動画制作

展示会向けに動画制作する際の費用とは?料金の目安を解説

展示会向けに動画

新しい商品やサービスの情報を届ける展示会。

企業は来場者から関心を集め、自社のブースへと誘導しないといけません。

そこで大きな武器になるのが「動画」です。

しかし、動画を制作すると言っても、どれくらい費用がかかるのか気になるはずです。

自社制作したい動画はどれくらい費用がかかるのか、また動画の種類によっては料金は変動するのか気になるはずです。

今回は、展示会向けに制作する動画の費用を詳しく紹介します。

また、製作期間やアニメーションを入れることで料金が変わる内容もあわせてお伝えします。

自社が作成したい動画はどれくらいの費用がかかるのかを把握できます。

製作する動画の費用はどれくらいなのか知りたいと言う方は、参考にしてみてください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

展示会で「実写」の動画をつくる際の料金相場

まずは、展示会で「実写」の動画を制作する際の料金の相場をご紹介します。

制作期間によって動画を作る料金は変動します。動画の時間や工程数、表現方法によっては長くなるケースもあります。

長ければ長いほど、料金は割高になりますのでご注意ください。

1ヶ月程度の制作期間なら10~30万円程度

1か月ほどの制作期間の動画であれば、料金の相場は約10~30万円ほどです。

1か月で制作できる動画は、画像だけのスライドショーです。

スライドショー動画は、自社で収集した画像を組み合わせたものです。

画像の組み合わせであるため、基本的に作業は編集のみです。

コストを安く抑えられます。

また、撮影の必要はなく、安く動画を作成したい、とにかくシンプルでも映像をがほしい場合おすすめです。

個人のフリーランスの方や制作会社に外注するだけで動画を作れます。

画像のみ編集をするため、早ければ2週間ほどで完成することがあります。

1~1,5ヶ月程度の制作期間なら30~80万円程度

1か月〜1.5か月程度必要とする動画の場合、料金の相場は約30〜80万円です。

1か月〜1.5か月程度必要とする動画は、インタビューをした内容が大半でしょう。

インタビュー動画では、社員がお仕事をしている様子や社内の風景などを撮影し、その企業の特徴を知ってもらうことを目的としています。

撮影は1日で終わる場合が大半ですが、動画が完成するまでは1か月〜1.5か月ほどかかります。

2カ月未満なの制作期間なら100~200万円程度

2か月未満の動画の場合、料金の相場は約80〜200万円です。

2か月未満の動画は、コンセプトムービーがあげられます。

コンセプトムービーは、自社の世界観を伝えることを目的としています。

演出にこだわり、撮影や編集に時間をかけるため、料金はさらに割高になります。

お仕事関連の映像やドラマのように仕立てた会社のリアリティをかもしだすため、企業の魅力が伝わりやすい内容となっています。

また、ドローンでの撮影などを活用し、演出には強いこだわりがあります。

コンセプトムービーを制作する際は、プロを起用する場合がほとんどです。

もちろん、自社の社員が対応するケースもあります。

プロが演出すれば、クオリティが高まり、より企業の世界観を伝えることができるはずです。

撮影は社内の場合もあれば、社外もあります。

そのため、撮影期間は2日ほどで、制作期間は2か月以内が目安です。

補足ですが、CGなど特殊な演出を含めるケースは、料金の相場は約200万円以上かかります。

特殊な演出は、他社の動画と差別化できます。CGを活用すれば、インパクトが強くなるため、SNSや口コミでの拡散が期待できます。

撮影や編集などに非常に手間をかけるため、制作期間は3か月以上になるケースが大半です。

展示会で「アニメ」の動画をつくる際の料金相場

ここでは、展示会で「アニメ」の動画を制作する際の料金相場をお伝えします。

アニメの演出によって料金は変わります。

こちらも演出や表現によって料金は変動します。

イラストの組み合わせだけなら10~30万円程度

イラストの組み合わせのみであれば、10〜30万円程度です。

イラストの組み合わせはスライドショーです。

こちらは、アニメの品質にこだわりはなく、アニメーション動画が必要である場合におすすめです。

短い動画であれば、2〜3週間で制作が終わります。

編集の手間や工程数が少ないため、それほど時間はかかりません。

また、施す手間が少なく制作期間2〜3週間ほどあるためそれほど長くはありません。

簡単なアニメーションを入れるなら100万円未満

スライドショー以外にも、簡単なアニメーションを入れたい場合、高くても100万円ほどします。

モーションやグラフィック、会話劇、ホワイトボードアニメーション、パラパラ漫画を導入したい場合、割高になります。

アニメーション動画は、動きがカクカクした特徴があります。

制作費用が高ければ高いほど、動きが滑らかで高品質なアニメーション動画を制作できます。

アニメーション動画の特徴は以下のものがあります。

  • センシティブな表現のイメージを和らげる
  • サービスの変更が発生した場合、訂正が簡単
  • 演出者やキャスト、撮影機材などが必要ないため、コストカットになる

アニメーション動画を活用すれば、表現できる幅が倍増します。

そのため、制作費に幅ができると言えます。

特殊な動きを入れるなら100~200万円程度

特殊な動きを入れたいのであれば、さらに割高になります。

料金の相場は、100〜200万円が目安です。

費用の内訳は、企画、撮影、編集などです。が主になります。

他にも、人件費や機材費なども発生します。

特殊な動きがある動画は、例えば、実写動画です。

実写動画の場合、リアリティ性の強い内容を届けることができます。

自分自身が使っている商品を使っているイメージを伝えることが可能です。

自社の商品やサービスを本格的にアピールするのであれば、実写動画など、特殊な動きを入れることを考えてもいいでしょう。

展示会向けの動画の種類とは?

展示向け動画の種類はどのようなものがあるのかご紹介します。

映像の種類によっては、効果は異なりますのでご了承ください。

サービス・商品紹介動画

サービス・商品紹介動画は、認知の拡大やブランディングのために活用します。

商品やサービスの魅力を伝え、実際に購入したらどのようになるのかをより詳しく消費者に情報を届けなければなりません。

鮮明にイメージを持っていただければ、購買意欲の向上につながるはずです。

特に、無形商品・サービスの場合、言葉で説明すると複雑になってしまいがち。

しかし、動画で商品の魅力や自社の強みを伝えることができれば、伝わりやすくなります。

会社紹介動画

会社紹介動画は、名前の通り会社のことを紹介しています。

多くの来場者に、自社の商品やサービスを認知してもらい、その魅力や特徴を把握していただくことが目的です。

商品の特徴やサービスの内容はもちろん、その他、会社の雰囲気や社員が働く様子などを映像で届けられれば、会社のリアリティがいっそう伝わるでしょう。

会社を紹介する動画を制作する場合、自社にあった映像やBGMを使うことが大切です。

イメージに合わないものを使っても、整合性がないため効果は低くなるでしょう。

ティザー動画

ティザー動画は、予告動画のことを言います。

以前まではエンタメ業界で活用事例が多かったのですが、近年では多くの職種で使われるようになりました。

消費者の期待を高める効果があるティザー動画。

映画の予告編のように訴求する内容を絞って制作すれば効果は高いはずです。

展示会では、来場者に興味を持ってもらうように自社のブースで動画を提示する形です。

関心が高い見込み客をブース内に来てもらうためにも、有効な動画とされています。

デモンストレーション

デモンストレーション動画では、特定の商品やサービスに対して関心が高い見込み客をターゲットにして詳細を紹介します。

実際に活用しているシーンを映し出すことで、消費者の購買意欲が促進されることが期待できます。

また、機能が多い商品を伝えたい場合、目的別・機能別に分けて紹介した方が有効です。

魅力的なデモンストレーション動画を制作できれば、より商品の魅力や詳細が伝わり、成約が見込めるでしょう。

展示会の動画を制作するメリット4つ

展示会の動画を作成するメリットをご紹介します。

動画を作成するメリットはたくさんあります。

映像で届けることができるため記憶の残りやすい、伝えた情報量が多いなど、視聴者にとって理解が深まるメリットがあります。

具体的な内容は以下に紹介していますので参考にしてみてください。

➀伝えられる情報量が多い

短い時間で多くの情報を届けることができる映像は、人間の記憶に残りやすいイメージがあります。

視聴者が映像で入手した内容は忘れにくく、また覚えてもらいやすい特徴があります。

テキストなどと比較すると、映像は視覚だけでなく聴覚も刺激します。

テキストや広告の場合は視覚のみ受容できますが、動画の場合、視覚だけでなく聴覚も活用できます。

人間の脳の仕組み上、より五感を刺激する方法を活用すれば記憶に残りやすいと言われています。

そのため、視覚だけでなく聴覚も刺激できる動画は記憶の残りやすくなります。

②来場者から注目されやすい

映像は動きがあるため、静止している作品よりも注目される傾向があります。

そのため、来場者は、ブースに立ち止まってくれるきっかけにもなります。

また、来場者により注目されるためにも、視界に入りやすい位置にモニターやディスプレイを設置することをおすすめします。

自社のサービスや商品にインパクトがある映像を制作できれば、より関心が集まり、集客率が高まることが期待できます。

③営業効率が上がる

映像は営業効率を高めることができます。

さらに、動画を視聴し、商品に関心を持っていただいた見込み客に、質門や相談する機会を提供できれば、プロモーション活動ができます。

また、見込み客が商品の知識をインプットしている状態であるため、商談する際にもスムーズになるでしょう。

映像は、イメージを喚起し購買意欲を高める効果があり、成約に繋がることも期待できます。

④展示会後も活用できる

制作した映像は、展示会の後にも活用できます。

展示会が終わった後でも、ホームページやYouTubeで配信することが可能です。

展示会当日参加できなかった方や新しく映像を見る人にも届けることができます。

自社の動画を視聴し、視聴者に関心を持っていただければ売上アップが期待。

また、営業する際、映像を提示できます。

映像を活用できれば、より商品の詳細や魅力が伝わることはもちろん、認識の齟齬を防ぐ効果があります。

営業活動にも効果的なので、展示会で使った後も、放置せず、何らかの形で活かすことがおすすめです。

展示会の動画を制作する際のポイント4つ

ここでは、展示会の動画を制作する際のポイントについてご紹介します。

展示会で展示する動画はどんな風に制作すれば、来場者は関心を持ってくれるのか、そのコツを以下で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

➀時間は短めにする

まずは、動画の時間を短くコンパクトにまとめることが大切です。

目安は15秒〜30秒がいいでしょう。長くても1分程度におさまるようにしてください。

展示会では多くの展示品が展開されている中、来場者が関心を払ってくれるようにする必要があります。

内容を詰め込んだ長い時間の動画であれば、最後まで視聴してもらえない可能性があります。

展示会で来場者に見てもらうためには、短い尺の動画で重要な部分のみ伝える内容の方が有効でしょう。

②画面の大きさに配慮する

画面の大きさにも気を配ることも必須です。

展示会の会場で扱うディスプレイのサイズと縦横の比率を事前に確認しておく必要があります。

また、デイスプレイによっては、縦横の比率や映像の解明度は異なります。

実際に制作した自社の動画が、イメージ通りに映し出せなければ、商品やサービスを来場者に上手く伝えることができません。

例えば、解明度が低い画像の場合、大きなデイスプレイでは荒く表示されることがあります。

こうなってしまえば、来場者の方に関心を払ってもらえなくなってしまうでしょう。

展示会当日、スムーズに制作した動画を映し出すためにも事前にチェックしておくことが大切です。

③テロップをつける

展示会で動画を提示する場合は、テロップは必須です。

展示会では多くの来場者が訪れます。

また、他にも展示品を提示している方もいるでしょう。

他社の話声など、音声が飛び交う環境では自社の動画の音声がかき消されてしまうことが考えられます。

動画の内容を来場者に理解してもらうためには、視覚でも情報を収集できるようテロップは必須です。

また、大きなサイズでテロップを入れ、自社のサービスや商品のアピールができるでしょう。

音声やビジュアルだけでは伝えにくい内容でも、テロップを活用することで、より正確な情報を来場者に届けることができます。

④演出にこだわる

展示会会場では、多くの企業が展示品を展示します。

また、多くの来場者が訪れるでしょう。

そんなライバルが多い環境の中、自社の作品に関心を向けてもらうためには、インパクトが強い動画の制作にこだわらなければなりません。

また、多くの要素を詰め込まず、訴求したい内容に絞ってアピールすれば効果的でしょう。

いかに短い尺で、印象に残る内容をアピールできるかが大きな鍵です。

まとめ

今回は、展示会向けに制作する動画の費用、料金の目安を解説してきました。

料金の相場は、動画の種類によって異なります。

編集や撮影の手間が多い動画ほど、割高になります。

費用は人件費や使用する機材などによっても変動します。

また、アニメーションを導入すれば、やや割高になります。

こちらも編集の手間や工程数が多い高品質な動画ほど割高になります。

展示会で展示する動画は、来場者から関心を持ってもらわなければなりません。

動画にテロップを入れる、インパクトが強い内容にする、短い時間で訴求したい内容のみにするなど、工夫が必要です。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談