企業向け動画

企業VPとは? 企業PVとの違いやメリットを解説

企業VPは、現代のビジネス界で徐々にその存在感を増しているツールとなっています。

企業の価値や理念、サービスの紹介を視覚的に描き出すことで、顧客やステークホルダーへの情報伝達、さらにはブランディングの強化に大きく貢献します。

一方で企業VPという言葉を耳にしても「具体的には何を指すのか」「企業PVとどのように違うのか」といった基本的な疑問を持つ人も少なくありません。

そこで、この記事では企業VPの基本的な概要から作成方法、そして活用方法に至るまで、幅広く深く掘り下げて解説します。

また、記事の後半では企業VPの制作依頼におすすめのサイトも紹介します。

最後まで目を通して、企業VPについての理解を深めてください。

関連記事:成功する企業PR動画の作り方!成果につながる動画を予算内で制作する方法

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
30,000円(税別)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
企業PR動画/サービス・商品紹介動画/社内イベント動画/CM/セミナー動画/Youtube動画/など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

そもそも企業VPってなに?

企業VPという言葉を聞いたことはあっても、実際にはどんなものかわからないという方もいるのではないでしょうか。

「VP」はVideo Packageの略であり、企業VPとは「企業が特定の目的を達成するために制作した映像素材の集合体」を指します。

これは企業が自身の情報をビデオ形式でまとめて伝える際に使用するコンテンツの総称です。

企業VPの具体的な中身は多岐にわたり、商品やサービスの宣伝、社内のマニュアル作成、オフィスの案内、イベントの紹介など、内容は多種多様です。

ターゲットの幅も広く、顧客やパートナー企業、社内の従業員、そして新卒採用を目指す学生などがあり、制作の目的は視聴する人のニーズによって異なります。

企業VPは視覚的な情報とナレーションを組み合わせて作られ、文字だけで伝えるよりも情報が視覚的に記憶されやすいという利点があります。

さらに、静止画やテキストだけを用いた方法よりも、多くの情報を短時間で伝えることができるのが特徴です。

このような理由から、多くの企業が企業VPの制作をおこなうようになっています。

企業VPは自社のウェブサイト以外にも、YouTubeやFacebook、InstagramといったSNSでの利用が可能です。

また、記事のまとめサイトやキュレーションサイトからも視聴者を引きつけられます。

デジタル技術の進歩が企業VPの普及をさらに推進しているのは間違いありません。

企業VPと企業PVの違いとは?

企業VPと混同されがちな言葉としてよく挙がるのが「企業PV」です。

言葉もよく似ている両者ですが、2つの間にはどのような違いがあるのでしょうか。

企業VP(Video Package)は企業が業務上の特定の目的を持って制作した映像です。

これには、企業の歴史や理念を伝える動画や新製品の利用方法を説明する教育動画、社内報告や社員研修のための動画などが含まれます。

企業VPは視聴者に企業や製品、サービスについての詳細な情報を提供することに重点を置いており、主な目的は教育や情報提供です。

一方で、企業PV(Promotion Video)は企業が自身の商品やサービスを宣伝・PRするために作成するビデオを指します。

PVは商品やサービスのメリットを効果的にアピールし、消費者の購買意欲を喚起が主な目的です。

それぞれの違いについて、詳しく見ていきましょう。

企業VP

企業VPは、視覚的な要素が強化された情報伝達ツールとして注目されています。

このツールは、企業が自社の沿革や使命、または特定のメッセージを効果的に共有するために多く利用されます。

多くの場合、動画は企業のウェブサイトやソーシャルメディアなどでで公開され、広範な視聴者にアクセスできるのが特徴です。

企業VPは、商品の詳細な説明から社内教育まで、さまざまな用途で利用されています。

例としては、新入社員のオリエンテーションの際に企業の歴史や文化を紹介ため、新製品のローンチ時に特徴や利用方法を詳細に説明するため、など、目的はさまざまです。

成功した企業VPの制作には、計画的なアプローチが不可欠です。

どのようなメッセージを伝えるのか、そしてどのような視聴者に向けてそのメッセージを伝えるのか、といった点を、事前に明確にしておく必要があります。

また、企業VPの効果を最大化するためには、視覚的要素の賢い利用が鍵です。

企業PV

先ほども解説した通り、企業VPは「Video Package」の略であり、自社の情報を映像としてパッケージ化したものを指します。

一方「企業PV」は「Promotion Video」を意味し、主にプロモーション活動に特化した映像素材です。

企業PVは商品やサービスの宣伝を主眼とし、消費者の購買意欲を高め、来店者数の増加や、特定のイベントを周知させる目的で制作・使用されます。

映像を通じて売上向上を図るという核心的な目的を持っており、達成のために魅力的なストーリーテラーをとしての役割を果たします。

企業PVはただの広告ビデオとは異なり、自社の特徴や強み、専門技術のデモンストレーションを視覚化する素材としても使用されるケースも多いです。

このような活用法は企業のブランドイメージを向上させる効果があり、消費者に与える印象を高めやすいといわれています。

企業VPを制作するメリット4選

そんな企業PVですが、制作することによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。

企業VPは、さまざまな分野で活用されているツールです。

その分メリットも豊富にあります。

この記事では特にチェックしたいメリットとして、以下に4つを挙げました。

  1. ブランディング力強化につながる
  2. 業務の効率化が図れる
  3. 営業ツールとしても利用できる
  4. SNSでの拡散も狙える

①ブランディング力強化につながる

企業VPは企業自身のイメージやビジョンを、ナレーションと映像を通じて視聴者に具体的に示せるツールです。

企業の理念やコアバリューを形にするものであり、企業の理念や思想を現実に落とし込むために多くの企業が利用しています。

企業VPには、企業が掲げる理念や目指すビジョンを伝えるために、日々努力を重ねる従業員たちの姿をフィーチャーするケースが一般的です。

さらに、映像とBGM、そしてナレーションを組み合わせることで、視聴者に感動を呼ぶストーリーを描きやすいため、企業のブランドイメージ向上や、視聴者からのイメージアップも狙えます

このようなVPは通常、企業の公式ウェブサイトに掲載され、企業のアイデンティティとビジョンを表現する主要なツールとして使用されます。

また、企業VPは展示会やプロモーションイベント、そして就職説明会などで活用されるケースも多いです。

大画面で企業のイメージやコンセプトカラーを押し出し、視聴者に強く印象付ける映像を提供すれば、自社の認知度アップに効果的です。

記憶に残る印象的な映像は、新規の顧客獲得やリクルート活動での有望な人材獲得に効果的で、企業の成長と成功を後押しします。

②業務の効率化が図れる

企業VPは業務の進化と企業の効率化に貢献しています。

特に従業員向けの業務マニュアルを動画で制作すれば、紙のマニュアルと比べて情報量が増え、視覚的にも理解しやすくなるという大きなメリットがあります。

この方法で作成された動画は、必要な情報を網羅し、従業員が時間を見つけて特定のセクションの見直しもしやすいです。

これにより従業員間の理解のずれや勘違いを防ぐげるうえ、業務に要求されるスキルや品質の均質化に役立つようになります。

もちろんこのアプローチは、新人研修の教材にも効果的です。

動画教材を利用することで、指導担当者の負担が軽減され、それにより人件費削減にも寄与します。

教材の品質に関しても、担当者の経験やスキルの違いから生じるばらつきを防ぎやすいです。

特に外国人スタッフを教育する際には、言葉の壁が問題になるケースがありますが、映像を用いることで言葉の壁を取り除き、業務の詳細を効果的に伝えられます。

さらに、動画マニュアルのセキュリティを高めることで、紙のマニュアルが紛失や流失するリスクを減らせる点も見逃せません。

これは企業が重要な情報を保持し、不正なアクセスから保護する上で非常に重要です。

このように、企業VPは現代のビジネス環境における効果的なツールとして多くの企業で利用されています。

③営業ツールとしても利用できる

企業VPは、その多面的な利点から営業ツールとしても適しています。

多い例が、商談時に顧客に対して自社の商品やサービスを動画で示す方法です。

これにより、単に言葉で説明するよりも視覚的かつ具体的に商品やサービスを提示できます。

これは特に金融やコンサルティングのような無形商品の場合に有効で、紙の情報と比べると理解がしやすいです。

もう一つの利点は、新人営業マンと経験者が同等の説明を提供できるように、商品概要やサービス情報が均質化される点です。

これは、顧客への説明にバラつきが生じるのを防ぐ助けとなります。

さらに、営業ツールを動画コンテンツとしてまとめることで、それを自社のウェブサイトや他社のウェブサイト、YouTubeやSNSなど多くの異なるプラットフォームにアップロードできます。

これにより、視聴者は24時間いつでもコンテンツを視聴できるようになり、企業は自社のコンテンツをより広範囲に拡散できます。

④SNSでの拡散も狙える

SNSの利用者数が急増している現在、企業はその動向を利用して企業VPをSNSプラットフォームで公開することにより、広範囲の拡散を期待しています。

この戦略は、特にマーケティングや広報の領域で非常に効果的であり、利用することで企業は多くのターゲット層に低コストでアプローチでしやすいです。

かつては企業VPを利用する際には、展示会やセミナーといった場でDVDを配布するという方法が主流でした。

しかし、現代社会では情報通信技術の進化により、そのような物理的な配布方法は必要なくなっってきたこともあり、企業はURLやQRコードを提供するだけで視聴者にVPを視聴してもらえます。

さらに重要なことは、高品質な企業VPを制作することでSNS上で自然と情報が拡散される可能性が高まるという点です。

これにより、従来のターゲット層や地域的な制約を超えて、多くの人々に自社や製品の認知を広められます。

自社のストーリーを効果的に伝えることで、ブランドの認知度向上だけでなく、お客様との信頼関係の構築に効果的です。

企業VPが活用されているシーン5選

そんな企業VPですが、どのようなシーンで活用されているのでしょうか。

具体例を見れば、企業VPへの理解がより深まります。

以下の活用シーンを見てください。

  1. 商品やサービスの紹介
  2. 企業紹介
  3. インタビュー映像
  4. 採用活動
  5. 広告
  6. 社内マニュアル策定

①商品やサービスの紹介

企業VPは、企業が自身の商品やサービスを効果的に紹介するための重要なツールといえます。

文書や紙などによるものよりも、視覚的に特徴や利点を示しやすく、理解も容易になるからです。

例えば、商品を紹介する際には、商品自体の見た目だけでなく、実際に使用するさまざまなシーンを映像で表現できます。

これにより、視聴者は商品の使い勝手や使用時のイメージを具体的に把握でき、商品に対する理解が深まります。

また、実物が存在しないサービスに関しても、企業VPは有効です。

映像を用いることでサービスを可視化し、それがどのように機能するのかを視覚的に描き出せるので、頭で描くイメージよりも鮮明に情報を伝えられます。

このように、企業VPは商品やサービスの特徴を視覚的に伝えるための強力な手段で、企業にとって認知度や売上向上の期待が高まる大切な戦略となり得ます。

②企業紹介

企業VPが用いられやすいのが「企業紹介」です。

企業紹介に企業VP映像を用いることで、企業の事業内容や社史、さらにはスタッフの紹介をなどを、スムーズかつ解りやすく説明できます。

具体的には、自社の事業を深く知ってもらいたくなった際に、企業がどのような特徴を持ち、どのような背景でスタートしたのか、そしてどのようなビジョンを抱えているのかなど、書面ではわかりづらい情報伝達に効果的です。

この方法は、情報の受け手が内容を理解しやすくする助けとなります。

また、社内の様子を示す映像は求職者に対して企業の日常を描き出せるので、働く人々の生活を具体的に示せます。

さらに、企業VPは企業が社会に対してそのビジョンを発信する方法としても効果的です。

企業VPによって、企業が重視している価値観や目指している目標を効果的に共有すれば、自社のバリューを社会に広く伝えやすくなります。

③インタビュー映像

企業VPはインタビュー動画にも向いています。

インタビュー動画は企業の顔とも言える要素を前面に押し出せるコンテンツで、それぞれのインタビューの対象者によってもたらされる効果が異なります

例えば、社員を対象にしたインタビューでは、その人たちが日々の業務で感じる喜びや充実感を共有することで、求職者に対して企業のリアルな実態を伝えやすいです。

社員自身の言葉を通じて、企業の雰囲気や仕事のやりがい、そして社内風土を具体的に描き出しやすくなります。

一方で、経営者に焦点を当てたインタビュー動画を作成すると、企業や商品のブランディングに寄与します。

経営陣のビジョンや企業の方向性を語ることで、視聴者への企業理念や哲学の印象付けに効果的です。

さらに、顧客インタビューを取り入れることで、実際に商品やサービスを利用した人々の声に直接触れられるので、購買促進や企業・商品の認知拡大にも繋がります。

④採用活動

企業VPは採用活動でも有効なツールです。

就活生たちに企業VPを観てもらえば、企業の理念や目指す方向性、日常の業務風景や働くスタッフの声を、求職者に直感的に伝えられます。

このVPを制作する際は、実際に働く人々の声や、職場でのさまざまな瞬間を捉えた映像を用いることで、企業のリアルな魅力や環境を描き出せるので、求職者が企業の雰囲気を感じ、実際に企業で働くイメージを持ちやすくなる効果も期待できます。

また、企業VPはオウンドメディアやSNSなどのデジタルプラットフォームを利用して簡単に拡散できるため、さまざまなタイプの求職者にアプローチできるうえ、求職者自身が動画を共有することで、さらに広範囲の拡散が期待できます。

⑤広告

企業VPをダイナミックな動画広告として展開することで、商品やサービスの強力なプロモーションを行う手法が増えています。

この形式の広告は、WEBサイトやSNSなどのオンラインプラットフォームで配信されるケースが多く、ユーザーの閲覧履歴や検索キーワードを基にターゲット層に細かくにアプローチできるという利点があります。

現在、この動画広告市場は拡大傾向にあり、さらなる成長が見込まれている分野です。

この機会に企業VPの広告活用を考慮することで、ターゲットになる顧客層への訴求力を高め、さらに広範囲に企業メッセージを届けるチャンスが広がります。

⑥社内マニュアル策定

企業VPは、外部向けだけでなく、社内の情報共有という側面での利用も見逃せません。

従来はテキストベースのマニュアルを用いていた場面でも、企業VPを取り入れることで、情報を視覚的かつ直感的に伝達できるようになります。

企業VPでは、商品やサービスの仕様に関する詳細な情報をはじめ、特定のシステムの操作方法や各種機器の使い方について、実演しながらの説明ができます。

テキストだけでは表現しきれない細かいニュアンスや動作の様子を、視覚を通じて社員に伝えられるので、業務習得もスムーズです。

また企業VPを用いれば、いつでもどこでも疑問点が生じた際に、その場で確認ができるため、理解を深めるのにも役立ちます。

これによって、社内のコミュニケーションが更に活発化し、業務効率の向上が期待できます。

効果的な企業VPを作るためのポイント7選

続いては、効果的な企業VPを作るためのポイントを考えましょう。

やみくもに企業VPを制作しても、完成後に違和感を感じかねません。

今回は特に押さえたいポイントとして、以下の7点について詳しく解説します。

  1. 誰に向けて企業VPを作るのかを明確にする
  2. 企業VPを作る目的をハッキリさせる
  3. 制作する企業VPと相性の良い媒体を考える
  4. 適切なナレーションを挿入する
  5. 映像の世界観に合わせたBGMを加える
  6. シナリオを十分に練り上げる
  7. プロの手に任せる

①誰に向けて企業VPを作るのかを明確にする

企業VPを作成する際には、まず第一にそのビデオが誰を対象としているのかを明確にしておく必要があります。

対象とする視聴者の属性を具体的に理解することで、効果的なコンテンツの構築がしやすくなります。

例えば、新しい製品やサービスを既存の顧客に紹介することを目的としたVPでは、顧客の過去の購買履歴や好みを踏まえたパーソナライズされたアプローチが大切です。

一方で、新規顧客を対象としたVPでは、ブランドや製品の基本的な特徴を前面に押し出し、その魅力を効果的に伝える必要があります。

また、企業VPは内部のステークホルダー向けに制作される場合もあります。

この場合、企業のビジョンや価値を強調し、社内の結束強化が主な目的となります。

②企業VPを作る目的をハッキリさせる

企業VPは特定の目的を達成する強力なツールとして作成されるツールです。

当然、制作段階において企業VPを作る目的を明確にしておかなければなりません。

ブランディング強化や人材採用促進など、目的がハッキリと固まった上で企業VPの構築を始めれば、どのような情報を伝えるべきか、どのような視覚的要素を取り入れるべきかが、自然と見えてきます

目的設定の段階で、将来的な展望やビジョン、企業文化など、紹介したい企業や要素のリストアップも有用です。

これにより、どの情報を前面に出すべきか、どのようなストーリーテラーを用いるべきかを洗い第安くなります。

さらに、目的が明確であれば、VPの流れや構成を計画的に作り上げられます。

企業VPは視覚的な要素が強いメディアであるため、情報の整理と視覚的な表現力が不可欠です。

このような前準備を整えておくことで、企業VPは企業の魅力を最大限に引き出し、効果的に視聴者に伝えられる有力なツールとなります。

③制作する企業VPと相性の良い媒体を考える

企業VPの作成にあたっては、視聴者となるターゲット層を絞り込む必要があります。

年齢や性別という基本的なデモグラフィックな情報を超えて、仕事内容やライフスタイル、価値観などの深層の要素にまで目を向けてターゲットを絞り込むことで、より効果的な企業VP政策に効果的です。

例えば、若い世代へ向けたVPであれば、現代的な視覚効果や流行を取り入れた演出が求められやすく、ビジネスパーソンをターゲットにする場合は、プロフェッショナルなトーンと質の高い内容が歓迎されやすいです。

さらに、視聴者の趣味や関心事に注目して、共感を呼ぶストーリー構築も欠かせません。

このように、ターゲット層の深い理解は企業VPの成功に不可欠であり、制作プロセス全体を導く指針となりえます。

ターゲット層のニーズと期待を念入りにリサーチし、それに基づいて企業VPの内容や視覚表現を設計することで、メッセージが心に響く企業VP作りやすくなります。

④適切なナレーションを挿入する

企業VPにおいて、視覚的な情報だけでなく音声による情報提供も重要な要素となります。

一例として挙げられるのが、ナレーションの活用です。

ナレーションは、視聴者に向けて直接メッセージを伝える役割を担い、映像の内容を詳しく説明する手助けになります。

ナレーションには、その動画のコンセプトや雰囲気を高める効果があり、視聴者が動画の内容を深く理解できるようにガイドする役割にもなります。

例えば、ある場面での声のトーンを変えたり、強弱をつけたりすることで、メッセージの重要性を強調し、視聴者の感情に訴えかけやすいです。

また、専門的な用語や抽象的な概念を平易な言葉で説明することにより、視聴者が情報をより簡単に消化できるようになります。

一方で、心地よい声や良い話し方を心掛けることで、視聴者がVPに引き込まれる可能性が高まります。

こうした細かい配慮を忘れないことで、企業VPは視聴者にとって単なる動画以上の価値を持つコンテンツとなり、メッセージの伝達力向上に効果的です。

⑤映像の世界観に合わせたBGMを加える

企業VPにおいて、BGMの選定は視覚的な情報だけでなく聴覚的な情報を用いてユーザーにメッセージを送る上でも重要です。

企業の世界観を表現する上で、適切なBGMはときに言葉以上の力を持つ、欠かせない要素といえます。

たとえば、静かで落ち着いたBGMを使用することで、企業の安定感や信頼性を表現できます。

逆に、アップテンポな音楽を選べば、企業の前向きな姿勢や革新性をアピールしやすいです。

BGMの選定では、視聴者が感じる心地よさや動画の流れにも注意を払いましょう。

⑥シナリオを十分に練り上げる

企業VPを作成する際には、その内容がユーザーにしっかりと伝わるよう心掛けなければなりません。

独りよがりの企業PVになってしまうと、情報伝達どころか悪いイメージを植え付けてしまう恐れがります。

こうした事態を避けるためにも、シナリオ作りと構成立てが重要です。

どのようなメッセージを伝えたいのか、どのようなストーリーで視聴者の心をつかむのかを事前に練り込むことで、内容が伝わりやすくなります。

例えば、企業の採用を目的としたVPであれば、最初に会社の良い点や社風をアピールする映像を挿入し、その後に実際に働く社員のインタビューを配置するなど、情報の流れを計画的に構築しましょう。

また、最後には企業のビジョンや目指すべき方向性を強調することで、視聴者に強い印象を植え付けやすいです。

具体的なシーンの設定や質問の順番なども事前にリハーサルをおこない、最適な形に仕上げてください。

➆プロの手に任せる

クオリティを確保するために、企業VP政策をプロの手に委ねるのもおすすめです。

企業VPはブランディング強化や広報活動の一環として協力なツールとなり得ます。

ビジネスの顔ともいえる重要な要素であり、企業やその商品・サービスの魅力を広く伝える貴重な手段だからです。

しかし、内容や映像の質が不十分だと、企業イメージが損なわれる危険もあります。

特に、映像制作に関する専門知識や技術が不足している企業では、内部リソースだけで企業VPを制作するのは困難といわざるを得ません。

そのような場合には、専門の制作会社への依頼を強くおすすめします。

制作会社には経験豊富なプロフェッショナルが在籍しており、企業のビジョンを正確に表現した高品質なVPを制作できるため、ぜひ検討してください。

また、プロに依頼することで企業側のリソースを節約できるという利点もあります。

専門家に任せることで、社内の人員や時間を他の重要な業務に集中させられます。

企業VP政策を外注する上での注意点

企業VPを動画制作会社に外注する場合、まず動画の使用目的や配信媒体を明確に決めておきましょう。

たとえば、「販促用の企業VP」なのか、「営業資料の動画」なのか、「新入社員向け社内マニュアル」なのか、目的・用途をはっきりと伝えてください。

目的がはっきりすることで、企業VPの相場も異なるため、適切な予算を組むためにも必要です。

また、目的と媒体が決まると、予算、納期、動画の長さ、ターゲット層、参考事例などを検討しやすくなります。

さらに、動画制作会社から提案書や見積書をもらう際には、内容をしっかりとチェックしましょう。

金額だけでなく、ナレーションや映像のクオリティにも注意を払う意識が重要です。

企業VPではナレーションが重要な要素となることが多いため、予算内で適切なバランスを見つけてください。

企業VPの制作にイチオシなのはむびる!

むびる

上では、企業VP政策をプロに任せる有用性について解説しました。

そうはいっても、動画制作会社は星の数ほどあるため、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

そんな時にイチオシなのが「むびる」です!

むびるは、熟練した動画クリエイターたちが揃うクリエイターマッチングサービスです。

このサイトでは多岐にわたる分野のエキスパートが所属しており、企業VPの制作に関連した専門家もが多数在籍しています。

専任のコンシェルジュがプロジェクトの始めから終わりまでをサポートし、企業のニーズや期待を完全に理解した上で、最適なクリエイターを推薦してくれるので、企業VPの外注が初めての場合でも安心です。

利用方法も非常に簡単で、公式ウェブサイトの問い合わせフォームから制作に関する要望を送信するだけで、企業のビジョンやブランディングに合致した企業VP制作が実現します。

「効果・費用・品質」この三つの要素を兼ね備えた「むびる」で、ハイクオリティな企業VPを作り上げてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

まとめ~企業VPはさまざまな分野で応用できる強力なアイテム~

この記事では企業VPについて、基本的な情報や企業PVとの違い、企業VPを制作する上でのポイントなどを解説しました・

企業VPとは、企業が特定の目的を達成するために発信する動画のことです。

企業紹介や広告など、幅広いシーンで活用されており、動画ならではの情報量やSNSでの拡散効果など、多くのメリットがあります。

自社で企業VPを制作する際には、まず目的やターゲットを明確にし、目的に合ったシナリオづくりや編集に力を入れましょう。

例えば、企業のブランディングを強化したい場合は、企業のビジョンや価値観を伝える要素を盛り込むのがおすすめです。

また、新規顧客の獲得を目指す場合は、製品やサービスの魅力を伝えるストーリーを構築するのも良い選択です。

ただし、自社で動画制作の経験が無い場合は、プロへの依頼をおすすめします。

なかでも記事中で紹介した「むびる」は、価格やクオリティ、使いやすさなど、どれをとってもイチオシです。

企業VPを外注する場合は、ぜひむびるを活用してください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
30,000円(税別)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
企業PR動画/サービス・商品紹介動画/社内イベント動画/CM/セミナー動画/Youtube動画/など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談