動画制作

インタビュー動画の料金相場は?費用を抑えるポイントを解説

インタビュー動画の料金相場

自社のインタビュー動画を制作したいと検討している企業は多いはずです。

インタビュー動画を制作するのにどれくらいの費用がかかるのか、相場の目安はどれくらいなのか、コストを抑えるコツはあるのかなど気になっているでしょう。

この記事では、インタビュー動画の料金の相場とその費用を抑えるコツを詳しくご紹介します。

あわせて、インタビュー動画を撮影するコツや自社で動画を編集するメリット、デメリットもお伝えします。

インタビュー動画の料金の相場を知りたい、コストカットを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

インタビュー動画の料金相場

インタビュー動画の料金はどれくらいするのか気になっている方は多いはずです。

結論から言いますと、動画の長さや外注先、企画の内容によって料金は変わります。

一般的に、個人のフリーランスの方に外注した方が割安になる傾向です。

しかし、スキルはまちまちです。

万が一体調不良でお仕事ができないことがあればスムーズに進まないこともあります。

一方、企業であれば、人件費が増えるため割高になります。

複数人の方が動画制作を担当し、業務が細分化されているため円滑に進められるでしょう。

また、動画の長さが長いほど、割高になります。

編集の工程数やアニメーションの導入が増えるため、長い動画はおのずと高くなる傾向です。

2分以内の場合は5~10万円程度

インタビューだけの撮影・編集2分以内の動画の場合、料金の相場は5〜10万円程度です。

あくまでも、この料金は企業などに外注した場合の費用です。

自社で編集やアニメーションをつける場合は、少し割安になります。

こちらは自社で準備したインタビュー動画のみで完結します。

基本的に編集のみであり、制作費は安くなります。

アニメーションを施さない限り、割安です。

とにかく安くインタビュー動画を作りたい、簡易的な内容でも問題がないと考えている企業におすすめです。

また、個人のフリーランスや制作会社に外注してもいいでしょう。

短いインタビュー動画を編集するだけなので、早いケースだと2週間ほどで完成します。

4分以内の場合は10~40万円程度

4分以内のインタビュー動画であれば、10万円〜40万円が相場です。

インタビューに加えて、社内の風景や様子、仕事スタイルもあわせて紹介します。

撮影は1日で終わるケースがほとんど。

動画が完成するまでは、あくまでも目安ですが、約1か月〜45日かかります。

4分以内(演出つき)の場合は40万以上かかることも

演出つきの動画である場合、40万円かかることがあります。

より自社の世界観を伝える動画にするのであれば、コンセプトムービーを施す形になるはずです。

撮影や編集に手間をかけ、インパクトを与える内容になるため、当然料金はより割高になります。

また、ドローンでの撮影やストリートビューなどを使用すれば、機材費もかかります。

そのため、100万円をこえるケースも。

制作期間は2日くらいで完結しますが、制作期間は約45日〜2か月と長くなっています。

インタビュー動画の費用を抑えるコツは?

インタビュー動画の費用を抑えるコツをご紹介します。

結論から言いますと、撮影時間を短くすることです。

例えば、インタビュー時間を絞る、登場人物を限定するなどです。

以下に、詳細を記載していますので参考にしてみてください。

➀撮影時間を短くする

まずは、撮影時間を短くすることです。

動画の長さは短いほど、割安になる傾向があります。

動画時間が短いと、編集の工程数が減るため割安になりやすい傾向に。

また、伝えたい内容を限定させることが大切です。

メッセージが長ければ長いと、動画の時間が長く、編集の手間・工程数が増えるため、費用が割高になるでしょう。

不要な内容は削るなどして、限定することをおすすめします。

②登場人物を絞る

インタビューの出演者はできる限り絞ります。

インタビューに回答する人が多いと、その分動画の時間が長くなります。

そうなれば、動画の時間が長くなり、費用が割高になってしまいます。

コストをカットしたいのであれば、必要な人物のみ演出し、無駄な撮影をしないことが大切です。

③撮影場所を用意する

撮影場所にも配慮してください。

コストを抑えたいのであれば、できるだけ撮影場所を減らす、または一か所に固定することです。

いろんな場所で撮影をすれば、交通費がかかります。場合によっては宿泊費もかかるでしょう。

コストを抑えるためには、撮影する場所を限定するのがおすすめです。

撮影する箇所を減らせば、無駄に発生する費用を抑えることができます。

④自社で動画編集をする

そして、コストカットするためには自社で動画を編集することです。

外注をしなければ、一切費用はかかりません。

社内で動画を編集できる従業員がいれば、その人に任せることができます。

ただし、高品質な動画を求める場合、自社に高度な動画編集スキルを持つ者がいないのであれば外注してもいいでしょう。

求めている内容が制作できないのであれば、本末転倒です。

インタビュー動画の制作時に注意しておきたいポイント

インタビュー動画を制作する際の注意点をご紹介します。

あれこれと内容を詰め込みすぎると、視聴者は何を伝えたいのか理解に苦しむはずです。

また、スムーズに撮影をするためにも、契約期間の確認や原稿を事前に作成しておくことをおすすめします。

以下に、詳細を記載していますので参考にしてみてください。

➀メッセージは3つまでにする

まず、メッセージを3つまでにすることが大切です。

あれもこれも伝えると、動画を見ている方は何を言いたいのかが分かりにくくなります。

メッセージは3つまでにしてください。

4つ以上になると、視聴者に響きにくくなります。

3つがもたらす説得力は、多すぎず少なぎないため最適な量です。

また、人間の脳のワーキングメモリーにも効果的。

人間が同時の物事を処理できるのは5~7つほどと言われています。

3つであれば、処理できる数が負担にならず理にかなっていると言えます。

②契約期間を事前に決めておく

インタビュー動画を制作する場合、映像の使用期間を確認しておく必要があります。

動画に出演した社員は、退職後に動画を使用しないでほしい方もいるはずです。

他には、期限を決めて配信してほしいという方もいるでしょう。

動画をいつまで使っていいのか、永久に使えるのか、出演者や制作会社に確認しておく必要があります。

③できるだけ場所を変えないようにする

またできる限り、場所を変えないで撮影する方がいいでしょう。撮影のために移動をするだけでも、時間がかかってしまいます。

距離が遠ければ遠いほど、負担が大きくなるでしょう。

また、撮影の準備や撤収にも時間がかかります。

インタビュー動画に出演する人が多く、毎回撮影場所が変われば、想像以上に時間がかかります。

なので、できるだけ同じ場所で撮影を行うことが望ましいです。

④原稿はあらかじめ準備しておく

インタビュー動画で話す内容をあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

本番になってから、ぶっつけ本番で話すようになると、取り直しが多くなるリスクがあります。

そうなってしまえば、撮影に時間がかかりスムーズに進みません。

また、撮影しても時間内におさまらない場合もあります。

撮影本番時、スムーズにできるようにするためにも、あらかじめどのような内容を話すのか、どれくらい話すのかを確認しておけば上手くいくはずです。

そして、インタビュー動画に答える方は、本番で失敗しないためにも話す練習をしておくこともおすすめします。

おすすめの動画制作外注先

ここでは、おすすめの外注先をご紹介します。

外注先は、主に二つです。

個人のフリーランスと動画制作会社です。

基本的にはフリーランスの方が割安になりますが、スキルによって動画のクオリティは変わります。

制作会社の場合、料金は割高になりますが、ハイクオリティな動画が期待できます。

個人のフリーランス

まずは、個人のフリーランスの方に発注する場合、割安になる傾向があります。

スキルはまちまちであるため、万が一スキルの低い方に委託すれば求める動画を制作できないリスクがあります。

また、フリーランスの方は基本的にすべて1人で対応します。

体調不良で動画制作できないことがあれば、お仕事に支障が出てスムーズに進まないことも考えられます。

個人のフリーランスの場合、とにかく安く委託したい、納期を急がない、とにかく動画を制作してほしい場合に外注することをおすすめします。

動画制作会社

一方、動画制作会社であれば、人件費が増えるため割高になってしまいます。

複数人で動画制作を担当し、また業務が細分化されているためスムーズに進められます。

また、動画の尺が長いほど割高になる傾向です。

編集の工程数やアニメーションの導入が多くなるため、尺が長い動画は自然と費用が高くなります。

おすすめの動画制作外注先企業5つ

ここでは、おすすめの動画制作する際の外注先企業を5つ紹介します。

自社が望んでいる動画は、どこの制作会社に発注すればよいか悩んでいる方もいるかもしれません。

制作会社によっては、自社の動画を制作できないこともあります。

制作会社にも、スキルの得意・不得意があります。

自社が制作したい動画は、どの制作会社が対応しているのか知ることができますのでぜひ参考にしてみてください。

株式会社サイクリング

株式会社サイリングは、2000年に創業し、今年で23年目です。

これまで8000タイトル以上の動画制作をしてきました。

株式会社最新は、東京都に位置します。

幅広いジャンルに対応し、さまざまな動画の種類を委託したい方におすすめです。

お客様のニーズに応える企画や構成、編集、撮影まで行っています。

実績として、ドワンゴ、国立電気通信大学、デロイトトーマツなどの動画制作に対応しています。

その他、テレビのCMや番組まで制作しています。

動画制作の費用は、ライトプランは18万円。

スタンダードプランでは50万円で、プレミアムプランでは90万円です。

株式会社ワールド

株式会社ワールドは、2010年に創業。

主に官公庁向けに動画を制作し、その他、BtoBやBtoCなど、幅広く活動しました。

創業して12年目2000社、5000本をこえる動画制作をした実績を所有。

株式会社ワールドの特徴は、最新機器を使用していることと高い編集スキルです。

また、高品質な動画にこだわり、CGや3DCGなども施しています。

内閣官房、東京都、法務省、アメリカ国防省など、国内・外海の政府関連をメインに動画を制作しています。

動画制作費用は、簡易的なCGアニメ動画は最低価格が8万円です。

他の種類も制作対応可能ですが、依頼内容によって料金は変わります。

イートラスト株式会社

イートラスト株式会社は、2004年に創業しました。

中小企業のWebマーケティングをサポートするWeb制作会社の動画メディア事業部から始まり、小さな会社でも、活用しやすいよう低価格であるのが大きなポイントです。

また、3パターン用意されてあります。

動画編集のみの相談も可能で、また取材や編集、撮影すべて委託することもできます。

動画制作だけでなく、プロモーション戦略の相談もできます。

セミオーダー制作であれば、198000円以上。

フルオーダーメイドの場合は、398000円以上です。

これまで、美容・理容・飲食・グルメなどの企業の動画を制作しています。

株式会社自然農園

株式会社自然農園は、1985 年に創業。

35年以上経営している企業です。

はじめは、デザインをメインに事業をスタートしました。

現在では、動画制作やイベントプロモーションなど、事業の幅を広げています。

動画制作は、3万円からスタート。

株式会社自然農園は、デジタルマーケティングに基づいたて提案します。

また、WEBも得意とし、動画の視聴率をあげたい、ファンを増やしたいと思っている方におすすめです。

むびる

むびるには、厳しい審査を通ったクリエイターが所属します。

プロフェッショナルが対応しますので、ハイクオリティな動画が期待できます。

在籍者は、1000名以上です。

またむびるでは、予算など、自社にあった動画を作成してくれるプロフェッショナルが対応してくれる形です。

対応している動画のジャンルは幅広いです。

外国語の動画ももちろん問題ありません。

外国語版を依頼する場合、中には外国語を苦手とする人もいるかもしれません。

その際、日本語の字幕を提供しないといけない場合もあります。

プロの動画制作者が、撮影、編集、アニメーションの対応を施します。

むびるの特徴は、プロのクリエイターに直接依頼が可能です。

ご利用者が5000人以上で、満足度が97.5%です。

高い評価を得ているため、信頼できる企業です。

動画の尺や内容によって変動しますが、むびるは早めの納品を尽くします。

料金は、1万円からです。

制作会社の場合は数十万円、個人のフリーランスの場合は数万円から依頼するケースがほとんどです。

それに比べてむびるの場合、プロが対応しているにもかかわらず、1万円からスタートするため、コスパ最強だと言えます。

むびるは、安く高品質な動画を作成したい、できる限り早く制作してほしい、特殊なジャンルの動画でも対応できるクリエイターに依頼したいと思っている人におすすめです。

インタビュー動画の制作ならむびるがおすすめ

インタビュー動画を制作する場合、むびるがおすすめです。

むびるは、在籍するクリエイターは全員厳しい審査を通った方々です。

つまりは動画編集のプロ。

むびるに所属しているクリエイターは1000名以上です。

またむびるでは、相談や予算は、自分にあったクリエイターを紹介してくれます。対応する動画のジャンルはすべて。

経験豊富なクリエイターが、多岐に渡って撮影、編集してくれます。

むびるの特徴は、クオリティも値段も妥協せず、プロに直接依頼できることです。

そのせいか、ご利用者が5000人以上、満足度が97.5%で高い評価を獲得しています。

また、動画の長さや種類によって異なりますが、早めに納品してくれます。

料金は、最低1万円からスタート。

制作会社の場合は数十万円、個人のフリーランスの場合は数万円が最低金額であるため、むびるの場合、プロが対応していることもあり非常にコスパがいいと言えます。

むびるは、安く高品質な動画を作成したい、できる限り早く制作してほしい、特殊なジャンルの動画でも対応できるクリエイターに依頼したいと思っている人におすすめです。

インタビュー動画を自分で作成するメリット・デメリット

また、インタビュー動画を自分で作成するメリット、デメリットをご紹介します。

自分で作成する場合、すべて自分で編集や撮影に対応するため費用はかかりません。

時間がかかってしまいます。

しかし、動画編集スキルが低いと思うような動画が作成できない場合があります。
メリット
まず、インタビュー動画を自分で作成するメリットは、費用がかからないことです。

編集や撮影を自分で行うため、外注する必要がありません。

そのため、コストを抑えることができます。

また、どんなに長い動画でも、外注先に依存しないため、割高になることもありません。

高品質な動画を制作する場合、自社のみで完結できれば、大幅にコストがカットできます。

費用を抑えることができるのは、大きなメリットです。
デメリット
一方、自分でインタビュー動画を作成する場合、動画編集の習熟度によって思うような内容を作成できないことがあります。

特に動画編集初心者の方の場合、慣れていないため、動画をスムーズに作れない可能性もあります。

また、インタビュー動画が低品質になっては高い効果は期待できないでしょう。

自社のイメージが悪くなる、悪い印象を持たれる、いい加減なサービスを提供しているなど、悪評になるリスクが考えられますので、動画編集が上手くできないのであれば外注した方が有効です。

まとめ

今回は、インタビュー動画の料金の相場について紹介しました。

インタビュー動画の料金の相場の違いは、基本的に撮影時間の長さによって異なります。

長い動画ほど、編集や撮影の手間が増えるため割高になります。

また、撮影期間や撮影場所によって料金は変動します。

動画の制作費用を安く抑えるには、なによりも撮影時間を短くすることです。

出演する人や伝える内容を減らすなどをすれば、おもずと動画の時間は短くなります。

また、外注せず自社で動画を編集すれば大幅なコストカットにつながります。

インタビュー動画を制作する際は、出演する人や契約期間、撮影場所など、あらかじめ決めておくことが大切です。

撮影当日、スムーズに対応できなければ、想像以上に時間がかかってしまう可能性があるからです。

撮影本番までに準備しておけば、当日円滑に撮影ができるはずです。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談