動画編集の基礎知識

動画編集の履歴書に書くべきポイントは?書き方や例文も解説

動画編集の履歴書に書くべきポイントは?書き方や例文も解説-アイキャッチ

最近では動画コンテンツの人気の高まりにも伴い、動画編集に興味を持つ方も増えていますよね。

実際動画編集を仕事にしたいと考えている方も多いでしょう。

そこで今回は動画編集の履歴書を書く方に向けて、履歴書で書くべきことやポイント、書き方を例文付きで紹介します。

未経験の方から経験者まで対応した例文を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また記事の後半では動画編集において強みとなる素質も解説しています。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

Contents
  1. 動画編集の履歴書で重要な項目って?
  2. 動画編集の履歴書を書く際のコツ
  3. 動画編集の履歴書の志望動機を書く際のポイント
  4. 動画編集の履歴書における志望動機の例文を紹介
  5. 動画編集の履歴書で強みになるスキルや素質って?
  6. 動画編集の履歴書から面接までのポイントを解説
  7. 動画編集の履歴書に関するよくある質問
  8. 動画編集の案件を探しているなら「むびる」に登録しよう!
  9. 動画編集の履歴書では志望動機が大切!

動画編集の履歴書で重要な項目って?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画編集の履歴書には、主に以下の項目があります。

  • 学歴・職歴
  • 免許・資格
  • 志望動機
  • 趣味・特技
  • 本人希望記入欄

動画編集の履歴書も他の履歴書と書く内容は異なりません。

履歴書では全て本当のことを正直に書く必要がありますが、中でも志望動機が非常に重要になります。

動画編集履歴書では志望動機でアピールすることが非常に有効なので、志望動機の内容に時間を割くことが大切です。

また志望動機を書く際には、他の企業に提出する志望動機とほぼ同じ内容にすることや、テンプレ化するのは辞めましょう。

志望動機の内容を使い回している場合は意外とばれてしまうため、内容は全て最初から考える必要がありますよ。

動画編集の志望動機の描き方のコツや例文については、後ほど詳しく解説します。

動画編集の履歴書を書く際のコツ

人差し指を立てる女性

動画編集の履歴書を書く際は、以下のコツをおさえるようにしましょう。

  1. 自分が得たスキルや知識を明確にする
  2. 今までの経験や実績を詳細に記載する
  3. 具体的な実体験なども交えて信頼性を高める
  4. 履歴書では嘘の情報を書かない
  5. 動画編集や会社に対する熱意をアピールする

①自分が得たスキルや知識を明確にする

履歴書を書く際、自分のスキルや知識などを書く欄もありますね。

自分が現時点で持っているスキルや知識を明確に伝えることで、採用担当からもどのように会社に貢献してくれるかイメージしやすくなります。

そのため動画編集の履歴書を書く際は、動画編集に活用できるスキルや知識について、できるだけ詳細に書くようにしましょう。

反対にどのようなスキルや知識を持っているのか曖昧だと、採用担当として不安な気持ちになります。

履歴書の内容が曖昧な場合や、現時点でどのようなスキルや知識を持っているのか分からないと、他の応募者と差をつけられず採用も遠ざかります。

履歴書を書く際は、採用担当に欲しい人材だと思われることが大切なので、会社にとって有益な自分の能力をアピールすることが重要ですね。

自分が持っているスキルや知識を欠く際は、具体的な内容と絡めて書くと良いでしょう。

また他の応募者にはない特筆したスキルがあれば、最初に書くことで採用担当の興味を引くことができますよ。

②今までの経験や実績を詳細に記載する

動画編集の履歴書を書く際は、今までの経験や実績を詳細に記載するようにしましょう。

大まかにしか記載しないと、これまでどのような経験を積んできたのか明確にイメージできず、即戦力になり得るか判断しにくいですね。

基本的に企業側はどれくらい自社にとって有益となる人材かを重視します。

動画編集としての実績や経験が豊富であれば、即戦力としての活躍も期待できるので、詳細に記載することでチャンスも増えるでしょう。

特に転職として動画編集を目指している方は、前職でどのような経験をして実績を作っているかをアピールすることが大切です。

前職での具体的な仕事内容や動画編集にいかせる実績を書くことで、どのように貢献できるかイメージしやすくしましょう。

実績や経験としては前職だけでなく学生時代の経験等も含まれるので、これまでの経験で動画編集に活かせる内容は全て書くことがおすすめです。

これまでの実績や経験を書く際は、取り組んでいた時期や期間、自分が任された内容や成果も記載する必要がありますよ。

③具体的な実体験なども交えて信頼性を高める

動画編集の履歴書を書く際は、具体的な実体験を交えて書くことがおすすめです。

例えばこれまでの経験や実績、身につけたスキルや知識を単に羅列するだけだと、信憑性が足りないので、採用する決め手にも繋がりにくいですね。

動画編集として活かせる自分のスキルや実績については、具体的な経験を加えて記載することで信頼性を上げられます。

特に動画編集は人気が高まっている職業なので、他の方との差別化が重要です。

実体験を書く際は、具体的な数字を用いて書くことがおすすめです。

例えば実績をアピールするのであれば、自分が取り組む前と後で視聴者数や再生回数が具体的に〇〇倍になったなどが良いでしょう。

行動前後の数字を比較することで、どのように貢献して実績を重ねたのか分かりやすいですね。

また実際にどのような行動をとったのか、なぜその行動をとったのか、評価される行動は何かも具体的に書く必要があります。

履歴書ではできるだけ簡潔に、必要な情報を盛り込むようにしましょう。

④履歴書では嘘の情報を書かない

大前提ですが履歴書では嘘の情報は書かないようにしましょう。

特に趣味や特技において採用担当に良く思われるために、動画編集に絡めた内容を書く方も多いですよね。

履歴書に記載する内容は、履歴書が通った後の面接なども想定する必要があります。

例えば特技や趣味、実績などにおいて嘘の情報を書いて面接に進んだ際、履歴書に沿った質問をされますが、一貫性のない答えになってしまう可能性が高いです。

特技や趣味などで動画編集に関することを書いた際、面接で想像以上に深掘りされることも多いです。

自分が書いた内容で深掘りされた際に、上手く答えられず浅い回答をしてしまうと、採用担当に不信に思われる可能性があります。

履歴書内容で嘘を書いてばれてしまうと、採用される可能性は低くなるので、深掘りされても答えられる本当の情報を記載しましょう。

⑤動画編集や会社に対する熱意をアピールする

動画編集の履歴書では、熱意を伝えるようにしましょう。

特に最近動画編集は人気の職業でもあるので、どれだけ熱意を伝える履歴書を作れるは大切です。

熱意を伝えるには、以下の点を含める必要があります。

  • その会社に入って何がしたいのか
  • 明確なキャリアプランは何か
  • どのように貢献できるのか

前述したとおり動画編集の履歴書で重要なる部分は、志望動機です。

志望動機において上記の内容を含めて、本当にその会社に入りたい気持ちをアピールしましょう。

特にキャリアプランが明確であれば、やる気や熱意として伝えやすいので、採用担当者の印象にも残りやすいでしょう。

そのため自分が受ける会社についてよく調べて、どのようなキャリアを積めるか確認しておくことが大切ですね。

志望動機の具体的な書き方については、この後詳しく紹介します。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集の履歴書の志望動機を書く際のポイント

指を指す

動画編集の履歴書では、志望動機が非常に重要になります。

志望動機ではありのままの志望動機を書くことも大切ですが、通過率を上げるにはポイント把握しておくことが必要です。

そこでこのトピックでは、動画編集の志望動機を書く際のポイントについて以下を紹介します。

志望動機を書き始める前に、一度チェックしておきましょう。

  1. 動画編集をしたいと思ったきっかけは何か
  2. 動画編集において自分が活かせる強みは何か
  3. 動画編集ができる会社の中でなぜ御社を選んだのか

①動画編集をしたいと思ったきっかけは何か

動画編集の志望動機を書く前に、まずなぜ自分が動画編集をしたいと思ったのか考えてみましょう。

急に動画編集をしたいと思った方はいないですよね。

自分が動画編集に興味を持ったきっかけや、そこから仕事にしたいと思うようになった過程など、一度さかのぼって思い出すと良いでしょう。

例えば最初のきっかけとしては、なんとなく動画コンテンツを見てハマった、好きな動画編集者がいた、趣味で動画編集をしたら楽しかった、などがあります。

簡単なきっかけでも良いので、動画編集に触れ始めた経緯を箇条書きで書き出してみましょう。

自分が何を思って動画編集を仕事にしたいのか動機が明確になれば、志望動機により説得力を持たせられます。

経緯をさかのぼっているうちに、自分でも意外な面や考え方が見つかりますよ。

まずは動画を見るようになったきっかけでも良いので、動画に関する原点を思い出しましょう。

②動画編集において自分が活かせる強みは何か

志望動機を書く際は、動画編集において自分が活かせる強みを考える必要があります。

動画編集で活かせる強みとしては、例えば以下などがあります。

  • 動画編集のスキルや実績
  • コミュニケーション力
  • 地道に継続できる耐久力

動画編集に関するスキルや知識、実績や経験はもちろん、内面的にも活かせる強みは多いです。

例えば動画編集に仕事として携わったことがない方は、自分の性格面などで活かせる強みをアピールしましょう。

動画編集の仕事では多くの人と関わることが多く、クライアントとのコミュニケーションが非常に重要です。

またパソコンに向かって長時間作業するなど地道な取り組みも必要です。

上記のような仕事内容としては、継続力やコミュニケーション力は十分にアピール出来る強みになりますね。

動画編集の経験がない方は、動画編集に向いている人の特徴や自分を照らし合わせて強みを考えることがおすすめですよ。

動画編集に向いている点を書き出して、強みとして伝えましょう。

③動画編集ができる会社の中でなぜ御社を選んだのか

動画編集を仕事にできる会社は1つではなくたくさんありますよね。

その中でなぜその会社を選んだのかも、志望動機において非常に重要なポイントです。

例えば動画編集をしたい理由や動画編集で活かせる強みが明確でも、その会社である必要がなければ、長続きしないのではないかと不安になるでしょう。

志望動機が他の会社でも良い理由だった場合、その会社に入りたい気持ちが強い他の応募者を採用したいと思いますよね。

またどのような動画編集がしたいのか明確でないと、その会社に入りたい理由にも直結しにくいです。

どのような動画編集がしたいか決まっていない場合、実際に入社してからギャップを感じる可能性もあります。

そのため自分が動画編集を通して何をしたいのか、どのような動画編集がしたいのかを考えた上で、その会社を選ぶ理由も詳細に記載しましょう。

その会社でなければだめな理由や、その会社でなら自分の想像するキャリアが実現できると感じた理由は非常に重要ですよ。

動画編集の履歴書における志望動機の例文を紹介

ポイントを指す女性

動画編集の履歴書において志望動機は非常に重要です。

しかし志望動機を書こうと思っても上手くまとめられない方は多いですよね。

そこでこのトピックでは、動画編集の履歴書における志望動機の例文について、以下のパターンを紹介します。

志望動機の書き方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 動画編集が未経験の場合の志望動機例文
  2. 動画編集の経験がある場合の志望動機例文
  3. NGな志望動機例文

①動画編集が未経験の場合の志望動機例文

動画編集が未経験の場合は、動画編集の実績で活かせる強みや経験を書く必要があります。

例えば動画編集について学んでいることや、動画編集に関する経験などを書くことがおすすめです。

また、動画編集の仕事において活かせる自分の強みも記載すると、採用担当の目にとまりやすくなりますよ。

動画編集が未経験の場合の志望動機の例文は以下のようになります。

  • 「私には自分が作った動画コンテンツで、動画を見る全ての人に影響を与えたいと考えています。
    私は趣味として、動画編集をしてSNSに投稿したことがあります。
    その際あらゆる人からお褒めの言葉をいただき、自分が作った動画コンテンツを世界に発信することへの魅力を強く感じました。
    私は動画編集において未経験ですが、スクールに通って動画編集の知識やスキルを学んでいます。
    貴社でこそ、自分の編集した動画コンテンツをより多くの方の目に届けられる仕事ができると感じています。
    また動画編集スクールに通って得たスキルや知識、実際に動画編集を行った経験は、貴社で働く上で活かせる強みだと考えています。
    貴社で自分の強みを活かすことで、より多くの方に貴社の魅力を伝えるために貢献します。」

②動画編集の経験がある場合の志望動機例文

動画編集の経験がある場合は、どのような経験があるのか、その経験によってどのようなスキルを身につけたのかを具体的にアピールする必要があります。

動画編集の経験があることは、他の応募者に比べても有利に進められる可能性が高いので、求められている情報は全て盛り込むことが大切ですよ。

動画編集の経験がある場合の志望動機の例文は以下のようになります。

  • 「私は前職において、動画編集を3年ほど担当していました。
    テレビCMで流される動画編集を行ううちに、もっと自分のスキルを活かせる環境でより広く発信したいと感じるようになりました。
    貴社の制作している動画は高度な動画編集がされていて、自分の強みを最大限発揮できる場所は貴社だと思い、志望しました。
    私は前職でユーザーニーズを考えた動画編集を行うことで、動画による効果を高めました。
    この経験は、貴社の動画編集においても活かせる強みだと感じているため、即戦力として貢献したいです。」

また動画編集の経験がある場合は、実際に自分が作った作品も詳しく記載しておくようにしましょう。

作品によって現状の自分のスキルを明確に伝えられるので、有効的ですよ。

③NGな志望動機例文

NGな志望動機としては、志望動機に具体性がないことや、他の会社でも良いと思える内容などがあります。

また全体的に熱意が感じられず、理由が浅い場合もアピールが弱くなってしまうので気を付けましょう。

自分の強みや貢献できるかについての訴求も、採用するメリットを感じさせるために、必須で入れる必要があります。

他にも志望動機の大きな部分が、給与や福利厚生、残業のなさなどである場合も、仕事に対する熱意が伝わらないので避けましょう。

動画編集のNGな志望動機の例文は以下などがあります。

  • 「私は小さい頃から自分が作ったもので、人々に感動を与えられる仕事がしたいと考えています。
    その中で今需要の高い動画コンテンツに興味を持ち、将来性がある仕事に魅力を感じました。
    動画編集は未経験ですが、これまでに培ったコミュニケーション力は活かせると思っています。
    貴社の一因として働くことで、貢献できるように頑張ります。」

上記の例文では、強みの過程や貢献する内容など全体的に具体性がありません。

また将来性があれば他の仕事でも良いのではないか、そもそも他の会社でも良いのではないか感じますよね。

志望動機を書く際は、職種と業界、その企業でなければならない理由は必須ですよ。

動画編集の履歴書で強みになるスキルや素質って?

悩む女性

動画編集の志望動機について紹介しましたが、実際どのようなスキルや素質が強みとしてアピール出来るのか分からない方もいますよね。

そこでこのトピックでは、動画編集の履歴書でアピールできる強みや素質について以下を紹介します。

自分に当てはまるものがあるか、ぜひチェックしてみましょう。

  1. 動画編集のスキルや知識
  2. コミュニケーション能力
  3. 忍耐力
  4. 自己管理能力

①動画編集のスキルや知識

動画編集の履歴書において、やはり動画編集のスキルや知識、経験等は大きい強みになります。

動画編集は未経験でも始められる仕事ですが、経験者であれば即戦力として貢献できるため、採用担当からすると嬉しいスキルですね。

特に動画編集として働いていないと分からない、動画編集の流れやクライアントとの話し合いも多いので、スキルがあるほど有利になるでしょう。

動画編集は独学でも学べる分野であり、特に最近では学ぶ環境が整っています。

現時点で動画編集が未経験の方でも、独学でスキルや知識を身につけることで、強みとしてアピール出来るので、習得しておくことがおすすめです。

また動画編集の履歴書において、他の応募者と差をつけるのであれば、加えて動画編集周辺のスキルを身につけると良いでしょう。

動画編集以外お企画や撮影など動画制作全般のスキルや知識を身につけることで、取り組める業務幅も広がりますね。

アピールポイントとして非常に有効なので、余裕がある方は検討しましょう。

②コミュニケーション能力

動画編集の仕事は意外と多くの人と関わる機会が多いです。

ひたすら一人でパソコンに向かい作業を行うと考えている方もいますが、実際は企画や撮影など動画制作の工程において多くの方と関わります。

携わる工程別に、コミュニケーションを取りながら、動画の完成形のイメージを共有するため、思っているより積極的に話す機会は多いでしょう。

作業において他の方と分担して取り組む場面も多いので、お互い意思疎通ができていないと上手くいかないこともあります。

またクライアントの要望通りの作品を完成させるには、クライアントとの連絡も頻繁に取ることが必要です。

動画編集ではあらゆる作業面に関して、コミュニケーション能力が必要になるため、動画編集が未経験でもコミュニケーション力が高いと十分に強みにできますよ。

コミュニケーション能力は、他の人と積極的に関わることで自然と身につけられるので、自分から話すことを意識して生活を送ってみましょう。

③忍耐力

動画編集には忍耐力も必要です。

多くの方とコミュニケーションを取る仕事ですが一方で、1人でパソコンに向き合い動画編集を淡々とこなす仕事でもあります。

動画編集には想像よりも時間がかかるため、長時間地道な作業を続ける必要があるので、忍耐力も必須でしょう。

また動画編集では常に最新のトレンドに則った編集方法や、動画編集ソフトを把握することも必要です。

一度動画編集のスキルや知識を身につければ良いわけではなく、常に流行に沿った人気の編集方法を学ぶには、忍耐力も大切です。

動画編集として働く時間とは別で動画編集の勉強を両立させなければならないため、辛い状況でも継続できる力は強みと言えます。

動画編集では継続が重要なので、継続できる素質がある方は採用担当に良い印象を持ってもらえます。

これまで何かをやり遂げられた経験がある方は、実体験を交えて積極的にアピールすると良いでしょう。

④自己管理能力

動画編集では自己管理能力も重視される素質です。

動画編集の仕事は、基本的に納期が決められていて、納期までに作品を仕上げる流れで進みます。

そのため、納期から1日当たりの進めなければならない作業を逆算して、確実に納期に間に合わせる管理能力は重要ですね。

また動画編集として仕事をする場合、常に1つの仕事だけに集中できるわけではなく、他の作業や納期とも並行することがあります。

マルチタスクをこなすには、自分でスケジュール管理を徹底し、できる範囲での仕事に取り組むことが必要です。

特に動画編集は納期に間に合うように自分で作業量を調整できるため、自己管理が苦手な人だと納期遅れにも繋がりやすいでしょう。

作業や納期を確実に守れる管理ができる方は、動画編集の仕事では強みになるので十分アピールできますよ。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集の履歴書から面接までのポイントを解説

おすすめ

これまで動画編集の履歴書や志望動機のコツについて紹介しましたが、その先の面接の対策も必須です。

そこでこのトピックでは、動画編集の履歴書を送る際のポイントから面接までのポイントについて、以下の点を詳しく解説します。

  1. 履歴書に誤字や脱字、漏れがないか
  2. 面接に必要な書類は持っているか
  3. ポートフォリオやアピールスキルが分かっているか
  4. 自分の言葉で伝えられるか

①履歴書に誤字や脱字、漏れがないか

動画編集の履歴書を出す際は、誤字や脱字がないか確認してから提出するようにしましょう。

また記入漏れがないか、必要な情報は全て書けているかも確認する必要があります。

履歴書に誤字や脱字があったら絶対に落ちるわけではありませんが、良い印象は与えられないですよね

場合によってはケアレスミスしやすい等の印象を持たれてしまうこともあるでしょう。

記入漏れがあると履歴書で落ちてしまう可能性は一気に高まるので、履歴書は完成した後必ず確認することが重要です。

履歴書を確認する際は慎重に隅々まで行い、自信を持って提出しましょう。

②面接に必要な書類は持っているか

動画編集の履歴書に通り面接に進む際は、面接に必要な書類や道具は全て持っているか確認してから向かいましょう。

持ち物に加えて服装や髪型など身だしなみを整えることも必要です。

動画編集の面接では指定がない場合は、オフィスカジュアルな服装で参加することがおすすめです。

髪型は清潔感を与えられるように、まとめると良いでしょう。

また動画編集の面接の持ち物として、「ポートフォリオ」を忘れないように気を付けましょう。

履歴書や筆記用具、メモ帳などは動画編集にかかわらず面接で必要となる道具ですが、動画編集では自分の実績やスキルをアピールする「ポートフォリオ」が必要です。

他にも指定されている持ち物がないか確認して、万全の状態で面接を受けることが大切ですよ。

③ポートフォリオやアピールスキルが分かっているか

動画編集の面接の際、「ポートフォリオ」が必要だと紹介しました。

面接ではポートフォリオの内容や過程についても詳しく説明できるようにしておく必要があります。

ポートフォリオを持参する際は、ポートフォリオについて詳しく質問されても答えられるように用意しておきましょう。

また複数で制作したポートフォリオを持参する場合は、自分が担当した箇所を明確にしておくことがおすすめです。

自分の制作箇所を見せないと、どのレベルの動画編集ができるのか、どのような動画編集が得意なのか採用担当者に伝えられません。

自分の実績をしっかりアピールするために、ポートフォリオに関して内容を具体的に説明できるようにしておきましょう。

さらに動画編集以外の、企画力やマーケティング力など動画編集周辺としてアピール出来るポイントを明確にすることも必要ですよ。

④自分の言葉で伝えられるか

動画編集の面接では、自分の言葉で伝えることが大切です。

面接のために練習する方は多いですが、定型化された文章で話してしまっても、本当の熱意は伝えにくいでしょう。

また面接官は多くの応募者相手に面接を行っているため、事前に話す文章を決めていると意外と分かります。

熱意や志望動機をしっかり伝えるためには、自分の言葉で話すことを意識することが大切ですね。

自分の言葉で話すことが難しい方は、面接において話す内容だけ決めて詳しい文章は決めないようにしましょう。

事前に文章まで決めてしまうと、文章を忘れた際に慌てて話す内容も忘れてしまうことがあります。

話したい内容だけ覚えておけば、面接でも焦ることなく自分の言葉で思いを伝えられますよ。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集の履歴書に関するよくある質問

疑問に思う女性

このトピックでは、動画変種の履歴書に関するよくある質問について、以下の5つを紹介します。

  1. 動画編集の履歴書を書く前に知っておくことってある?
  2. 動画編集の履歴書に書ける役立つ資格って何?
  3. 動画編集として働ける会社の種類は?
  4. 動画編集の履歴書の通過率を上げるにはどうすれば良い?
  5. 動画編集を仕事にするのは実際どうなの?

①動画編集の履歴書を書く前に知っておくことってある?

動画編集の履歴書を書く前に知っておく点としては、主に以下があります。

  • 動画編集の仕事内容
  • 動画編集に必要なスキル
  • その会社の特色や他社との違い

動画編集の履歴書を書く前に、まず上記の点を改めて調べ上げるようにしましょう。

ちなみに動画編集の仕事内容や必要となるスキルは主に以下の通りです。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGMや効果音の挿入

動画編集では基本的に少なくとも上記の仕事を行えるスキルや知識が必要です。

仕事内容を確認して自分の何が活かせるのか、志望動機は何か考えてみましょう。

また業界や職種に関する理解だけでなく、企業への理解や知識も深める必要があります。

業界研究と企業研究を徹底して、履歴書の作成に入りましょう。

②動画編集の履歴書に書ける役立つ資格って何?

動画編集の履歴書に書ける役立つ資格には、主に以下があります。

  • 画像処理エンジニア検定
  • CGクリエイター検定

上記の資格は動画編集で必須のものではありませんが、あると便利です。

また資格があることで自分が持っているスキルを明確にアピール出来るので、どのような仕事ができるのかイメージしやすくなりますね。

動画編集に関する資格を取りたい方や時間に余裕がある方は、上記の勉強を始めてみるのもおすすめです。

しかし動画編集のスキルや知識がまだ不足している方は、基本的に動画編集に直結するスキルを磨くことが必要です。

まずは独学でも動画編集の勉強を始めまると良いでしょう。

③動画編集として働ける会社の種類は?

動画編集として働ける会社には、主に以下の種類があります。

  • 動画制作会社
  • 広告代理店
  • テレビ局

動画編集に携わるには様々な業界があるので、自分がどのような動画編集がしたいのかを明確にする必要があります。

自分のしたい動画編集が把握できたら、その仕事ができる会社はどのような所か業界研究をして確認しましょう。

上記以外でも動画編集として働ける会社はあるので、一度自分で詳しく調べる必要があります。

なぜその業界なのか、その中でなぜその会社なのかは履歴書でも大切な内容なので、慎重に考えましょう。

④動画編集の履歴書の通過率を上げるにはどうすれば良い?

動画編集の履歴書になかなか通らない、少しでも通過率を上げたいのであれば、転職エージェントに登録することもおすすめです。

転職エージェントに登録することで以下のサービスを受けられます。

  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 履歴書のアドバイスをしてくれる
  • 面接対策もしてくれる

転職エージェントでは一般的には公開されていない多くの非公開求人を持っているため、より自分に合った求人を見つけられる可能性も上がります。

また履歴書のアドバイスや作成のサポートもしてくれるため、1人で作成するよりも心強いでしょう。

履歴書に通過すれば面接対策も可能なので、事前に動画編集の面接に向けて準備を整えられますね。

動画編集の履歴書の書き方に悩んでいる方は、ぜひ一度転職エージェントも検討してみましょう。

⑤動画編集を仕事にするのは実際どうなの?

動画編集に関して「稼げないからやめとけ」などと耳にすることもありますが、実際そんなことはありません。

最近では動画コンテンツの人気も高まり、動画市場は拡大しています。

今はSNS上で動画コンテンツを見ている方は非常に多く、動画編集の需要や人気も高まっているのが現状です。

そのため動画編集を仕事にすることは、将来性もありまだまだ稼げる分野だと言えますね。

ただ動画編集の需要が高まることで動画編集を始めたい方も増えています。

必然的に動画編集を仕事にしたい方の競争率も高くなるため、履歴書では他の応募者といかに差をつけられるかが重要ですよ。

動画編集の案件を探しているなら「むびる」に登録しよう!

むびる

動画編集を副業にしたい方には、「むびる」に登録するのがおすすめ!

「むびる」とは、動画編集の案件を依頼したい方と全国のクリエイターをマッチングできるサービスです。

むびるには初心者でも受けられるような動画編集のみの案件も取り扱っています。

そのため、これから動画編集を副業として始めたい方にもぴったりですよ。

またむびるではクリエイター側が直接営業をすることはありません。

営業をするのが苦手という方にもおすすめ!

クラウドソーシングなどで動画編集の副業に慣れた方は、次のステップとしてむびるも検討してみましょう。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集の履歴書では志望動機が大切!

動画編集の履歴書では、自分の強みや実績、経験を詳細に伝えることが大切です。

自分がどのように会社に貢献できるのかを明確にした上で、動画編集をしたい理由やその会社に入りたい理由について熱意を持って伝えましょう。

動画編集は最近人気の職種であるため、他の応募者と差別化する必要があります。

面接官に印象付けるため、今回の記事を参考にして履歴書を完成させましょう。

ちなみに以下の記事では、動画編集の仕事内容やメリットとデメリットについて詳しく紹介しています。

気になる方はぜひチェックしてみましょう。