動画編集の基礎知識

動画編集を外注する際の相場は?依頼するメリット・デメリットも解説

動画編集を外注しようと考えている人の中には、費用や外注する際の方法などで悩んでしまうこともありますよね。

初めての外注依頼の場合、どのように依頼すればいいのか全く分からない可能性もあります。

そこで今回の記事では、動画編集を外注する方法や費用相場について解説します。

これから動画編集を外注する予定がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Youtubeの動画編集を依頼する際の費用相場は?安く抑えるポイントも紹介

動画編集を外注する際の費用相場

ではさっそく動画編集を外注する際の費用相場について解説します。

ただ、一概に外注するといっても依頼する先によって費用相場は変わります。

具体的には下記の2種類の外注先が一般的です。

  • 制作会社に依頼する場合
  • フリーランスに依頼する場合

依頼する先によって相場が変わるので、それぞれの相場を紹介します。

制作会社に依頼する場合

制作会社に動画編集を外注する場合、動画の規模にもよりますが大体10万円以上の費用が掛かります。

シンプルな動画であれば10万~50万円程度で外注できます。

ただクオリティにこだわるのであれば、数百万円かかる可能性があると覚えておきましょう。

もちろん、動画編集の規模や時間にもよって費用は変わります。

動画を依頼する規模にもよりますが、最低金額は10万円程度だと覚えておいてくださいね。

フリーランスに依頼する場合

続いてはフリーランスの動画クリエイターに動画編集を外注する場合の相場を解説します。

結論、フリーランスに依頼する場合の相場を出すのは難しいです。

なぜなら、フリーランス動画クリエイターによってつけている値段が異なるからです。

3万円程度から請け負ってもらえる可能性もあれば、30万円から請け負っている方もいます。

そのため、フリーランス動画クリエイターに依頼する場合には、依頼する方の腕前やスキルによって異なると覚えておきましょう。

動画クリエイターとのマッチングサービス「むびる」では、1件当たり数万円から依頼できるので、予算が少ない方におすすめ!

もちろん、厳正な審査に通過したプロ動画クリエイターのみが在籍しているので出来上がった動画の質も高いですよ。

動画編集を外注するメリット・デメリット

続いては、動画編集を外注するメリット・デメリットについて解説します!

動画編集を外注するメリット

まずは動画編集を外注するメリットです。

具体的には以下の通りです。

  • クオリティの高い動画を納品してもらえる
  • マーケティングの依頼もできる

これらについてそれぞれ解説します。

クオリティの高い動画を納品してもらえる

動画編集を請け負っている制作会社に依頼することで、高クオリティの動画を納品してもらえる可能性が高いです。

はっきりとしたイメージやメディアに掲載するような動画編集を依頼するのであれば、動画制作会社を利用するのがおすすめです。

また、制作会社の中には動画の運用までが1つのパッケージになっていることもありますね。

動画編集から運用までのパッケージになっている場合、動画の運用を完全に任せられるので負担がなくなります。

動画を運用して集客したいと思っている方であれば、運用までを依頼するといいですね!

マーケティングの依頼もできる

動画編集以外にも、マーケティングに精通している動画制作会社が多いです。

マーケティング施策を打ってもらい、動画編集にかかった費用以上のリターンを見込めるのが特徴ですね。

動画制作や動画編集の企画提案までやってもらいたい場合には、マーケティングの依頼も込みのプランにするのがおすすめ。

動画編集を依頼するのであれば、マーケティングや運用まで1本化している企業を選ぶのがおすすめです。

動画編集を外注するデメリット

続いては動画編集を外注するデメリットについて解説します。

具体的には以下の通りです。

  • フリーランスに依頼するとクオリティに差が出る
  • 制作会社に向き不向きがある

これらについてそれぞれ解説します。

フリーランスに依頼するとクオリティに差が出る

フリーランス動画クリエイターに動画編集を依頼するとなると、クオリティが担保されていない可能性があります。

動画制作会社であれば、動画編集のプロ集団なのでクオリティに左右されることはほとんどありません。

フリーランス動画クリエイターの場合は、駆け出しの可能性もあるためクオリティが落ちてしまう可能性もあります。

ただし、クオリティが低くなってしまう可能性を含んでいる分、依頼費用も安いので予算が低い方にとってはメリットに感じられる可能性もありますね。

動画編集を外注しようと考えたら、費用とクオリティを天秤にかけて考えるのがおすすめです。

制作会社に向き不向きがある

制作会社に依頼をすればなんでも高クオリティになるわけではありません。

なぜなら制作会社にも向き不向きがあるからです。

得意としている分野があるので、得意としている動画制作を調べる必要がありますね。

もちろん、フリーランス動画クリエイターに依頼する場合にも得意としている分野はあります。

そのため、動画編集を依頼する前に得意としている分野を確認しておきましょう!

動画編集を外注する際の費用を抑える方法

動画編集を依頼する際に、費用を抑えたいと考えている方は多いですよね。

結論、フリーランス動画クリエイターに依頼するのが一番安くできる方法です。

動画制作会社に依頼するとなると、人件費がかかってくるため割高になってしまいます。

しかしフリーランス動画クリエイターに依頼するのであれば、関わる人間が少ないので人件費もかかりません。

依頼者に報酬を支払うだけなので、比較的安くなりますよね。

また高クオリティの動画編集を求めていないのであれば、アマチュアや駆け出しのフリーランス動画クリエイターを選ぶのがおすすめです。

動画編集の実績を作りたいと考えている方も多いので、比較的安く請け負ってくれています。

動画編集を依頼する予算が少ないのであれば、フリーランス動画クリエイターに依頼を検討してみてくださいね!

動画編集を依頼する際の流れを解説!スケジュール感を知りたい方必見!

動画編集を外注するなら「むびる」がおすすめ!

むびる動画編集を外注するなら、「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは、全国の動画クリエイターと依頼者をマッチングしてくれるサービスです!

フリーランスのプロクリエイターに依頼できるため、費用を抑えつつハイクオリティの動画制作を依頼できます。

制作会社に依頼するよりも費用を抑えられるので、コストを抑えつつクオリティの高い動画制作を考えている方におすすめです。

むびるの公式ホームページでは、在籍している動画クリエイターの実績を確認できるので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

またむびるは24時間LINEで相談無料できるので、まずは一度無料相談から利用してみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

【まとめ】動画編集を外注する際の相場について知っておくべき

動画編集を外注するのであれば、動画編集の相場を知っておきましょう。

基本的に、制作会社に依頼する場合には10万円以上の費用が掛かります。

一方で、フリーランス動画クリエイターに依頼すれば数万円から依頼できます。

依頼したい動画に高いクオリティを求めるのであれば、制作会社に依頼するのがおすすめです。

ただ予算が多くないのであれば、フリーランス動画クリエイターに依頼しましょう。

動画クリエイターとのマッチングサービス「むびる」では、厳正な審査に通過した動画クリエイターが在籍しています。

高クオリティの動画編集を比較的安価で提供できるので、ぜひ利用を検討してみてくださいね!

動画編集のやり方を徹底解説!初心者や副業にしたい方必見!