動画制作

BtoBに強いおすすめの動画制作会社9選!失敗しない選び方も解説

「BtoBに強いおすすめの動画制作会社をしりたい!」
「BtoBに強い動画制作会社を選ぶポイントは?」
「BtoB企業がが動画制作をするメリットは?」

動画や映像制作のプロジェクトを進める際、多くの企業が専門の動画制作会社への依頼を件としますよね。

ただ、どのような動画制作会社を、どのように選べばよいのかが分からないと、プロジェクトが進みません。

なかには冒頭で挙げた疑問をかかえている企業も、あるのではないでしょうか。

この記事ではそうした課題を抱える企業のために、BtoBに強いおすすめの動画制作会社を9社厳選しました。

また、失敗しないための制作会社の選び方のポイントも、あわせて解説します。

最後まで読んで、参考にしてください。

関連記事:動画編集の代行におすすめの業者16選!料金や特徴を徹底比較します!

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

BtoBに強いおすすめの動画制作会社9選

さっそく、BtoBに強いおすすめの動画制作会社を見ていきましょう。

今回は数ある動画制作会社のなかから、以下の動画制作会社を厳選しました。

関連記事:動画制作の依頼におすすめの会社・サービス26選!安くて実績豊富な会社を紹介

①ロントラ株式会社

ロントラ株式会社
会社概要 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-10-5 テック広尾8F
費用感 300,000円~
対応している
範囲
  • イベント企画立案
  • 動画制作
  • モデルのキャスティング など
実績
  • 日本テレビ「スッキリ!!」
  • NHK「Eテレ まる得マガジン」
  • CM「ビックカメラ」 など
おすすめ
ポイント
大手テレビ局との取引実績多数

ロントラ株式会社は、東京都渋谷区に本社を置く、動画制作会社です。

2011年に設立され、スポーツ番組やドキュメンタリー、旅、情報バラエティなど、幅広いジャンルの動画制作を手掛けています。

ロントラ株式会社の特徴は、高い映像技術と企画力です。

テレビ番組やCMの制作を中心に事業を展開しており、近年では、市場が急速に拡大しているWebの動画広告やVR分野にも進出しています。

また、NHKをはじめ民放各局の番組制作にも携わっており、防衛相や環境省といった、省庁からの依頼にも携わっています。

②TSUTA-WORLD株式会社

TSUTA-WORLD株式会社様
会社概要 〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 ヒューマックス恵比寿ビル 8F
費用感 要相談
対応している
範囲
説明PR用アニメーション動画制作、TikTok採用運用代行サービス など
実績
  • 日清オイリオ
  • LINEスタンプ販促サービス
    などの制作実績
  • 「相手に伝わりやすい動画を作る会社」「従業員が選ぶ経営者におすすめの動画制作会社」で1位を獲得
おすすめ
ポイント
  • プロの放送作家や構成作家が参画
  • 大手制作会社の1/4のコストで制作可能

TSUTA-WORLD株式会社は、動画×ITを掛け合わせるDXソリューションカンパニーで、専門性の高い動画制作や運用代行を行っています。

わかりやすく伝えるための説明PR用アニメーション制作

商品やサービスの良さをわかりやすく伝える、説明PR用アニメーションの動画制作をメインに対応しています。

ゴールデン番組の番組経験がある構成作家が動画の台本を書いており、動画クオリティが高いながらも、大手制作会社の約1/4ほどの費用で動画制作を依頼できます。

また、動画制作のみではなく、プレスリリースでの配信など宣伝にも対応。

限られた尺のなかでの簡潔でわかりやすい動画で、商談やセミナー、SNSでの配信まで様々なシーンで活用できます。

採用特化型TikTok運用代行サービス「バズステップ採用」

採用シーンにおいて、企業の知名度はエントリー数にダイレクトに影響します。

知名度が高くなくても、コストを削減しながらエントリー数を伸ばせるとして、TikTokを運用した「バズステップ採用」が注目を浴びています。

TSUTA-WORLD株式会社のファンマーケティングを使った巧妙な採用手法で、開始2ヶ月で採用実績を上げています。

再生回数の多い影響力のある現役TikTokerが運用代行を行うので、企業の特徴を活かし採用ターゲットに合ったコンテンツを配信。

企画から動画制作、投稿まで丸投げで依頼できるので、もっと効率よく良い人材を確保したいという企業の方は必見です。

③株式会社三幸企画

株式会社三幸企画
会社概要 〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-12平河町センタービル10F
費用感 要相談
対応している
範囲
  • リスティング広告
  • SEOマーケティング
  • 動画制作 など
実績
  • 三井化学株式会社
  • 東レ建設株式会社
  • 西松建設株式会社 など
おすすめ
ポイント
創業50年以上の老舗企業

株式会社三幸企画は、東京都千代田区に本社を置く、1973年に設立された広告代理店です。

BtoB企業のマーケティング・PR活動を支援することを主な事業としています。

豊富な業界知識と制作ノウハウを活かし、BtoB企業のマーケティング・PR活動を強力に支援しています。

具体的には、業界・業種別のマーケティング戦略の立案、ターゲット分析、クリエイティブ開発、メディアプランニング、プロモーション施策の実行、効果測定まで、トータルでサポートしています。

同社が支援した主な実績としては、三井化学株式会社や東レ建設株式会社、西松建設株式会社などの有名企業との取引実績も豊富です

④株式会社VIDWEB

株式会社VIDWEB
会社概要 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前二丁目18番19号
費用感 ~300,000円
対応している
範囲
  • 海外ロケ
  • ライブ配信
  • Youtubeチャンネル運営  など
実績
  • エプソン販売株式会社
  • 京セラ株式会社
  • 成城大学 など
おすすめ
ポイント
世界中の動画クリエイターと連携

株式会社VIDWEBは、東京都渋谷区に本社を構える動画制作会社です。

2016年に創業されて以来、企業のWebサイトやSNSなどに展開する動画の制作に尽力しています。

この企業の特筆すべき特徴は、高い技術力とコストパフォーマンスです。

ハイクオリティな動画をリーズナブルな価格で制作し、幅広い企業から支持されており、世界中のクリエイターとの協力により、多彩なニーズに応えています。

株式会社VIDWEBの印象深い実績として、日本経済新聞やNHKといった大手メディアのWebサイトやSNSに掲載された実績もあります。

⑤株式会社ミツエーリンクス

株式会社ミツエーリンクス
会社概要 〒160-6133
東京都新宿区西新宿8丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー33階
費用感 要相談
対応している
範囲
  • 動画制作
  • Webページ作成/運営
  • DX化サポート など
実績
  • エーザイ株式会社
  • 株式会社サクラクレパス
  • 日産トレーディング株式会社 など
おすすめ
ポイント
さまざまなサービスを展開

株式会社ミツエーリンクスは、東京都新宿区に本社を置く、コミュニケーション・デザイン・カンパニーです。

1990年に設立され、Web制作、Webマーケティング、グラフィックデザイン、UI/UXデザインなど、コミュニケーションデザインに関する幅広いサービスを提供しています。

株式会社ミツエーリンクスの特徴は、顧客企業のビジネス課題を解決する、成果主義のデザインです。

Webサイト制作やマーケティング施策の実施にとどまらず、顧客企業のビジネス全体を俯瞰し、解決策を導き出します。

また、デザインの専門性と技術力を強みに、ユーザーの視点に立った、効果的なコミュニケーションデザインを提供しています。

⑥株式会社LOCUS(ローカス)

株式会社LOCUS
会社概要 〒141-0031
東京都品川区西五反田8-8-15 カーニープレイス五反田9階
費用感 要確認
対応している
範囲
  • 動画/映像コンサルティング
  • 動画作成
  • アニメーション動画 など
実績
  • サイボウズ株式会社
  • 国税庁
  • 株式会社イーオン など
おすすめ
ポイント
メディアへの掲載実績多数

株式会社LOCUSは、東京都品川区に本社を置く、動画制作会社です。

2010年に設立され、企業のWebサイトやSNS、YouTubeなどの動画コンテンツの制作を手掛けています。

株式会社LOCUSの特徴は、高い技術力と豊富な実績です。

これまでに1,500本以上の動画を制作し、大手企業から中小企業まで幅広いクライアントから高い評価を得ています。

また、動画マーケティングのノウハウを蓄積しており、動画制作はもちろん、動画の企画・構成・撮影・編集・公開・効果測定まで、トータルで支援しています。

⑦株式会社サムシングファン

株式会社サムシングファン
会社概要 〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1丁目4-20 JBSL梅田ビル4F
費用感 500,00円~300万円以上 など
対応している
範囲
  • PR動画
  • 展示会
  • TVCM など
実績
  • 神戸常盤大学
  • 大阪府
  • 北里大学
おすすめ
ポイント
年間制作実績1,300件以上

株式会社サムシングファンは、企業の経営に役立つ映像活用を提案することを理念に掲げ、CMやWeb動画、イベント映像など、幅広いジャンルの映像制作を手掛けています。

また、YouTubeの運用代行やWeb制作、オウンドメディアの構築など、映像制作以外の事業も展開しています。

株式会社サムシングファンの特徴はは、映像制作において、ただ映像を制作するだけでなく、企業の経営課題を解決するための映像活用を提案する点を重視しています。

そのため、映像制作の企画・制作・配信までを一貫して行うことで、企業の伝えたいメッセージが効果的に伝わる映像を制作しています。

⑧DHRグループ株式会社

DHRグループ株式会社
会社概要  〒104-0045
東京都中央区築地1丁目12-12 SIビル5F
費用感 要相談
対応している
範囲
  • 動画広告運用支援
  • 動画作成
  • 展示会 など
実績
  • 日立メディカルコンピュータ株式会社
  • 株式会社セレコーポレーション
  • 株式会社アミック
おすすめ
ポイント
取引実績1,000件以上

DHRグループ株式会社は、営業、展示会、研究開発の映像制作が得意な企業です。

プロデューサー陣は1,000本以上の動画制作に従事し、ウェブプランナー陣は1,000サイト以上のローンチに関与するなど、専門家たちが集まり、動画制作に取り組んでいます。

これまで大手企業からベンチャー企業、省庁などの幅広い動画制作に携わっており、商品やサービス、ターゲットに合わせて戦略を立て、営業、展示会、研究開発における動画活用の詳細をサービスサイトで紹介しています。

さらに、YouTubeの動画上でスキップされず30秒以上の視聴が確保されると課金されるTrueview広告など、動画広告の運用にも熟練した手腕を持っており、これらを含めたトータルな動画制作の提供が強みです。

⑨meyco株式会社

meyco株式会社
会社概要 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション 204号室
費用感 300,000円~200万円
対応している
範囲
  • マーケティング戦略立案
  • Web制作
  • SNS運用施策 など
実績
  • 第一精密産業株式会社
  • 株式会社オールブルー
  • 株式会社TORIHADA
おすすめ
ポイント
独自のマーケティングメソッドを導入

meyco株式会社は、幅広い業界と商材に精通した専門チームがプロデュースし、広告運用やサイトデザイン制作を通じて成果を提供しています。

強みとしているのは、オーダーメイド制作チーム、成果を追求したクリエイティブ提案、特急スピード対応です。

この他にも、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国対応の撮影サービスを提供しており、サービス紹介、Web広告、採用、周年イベントなど様々な用途の動画実績を持ちます。

特に製造業、コスメ・美容、食品、人材、IT関連サービス分野での得意領域を持ち、クライアントのビジネス成功を総合的にサポートし、効果的なデザインを求める方におすすめです。

BtoBに強い動画制作会社を選ぶポイント8選

ここまで、BtoBに強い動画制作会社を11社厳選して紹介しました。

いずれも優れた企業ですが、自社に合うものを選ぶには、押さえるべきポイントもあります。

ここではBtoBに強い動画制作会社を選ぶ上でのポイントとして、以下の8点を解説します。

  1. 実績が伴っているかを確認する
  2. 制作手段が自社にマッチしているかチェックする
  3. 動画制作を1つの手段として捉えているか考える
  4. 参考となる資料を用意しておく
  5. どのような場面で動画を活用するのか想定する
  6. マーケティングの知識があるかチェックする
  7. 費用対効果を意識しているか
  8. 提案力を見極める

①実績が伴っているかを確認する

動画制作会社を選ぶ際、実績の確認は重要なステップです。

ホームページ上で提供される制作実績を確認することで、その会社の制作品質やセンスを評価する材料が得られます。

自社の要望やイメージに合致する動画が以前に制作されているかどうかを確認すれば、その会社が自社の求めるビジョンを具現化できるかどうか判断しやすいです。

特に、自社の事業やサービスと関連性が高い、同じ分野やコンセプトの動画制作実績がある場合、その会社との相性は良いといえます。

実績をしっかりチェックすれば、その会社のクリエイティビティや技術的な能力を判断でき、提案の質や最終的な出来上がりに対する期待感が高まるので、安心して制作を依頼できます。

また、具体的な実績をもとにすれば、納期やコストに関する具体的な交渉も進めやすいです。

②制作手段が自社にマッチしているかチェックする

動画制作には様々な手段が存在し、それぞれには異なるコストや特徴があります。

自社の目的や予算に合わせた最適な制作手段の選定は、成功への第一歩です。

高品質なWebCM制作を目指す場合、その分専門的なスキルや設備が必要となります。

そのような場合、外部の専門的な制作会社に依頼することで、求める品質を確実に実現できます。

対照的に、継続的なSNS投稿動画の制作を考えている場合、毎回外部に依頼するのはコスト面で非効率的です。

そういったニーズの場合、内製化することで、効率よく一定の品質を維持が期待できます。

また、動画制作の手段選定は、ターゲットとなる視聴者やプラットフォームの特性の考慮も欠かせません。

例えば、YouTubeやTikTokなどのプラットフォームに合わせた動画のスタイルや長さを選択することで、視聴者の関心を引き付けやすくなります。

③動画制作を1つの手段として捉えているか考える

動画は現代の情報伝達の主要な手段です。

その魅力は、文字や画像を組み合わせて情報を一貫して伝えることができる点です。

しかし、この力強さを理解しながら、動画制作を依頼する上での本質的な意識が必要となります。

多くの企業や個人が動画を制作する背景には、ターゲットとなる視聴者に情報を効果的に伝えるという目的があります。

文字だけの情報よりも視覚的、音響的な要素を取り入れることで、より多くの人々の心をつかむことが期待されます。

しかしこの期待を結果として得るためには、動画制作の目的を明確に持つことが必須です。

動画制作が目的化されてしまう危険性は、制作過程で真の目的から目を逸らす可能性があるためです。

例えば、視覚的な要素やエフェクトに囚われすぎて、本来伝えたいメッセージが薄れてしまうことも考えられます。

また、高品質な動画を制作することにのみ焦点を当て、その動画が実際にどれだけの効果を持ったのかを後回しにしてしまう恐れも無視できません。

④参考となる資料を用意しておく

動画制作を依頼する際には、参考になる資料をいくつか用意しておきましょう。

動画制作のプロセスは、企業側が持っている情報やイメージを、制作会社がビジュアルとして具現化する、企業と制作会社の共同作業です。

理解のズレやコミュニケーションの不足は大きな障壁となるため、参考資料の提供は必須のステップとなります。

自社の想像と似ている雰囲気や内容の資料を提示すれば、制作会社との間のイメージギャップは最小限に抑えられます。

この点は特に、制作会社が初めて取り組む業界やテーマの場合に重要です。

また動画のイメージだけでなく、自社の背景や目的にも目を向けましょう。

これが制作会社に伝われば、単なる依頼内容を超えて、より企業の魂や哲学を反映した動画を作り上げられます

具体的には、会社の歴史やビジョン、事業目標はもちろん、ブランドの持つストーリーや、顧客とのエピソード、そしてその業界の特性などの情報が役立ちます。

たとえば、伝統ある老舗企業であれば、その歴史や伝統を感じさせるエピソードを取り入れることで、ブランドの価値を上げられ、革新的なスタートアップであれば、独自性や挑戦的な姿勢の強調などが考えられます。

⑤どのような場面で動画を活用するのか想定する

動画制作は、単なる芸術的なエンターテインメントでは終わりません。

動画は特定のシチュエーションや目的に応じた情報伝達の手段として機能するものです。

そのため、どのような場面やコンテキストでその動画が流れるのかを想定することで、動画の制作過程がより明確になります。

さまざまな場面で動画が活用される現代、新商品の発表から社員研修、広告活動や展示会、企業のホームページとしての利用など、動画の使用目的は幅広いです。

例として、企業が外部の方々、特に求職者に対して自社の魅力をアピールする際に活用する動画は、社内の雰囲気や社員の日常を紹介するケースが多いです。

対照的に、製品の宣伝やサービスの紹介を目的とした動画は、製品のユニークな機能や顧客のフィードバックを取り上げる場面が考えられます。

さらに、動画の主な視聴者、すなわちターゲット層も動画の内容やスタイルを大きく左右します。

例えば、若者向けの動画は流行を取り入れたエネルギッシュな内容になることが想定される一方、ビジネス関連の動画ではフォーマルな情報提供が重要です。

⑥マーケティングの知識があるかチェックする

動画制作会社が、マーケティングの知識を持っているかの確認も必要です。

動画は単に美しさや技術だけで成功するものではありません。

重要なのは「誰に」「何を」伝えたいのか、というメッセージの核心です。

核心を明確にし、それをもとに効果的な動画を制作するためには、マーケティングの知見が必須となります。

例えば、顧客が目の前にいると想定した場合、どのようなメッセージを伝えたいかを明確にすることで、そのメッセージを効果的に伝える手段としての動画制作が始まります。

動画制作会社がマーケティングの視点を持っていると、どのようなシーンが視聴者の心に響くのか、どのような言葉が伝わるのかを的確に判断して、効果の高い動画制作をしてもらいやすいです。

さらに、多くのビジネスでは競合との差別化が求められます。

「他社との違い・独自性は何か?」という点をクリアにすることで、その独自性を活かした動画制作ができます。

このような視点を持つ動画制作会社は、ただ映像を作るだけでなく、依頼者のビジネスの強みやコンセプトを的確に引き出した提案を提示してくれやすいです。

➆費用対効果を意識しているか

現代のマーケティングでは、費用対効果の概念は不可欠です。

資最適な戦略を選択するためには、投資がどれだけのリターンをもたらすかを常に考慮しなければなりません。

もちろん、動画制作も同様です。

動画制作に関する費用対効果を意識することで、動画制作会社への依頼という投資が無駄になるリスクを低減できます。

例えば、制作した動画の視聴回数やシェア数、さらにはその動画を通じての商品の購入や問い合わせの増加など、具体的な数値をもとにした効果測定が求められます。

このような効果測定のプロセスを取り入れることで、動画制作会社はクライアントの要望や目的をより具体的に捉えた、的確な提案に強いです。

動画の制作だけを目的とするのではなく、その後の展開や効果測定までをトータルで考慮する意識は、今後のマーケティング活動の成功を左右します。

特に、競合他社との差別化を図るためには、独自のアプローチや戦略が求められるため、動画制作会社の選定においても、こうした視点を持っているかどうかがポイントとなります。

⑧提案力を見極める

動画制作を依頼する際に注目したいのが、動画制作会社の提案力です。

自社の要望や目的を元に最適な動画を提案してくれる動画制作会社選びは、成功への第一歩と言っても過言ではありません。

というのも、多くのクライアントが具体的なイメージを持っていても、それらのイメージをどのように形にするかは専門的な知識や経験が必要だからです。

多くの企業や個人が初めて動画制作を依頼する際、抽象的なイメージや希望は持っているものの、具体的な内容や手法に関しては不明確なケースが少なくありません。

こうした状況下では、ただ要望を受け取って動画を制作するのではなく、クライアントの背景や目的に合わせた最適な提案ができるかどうかが、動画制作会社の腕の見せ所です。

提案力が乏しい制作会社では、依頼者の言葉をそのまま形にするだけの作業になりがちなので、提案力の見極めが肝心です。

動画制作依頼の流れ

次に、BtoBに強い動画制作会社へ、実際に動画制作を依頼した際の流れを解説します。

動画制作会社によって細かな違いがある場合もありますが、以下のような流れが一般的です。

  1. 達成したい目標の明確化
  2. 予算の決定
  3. 納期の決定
  4. 見積書や提案書のチェック
  5. 動画制作
  6. 仕上がりの確認

①達成したい目標の明確化

動画制作の始まりに立つとき、第一歩として重要なのが、動画で何を達成したいのかの具体的な把握です。

多くの企業や団体が動画を制作する際、その背景には様々な動機や目的があります。

例として、企業の知名度を一層高めたいという希望や、採用活動の質を高めるための強力なツールを持ちたいという願いなどです。

これらの目標の明確化は、制作会社とのコミュニケーションにおいて価値があります

というのも、制作会社はそのような情報を基にして、クライアントのニーズや要望をより具体的に捉え、クライアントの要望に沿った効果的な動画のコンセプトを策定できるからです。

企業の課題や希望を正確に理解することは、目的に合致した動画を制作する上での基盤となり、最終的な成果物の質を高める要因ともなります。

②予算の決定

次に取り組むべき課題は、動画制作に必要とされる予算の設定です。

動画制作の予算は、最終的な動画の規模やクオリティ、さらには制作に関わる全ての工程に影響を及ぼす要素となります。

ここでの予算の確定は、動画の品質だけでなく、制作過程のスムーズさや効率性にも関わってきます。

もちろん、全ての企業や団体が動画制作に関する経験や知識を十分に持っているわけではありません。

そのような場合でも、制作会社との緊密なコミュニケーションを図ることで、理想とする動画のイメージや要望を伝えられ、制作会社はそうした情報を基にして、最も適切な提案をおこなってくれます。

関連記事:動画編集を外注する際の相場は?依頼するメリット・デメリットも解説

③納期の決定

動画制作は、コンセプトの構築から編集・仕上げまで、一連の工程を順序立てて実施します。

この工程の中で、納期を適切に設定するのは大切です。

制作の内容や規模、依頼者の要望に応じて、どの程度の期間が必要かは大きく変わる場合があります。

適切な納期の見積りは、品質の高い動画を期日までに完成させるための鍵です。

納期を決定する上での第一歩は、制作会社との綿密なコミュニケーションです。

動画の内容、シナリオ、撮影場所、出演者の選定、撮影日数、そして編集の要件など、多岐にわたる要素を総合的に検討する必要があります。

認識のズレは、後の工程で大きな遅延やトラブルの原因となるため、十分な打ち合わせは欠かせません

また、企業が動画を使用する目的やシチュエーションに合わせて納期を設定する場面も多いです。

例えば、特定のイベントやキャンペーンの開始日に合わせて動画を公開したい場合、先立つ日程を逆算しての納期設定が求められます。

さらに、撮影中の天候の変動や出演者の都合、技術的な問題など、予期せぬトラブルはいつ起こるか分かりません

納期設定の際には、不測の事態や突発的な変更への対応余地も考慮しましょう。

④見積書や提案書のチェック

動画制作のプロジェクトが始まる際、制作会社から見積書や提案書が提出されます。

これらの文書は、プロジェクトの進行方向やそれにかかる費用の明確化を図るものです。

正確な文書の確認は、双方の認識のズレを防ぎ、後のトラブルを避けるために欠かせません。

見積書や提案書には、制作の具体的なプロセスが網羅されています。

例えば、シナリオ作成、ロケーションの選定、撮影、編集、後処理など、動画制作に関わる各工程の内容と費用が詳細に記載されています。

また、使用される機材やソフトウェア、必要とされる人員やその技能に関する情報も含まれる場合も多いです。

制作の進行中に追加の要望や変更が生じた場合、それがどれだけの追加費用を伴うのか、予め見積書や提案書に明記されていることが望ましいです。

これにより、依頼者側も追加コストに対する予測が立てやすくなります。また、提案される動画のコンセプトやスタイル、構成についても、提案書を通じて事前に確認できます。

⑤動画制作

動画制作は、各工程において細心の注意を払いながら進行するものです。

まず、企画段階では動画の目的やメッセージを明確にし、どのようなコンセプトで進めるかを決定します。

この時点で、対象となる視聴者や配信プラットフォームについての考慮も欠かせません。

動画編集会社は打ち合わせで得られた情報に沿って作業を進めるため、事前の打ち合わせで伝え漏れや認識のズレがないように注意しましょう。

⑥仕上がりの確認

動画制作の最終段階としての「仕上がり確認」は、全体の制作過程の中でも重要な位置を占めます。

一見完璧に思える動画にも、細かいミスやオーバーサイトが含まれる場合もあるため、細部にわたる検証作業は欠かせません。

動画が編集を終えた際、まず最初に確認すべきは、制作の初期段階で設定された目的やメッセージです。

これは動画制作の根幹となる部分で、目的やメッセージがぶれている場合は、その動画は成功といえません。

また、視聴者がどれだけ動画に興味を持ち、魅力を感じるかも重要な判断基準となります。

映像や音声の技術的なクオリティも確認してください。

例えば、映像がぶれていたり、音が途切れていたりという基本的なミスは許されません。

さらに、企業やブランドのイメージに関連する部分にも注視します。

動画内の色彩、使用される音楽、キャストの言動など、一つ一つの要素が企業のイメージやブランドの価値を高めるものであるかを検証します。

意図しないメッセージや、ブランドの価値を損なう可能性のある内容が含まれていないかを特に注意深く確認しましょう。

まとめ~BtoBにおすすめの動画制作会社はポイントを押さえて選ぼう~

この記事では、BtoBに強いおすすめの動画制作会社を厳選して紹介しました。

どんなに評判の動画制作会社でも、自社のイメージや目的を的確に伝えられなければ意味がありません。

まずは自社が動画制作によって何を得たいのか、動画制作でなにを伝えたいのかを明確にしてください。

この部分が曖昧だと、たとえBtoBに強い動画制作会社でも、どのような動画を制作すべきなのかが見えてきません。

コストを無駄にしないためにも、記事で解説したポイントを意識して、BtoBに強い動画制作会社を選んでください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!