能が揃っているのか、編集の自由度は高いのか確認しましょう。

本格的な動画編集がしたいのであれば、機能の充実度や踏み込んだ動画編集が可能かを重視することがおすすめです。

一方でシンプルな動画編集をしたいのであれば、操作性や基本的な機能、軽さなどを確認すると良いでしょう。

またエフェクトや素材の多さ、共有方法も関わってくるので、動画編集の用途に適切なのかが大切です。

特に最近ではSNSに編集した動画を載せることが多いですが、その場合は共有方法の確認も必要ですね。

②利用者数はどれくらいか

買い切り型の動画編集ソフトを購入する場合、利用者数や知名度も重要です。

特に初心者の方は、利用者数を確認するようにしましょう。

利用者が多いソフトであれば、安心して使えると同時に、サイトやYouTubeなどに使い方の説明が紹介されていることが多いです。

動画編集になれていない場合、ソフトの使い方に困る可能性も高いので、できるだけ広く使われているソフトがおすすめですよ。

また利用者が多いと口コミや評判も確認しやすく、安全面でも信頼できます。

事前にリアルな口コミを確認できるので、自分に合っているのかも判断しやすいでしょう。

動画編集を仕事にする場合、使用するソフトが指定されることもあるので、実績のある有名なソフトや利用者数が多いソフトが安心ですよ。

特に買い切り版だと長く使うので、定番のソフトを選ぶと良いでしょう。

③対応OSは何か

動画編集の買い切り型ソフトは、対応OSが様々です。

WindowsとMac両方に対応しているソフトだと問題ありませんが、片方にしか対応していないソフトもたくさんあります。

そのため、まずは自分の持っているOSに対応しているのかの確認が必要ですよ。

またOSに対応していても、スペックが足りていない場合もあります。

買い切り型の動画編集ソフトは、機能が充実しているなど高スペックのパソコンが必要になる可能性が高いです。

対応OSと最低限の必要スペックを確認し、自分の使用するパソコンとの相性をチェックしましょう。

スペックの他に使用環境によって、動画編集のスピードに影響がある場合も多いので、余裕があればパソコンの使用環境を整えておくことがおすすめです。

動画編集の買い切り版ソフトは、周辺機器やOSと同時購入することで、安くなる場合があります。

場合によっては一式揃えることも検討してみましょう。

④コストパフォーマンスは良いか

買い切り型ソフトに必要な費用は幅が広いので、費用に見合った機能があるのかも確認しておきましょう。

基本的に買い切り型ソフトは数万円かかり、高い場合だと7万円程度必要になることもあります。

決して安い買い物ではないので、費用と機能を照らし合わせて問題ないか考えましょう。

ソフト単体の費用に加えてライセンス費用はどれくらいなのか、アップデートは無料なのかなど全ての合計費用が重要です。

また無料でできる内容も確認しておきましょう。

機能を見る際は、金額に適していても自分の動画編集に必要な機能でなければ意味がありません。

自分が使いたい機能を把握した上で、機能と金額の比較をしましょう。

⑤自分にとって使いやすいか

買い切り型ソフトは基本的に長期間動画編集に使います。

そのため、自分にとって使いやすい操作性も大切です。

使いやすさを確認する際は、自分のパソコンスキルや動画編集スキルに合っているのかが関係します。

どれだけ機能が充実していても、自分にとって使いにくい場合や自分に不必要な機能があれば、合っていないですね。

例えば初心者の方であれば、直感で操作できるインターフェースやシンプルな操作性かを見ると良いでしょう。

一方でプロの方であれば、細部の編集ができるのかを確認したいですね。

ソフトの使いやすさは文字や特徴を見ているだけでは分かりません。

多くの買い切り型ソフトには、無料体験期間があるので、気になるソフトは積極的に試してみましょう。

実際に使ってみて少しでも違和感があれば、他のソフトを検討することがおすすめです。

また長期間使用することを前提に、自分のスキルがアップしても使えるかという点も考えることが必要です。

買い切り型動画編集ソフトのメリットとデメリット

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画編集の買い切り型ソフトの購入を検討している方には、サブスクリプションと迷っている方もいるのではないでしょうか。

動画編集のソフトには基本的にサブスクリプション版があり、期間制限があっても費用が安いので悩みますよね。

そこでこのトピックでは、動画編集種との買い切り型のメリットとデメリットについて、以下を紹介します。

購入を悩んでいる方は、ぜひ事前に確認しておきましょう。

メリット デメリット
  • 一度購入すれば費用がかからない
  • 長期的に活用できる
  • 最終的なコストは安い
  • アップデートで最新機能も利用可能
  • 最初にまとまった費用が必要
  • 短期間しか使わない場合はコストが高い
  • 他のソフトに変えにくい

買い切り型動画編集ソフトのメリット

買い切り型動画編集ソフトのメリットは主に以下の通りです。

  • 一度購入すれば費用がかからない
  • 長期的に活用できる
  • 最終的なコストは安い
  • アップデートで最新機能も利用可能

大きなメリットとしては、一度購入してしまえばそれ以降費用がかからないことにあります。

そのため長期間活用する場合、最終的にランニングコストが安くなりますね。

また買い切り型でもアップデートがあるため、常に最新の機能を使うことができます。

動画編集を仕事として長く活躍している方や、今後動画編集ソフトを長期間使用する予定がある方は、買い切り版がおすすめですよ。

買い切り型動画編集ソフトのデメリット

買い切り型動画編集ソフトのデメリットには、主に以下があります。

  • 最初にまとまった費用が必要
  • 短期間しか使わない場合はコストが高い
  • 他のソフトに変えにくい

基本的に買い切り型の動画編集ソフトは費用が高いので、最初にまとまったお金が必要になります。

そのため経済的に余裕がないタイミングだと、購入が難しい可能性が高いです。

また自分に合わないなどで短期間しか使わない場合、コストが高くなってしまいます。

他のソフトに変えたいと思っても、サブスクリプションと比べて費用が高いため、簡単に変えにくいことも多いでしょう。

動画編集を長期間行うつもりがない方や色々なソフトを試してみたい方は、サブスクリプション版がおすすめですよ。

買い切り型を購入する際は、目的など考えた上で慎重に選びましょう。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画編集の買い切り型ソフトに関するよくある質問

疑問に思う女性

このトピックでは、動画編集の買い切り型ソフトに関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. 動画編集の買い切り型ソフトの注意点ってある?
  2. 動画編集の買い切り型ソフトは初心者でも利用できる?

①動画編集の買い切り型ソフトの注意点ってある

動画編集の買い切り型ソフトにおける主な注意点は以下の通りです。

  • 無料体験期間の解除を忘れない
  • アップデートが可能か確認する

動画編集の買い切り型ソフトは、基本的に体験版や期間が設けられていることがほとんどです。

気になるソフトを見つけた際、体験版を使用して決めますが、自分に合わないと感じたら解除することを覚えておきましょう。

ソフトによっては体験期間を過ぎると自動更新されることがあるので、注意が必要です。

また体験版がない場合、返品可能な保証期間を確認する必要があります。

体験期間が過ぎた後の流れや保証期間は確実に把握しておきましょう。

またソフトのアップデートができるのか、無料なのかという点にも注意が必要です。

有料の場合やアップデートができない場合、想定外の費用がかかることがあるので、覚えておきましょう。

②動画編集の買い切り型ソフトは初心者でも利用できる?

動画編集の買い切り型ソフトには、初心者でも利用できるものがあります。

買い切り版ときくと、本格的に動画編集を行う方や動画編集に慣れている方向けだと思いがちですが、実際そんなことはありません。

初心者でも使いやすい機能性にこだわったソフトもたくさんあるので、安心しましょう。

動画編集初心者の方だけでなく、パソコンに慣れていない方でも使えるソフトは多いです。

ソフトを選ぶ際は、初心者でも使いやすいか、ガイドや自動編集など初心者に向けた機能があるか確認しておきましょう。

動画編集の買い切り型ソフトを購入してフリーランス動画クリエイターになろう

動画編集ソフトを購入したら「むびる」に登録することがおすすめです。

むびるに登録することで、ソフトを最大限に生かせますね。

またむびるにはあらゆる案件があり、動画編集のみの依頼も多いので、初心者でも対応できる案件が多数あります。

そのため動画編集を副業として始めたい方にもぴったりですよ。

むびるではコンシェルジュが案件を紹介するため、クリエイター側が直接営業を行うことがないです。

対応ジャンルも幅広く制作の流れも大まかに把握できるので、初心者でも取り組める案件があります。

ぜひむびるで動画編集案件を受けてみてくださいね。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画編集の買い切り型ソフトは自分に合ったものを見つけよう!

動画編集の買い切り型ソフトには種類が多く、その中から自分に合ったソフトを見つけることが重要です。

買い切り型ソフトを購入する際は、以下の点を確認して選ぶようにしましょう。

  • 自分の目的に合っているか
  • 自分のパソコンやスペックに合っているか
  • 自分にとって使いやすいか
  • 利用者は多いか

買い切り型は長期的に活用できるソフトなので、まずは体験版を利用して自分に合っているのか見極めましょう。

ちなみに以下の気にでは動画制作や編集におすすめのアプリを紹介しています。

まずは手軽なアプリから挑戦しようと思った方は、ぜひチェックしてみてください。

LINEから無料相談