動画編集

動画編集スクールに通うのは無駄!?無駄といわれる理由や無駄にしないコツを解説

動画編集スクールの受講を考えたとき「無駄」「やめとけ」といったネガティブな情報を目にしたことはありませんか?

現代では、YouTubeやTikTokなどさまざまな媒体で動画が投稿されており、動画編集のスキルは多くの人々の関心を引いています。

動画編集は専門的な技術が要求される分野のため、動画編集スクールの受講を検討する人も多いです。

一方で、「動画編集スクールは無駄」「無駄になるからやめとけ」といった声も一部で聞かれます。

本当のところはどうなのか、気になりますよね。

この記事では、動画編集スクールは無駄なのか、動画編集スクールはなぜ無駄といわれるのかといった点を中心に、動画編集スクールの有用性について考察します。

動画編集スクールを検討中の方は、本内容を参考に、最適な選択をしてください。

関連記事:おすすめの動画編集スクールを徹底比較!【2023年最新版】

\むびるスクールなら未経験から誰でも稼げる!/

むびるスクール-600_600

コース料金
298,000円(税込) ※分割払いもOK!
マンツーマン指導
現役フリーランスがマンツーマンでサポート!
サポート体制
無制限!
受講スタイル
オンライン完結でいつでもどこでも受講できる!
むびるスクールのおすすめポイント
  • ☑最短3ヵ月で稼げるスキルが身につく!
  • ☑技術指導から案件獲得まで徹底サポート!
  • ☑授業は完全オンラインで完結!

むびるスクールのLINE登録ボタン-20240523

Contents
  1. 動画編集スクールは無駄?
  2. 動画編集スクールが「無駄」「やめとけ」といわれる理由6選
  3. 動画編集スクールの受講を無題しないポイント7選
  4. 動画編集スクールの受講が無駄になりにくい方6選
  5. 動画編集スクールの受講が無駄になりやすい方6選
  6. まとめ~動画編集スクールが無駄になるか否かは自分次第~

動画編集スクールは無駄?

結論からいうと、動画編集スクールの受講が無駄かどうかは、ケースバイケースです。

動画編集スクールの真価は、利用者の背景や目的、そして受講するスクールの質に大きく左右されます。

例えば、一から動画編集の基本をしっかり学びたい初心者にとっては、専門的な指導を受けられる動画編集スクールは価値があります。

教材やツールの使い方、編集のコツや技術を体系的に学べるのは、自己学習だけでは難しいケースも少なくありません。

一方で、ある程度の経験や知識を持つ中級者以上の方が、基礎的なカリキュラムのスクールに参加する場合、新しい知見を得るのは難しい場合があります。

また、インターネット上には多くの無料教材やチュートリアルが溢れています。

自主的に学ぶ意欲や時間がある方は、スクールに投資する前に、まずは自らのペースで学習を進めてみるのも一つの方法です。

動画編集スクールが「無駄」「やめとけ」といわれる理由6選

上で解説したように、動画編集スクールの受講が無駄になるか否かはケースバイケースのため、一概に無駄とも有益とも言い切れません。

では、なぜ動画編集スクールが無駄という意見があちこちで聞かれるのでしょうか。

この記事では、動画編集スクールが無駄という意見の根拠としてよく挙げられるものを、以下の6つにまとめました。

  1. 動画編集の技術は独学で身につくから
  2. 動画編集者として稼ぐのは難しいから
  3. 初心者向けの内容ばかりで役に立たないから
  4. 費用が高いから
  5. カリキュラムや使用ソフトが古い場合があるから
  6. 動画編集技術が身につく保証がないから

①動画編集の技術は独学で身につくから

まず聞かれるのが「動画編集の技術は独学で身につく」という理由です。

動画編集は、近年のデジタル化の波に乗り、多くの人々に身近なものとなりました。

多くのクリエイターは、自らの作品を制作・公開するために、Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsのようなプロフェッショナル向けのソフトウェアを使用しています。

これらのソフトウェアは、多機能かつ高品質で、それぞれが持つ独自の機能やツールを活用すれば、高度な動画編集もお手のものです。

一方で、これらのソフトウェアの基本的な操作や機能は、オンライン上の教材や書籍を通じても学習できます

特にインターネット上には、専門家による無料のチュートリアルや動画が多数公開されており、これらを上手に活用すれば、独学でも十分なスキルを習得できるというのが、意見の根拠です。

さらに、動画編集技術は経験を積むことで向上していきます。

具体的な案件やテーマに合わせて編集を行う中で、新しい技術や発想の取り入れが求められるため、日常的な練習や試行錯誤の繰り返しも、実践的なスキル向上に繋がりやすいです。

このような背景から、動画編集の技術は独学で身につくので、わざわざ動画編集スクールに通うのは、時間とお金の無駄と主張する方がいます。

②動画編集者として稼ぐのは難しいから

動画編集者として稼ぐのは難しいからという意見も、良く聞かれます。

確かに動画編集者は、SNSの普及やYouTubeのような動画配信プラットフォームの台頭により、動画コンテンツの需要が高まっており、近年注目を浴びています。

一方で、動画編集の仕事の価格設定は一定していないのが現状です。

案件ごとのニーズや求められるスキルセットによって、報酬が大きく変動するケースも少なくありません。

また、多くの動画編集者がフリーランスとして活動しているため、継続的な案件の獲得が重要となります。

これには、編集技術だけでなく、コミュニケーション能力や営業力も必要です。

クライアントとの関係を築くなかで信頼を得ることで、安定した収入を得やすくなります。

動画編集スクールのなかには、動画編集の技術だけを教えて、営業スキルは教えてくれないものもあります。

「せっかく身につけた動画編集の技術を収入に活かせない」という意見は、動画編集スクールの受講が無駄と主張する方々の間で根強いです。

③初心者向けの内容ばかりで役に立たないから

動画編集の世界は広く、初心者からプロフェッショナルまでさまざまなスキルレベルの人々が存在します。

多くの動画編集スクールは、その入口として機能しており、初心者や未経験者を対象としたカリキュラムが中心となっています。

これは、多くの人々が動画編集の世界に興味を持ち、その第一歩として学びたいと考えるためです。

中級者以上の技術を持っている人にとって、これらのスクールの内容は物足りなく感じる場合があります。

既に知識や技術を有しているため、基本的な操作や初歩的な内容の再学習は効率的ではありません。

特に、高度な技術やプロフェッショナル向けのテクニックを学びたいと考えている人にとっては、初心者向けの内容ばかりでは十分な学びを得られないケースも多いです。

動画編集の技術は日々進化しており、新しい技術や手法が次々と出てきます。

そのため、進んだスキルを学びたい人々のニーズに応えるためのスクールやプログラムの開発も急務となっています。

④費用が高いから

受講費用も、動画編集スクールが無駄という意見の根拠として挙げられやすいです。

実際、プロフェッショナルな講師から直接学べるスクールの料金は決して安価ではありません。

質の高い教育を提供するための講師料や設備投資、カリキュラム開発のためのコストなどが反映された結果といえます。

一方で、現代はインターネットの普及により、多くの情報が手軽に手に入る時代です。

無料で利用できる動画編集のチュートリアルや教材がオンライン上には数多く公開されており、上手に活用すれば初心者でも基本的な技術が無料で身につくというのが、費用が無駄になるという意見の根拠です。

しかし、オンライン教材と直接の指導には大きな違いがあります。

プロの講師からの直接のフィードバックや質問応答の機会は、自己学習では得られない大きなメリットです。

このような点を考慮し、自身の学びたい内容や予算に合った、最適な学びの場の選択が大切です。

⑤カリキュラムや使用ソフトが古い場合があるから

動画編集技術の進化は、近年驚異的なスピードで進行しています。

毎年のように新しいソフトウェアがリリースされ、既存のソフトも頻繁にアップデートされて新機能を取り入れています。

このような環境下では、最新の動画編集の知識やスキルの習得は、動画編集者としての競争力を保つ上で不可欠です。

しかし、一部の動画編集スクールでは、古いカリキュラムやソフトウェアを使用したままの教育を行っているという意見があります。

このようなスクールを選択すると、業界の最前線で活躍するためのスキルや知識が不足する恐れがあります。

学んだ技術がすぐに時代遅れになると、投資した時間と費用が無駄になる可能性も無視できません。

最新のソフトウェアや技術動向を取り入れていないスクールの背後には、カリキュラムの見直しや更新に伴うコストや時間の制約がある可能性も考えられます。

しかし、最先端の技術を学びたい受講生の視点からすると、満足する結果を得られない恐れが大きいと言わざるを得ません。

⑥動画編集技術が身につく保証がないから

多くの動画編集スクールは、効果的なカリキュラムを導入していますが、受講したからといって技術が習得できると保証されているわけではありません。

動画編集技術の習得は、単にスクールのカリキュラムを消化するだけでは不十分です。

実際には、日々の実践や挑戦を通じた技術のブラッシュアップが大切で、継続的な努力や学びが欠かせません。

スクールの役割は、基本的な技術や知識の提供であり、どのように活用し発展させるかは、受講生自身の意識や努力にかかっています。

このため、スクールを卒業するだけで高度な編集技術が身につく保証はありません。

スクールでの学びはあくまで一つのステップであり、それを基盤に実践の中での経験を重ねることで、真の技術や知識が身につきます。

こうした背景から、動画編集スクールの受講は無駄と主張する方も少なからずいます。

動画編集スクールの受講を無題しないポイント7選

上で解説したように、動画編集スクールの受講が無駄と切り捨てる意見も少なからず聞かれます。

では、動画編集スクールの受講を無駄にしないためには、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。

受講には、決して少なくない費用や時間が必要です。

せっかく動画編集スクールを受講するからには、何としてもかかったコストを無駄にしたくないですよね。

ここでは、動画編集スクールの受講を無駄にしないために押さえるべきポイントとして、以下の7点について詳しく解説します。

  1. サポート体制が整っている動画編集スクールを選ぶ
  2. 受講中は積極的な姿勢をアピールする
  3. 無料相談や無料体験・無料カウンセリングに参加する
  4. 受講だけはスキルは身につかないと理解する
  5. 受講したからには迷わず勉強を続ける
  6. 分からないことがあれば質問する
  7. 実績のある動画編集スクールを選ぶ
  8. 卒業後も学び続ける

①サポート体制が整っている動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを選ぶとき、最も注目すべき点は、そのスクールがどれだけ充実したサポート体制を持っているかです。

学びのクオリティは、授業内容や使用するソフトウェア、技術だけでなく、サポート体制に大きく影響されます。

初めて動画編集を学ぶ人にとって、スクールでの授業は新しい情報や技術を習得する場です。

しかし、その学びの過程で疑問や困難が生じるケースも少なくありません。

こうした時、講師やカウンセラーからのサポートが得られるかは、受講生の学びの効果やモチベーションに大きく関わってきます。

きめ細やかなサポートを提供しているスクールは、学びの効果を最大化するための環境を整えています。

例えば、個別の質問応答時間や、実際の現場での作業を模した実技指導など、多岐にわたるサポート体制です。

また、キャリアに関する相談も行えるスクールでは、学び終わった後のキャリアパスも見据えられます。

動画編集スクールを選ぶ際には、ただ学べる場所を選ぶのではなく、

将来の自分のキャリアや目標に合わせて、最も適切なサポートを受けられるスクールを選ぶべきです。

②受講中は積極的な姿勢をアピールする

学ぶ過程は、単に情報や技術を吸収するだけでなく、自らを成長させる大切な時間です。

そのため、受講中は積極的な姿勢を持って取り組まなければなりません。

授業の参加を始め、講師や他の受講生とのコミュニケーションは学びを深める大切な要素です。

疑問や要望の提示は、自らの理解を深めるための手助けとなり、アクティブな受講態度は、他の受講生との関係構築やネットワークの形成にも役立ちます

また、単に積極的であるだけではなく、質の高い質問や意見を持ち寄ることで、授業の内容やスクールのカリキュラムにも影響を与えられます。

このように、動画編集スクール受講における積極的な姿勢は、学びの場をより有意義なものに変えるカギです。

③無料相談や無料体験・無料カウンセリングに参加する

多くの動画編集スクールが、様々なサービスの中でも無料のカウンセリングや体験授業を提供しています。

これはスクール側のサービスの一環ですが、受講を希望する者にとっては大きなチャンスといえます。

この機会を通じて、スクールの雰囲気や講師の指導方法、さらには授業の内容についての事前確認ができるためです。

具体的なスクールのカリキュラムや教材、設備といった具体的な情報も、この機会に聞くことができます。

さらに、自分の学びたい内容や希望するキャリアパスに対して、そのスクールがどのようなサポートをしてくれるのか、直接カウンセラーや講師に質問もできます。

④受講だけはスキルは身につかないと理解する

動画編集の技術は、一度の授業で完璧にマスターするのは難しいです。

動画編集スクールを受講しての学びは、スキル習得の第一歩に過ぎません。

授業の内容を自宅で再度復習する、そして何よりも実際に動画編集の作業を繰り返すなどして、常に技術の向上に励まなければなりません

また、授業の中で学んだことを基に実際の作業を進める際に、疑問や問題が生じるケースもあります。

そのような場面では、スクールや講師へのフォローアップの質問が非常に重要となります。

継続的な学びと実践を重ねる中で、時折必要なサポートを受けつつ、真のスキルアップを目指す姿勢が大切です。

⑤受講したからには迷わず勉強を続ける

動画編集は、その技術やトレンドの変遷が速い分野として知られています。

この世界で成功を収め、スキルを継続的に研鑽したいのであれば、受講期間中の学びだけに頼ることはできません。

実際に、スクールのカリキュラムは多くの場合、基礎から中級レベルの知識に焦点を当てています。

そのため、スクールを卒業したからといって、学びが完結するわけではありません

むしろ、卒業は新たな学びのスタートラインと捉えるべきです。

最新の動画編集ソフトウェアのアップデート情報、業界のトレンド、技術の革新など、日々変わる情報をキャッチアップし続ける努力が欠かせません。

スクールでの学びはあくまで基盤であり、それをベースに、自主的に情報を集め、試行錯誤を繰り返しながらスキルを高めていく姿勢が大切です。

⑥分からないことがあれば質問する

動画編集スクールでは、多くの場面で質疑応答の時間が設けられています。

この時間は、学びの質を大きく左右する重要なものです。

特に、動画編集に関する専門的な知識や技術を習得する上で、わからないことや疑問点を放置してしまうと、後々大きな壁となって立ちはだかります。

専門的な講師がそばにいるスクールの環境を最大限に活用し、積極的に質問をしてください。

一つ一つの疑問をクリアにしていくことで、より深い理解が得られ、実践的なスキルへと繋がっていきます。

特に、実際の編集作業中に生じる具体的な問題点や課題は、その場で即解決することで、次回からの作業効率も大幅に向上します。

動画編集スクールの講師は、生徒の質問に答えるのも仕事の内です。

遠慮したり尻込みしたりせず、わからない点はどんどん質問しましょう。

➆実績のある動画編集スクールを選ぶ

動画編集の技術は、一度身につければ生涯のスキルとして役立ちます。

そのため、この分野での成功を目指すのであれば、実績のあるスクールの選択は避けて通れません。

たとえ費用が安くても、実績が伴っていない動画編集スクールへの受講は危険です。

一つの目安として、卒業生のキャリアが挙げられます。

卒業生がどのような職に就いているのか、またはフリーランスとしてどの程度の実績を上げているのかを確認することで、そのスクールの実力や信頼性が伺えます。

例えば、卒業生が一流の映画制作会社や放送局、有名な動画製作会社での採用が多いスクールは、教育内容やネットワークが高い水準であると推察できます。

また、スクール自体の評判や評価も重要です。

過去の受講生や業界内での声を確認し、多くの人からの高い評価を受けているかをチェックしましょう。

口コミ情報や、オンラインでの評判は、今後の学びの方向性やスクール選びの参考になります。

さらに、スクールがどのような最新のソフトウェアや技術、トレンドに即したカリキュラムを持っているのかも確認してください。

⑧卒業後も学び続ける

動画編集の技術は、常に研鑽を重ねなければ、激しいトレンドの移り変わりについてゆけずに、サビついていく一方です。

動画編集の分野は、新しい技術やツール、トレンドが絶えず生まれてきます。

それらの変化に合わせて進化し続ける意識が、クリエイターとしての持続可能性や市場価値を維持するために欠かせません。

スクールでの学びは、ある意味で基礎や土台を築く期間です。

しかし、実際の業界で成功を収め、さらにその成功を持続させるためには、卒業後も止まることなく学び続ける姿勢が求められます。

これは、新しいソフトウェアの使い方を学ぶだけでなく、映像の表現方法やストーリーテリングの技法、またクリエイティブな発想力を磨くための努力も含めてのことです。

例として、映像技術の進化を挙げましょう。

過去数年で、4Kから8Kへの移行やVR・ARのような新しい映像体験が登場しました。

これらの技術が普及するにつれて、動画編集に関する知識や技術も変わってきます。

これらの変化に対応するためには、動画編集スクールを卒業した後の、定期的な学びや研修が不可欠です。

動画編集スクールの受講が無駄になりにくい方6選

ここまでの解説を踏まえて、動画編集スクールの受講が無駄になりにくい方を考えましょう。

自分に当てはまっているかどうかも確認しつつ、チェックしてください。

  1. 動画視聴が大好きな方
  2. 動画編集スクールの受講目的が明確な方
  3. 迷うよりも行動できる方
  4. 独学が不安な方
  5. 副業やフリーランスで稼ぎたい方
  6. ハイクオリティなポートフォリオを作りたい方

①動画視聴が大好きな方

動画視聴が好きな方は、動画編集スクールの受講に向いています。

動画を楽しむという行為は、現代のエンターテインメント文化でも大きな存在です。

特に、YouTubeやTikTokをはじめとする動画共有サイトが流行している現在、日常の中で動画に触れる時間は増えています。

動画を頻繁に視聴することで、自然と良質な編集のセンスや、視聴者が何を求めているのかの感覚が養われ、動画編集の技術を磨くうえでの武器となります。

さらに、動画編集のスキルを身につけることで、単に動画を消費するだけでなく、自らも動画の制作に携われるので、さまざまな視点から動画に携われるのも魅力です。

自分が感じた感動や興奮を他の人々と共有する喜びを味わえるようになります。

動画視聴が大好きな方は、動画編集の技術を身につけることで、動画に対する楽しみ方が一段と深まります。

②動画編集スクールの受講目的が明確な方

動画編集スクールは、その名の通り動画編集の技術や知識を学ぶ場所です。

しかし、受講する目的や意志が明確でないと、学びの中で迷子になってしまうことも少なくありません。

一方で、受講目的がハッキリしている方は、具体的なゴールに向かって進めます。

例えば、プロの動画クリエイターを目指すのか、趣味で動画を作りたいのか、ビジネスのプロモーション動画を制作するスキルを身につけたいのかといった目的に応じて、学びの内容や進め方を調整できます。

また、学びたい内容や目的が明確であれば、受講中に適切な質問をしたり、必要なスキルに特化しての学習も容易です。

このような受講姿勢は、短期間でのスキルアップや知識の習得に直結するうえ、明確な目的を持つことで、学びへのモチベーションも維持しやすくなります。

その結果、動画編集スクールを最大限に活用し、望んだ成果を上げやすくなります。

③迷うよりも行動できる方

迷う時間が短く、最短で行動に移れる方も、動画編集スクールの受講に向いたいます。

動画編集の世界には、日々進化し続ける技術やトレンド、さまざまなソフトウェアやツールがあります。

情報の洪水の中で、何をどう学べば良いのかを独自に判断するのは至難の業です。

しかし、悩む時間が多いとその分トレンドにも乗り遅れ、新しい技術の習得が難しくなります

スクールでは、専門家や講師が生徒一人一人の進捗を見守り、必要な情報やツールを的確に指導してくれるので、行動を起こす度に確実な前進を実感しやすいです。

また、質問や悩みを直接専門家にぶつけることで、迅速な解決や具体的なアドバイスを受けられます。

行動を起こす事で得られるメリットを理解している方は、動画編集スクールの受講が無駄になりにくいです。

④独学が不安な方

独学の道を選ぶ際、どんな分野であっても孤独感や方向性の不安はつきものです。

特に動画編集は専門的な知識や技術が求められる分野であり、その不安は大きくなりがちです。

しかし、動画編集スクールのような場所では、独学への不安を払拭するサポート体制が整っています。

まず、専門家や講師からの直接の指導を受けられるのは、独学とは比べ物にならないほどの大きな利点です。

その一つ一つのアドバイスやフィードバックは、自分のスキル向上に直結します。

さらに、スクールならではの受講生同士の交流の場も提供されています。

同じ目標に向かう仲間との交流は、モチベーションの向上はもちろん、新しい発見や視点の気づきにも効果大です。

また、専用のコミュニティでは、学びの進捗や作品の共有、さらにはフィードバックの交換など、学びを深める活動が頻繁にあります。

このように、スクールは学びの場所でありながら、同時にコミュニケーションやネットワーキングの場所でもあります。

独学の不安を感じる方々にとって、このような環境は学びの質を飛躍的に向上させる要素です。

⑤副業やフリーランスで稼ぎたい方

動画編集の技術を活かして副業に励んだり、フリーランスとして活躍する方も増えてきました。

動画編集スキルの習得は、今の時代で増え続けるデジタルコンテンツの需要を背景に、副業やフリーランスの活動を支えています。

動画編集は、企業のプロモーション、個人のSNS活動、イベントのアーカイブなど、多岐にわたるシーンで利用されます。

このため、高いスキルを持つエディターは常に求められています。

動画編集スクールでは、単に編集技術を学ぶだけでなく、業界での働き方や案件の取り方、クライアントとのコミュニケーション方法なども網羅的に教えてくれる場合が多いです。

さらに、スクールを卒業すると、専門の講師や先輩受講生とのネットワークを持てるうえ、新しい仕事の糸口となるケースもあります。

「フリーランスや副業で動画編集の技術を活かす!」と明確な意思がある場合、動画編集スクールの受講も無駄になりにくいです。

⑥ハイクオリティなポートフォリオを作りたい方

動画編集の世界では、ポートフォリオが自分のスキルやセンスを示す最も効果的なツールとなります。

ポートフォリオの質は、多くのクライアントに仕事の依頼を受けるかどうかの決定打となる場合が少なくありません。

しかし、単に綺麗な編集をするだけでは不十分です。

ポートフォリオをいかに効果的にまとめ、クライアントのニーズに応じて自分のスキルをアピールするかが重要です。

動画編集スクールでの学びは、ポートフォリオに関する多方面の知識を提供してくれます。

講師からのフィードバックは、自分の作品をより洗練されたものに仕上げる手助けとなります。

さらに、受講生同士の作品共有や評価は、多様な視点からの意見を受け取る貴重な要素です。

このような環境の中で、自分だけのユニークで高品質なポートフォリオを作成できます。

動画編集スクールの受講が無駄になりやすい方6選

つづいては、動画編集スクールの受講が無駄になりやすい方についても考えましょう。

以下の6つの項目を見てください。

  1. 独学で習得できる自信がある方
  2. 課題にじっくりと取り組むのが苦手な方
  3. 独創的・個性的なアイデアが苦手な方
  4. コミュニケーション能力に自信がない方
  5. 納期を守れない方
  6. 卒業さえすれば安泰と考えている方

①独学で習得できる自信がある方

動画編集の世界は、独学で技術や知識を探求するのに適しています。

多くの情報源が存在する現代では、市販の書籍やYouTubeといったオンラインプラットフォームが初心者から上級者までの学びをサポートしています。

特に動画編集ソフトの使い方や基本的な編集技術に関する情報は豊富で、学びの為の教材やコンテンツも豊富です。

これらを上手に活用すれば、自己管理能力やスケジュール管理が得意な方なら、独学でも動画編集のスキルを習得しやすいです。

独学の利点として、自分のペースでじっくりと学ぶことが挙げられます。

時間や場所に縛られることなく、自分の好きな環境で学べるのは、独学ならではの魅力です。

②課題にじっくりと取り組むのが苦手な方

時間管理が難しい方や、複数の課題を同時に進行させるのが苦手な方は、スクールのカリキュラムに沿っての学びに向いていません。

動画編集スクールでは学びの進行に伴い、さまざまな課題が出されます。

これらの課題は、新しい技術や知識を実際の制作に活かすためのものです。

期限内の提出は、学習の成果を確認し、次の段階へ進むための重要なステップとなります。

じっくりと課題に取り組みつつ技術を習得できない場合、動画編集スクールの受講が無駄になりやすいです。

③独創的・個性的なアイデアが苦手な方

動画編集の魅力は、技術だけでなく、アイデアやセンスが結晶化される点にあります。

クライアントや視聴者は、ただの映像を求めているわけではありません。

視聴者は、物語やメッセージを伝えるための独特な編集を期待しています。

動画編集スクールは確かに技術の習得が主眼ですが、独自のアイデアやセンスを磨く環境が提供されるわけではありません。

動画編集者の個性独創性は、実際の現場や日々の経験から自然と培われるものです。

現場での経験を積むことで、他者とは異なる視点やアイデアを持ち込む能力も自然と身につきます。

個性や独自性は、自らの経験や知識、感受性の中から生まれるものであり、継続的な努力や情熱が背景にあることが多いです。

④コミュニケーション能力に自信がない方

動画編集の世界では、技術やセンスも大切ですが、それと同じくらい、またはそれ以上にコミュニケーション能力が重要です。

クライアントや制作チーム、さらには視聴者とのコミュニケーションを通じて、その要望や意向を正確にキャッチし、動画に反映させなければなりません。

コミュニケーション能力が乏しいと、多くの問題が発生するリスクが増えます。

クライアントの要望を誤解したり、制作チームのメンバーとの意見交換がスムーズに進まなかったりすると、その結果として生まれる動画は、期待通りのものになりません。

また、学習の過程においても、講師や他の生徒とのコミュニケーションは必須です。

フィードバックを受け取る能力、質問する姿勢、そして他者との意見交換を通じての新しい視点やアイデア獲得は、スキルアップの大きな要因となります。

ただし、動画編集スクールの受講によってコミュニケーション能力が強化できれば、今現在コミュニケーション能力が低い場合でも、無駄になりません。

⑤納期を守れない方

納期の管理は、動画編集の仕事における根幹をなす要素の一つです。

クライアントとの約束を守る意識は、そのプロジェクトの成功だけでなく、将来的な取引の継続にも直結します。

納期を逸することは、信頼を損なうだけでなく、他の業務にも支障をきたしかねません。

動画編集スクールの課題も、納期を厳守する練習の場と捉えられます。

課題を終わらせるプロセスで、時間管理や作業の効率化の方法を学べるためです。

納期を守る環境に苦手意識がある場合、動画編集スクールスクールの受講も苦痛になる恐れがあります。

⑥卒業さえすれば安泰と考えている方

動画編集スクールの卒業は、確かに一つの大きな成果となります。

しかし、それはあくまでスタート地点です。スクールでの学びは、実際の現場の要求や厳しさに比べれば、一部に過ぎません。

卒業のタイミングを、キャリアの終わりではなく、新たなステージの始まりと捉える姿勢が大切です。

現実の動画編集の世界は、日々の技術の進歩や視聴者の要求の変化といった、さまざまな要因により絶えず変化しています。

そのため、卒業後も新しい技術の習得やトレンドのキャッチアップが必要となります。

また、実際の現場での経験を積むことで、スクールでの学びとは異なる多くの知識やスキルを獲得できます。

こうした経験こそが、一人前の動画編集者へと成長するための鍵です。

卒業を一つのゴールとするのではなく、更なる成長や発展のためのステップと位置づける心構えが求められます。

動画編集スクールに通うメリット3選

最後に、動画編集スクールに通うメリットを確認しましょう。

冒頭で解説した通り、動画編集スクールの受講が無駄になるか否かは、ケースバイケースです。

メリットをチェックすることで、動画編集スクールの受講が自分に意味があるかどうか、考えてください。

この記事では動画編集スクールを受講するメリットとして、以下の3点を解説します。

  1. 初心者向けのカリキュラムに強い
  2. 独立や副業に早く挑戦できる
  3. 独学よりも効率が良い

①初心者向けのカリキュラムに強い

動画編集スクールは、初心者を対象としたプログラムの提供に注力しています。

特に、動画編集に関する初歩的な知識がゼロの方でも安心して学べるような内容が盛り込まれています。

編集ソフトの選び方から始め、基本的な操作方法を徐々に身につけられるので、初心者の方にピッタリです。

学習を終える頃には、自分の作品をポートフォリオとしてまとめられるので、将来の営業活動にも役立ちます。

②独立や副業に早く挑戦できる

副業や独立を考えている方にとって、動画編集スクールは大きなアドバンテージです。

スクールが提供する実践的なカリキュラムを経て、必要なスキルや知識を早く習得できるので、独立や副業に向けて素早いスタートが切れます。

受講を終えた後、ポートフォリオを駆使して実際の案件を手に入れるチャンスも増えるので、将来の独立や副業に向けてポートフォリオを作っておきたい場合には、有益です。

さらに、いくつかのスクールでは、案件獲得のサポートや紹介サービスを提供しているスクールを選べば、スムーズに実務経験を積めます。

③独学よりも効率が良い

独学でのスキル習得は、方向性を見失ったり、どこから手を付けてよいのか分からない場合が多いです。

しかし、動画編集スクールでは、必要な知識を効率的に学ぶことができるプログラムが提供されているので、時間と労力を節約しつつ、短期間でのスキルアップが実現できます。

また、プロの編集者からの直接的なフィードバックやサポートを受けることで、質の高い学びにも効果大です。

まとめ~動画編集スクールが無駄になるか否かは自分次第~

この記事では、動画編集スクールの受講が無駄という意見について、無駄になりやすい方の特徴や、向いている方の特徴、動画編集スクールの受講を無駄にしないためのポイントなどを解説しました。

動画編集スクールの受講が無駄になるかどうかは、個人の状況によります

自分のレベルや学習への意欲、動画編集スクールのカリキュラムなど、無駄になるかどうかを左右する要因はさまざまです。

そのため、動画編集スクールの有益性は、インターネット上の情報を鵜呑みにするのではなく、自分のケースに当てはめて考えましょう。

動画編集スクールにかかるコストは、時間もお金も決して小さくありません。

動画編集スクールの受講が無駄にならないよう、記事で解説した内容をよくチェックしてください。

\むびるスクールなら未経験から誰でも稼げる!/

むびるスクール-600_600

コース料金
298,000円(税込) ※分割払いもOK!
マンツーマン指導
現役フリーランスがマンツーマンでサポート!
サポート体制
無制限!
受講スタイル
オンライン完結でいつでもどこでも受講できる!
むびるスクールのおすすめポイント
  • ☑最短3ヵ月で稼げるスキルが身につく!
  • ☑技術指導から案件獲得まで徹底サポート!
  • ☑授業は完全オンラインで完結!

むびるスクールのLINE登録ボタン-20240523

無料相談会はこちら