PR動画

印象に残るPR動画の作り方とは?企業PR動画に力を入れるメリットを解説

印象に残るPR動画の作り方とは?企業PR動画に力を入れるメリットを解説

企業PR動画の制作を検討した際に、どのようにすればいいのか迷うことが多いです。

自社内で動画制作に精通している人がいなければ、クオリティの高い動画制作をすることはできません。

また動画制作に精通している人がいたとしても、かなりのリソースを割くことになりますよね。

できるだけリソースを割かずにPRを制作したいところ…。

今回の記事では、印象に残るPR動画の制作方法について解説します。

これから企業のPR動画制作を検討されているのであれば、参考にしてみてくださいね。

印象に残るPR動画の作り方とは

ではさっそく、印象に残るPR動画の作り方について解説します。

具体的には以下の3点を意識して作成をおこないましょう。

  • 動画の企画・構成をしっかりと作る
  • テーマに沿った動画撮影をする
  • 動画を生かすための編集をおこなう

これらのポイントについてそれぞれ解説します。

動画の企画・構成をしっかりと作る

まずは動画の企画・構成をしっかりと作りましょう。

動画制作において一番重要なのが、企画・構成をしっかりと作成する段階といっても過言ではありません!

PR動画をどのような層に向けて作成するのか、ターゲット層を決めましょう。

また、PR動画の尺についても決めておくのがおすすめです。

動画が短すぎると記憶に残らなくなってしまいますが、長すぎると途中離脱されてしまう可能性も高まります。

そのため、数分程度で作成するのがおすすめです。

また、結論を冒頭で伝えることや伝えたいメッセージを冒頭で流すのが一般的です。

メッセージは簡潔に伝えましょう。

テーマに沿った動画撮影をする

PR動画はターゲット層を決めてから作成することを伝えました。

そのため、テーマに沿った動画撮影をするのがおすすめです。

基本的には、企業のイメージ向上や商品の販売促進が目的で作成しますよね。

そのイメージに沿った動画撮影をしなければ、動画とイメージのミスマッチが起きてしまいます。

また、撮影は未経験者に任せるよりもプロに任せるのがおすすめです。

動画撮影といっても、いろいろなことを考えておこなわれています。

例えば、光のライティングや出演者の表情指導などですね。

動画を撮影することは一見単純なことに思えるかもしれません。

しかし実際には奥深いことがおこなわれているので、簡単におしゃれなPR動画は撮影できないと思いましょう。

企画・構成は自作して、そのあとはプロのクリエイターに任せるのがおすすめです!

動画を生かすための編集をおこなう

PR動画を実際に世に出すとなれば、動画をしっかりと編集する必要があります。

画面の明るさや動画の音量などの調整がほとんどです。

動画の撮影環境によっては雑音が入っていることもありますね。

PR動画に雑音が入っていたり、見にくかったりしたら大きなマイナスになってしまいます。

そのため、視聴者を最優先に考えて編集してください。

また動画編集に関しても、プロのクリエイターに依頼するのがおすすめです。

音響やBGMなどまで選定してくれるので、雰囲気にマッチしたPR動画を制作してもらいやすいです!

企業PR動画に力を入れるメリット

続いては、企業PR動画に力を入れるメリットについて解説します。

具体的には以下のようなメリットがあります。

  • 短い時間で印象に残せる
  • 短い時間で情報を多く伝えられる

これらについてそれぞれ解説します。

短い時間で印象に残せる

企業のPR動画はたったの数分で印象に残るような動画になっています。

テキストや画像と比較しても、ブランドのイメージや伝えたいことをたくさん伝えられます。

商材の宣伝だけでなく企業ブランドを手っ取り早く伝えられるのがメリットです。

また、最近ではSNSとの相性も良く、時代に沿ったPR動画を作成することでバズを狙うこともできます。

バズらせることで、広告費をかけずともいろいろな人に認知されるようになりますね。

SNSとの相性がいいというのも、時代にマッチしているやり方です!

短い時間で情報を多く伝えられる

企業のPR動画は1~3分程度で作成されていることがほとんどです。

たったの1~3分ですが、伝えたいことを効率よく伝えられます。

広告として利用する場合には、伝えたいことを動画の冒頭に入れることで、数秒しかみていない人に対しても伝えたいことを伝えられます。

音や動画を使えるので、多くの情報を伝えられるのがメリットですね。

企業PR動画を作成する際の注意点

最後に、企業のPR動画を作成する際の注意点について解説します。

具体的には以下の通りです。

  • 使用用途に合わせる
  • プロに依頼する

これらについてそれぞれ解説します。

使用用途に合わせる

PR動画を制作する際には、使用用途を考えましょう。

YouTubeを利用するのか、Tiktokで利用するのか…。

PR動画を流す媒体によっても戦略が変わってきます。

また昨今ではスマホユーザーがほとんどなので、スマホでも見やすいように作成する必要がありますね。

企業イベントで利用するようなPR動画であれば、大画面に映っても問題ない画質にする必要があります。

このようなことを決めるのも、初期段階なので企画・構成で失敗してしまうとすべて失敗してしまう可能性があると覚えておきましょう。

プロに依頼する

先ほども言いましたが、PR動画制作はプロに依頼するのがおすすめです。

PR動画をプロに依頼することで、企画・構成段階の内容にあった動画を制作してもらえます。

費用は掛かってしまいますが、その分質の高い動画を作成してもらえます。

企業のPR動画の質が悪いと、それだけで評判が悪くなってしまう可能性があります。

それくらい企業のPR動画は重要なのです。

企業のPR動画はプロに作成してもらうのがおすすめと覚えておいてくださいね。

企業PR動画を作成するならプロに任せよう

むびる動画撮影を依頼するのであれば、「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは、全国の動画クリエイターと依頼者をマッチングしてくれるサービスです!

フリーランスのプロクリエイターに依頼できるため、費用を抑えつつハイクオリティの動画撮影を依頼できます。

制作会社に依頼するよりも費用を抑えられるので、コストを抑えつつクオリティの高い動画制作を考えている方におすすめです。

むびるの公式ホームページでは、在籍している動画クリエイターの実績を確認できるので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

またむびるは24時間LINEで相談無料できるので、まずは一度無料相談から利用してみてください。

『むびる』フリーランス動画クリエイターマッチングサービス

【まとめ】印象に残るPR動画の作り方

この記事では、印象に残るPR動画の作り方について解説しました。

もう一度、印象に残るPR動画の作り方をまとめます。

  • 動画の企画・構成をしっかりと作る
  • テーマに沿った動画撮影をする
  • 動画を生かすための編集をおこなう

これらを意識してPR動画の制作をしてみてくださいね。

またクリエイターのマッチングサービス「むびる」では、厳正な審査に通過したプロのクリエイターが多数在籍しています。

希望する内容の動画制作にマッチしたクリエイターも紹介できるので、ぜひ利用を検討してみてくださいね!

企業の面白いPR動画・採用動画9選!記憶に残る動画で企業の認知度アップにつなげよう