動画制作

アフターエフェクトに挫折しないコツ・事前準備について解説!

アフターエフェクトに挫折しないコツ・事前準備について解説!

動画クリエイターとして成長を目指すなら、さまざまなソフトやアプリを使いこなす必要があります。

使いこなしたいソフトの1つとして人気が高く、動画編集の王道ツールとしても名高い「アフターエフェクト」はご存知でしょうか。

Adobeが提供している「Adobe After Efects」は、動画の編集にひつようなさまざまな機能が詰め込まれており、動画クリエイターならまずは押さえておきたいツールです。

この記事では、アフターエフェクトを使いこなすにあたって、「挫折しないコツ」に焦点を当てていきます。

使用前に知っておきたい事前準備も解説しますので、ぜひご一読ください。

\むびるスクールなら未経験から誰でも稼げる!/

むびるスクール-600_600

コース料金
298,000円(税込) ※分割払いもOK!
マンツーマン指導
現役フリーランスがマンツーマンでサポート!
サポート体制
無制限!
受講スタイル
オンライン完結でいつでもどこでも受講できる!
むびるスクールのおすすめポイント
  • ☑最短3ヵ月で稼げるスキルが身につく!
  • ☑技術指導から案件獲得まで徹底サポート!
  • ☑授業は完全オンラインで完結!

むびるスクールのLINE登録ボタン-20240523

アフターエフェクトで挫折しないためのコツ

動画編集に欠かせないツールとして広く認知されているアフターエフェクトですが、動画編集を始めたばかりの人にとっては、難易度の高さからか、挫折してしまうこともあるようです。

使いこなすことで「プロレベル」の映像作品が完成すると評判のアフターエフェクトですが、挫折せずに機能を使いこなすためには、以下2つのコツを押さえておきましょう。

➀目標や目的を明確にする

アフターエフェクトを使いこなそうとしていても、途中で挫折する方の多くは「何をどういかえばいいのかわからない」という状態に陥ります。

例えば、アフターエフェクトは動画の中に入っている企業のロゴや看板などを削除し、安全な映像作品に仕上げることができます。

しかし、どんな動画を作るべきか、明確な目標や目的を持っていなかったら、こうした便利な機能はアイディアにもつながらず、上手に使いこなせないでしょう。

アフターエフェクトに限ったことではないですが、動画編集のソフトやアプリなどを使いこなすためには、自身がどんな動画作品を作りたいのか、どんな編集を行いたいのか、目標や目的をハッキリとさせることが重要です。

明確な目標や目的がすぐには見いだせない場合は、「こんな作品を作ってみたい」と憧れる作品の真似をしてみることも、挫折を防ぐコツとなるでしょう。

②効率的に学習できる方法を見つける

何の下準備も無くいきなりアフターエフェクトを触っても、どんな操作をすれば結果につながるのかわかりにくいため、飽きてしまったり挫折してしまったりする可能性があります。

アフターエフェクトを使いこなすためには、効率的に学習できる方法を見つけ、基本機能からマスターしていくことがおすすめです。

ブラグインなどの機能も豊富ですが、初心者の方の場合プラグインの使い方にも悩んでしまうかもしれません。

学習できる方法を知っておくと、効率的にアフターエフェクトの機能を扱えるようになります。

アフターエフェクトに必要なもの

アフターエフェクトを活用するにあたっては、一体どんな事前準備が必要でしょうか。

この章では必要なものについてスポット当てて、詳しく紹介します。

➀パソコン

アフターエフェクトはパソコン向けのソフトです。

近年動画編集にはスマホで使えるアプリも多く登場していますが、高機能を持つアフターエフェクトはパソコンが必須と覚えておきましょう。

パソコンも高スペックの製品が推奨されており、Windows10もしくはMacOSのバージョン10.14、10.15、macOS BigSur11.0以降のオペレーションシステムが搭載されていることを確認してください。

  • プロセッサーはIntelもしくはAMDマルチコアプロセッサー
  • WindowsおよびMacともRAMは16GB以上、GPUは2GBのGPU VARM
  • ハードディスクの空き容量は15GB以上必要
  • インターネットの接続必須
  • モニターの解像度は、Windowsは1920×1080以上 Macは1440×900以上

以上に挙げたように、アフターエフェクトには必要なスペックの基準があります。

WindowsおよびMacのいずれもハイスペックのパソコンをお手元に用意しましょう。

もしもパソコン選びに悩んでしまったら、製品の広告などで動画編集用と書かれているものがおすすめです。

また、パソコン専門店ではアフターエフェクトを使用したいと相談すると、適切な製品をセレクトしてくれます。

上記で紹介したスペックを参考に選んでみても良いでしょう。

②基本チュートリアルを学ぶ場所

挫折をしないようにアフターエフェクトをマスターしていくためには、「基本チュートリアル」を学ぶ場所も必要です。

チュートリアルとは、アプリやソフトを使う際に、基本の機能や操作について覚える「スタートラインに立つこと」を意味します。

例えば、高性能の車を購入しても、運転の操作方法を知らなければ車は動きません。

アフターエフェクトも同様で、ソフトだけがあっても扱えなければ動画は誕生しません。

基本のチュートリアルを学ぶ方法は、無料でも十分に提供されています。

YouTubeにはアフターエフェクトの初心者向けの基本講座が多く公開されており、チュートリアルを学ぶには十分です。

慣れてきた方であっても、意外な使い方に気付くこともあります。

ぜひ視聴してみてください。

では、有料の基本チュートリアル講座を使うメリットはあるでしょうか。

有料のチュートリアル講座は、アフターエフェクトに慣れることでどんな「有益さ」があるのかわかりやすく解説してます。

使い方をマスターすることで、どのように収益化できるのか教えてくれるのです。

趣味性よりも収益性をトコトン追究したい場合は、有料講座の活用を検討しましょう。

③Adobe After Effects

必要なスペックをクリアしたパソコンが用意され、基本のチュートリアルの学び方も把握できたら、いよいよソフトを手にしてみましょう。

Adobe After Effectsへの挑戦は無料版からのスタートがおすすめです。

公式サイトにアクセスすれば、簡単に無料体験ができます。

インストールができたら、早速操作を開始しましょう。

基本チュートリアルを学びながら、少しずつ慣れていくことで挫折を回避できます。

参考URL:VFXとモーショングラフィックスソフトウェア | Adobe After Effects

アフターエフェクトにかかる費用はどれくらい?

アフターエフェクトの無料体験版に慣れてきたら、本格的に動画編集を始めてみましょう。

では、アフターエフェクトを本格的に活用するためには、一体どのぐらいの費用が必要でしょうか。

続けるにあたっては費用に不安がある人も多いでしょう。

具体的な費用の内訳は以下のとおりです。

  • 単体プラン…

単体プランはアフターエフェクトの機能のみが使用できます。

月額使用料は2,728円です。

  • コンプリートプラン

コンプリートプランはAdobeの便利なソフトをコンプリートできるプランです。

illustratorはもちろん、Photoshopなども網羅しています。

本格的に動画などのコンテンツ制作で仕事をしたい方は必須のプランです。月額6,248円で利用できます。

以上の2つのプランの中から、ご自身にマッチするプランを選択してください。

動画制作の初期段階なら単体プランを選ぶ傾向がありますが、Adobeユーザーとして一元的に動画制作が行えるコンプリートプランもお得です。

アフターエフェクトの学習方法3つ

アフターエフェクトを本格的に活用していく場合、基本チュートリアルからもう一歩、踏み込んだ学習をしていくことも重要です。

では、アフターエフェクトの使い手となるべく、学習を上手に進めていくためにはどんな学習方法がおすすめでしょうか。

以下3つの方法を紹介します。

➀有料オンライン講座を受ける

基本のチュートリアルには無料でも十分でしたが、以下のような動画を作りたい場合には、有料オンライン講座の活用がおすすめです。

  • 早急に副業で収益化を目指したい
  • 今あるYouTubeチャンネルの動画を、もっと高品質にし、収益化を目指したい
  • 動画編集をマスターした後に、どんな仕事をもらえるのか知りたい
  • ひとりで勉強をするのは不安、課金してやる気を出したい

有料のオンライン講座も無料の講座と同様にたくさんの種類があります。

収益化を目指したい方向けの講座が充実しており、副業やYouTube配信者向けの内容が多くなっています。

もっと効率的に収益化を目指したい方は、有料のアフターエフェクト講座を受けることがおすすめです。

また、有料講座本来の趣旨とは少し逸れるものの、ひとりで勉強をすることに不安がある場合は、有料の講座にあえて課金してやる気を出すことも挫折を避けるコツです。

②無料のチュートリアルで学ぶ

無料体験版から今一歩踏み込み、月額会員になった後の内容も、無料のチュートリアル講座で学ぶことができます。

有料のオンライン講座を学ぶことにメリットを感じない、なるべく独学・低価格でマスターしたい場合には、無料のチュートリアルで学習を進めましょう。

また、3つ目に紹介する書籍とあわせてみることもおすすめです。

③アフターエフェクトの書籍を買う

アフターエフェクトを効率よく学習するためには、書籍を活用することもオススメです。

アフターエフェクト専用の学習書籍は多く販売されており、通勤や通学のお供にも最適です。

手元に書籍があることで、無料のチュートリアルもより理解が深まります。

覚えておきたいこと、押さえておきたい注意点も動画では静止画にしなければメモやノートに書き写すことは難しいですが、書籍なら教科書のようにご自身のペースで読めます。

オンライン講座やチュートリアルを使っている方であっても、書籍をプラスすることでより理解が深まるでしょう。

参考までに以下のような内容の書籍が販売されています。

  • DLデータがついてくる、動画表現アイデア集
  • 空間演出向けの参考集
  • ビギナー向けのアフターエフェクト入門書
  • アニメーションに特化した書籍

ご自身がマスターしたい内容に合わせて書籍を選択すれば、アイディアを活用しながらアフターエフェクトを操作できるでしょう。

アフターエフェクトでできることとは?

ここまではアフターエフェクトの操作に挫折しないように、事前の準備や学習方法に注目してきました。

では、実際にアフターエフェクトを活用するとどんなことができるのでしょうか。

具体的な活用方法を知り、やる気につなげるためにも、この章では「アフターエフェクトでできること」を紹介します。

➀モーショングラフィックス

アフターエフェクトの大きな特徴が「モーショングラフィックス」と呼ばれる機能です。

では、モーショングラフィックスとはそもそもどんなものでしょうか。

モーショングラフィックスとは
モーショングラフィックスとは動きのない図形やロゴなどを加工し、動きがスムーズなアニメーションへと仕上げることを指します。

YouTubeでもスムーズな動きの動画タイトルやエンディングを見かけますが、モーショングラフィックスによるものです。

近年ではYouTubeなどの動画サイト以外でも、企業のプロモーションやアーティストのイメージクリップなどでも活用されています。

今後ますます需要が拡大すると思われる技術です。

アフターエフェクトによるモーショングラフィックスの特徴

動画編集のソフトにはモーショングラフィックスを作成できるものがいくつかありますが、アフターエフェクトは「プロ仕様」として高い評価を得ています。

細やかな動きも調整でき、複雑な加工もできる事が大きな特徴です。

また、Adobeの関連ソフトも使っている場合は連携も可能で、モーショングラフィックスの作成もスムーズです。

②VFX

アフターエフェクトのもう1つの特徴は「VFX」です。

VFXとは
VFXとは、「ヴィジュアル・エフェクツ」という言葉の略称です。

現実の世界では到底考えられないような、SF映画などに使われている技術です。

別名は視覚効果とも呼ばれていますがアフターエフェクトではVFXを作ることが可能です。

動画をより洗練させ、加工し、魅力的な作品に仕上げていくためには欠かせない技術と言えるでしょう。

アフターエフェクトによるVWXの特徴
アフターエフェクトでは合成や3Dアニメーション等の活用、斬新なVFX作品の制作が可能です。

例えば、惑星を簡単に作成することができるため、魅力的な宇宙を思わせる映像も、手軽にアフターエフェクトで完成できます。

短編映画やアニメーションもプロ仕様に仕上がるのです。

雷や火事のシーンを再現する、現実では到底観られない巨大な滝を演出する…こうした映像も実際にアフターエフェクトで作られています。

脳内で思い描いたユーモアを具現化できることも、アフターエフェクトによるVFXの醍醐味でしょう。

アフターエフェクトで何を作りたいかを決めておくとスムーズ

アフターエフェクトは実に多くの機能を扱えるため、プロのコマーシャルや映画に匹敵する映像作品がご自宅に居ながらにして完成させられます。

しかし、アフターエフェクトへの挑戦に挫折してしまう人も、決して少なくありません。

では、諦めずに前向きに、アフターエフェクトを使っていくためにはどうするべきでしょうか。

結論から言うと、「何を作りたいのか」まずは目的をハッキリさせることが重要です。

時々気軽にドライブをしたいのか、通勤・通学に使いたいのかによって車の選び方が異なるように、便利な動画制作のツールも何を作りたいのかによって、選び方や操作性が異なります。

とりあえず完成すればいい、というのであれば、アフターエフェクトに挫折してしまう可能性があります。

例えば、以下のような目標を掲げてみてはいかがでしょうか。

  • 憧れのYouTube番組のようなコンテンツを作りたい
  • 昔から好きなSF映画の真似をして作りたい
  • 転職するために、動画の編集や制作に強くなりたい
  • 今持っている編集技術からスキルアップしたい
  • 月に〇〇円ほどの副業につながる動画を受注したい

憧れの番組や映画のワンシーンを真似てみたい、転職のためにスキルを身に付けたい、などの具体的な目標を持つことで、学習意欲も湧きコツコツと楽しめるようになります。

小さな加工に慣れてくると、もっとこんな作品を作ってみたい、と前向きな気持ちが得られます。

動画編集市場は大いに活況しており、副業や独立を目指すことも可能です。

自分らしく働くために、アフターエフェクトの技術を身に付けたい、と頑張ることもおすすめです。

アフターエフェクトに挫折しないためには、事前準備と目標を立てるのが大切

この記事では、アフターエフェクトに挫折しないコツについて、事前準備として必要なものや費用などにも触れながら詳しく解説しました。

Adobeの技術と英知が詰め込まれたアフターエフェクトは、使いこなすことでプロの動画クリエイターとして飛躍的に成長できるでしょう。

しかし、具体的な目標がないまま学ぼうとしても、途中で挫折してしまう可能性があります。

アフターエフェクトは文中に紹介のとおり、無料体験版も後悔されています。

いきなり会員になっても使いこなせない可能性があるため、まずは無料体験を活用し、少しずつ基本チュートリアルをマスターしてみましょう。

スマホ向けのアプリとは異なり、パソコンを用意する必要がありますが、ハイクオリティな動画制作には欠かせないアイテムです。

ぜひ、諦めずにアフターエフェクトにチャレンジしてみてください。

\むびるスクールなら未経験から誰でも稼げる!/

むびるスクール-600_600

コース料金
298,000円(税込) ※分割払いもOK!
マンツーマン指導
現役フリーランスがマンツーマンでサポート!
サポート体制
無制限!
受講スタイル
オンライン完結でいつでもどこでも受講できる!
むびるスクールのおすすめポイント
  • ☑最短3ヵ月で稼げるスキルが身につく!
  • ☑技術指導から案件獲得まで徹底サポート!
  • ☑授業は完全オンラインで完結!

むびるスクールのLINE登録ボタン-20240523

無料相談会はこちら