動画制作

プロモーション動画制作の費用とは?料金相場について解説

プロモーション動画を制作しようと思った時、どのくらいの費用がかかるのか疑問に思ったことはないでしょうか。

プロモーション動画制作のプロセスは複雑であり、実際に制作会社に依頼する場合の費用は分かりにくいものです。

今回はプロモーション動画制作の料金相場を中心に、制作費用を抑えるポイントや制作会社の選定まで網羅的に解説していきます。

記事を読むことで、プロモーション動画制作の費用感が想定できるようになり、費用を抑えるコツが分かるでしょう。

プロモーション動画制作を検討している方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

工程別プロモーション動画の料金相場

プロモーション動画制作の依頼を考えた時、気になるのは制作費用の相場ではないでしょうか。

こちらでは、プロモーション動画制作の費用を工程ごとに解説していきます。

主な工程の費用相場は以下の通りです。

制作工程 費用相場
企画構成 約5~15万円
撮影 約10~40万円
編集 約5~25万円
音入れ 約5~20万円

上記以外にも、制作方法に応じた別途費用が発生するケースがあります。

では、工程別の費用の詳細を確認しましょう。

企画構成は5~15万円程度

企画構成にかかる費用は5万円から15万円前後です。

内訳は、動画制作を担当するプロデューサー・ディレクター・プランナーなどの人件費になります。

最初のプロセスとして、クライアントの要望をベースに動画の完成イメージを練る「企画構成」は、動画の仕上がりを決めるもっとも大切なプロセスです。

動画の尺や内容に加え、動画を制作する目的やターゲットなども制作会社と共有し、スケジュール作成、絵コンテ作成などを行います。

要するに、ヒアリングを実施した上で企画を練り、構成を作成するのです。

撮影は10~40万円程度

撮影にかかる費用相場は、10万円から40万円前後です。

費用の内訳としては「カメラマン」「出演するエキストラ」「撮影機材」「照明・音声」など、撮影にかかる費用は多数あります。

凝った演出をする際には「ロケ地・スタジオ利用料」「宿泊費」など、さらに金額が追加されるでしょう。

準備ができたら、「撮影」に移ります。撮影はプロモーション動画作成の工程の中でも、もっとも金額の変動が大きいプロセスです。

制作費を抑えた動画の場合、撮影は半日〜から1日ほどでしょう。スケジュールに沿って、素材となる映像を撮影していきます。

編集は5~25万円

編集の一般的な費用相場は、5万円から25万円前後です。

ベースとなる動画編集費に加え、「グラフィック」「アニメーション」といった素材を追加した場合、費用が別途発生します。

「編集」は撮影したデータを編集して、動画作品に仕上げていくステップです。

クライアントの要望を動画に落とし込むため、素材をチェックしながらカットをつなぎ合わせ、必要に応じて特殊効果やテロップを追加します。

編集作業が完了した後にはフィードバックや修正が入るので、編集の工程はトータルで2週間以上は見込んでおきましょう。

音入れは5~20万円程度

音入れにかかる費用相場は5万円から20万円前後です。

「効果音・BGM」「別録りの音声素材」「ナレーション」といった音声をシンクロさせ、プロモーション動画を仕上げていきます。

ナレーションや版権のあるBGMには、別途費用がかかるでしょう。

撮影や編集と並んで大切な要素が、「音入れ」(MA)と呼ばれる工程です。動画の制作に必要なものは映像だけではありません。

商品やサービスの魅力を最大限に引き出す音声編集は、プロモーション動画の鍵となります。

その他

意外と見落としがちなのが、撮影や編集に付随するその他の費用です。

撮影の工程においては、店舗での撮影以外を使用する場合には「ロケ地・スタジオ利用料」、遠方まで移動する場合には「出張料」などが発生し、これらはすべてクライアント側の負担です。

撮影にプロのキャストを起用するのであれば、「キャスティング費」も発生します。

音入れの工程においては、著作権フリーのBGMや写真素材ではないものを利用する場合、「著作権料」が必要です。既存楽曲を使う際には、確認をしましょう。

「DVDの製作料」も、忘れがちな費用です。動画データの変換に必要なメディア出力費として完成した動画をDVD化する際には、エンコードやオーサリングの費用がかかります。

動画の尺によっても変わりますが、相場としてはそれぞれ15,000円から25,000円前後が一般的です。

プロモーション動画の料金は種類によっても異なる

プロモーション動画制作にかかる費用は、動画の種類によっても大きく変動します。

代表的な動画の種類と費用相場は以下の通りです。

動画の種類 費用相場
簡単なWEBプロモーション動画 30~60万円
本格的なプロモーション動画 80~150万円
店舗PR 10~30万円
ブランディング動画 100~300万円

こちらはあくまで一例としての費用です。

動画の内容や制作方法によっては、追加で支払う場合があることを心得ておきましょう。

ここからは、実例を踏まえながら具体的な料金相場や内容・特徴について解説します。

➀簡単なWEBプロモーション動画だと30~60万円程度

「会社案内」「オフィス紹介」「経営者・社員のインタビュー」といった簡単なWEBプロモーション動画の場合、費用相場は30万円から60万円前後になります。

WEBプロモーション動画は自社サイトやSNSを訪れた人に、会社や商材の概要を知ってもらうのが目的の動画です。

動画の尺は長くても5分程度に収まるものが多く、構成も比較的シンプルになります。

一度制作すればさまざまなシーンで使用でき、プロモーションが効果的にできるため、コストパフォーマンスの高い動画のジャンルだといえるでしょう。

②本格的なプロモーション動画だと150万円程度かかることも

大きなイベント会場や街頭で配信する本格的なプロモーション動画の場合、制作方法にもよりますが、費用は80万円から150万円前後が一般的になります。

WEBプロモーション動画と比べて費用が大きくなるのは、構成やカット割りが複雑であったり、特殊な音響効果を挿入したりすることで編集工程が増えるためです。

配信機材となるデジタルサイネージなどモニターのサイズも大型になるため、高画質に対応したハイスペックな撮影機材が必要であることもコストがかかる理由の1つでしょう。

会社の知名度アップや商品の認知度の向上を目的にした本格的なプロモーション動画では、いかに不特定多数の視聴者の目を引き、インパクトを残せるかが重要です。

会社や商品サービスの魅力を存分に伝えるためにCGやグラフィックなどを挿入することで、Webメディアに多数掲載されるようなクオリティの高い動画制作ができるでしょう。

③店舗PRであれば、10~30万円程度

店舗紹介のPR動画の制作費は、10〜30万円程度の相場が一般的です。

店舗の強みや目玉商品などを洗い出し、企画段階からしっかりと構成を練ることで、スムーズに撮影・編集まで進められます。

また、店舗スタッフを出演者としてキャスティングすることで、動画作成費用の削減が可能です。

店舗PR動画は、紙のパンフレットなどの案内と比べて、より多くの情報をわかりやすく伝えられます。

店舗の雰囲気を映像化してSNSなどでPRをし、認知拡大を成功させましょう。

PR動画の制作を依頼する際の費用は?料金相場やコストを抑える方法を解説

④ブランディング動画だと100~300万円程度

ブランディング動画は相場として、100〜300万円程度の費用がかかります。

ブランディング動画とは、ブランドコンセプトを深く掘り下げ、商品や会社を魅力的に伝える動画です。

ブランディング動画制作は、「グラフィック」「音響効果」「オリジナルの音源」などの挿入をはじめとする編集工程に時間を要します。

納期は最短で3カ月ほどかかるのが一般的ですが、フィードバックなどを繰り返す場合には、さらに長い期間が必要です。

尺が短い動画であっても、納期に余裕を持って制作会社に依頼をするのがよいでしょう。

独自のこだわりや世界観を体現できる企画構成を練ることで、潜在顧客に訴求できるメッセージ性のあるプロモーション動画を作れます。

展示会向けに動画制作する際の費用とは?料金の目安を解説

プロモーション動画の料金の内訳

動画ジャンルや動画制作における各工程での費用相場を解説してきましたが、実際にかかる料金の内訳が気になるのではないでしょうか。

下記の表は、企業プロモーション動画制作として実際にかかった費用例です。

費用 金額
撮影費 約15万円
編集費 約24万円
企画費 約24万円
キャスティング費 約20万円
ナレーション費 約5万円
制作管理費 約12万円
交通費 約10万円
合計 約110万円

YouTubeにアップするために作成された企業プロモーション動画の料金内訳になります。

上記の撮影ではプロのキャストを起用しロケハンを行っているため、「キャスティング費」「交通費」の費用が大きくなりました。

モデルなどの出演がなく自社や店舗のみで撮影をする場合には、これらの費用はかかりません。

自社の予算に応じて、プロモーション動画に求める内容やクオリティを制作会社とすり合わせながら動画制作をしましょう。

プロモーション動画の費用が変動するポイントとは?

プロモーション動画制作費用は「動画の長さ」はもちろんのこと、内容にこだわり、工数が増えて製作期間が長くなるほど費用は高額になります。

スタッフの人数や必要機材数といった「現場の費用」や「撮影場所の数」など、撮影当日の規模によって大きく変動するのです。

4Kなどに対応した高画質の撮影機材やドローンのレンタルなどには相応の料金がかかります。

モデル・タレントを起用するなど「キャスティングの有無」も費用を左右する項目です。

また、撮影後の編集に「グラフィック作成」「特殊な音響効果」といったさまざまなスキルを持つスタッフを動員すればするほど、人件費は上がります。

また、中小規模の制作会社に比べて、大手広告代理店を経由する動画制作会社は料金設定が割高です。

予算や目的に応じて、ふさわしい制作会社を選びましょう。

プロモーション動画の費用を抑えるためには?

プロモーション動画の制作で重要な点の1つは、適正な予算内で動画制作を行うことです。

コストの無駄を削って、費用対効果の高いプロモーション動画を作りましょう。

こちらでは、プロモーション動画の費用を抑えるポイントについて解説します。

  1. あらかじめ制作予算を決める
  2. 撮影の時間や規模を最小限にとどめる
  3. 事前準備を徹底する
  4. いくつかの動画制作会社と料金を比較する

➀あらかじめ制作予算を決める

プロモーション動画制作では、「あらかじめ制作予算を決める」ことが大切です。

動画制作は期間が長くなればなるほど、スタッフの人件費が増大します。

目的があいまいなまま動画制作を進めると、制作期間が長くなり、コスト増につながりかねません。

予算を決めることで、おのずと実現可能な工数の上限やクオリティも可視化されます。

撮影や編集を進めていくうちに、追加料金が発生する場合もあるでしょう。

スムーズな進行を図るためにも、企画段階で依頼側の予算を明確にし、制作会社としっかりと共有することが大切です。

②撮影の時間や規模を最小限にとどめる

「撮影規模を最小限にする」ことは、動画作成時のコストカットに効果があります。

撮影規模を最小限にする方法の1つは、動画の尺を短くすることです。

また、カメラを回すとさまざまな経費がかかるので、イラストや画像といった「静止画」を組み合わせて動画にするのもよいでしょう。

商品やロゴなどの素材を依頼者側で用意できれば、撮影を丸ごとカットして大幅な費用削減が可能です。

最近では、低予算で静止画を組み合わせたフォトムービー(スライドショー)の作成を得意とする制作会社も出てきています。

予算を抑えた動画作成を希望する場合には、できるだけ撮影の工程をシンプルにするのがよいでしょう。

③事前準備を徹底する

動画制作において「事前準備」は必要不可欠です。

予算だけ伝えて残りは制作会社に丸投げをするのではなく、必ず企画段階から目的やゴール設定を共有しましょう。

プロモーション動画の目的や用途、想定している動画の長さなどをしっかりと伝えて構成を練ることで、余計なカット撮影や編集の手間がかからず、スムーズに工程を進められます。

④いくつかの動画制作会社と料金を比較する

動画制作会社に発注をする際、「料金を比較する」ことは鉄則です。

動画制作では、基本的に企画から撮影・編集・データの受け渡しまで、ワンストップで依頼をします。

依頼する制作会社は最初から1つに絞るのではなく、複数の候補を挙げた中から選ぶのがよいでしょう。

条件を同じにして見積もり依頼をすると、会社ごとの費用感や担当者の対応が見えてきます。

制作費用を比較し、依頼をするのに最適な動画制作のパートナーとなる会社を選びましょう。

動画撮影を依頼する際の費用はどのくらい?依頼方法についても解説

プロモーション動画制作会社を選ぶ際のポイント

プロモーション動画制作会社を絞る際には、どのような判断基準で選べばよいのでしょうか。

動画の制作から完成後の運用まで全面的なサポートをしてくれる会社を選ぶだけでなく、チェックすべき4つのポイントがあります。

  1. イメージに近い動画の実績があるか
  2. 自社で内製しているかどうか
  3. アフターサポートに注目する
  4. 動画制作の効果を最大化する提案をしてくれるか

➀イメージに近い動画の実績があるか

プロモーション動画といっても、制作会社によって、得意とするジャンルはさまざまです。

webサイトでは制作事例が掲載されているので、実績を参考にイメージに近い動画制作ができる会社を選びましょう。

その会社の得意分野を見極め依頼をすることで、プロジェクトが動き出してからの流れもスムーズになります。

②自社で内製しているかどうか

制作会社がプロモーション動画を自社で内製しているかどうかは、トータルの制作費用を左右する大きなポイントです。

制作を依頼した会社が他の下請け会社に業務を任せる場合、余計なマージンが上乗せされた費用を請求されることになります。

広告代理店などがこの例でしょう。

また、制作会社の規模が大きくなるほど、トータルの費用は高額になります。

適正な予算内でコストが抑えられるかどうか、こちらもしっかりと検討しましょう。

③アフターサポートに注目する

プロモーション動画は制作して終わりではありません。

多くのプロモーション動画制作会社が存在する中、完成後の施策までサポートをしてくれるかどうかは、意外に重要なポイントです。

制作したプロモーション動画の展開の仕方や、使うべきメディアなど、運用面も見据えた対応をしてくれる制作会社を選ぶことも、発注先の会社選びのポイントになります。

④動画制作の効果を最大化する提案をしてくれるか

実績・経験が豊富な動画制作会社であれば、必要に応じて最適な提案を得られるでしょう。

大きな予算を投下して見栄えのするプロモーション動画を制作することは、どの会社でもできます。

限られた予算の中でいかに目的達成への効果を最大化する提案ができるかどうかは、制作会社の腕の見せ所です。

企画構成の段階から完成後の運用まで、常に最適な提案をしてくれる企業を選定しましょう。

プロモーション動画制作なら「むびる」がおすすめ!

費用相場から制作プロセス、費用を抑えるためのポイントまで、プロモーション動画制作の基本を解説してきました。

プロモーション動画制作についての全体像がつかめたのではないでしょうか。

動画制作には、自社の目的やゴールを確実に達成してくれる優秀なパートナーを選ぶことが大切になります。

インターネットで検索をしても、数が多すぎて動画制作会社を選ぶことができないということがあれば、ユーザー満足度97.5%を誇る「むびる」がおすすめです。

「むびる」ではプロに直接依頼ができるので、余計なコストがかからずスマートに制作・納品まで行えます。

専任コンシェルジュのサポートのもと、PR動画から誕生日・結婚式といったプライベートなシーンに添える動画まで、幅広いジャンルに対応可能です。

LINEで無料相談ができ、公式サイトにはクーポンもあるのでお得に動画制作ができます。

プロモーション動画制作会社の選定に迷ったときには、ぜひ「むびる」を利用してみてください。

https://movieru.jp/

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談