動画制作

YouTubeの動画を外注する際の相場はどれくらい?メリットや選び方を解説

最近では、YouTubeを活用してビジネスを推進する企業も多くなってきました。

しかし、実際にYouTubeのチャンネルを運用するときに問題となるのは、動画制作ではないでしょうか。

動画を制作するには、撮影技術や動画の編集技術が必要になります。

また、YouTubeチャンネルを運営する際は動画市場についても詳しく知ることが重要です。

そのため、YouTubeの動画制作を外注することを考えている方もいるでしょう。

こちらの記事ではYouTubeの動画制作を外注するメリットデメリットや、実際に動画制作を外注する場合の費用の相場、業者の選び方について詳しく解説します。

ぜひ動画の外注化を考えている方は、最後までご覧ください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

YouTube動画の費用相場は工程によって変わる

YouTube動画の費用相場は内容によって大きく異なります。

今回解説するのは、以下2つのパターンに分けた場合における費用相場です。

  • 出演者が語りのメインの動画
  • 専門的な撮影や編集を要する動画

実際に作りたい動画がどのようなものかを想像しながら、ご覧ください。

出演者の語りメインの場合

動画の内容が出演者メインの場合、カットやテロップ、サムネイルの作成といった工程が必要です。

しかし、どの工程も高度な技術を必要とするものはなく、費用は安くなる傾向があります。

また、動画を1つ作るときには複数の工程が必要です。

これから、工程の費用相場について一つずつ説明します。

カットは1,000円~

カットの相場は1,000円~となっており、動画編集の中でも安価で依頼できます。

カットとは、撮影した動画から不要な部分を切り取り、必要な部分をつなぎ合わせる工程です。

カットの相場は、編集前の動画の長さや複雑さ、また編集者のスキルや経験によって価格は変動します。その点には注意しましょう。

テロップは3,000円~

テロップを入れる際の相場は3,000円~です。

テロップとは、動画の中に説明や字幕を表示する工程で、視聴者に動画の内容をより具体的に伝えられることがメリットになります。

テロップがシンプルなテキストの場合は費用が安く、文字にアニメーションをつけるといった効果を追加すると費用は高額になる傾向です。

SE・BGMは3,000円~

SEとは効果音のことで、動画をより魅力的に見せてくれる要素の一つです。

そのため、多くの動画でSEやBGMが利用されており、編集の相場は3,000円~となっています。

YouTubeで使われているSEやBGMの多くは、無料で使えるフリー素材です。

無料の素材で満足できない場合は、有料のものを使うことがあります。

有料素材の使用で別途費用がかかることがあるため、事前に確認しておきましょう。

サムネイル作成は1,000円~

サムネイルは動画を見るきっかけとなる重要な画像です。

動画編集と同様に作成を依頼することも多く、相場は1,000円~となっています。

サムネイルは画像一つで動画のクリック数が大きく変わるほど重要な要素です。

そのため、サムネイル作成に特化した業者も存在します。

もし、動画制作の予算に限りがある場合は、サムネイルだけでもプロに頼むといった方法も一つではないでしょうか。

専門的な撮影や編集を要する場合

ロケなど専門的な撮影や編集を必要とする動画は、企画や構成はもちろん、撮影や編集も高度な技術が必要です。

そのため、費用相場も高額になる傾向があります。

これから、それぞれの工程の費用相場を解説するので、動画を外注する際の参考にしてください。

企画・構成は50,000円~

動画を作る際の企画や構成をプロに依頼すると、相場は50,000円~と少し高額です。

しかし、自分たちで企画や構成、脚本を作るとなると相当な労力がかかります。

企画や構成をプロに依頼すれば、浮いた時間や労力をマーケティングなどの違う仕事に割くことが可能です。

また、自分たちでは浮かばなかったアイディアをもらうことができ、その結果新たな視聴者を獲得できるなどのメリットもあります。

撮影は30,000円~

YouTubeの撮影で、本格的な機材を使って撮影を行う場合の費用相場は30,000円~です。

この中には機材にかかる費用はもちろん、実際に撮影を行うスタッフの人件費も含まれます。

しかしYouTubeの場合、スタッフは少人数で撮影することが多いため、費用はそれほど高額にならないでしょう。

ただし、特殊な機材や大がかりなものを使うときは、追加で費用がかかることもあるため、予算と相談しながら考えていく必要があります。

編集は30,000円~

編集の中にはカットやテロップの挿入などが含まれており、費用相場は30,000円~です。

編集の費用は動画の長さ、編集に必要な技術によっても大きく変動します。

そのため、実際の予算と必要な動画の長さなどを事前にシミュレーションしておくことで、予算オーバーを防げるでしょう。

音響・ナレーションを入れるなら30,000円~

実際に音響やナレーションを入れる場合は、30,000円~が費用の相場です。

動画に音響やナレーションを入れることで、動画の内容を具体的によりわかりやすく視聴者に伝えられます。

しかし、ナレーションをする人の人件費や使用する音響によって、費用が高額になってしまう場合もあるので注意しましょう。

BGMをフリー素材にするなど予算を抑える方法もあるため、業者と相談してみてください。

YouTubeの動画を外注化するメリット

YouTubeの動画を外注するメリットは以下の4つがあります。

  • 機材のコストカットができる
  • 人件費の削減ができる
  • 企画や運用を相談できる
  • 専門的な技術によって完成度の高い動画をつくれる

これからそれぞれについて詳しく解説します。動画の外注化を考えている方は参考にしてみてください。

➀機材のコストカットができる

YouTubeを撮影するときにはカメラやマイク、照明といった機材が必要です。

しかし、これらの機材を一式揃えるとなると、高額な費用が発生します。

また、機材の保管やメンテナンスにもお金と労力もかかるでしょう。

一方、動画制作を外注すると、撮影に必要な機材はすべて業者が用意してくれるため、自分たちで用意する必要はありません。

そのため、機材の大幅なコストカットを実現できます。

②人件費の削減ができる

自社で動画を制作する場合、企画や構成、撮影、編集といったすべての工程を社員が行うことになり、その分の時間と人件費がかかります。

しかし、業者に外注することで動画制作にかける時間は大幅に短縮することが可能です。

その結果、社員は広報やマーケティングなどほかの仕事に取り組むことができるため、さらなる会社の利益も期待できます。

③企画や運用を相談できる

YouTubeに参入したいけど、どのようにYouTubeのチャンネルを運用していけばいいかわからないという方もいるでしょう。

動画編集を受注している業者の中には、動画を制作するだけでなく、動画の内容やチャンネル自体の運用をサポートしている会社もあります。

そのため、自社にマーケティングのスキルがない場合でも、安心してYouTubeチャンネルの運用ができるのではないでしょうか。

④専門的な技術によって完成度の高い動画をつくれる

YouTubeの動画を外注する大きなメリットは、完成度の高い動画が作れることです。

業者によっては1つの動画を複数のスタッフで担当し、それぞれの作業のプロが動画制作に携わります。

また、外注先に在籍するクリエイターは、専門知識があり経験豊富です。

さらに、多くの人が動画制作に関わるため多様なアイディアが動画に反映されます。

よって、より完成度の高い動画に仕上げられるのです。

YouTubeの動画を外注化するデメリット

YouTubeの動画を外注化するメリットがある一方、以下のようなデメリットもあります。

  • 外注先によってクオリティが異なる
  • 融通が利かない可能性がある

動画を外注するときには、メリットとデメリットの両方を考慮した上で検討することが大切です。

そのためにも、これから説明するデメリットを理解しておきましょう。

➀外注先によってクオリティが異なる

動画の外注先として映像制作会社やフリーランスの動画編集者、またマーケティング会社などたくさんの選択肢があります。

しかし、外注先によって動画編集のスキルや使用する機材も異なるため、動画の完成度にばらつきが出てしまう場合もあるでしょう。

また、依頼する業者によって料金もさまざまです。

自分たちが作りたい動画のクオリティや動画制作の予算などを考慮しながら、動画を外注しましょう。

②融通が利かない可能性がある

依頼する業者によって、ルールが決まっているなど融通が利きづらい場合があります。

そのため、動画を発注する前にどの程度融通が利くのか確認しておくと安心です。

たとえば、動画の修正をお願いしたときはすぐに対応してもらえるのか、その場合追加料金は発生するのかといった点は契約する前に確認しましょう。

疑問点を解決しておくことで、安心して動画制作を外注できます。

YouTube動画の外注先の選び方

実際にYouTubeの動画を外注しようと思ったけれど、どの業者に頼めばいいのかわからないという方もいるでしょう。

YouTubeの動画の外注先として、以下の3つを紹介します。

  • クラウドソーシング会社
  • フリーランスの動画編集者
  • 動画制作会社

それぞれの外注先にはメリット、デメリットがあります。

制作したい動画の内容を照らし合わせながら、動画の外注先を探す参考にしてください。

➀クラウドソーシング会社から選ぶ

1つ目は、クラウドソーシング会社です。

よく利用されているクラウドソーシング会社にはクラウドワークス、ランサーズ、ココナラの3つがあります。

どの会社も多くのフリーランスクリエイターが登録しているので、自分のニーズに合わせて動画制作を発注することが可能です。

しかし、直接やり取りができないことや、動画のクオリティにばらつきが出やすいといったデメリットもあります。

動画制作を依頼する前に作成者のポートフォリオを見るなどして、慎重に外注先を選びましょう。

②フリーランスの動画編集者に依頼する

フリーランスの動画編集者に依頼することも、選択肢の一つです。

フリーランスの場合、映像制作会社に依頼するよりも費用は安くなる傾向があります。

また、修正やイレギュラーなどにも柔軟に対応してもらえる点も大きなメリットでしょう。

しかし、個人のフリーランスは1本の動画制作のすべてを依頼できないことがあります。

撮影のみ、BGMや効果音の音響のみ、サムネイルの作成のみといったように工程ごとに依頼を受けている人も多く見られます。

また、個人で動画制作をしているため、受注者の都合によって継続的な動画制作が難しくなる場合もあるので注意が必要です。

③動画制作会社から探してみる

おすすめの外注先の中に、動画制作会社があります。

動画制作会社は動画制作を専門としている会社なので、スキルやノウハウが蓄積されている点は大きなメリットでしょう。

また、複数のスタッフが在籍している場合も多く、それぞれの工程のプロが動画制作に携わってくれるため、クオリティの高い動画が期待できます。

しかし、費用は高額になる傾向もあるため、実際に外注する際は複数の動画制作会社に見積もりをとり、予算に合った会社を選びましょう。

YouTubeの動画の外注先を選ぶ時のコツ

YouTubeの動画の外注先によって、動画の完成度が大きく変わってきます。

そのため、外注先の業者選びはとても大切です。これから、動画の外注先を選ぶ際の3つのコツを詳しく解説します。

  • 参考イメージを共有しておく
  • 依頼内容を明確にする
  • 予算をあらかじめ提示しておく

自分たちに最適な外注先を見つけるための参考にしてください。

➀参考イメージを共有しておく

動画のイメージを共有しておくことで、完成後に納得のいく動画ではなかったというトラブルを防げます。

動画のイメージを伝えた段階で、動画の制作が難しい場合もあるため注意が必要です。

また、動画のイメージを伝える際は、言葉で伝えるだけでなく参考の動画やデザインなどを見せることで、イメージの相違を回避できるでしょう。

打ち合わせの段階でしっかりイメージを共有させておくことが、動画制作をする上で重要なポイントです。

②依頼内容を明確にする

動画を外注する際は、依頼内容を明確にしておくことも大切です。

動画制作のすべてを依頼するのか、撮影だけや音響のみを依頼するのかによって、費用はもちろん、納期なども異なります。

また、依頼する業者によっては、ホームページの作成といった動画制作以外の作業をまとめて外注できる場合があります。

その結果、コスト削減やイメージを統一できるといったメリットもあるため、外注先への依頼内容は明確にしておきましょう。

③予算をあらかじめ提示しておく

動画制作を依頼する際、大まかな予算が決まっていることが多いのではないでしょうか。

高額な費用を支払えば、多くの場合、クオリティの高い動画を制作できます。

しかし、実際は予算内で最高の動画を作らなければなりません。

そのため、外注先には事前に予算を提示しておくとよいでしょう。

事前に予算を伝えておけば、外注先も予算内で動画制作をしてくれることはもちろん、その予算の中で最善の方法で動画を制作してくれます。

YouTubeの動画で外注費用を抑えるには?

YouTubeの動画を外注する際の費用は、できるだけ安く抑えたいと思う方も多いでしょう。

これから、費用を抑えるためのポイントを3つ紹介します。

  • 撮影データを短くする
  • 撮影は自社でおこなう
  • フリーランスの動画クリエイターに依頼する

3つのポイントを参考にして、予算を抑える工夫をしてみてください。

➀撮影データを短くする

1つ目は、撮影データを短くする方法です。

動画が長ければ長いほど、撮影時間や編集時間がかかり、外注費用が膨らみます。

よって、撮影データ自体を短くすることで、コストカットを実現できるのです。

しかし、動画の内容によって最低限の長さは決まっています。

事前に動画の内容を明確にして、おおよその動画の長さを把握しておくとよいでしょう。

②撮影は自社でおこなう

撮影を自社で行うことで、その分の費用を節約できます。

動画制作を依頼する際は工程ごとに費用がかかる場合もあり、1つの工程である撮影の費用がかからないことは大きなコストカットになるでしょう。

ただし、自社で撮影を行う場合、撮影機材や人件費がかかる点には注意が必要です。

以上のことを考慮しながら、自社で撮影を行うか、業者に依頼するか選択することがよいのではないでしょうか。

③フリーランスの動画クリエイターに依頼する

フリーランスの動画クリエイターに依頼することで、費用を抑えることが可能です。

映像制作会社に依頼すれば、動画の品質や納期など安心できる部分は多いでしょう。

しかし、その分費用も高額になる傾向があります。

同じ内容の動画でも、フリーランスの動画クリエイターに依頼した場合の多くは、費用を安く抑えられるのです。

自分たちに合ったフリーランスの動画クリエイターに依頼できれば、低コストで高品質の動画を作ることも可能でしょう。

YouTube動画を外注するなら「むびる」がおすすめ!

今回はYouTubeの動画を外注する際の費用相場や、業者の選び方について詳しく解説しました。

しかし、実際に動画制作を外注しようと思うけれど、どこで依頼すればいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

そのような方には「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは動画制作マッチングサービスです。

むびるには、動画制作のプロが1000人以上在籍し、その中からあなたに最適なクリエイターを紹介してくれます。

むびるに所属する動画クリエイターは、全員が厳正な審査を通過したプロなので、安心して動画制作を依頼できるでしょう。

また、動画の内容はプライベートからビジネスまで幅広く扱っており、撮影のみ、編集のみといった依頼も可能です。

また、専属コンシェルジュがサポートしてくれるので、不安なことも相談しながら動画制作を依頼できます。

ぜひ外注先に迷っている方は、一度「むびる」に相談してみることをおすすめします。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談