動画編集の基礎知識

動画編集を依頼する際の流れを解説!スケジュール感を知りたい方必見!

動画編集を依頼する際の流れを解説!スケジュール感を知りたい方必見!

動画編集を依頼するとなると、どのような流れになるのか確認しておかなければなりません。

動画を投稿する時期に合わせて納品してもらう必要があるので、ある程度余裕をもつ必要があります。

しかし動画編集のスケジュール感を知らなければ、依頼するのが遅くなりすぎてしまう可能性もあります。

そこ今回の記事では、動画編集を依頼する流れやスケジュール感について解説します。

これから動画編集を依頼しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集を依頼する前に決めておくべきこと

ではさっそく動画編集を依頼するまえに決めておくべきことについて解説します。

具体的には以下の2ポイントを決めておきましょう。

  • 動画編集を依頼する目的
  • 動画編集を依頼する際の予算

これらについてそれぞれ解説します。

動画編集を依頼する目的

まずは動画編集を依頼する目的をしっかりと決めておきましょう。

なぜ動画編集を依頼するのか明確になっていないと、どのような動画編集を希望すればいいのかわかりませんからね。

  • 新しい商品のPR動画
  • YouTubeで新商品をPRする
  • 動画広告で新商品をPRする

どれも商品のPR動画だったとしても、編集の方法が全然違います。

動画編集の理想をまとめておくことで、その動画編集をできる人に依頼できます。

動画編集を依頼するのは誰でも良いわけではなく、適した編集ができる方に依頼するのがおすすめです。

そのため、編集をしてもらいたい内容をしっかりと決めておきましょう。

動画編集を依頼する際の予算

また動画編集を依頼する際の予算についても決めておくべきです。

基本的に個人クリエイターに依頼をする際には、1本あたり3,000円程度で依頼できます。

ただ動画編集をしてもらう内容によっても費用が変わってくるので、予算を決めておくのがおすすめです。

予算の決め方がわからない場合には、一度動画編集の見積もりを出してもらうと良いですね。

一度見積もりを出してもらえれば、相場感がわかるようになります。

その上で動画編集を依頼する際の予算を決めてくださいね。

動画編集を依頼する際の流れ

動画編集を依頼する際の流れ続いては、動画編集を依頼する際の流れについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  1. ヒアリング
  2. 予算やスケジュールの共有
  3. 企画~編集
  4. 納品

これらについてそれぞれ解説します。

ヒアリング

まずは動画編集を依頼した段階で、ヒアリングをしてもらいます。

動画編集者と依頼する側の認識をあわせるために必要ですね。

ヒアリングでしっかりと目的を伝えるためにも、動画編集を依頼する目的を決めておくのがおすすめです。

予算やスケジュールの共有

ヒアリングを元に、動画編集の予算やスケジュールを共有してもらえます。

この段階でお互いの合意があれば、動画編集の依頼を進めることになります。

企画~編集

ヒアリングをした段階で動画の大まかな流れは理解しているので、そのまま進むことが多いです。

動画編集以外にも依頼する場合には、企画をしてもらうこともできますね。

動画編集を始めてからは、定期的に進捗状況を確認しておくのがおすすめです!

納品

最後に納品をしてもらい、確認をした上で問題がなければ契約終了です。

スケジュールに間に合わないとなる場合もあるため、先程も言ったとおり定期的に進捗状況を確認しておきましょう。

お互いのためにも、無理のないスケジュール設定をしてくださいね。

動画編集を依頼する際にクリエイターに伝えておくべきこと

続いては、動画編集を依頼する際にクリエイターに伝えておくべきことについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 納期の希望
  • 理想の動画編集の参考例
  • サムネイル作成の有無
  • カットしてほしいポイント
  • 効果音の例

これらについてそれぞれ解説します。

納期の希望

先程も伝えましたが、納期の希望はしっかりと伝えておきましょう。

動画を投稿したい日にちを決めておき、それに間に合うように逆算しておくことで問題なく納品してもらえます。

動画投稿の3日以上前に納品してもらえると、トラブルが合っても解決しやすいですよ。

理想の動画編集の参考例

動画編集の内容を言葉で伝えるのには限界がありますし、理解まで時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、理想の動画編集の参考例を提示することです。

動画編集の参考例があれば、簡単に真似ることもできますし認識の相違が生まれません。

参考例を見つけられているなら、必ず参考動画も共有しておきましょう。

サムネイル作成の有無

動画編集を依頼するのと同時に、動画のサムネイルを依頼したいのかも共有しましょう。

サムネイル作成がプランの中に含まれていないこともあるため、確認をするのがおすすめです。

サムネイル作成を作ってもらえると思っていたのに、サムネイルを作成してもらえなかったら困りますからね。

カットしてほしいポイント

動画編集の基本はカットです。

撮影した動画のほとんどに無駄な間があったり、噛んでしまったりしているのでカットする必要があります。

どれだけ細かくカットしてもらうのかを共有しておかないと、目安を伝えておきましょう。

具体的には以下のように伝えてみてくださいね。

  • 変な間や噛んでいる部分はフルカットでお願いします
  • ◯~◯の間は全部カットでお願いします

効果音の例

効果音に関しても参考例があるといいですね。

無料の音源であれば、指定したものをそのまま利用してもらえます。

特定の音源を使ってもらいたい場合には、依頼しておくのがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集を依頼するなら「むびる」におまかせ!

むびる動画編集を副業にしたいと考えているなら「むびる」に登録がおすすめです!

むびるでは動画編集のみの案件もあるため、初心者の方でも登録できます。

もちろん、企画から撮影のような案件もあるため色々な副業をしてみたい方にもおすすめです!

動画編集を仕事にしたいと考えているなら、ぜひ「むびる」に登録してみてくださいね。

【むびるのサービス概要】

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画編集を依頼するなら流れを把握しておこう!

この記事では動画編集を依頼する際の流れについて解説しました。

もう一度、動画編集を依頼する際の流れについてまとめます。

上記の流れを覚えておくことで、動画編集を依頼しやすくなりますよ。

また動画編集を依頼するなら「むびる」がおすすめです。

むびるであれば、動画クリエイターとマッチングできるのでぜひ利用してみてくださいね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談