動画編集の基礎知識

動画編集に向いている人の特徴って?向いていない人の特徴も解説

動画編集に向いている人の特徴って?向いていない人の特徴も解説-アイキャッチ

動画市場が拡大し動画コンテンツが人気となっている最近では、動画編集に興味を持つ方も多いですよね。

しかし実際動画編集の仕事内容や、自分に向いているのかはイメージしにくいという方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、動画編集に向いている人の特徴と向いていない人の特徴について、詳しく解説します。

記事の後半では動画編集の仕事内容も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集に向いている人の特徴

ポイントを指す女性

動画編集に興味があるけど、自分に向いているのか分からず不安に感じる方もいますよね。

そこでこのトピックでは、動画編集に向いている人の特徴について、以下を紹介します。

動画編集に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

  1. 地道な作業が苦でない人
  2. スケジュール管理が得意な人
  3. 動画自体が好きな人
  4. デザインや芸術などが好きな人
  5. コミュニケーションが得意な人
  6. 自主的に行動できる人
  7. 将来的に独立できる仕事が良い人
  8. 継続して努力ができる人

①地道な作業が苦でない人

動画編集はパソコン仕事であり、長時間パソコンに向かって作業する必要があります。

まだ慣れない時だと数分の動画を編集するだけでも、10時間以上かかることも多いです。

動画編集は想像以上に地道な作業の連続なので、ひたすらパソコンに向かって作業することが苦手ではない人には向いているでしょう。

また動画編集は基本的に在宅やリモートで行う仕事なので、1人で黙々と作業に取り組む必要があります。

普段の仕事においては人と話しながら作業することはないので、1人で行う仕事でも問題なくこなせる必要があります。

動画編集は慣れ始めても、数分の短い動画に十数時間かかることはたくさんあるので、覚えておきましょう。

動画編集の仕事は地道な作業ですが、ずっと集中しないと編集のクオリティが低くなってしまうこともあります。

単調な作業でも長時間集中して取り組める方は、動画編集に向いていますよ。

②スケジュール管理が得意な人

動画編集の仕事には納期があります。

納期を守れれば決まった仕事時間はありませんが、納期までに納品できるようにスケジュール管理を行うことが必要です。

動画編集は自分の好きな時間に仕事ができる分、どうしても時間配分が上手くいかずに納期ぎりぎりになってしまう方も多いです。

納期に間に合えば大きな問題はありませんが、基本的には納期に余裕を持って納品する必要があります。

そのためスケジュール管理が得意な人が、動画編集の仕事に向いているでしょう。

動画編集の仕事は勤務時間ではなく、常に納期に追われて作業をするため、納期から逆算してスケジュールを立てることが大切です。

また動画編集の仕事をしている方には、同時に他の案件獲得に動いている人や副業で始める方も多いでしょう。

並行して複数のタスクをこなすことが多い動画編集の仕事は、スケジュール管理ができないと納期遅れなどのトラブルに繋がる可能性があります。

動画編集の仕事に対して割ける時間と割くべき時間を計算し、順調に進められる方にはおすすめですね。

③動画自体が好きな人

動画自体が好きな人にも動画編集は向いています。

動画編集の仕事は想像よりも厳しい面がありますが、動画自体を好きであれば続けられるでしょう。

特に始めたての頃は挫折してしまう方も多いですが、動画編集の仕事は継続することでスキルアップや収入アップに繋がります。

地道な作業やつらい仕事内容でも、諦めずに継続するには動画自体が好きであることが大切ですね。

また動画が好きな人であれば、普段から動画を見る機会は多いでしょう。

そのため無意識のうちに動画編集に関するセンスやアイデアが磨かれていることが多く、普段の生活も仕事に活かしやすいです。

動画編集の仕事は、ひたすら案件の動画を編集するだけでなく、自らあらゆる動画を見て勉強することもあります。

動画を見ることが好きだと、より多くの動画からスキルを吸収できるので、動画編集の仕事がぴったりですよ。

④デザインや芸術などが好きな人

動画編集の仕事には、デザインや芸術などクリエイティブなことが好きな人にも向いています。

動画編集では、自分の思い描く編集をそのまま動画作品として残すことができます。

そのため、自分で何かを作りたい方や自分ならではの表現を出したい方には、おすすめの仕事です。

また動画編集の仕事には、他の動画と差をつけるアイデアやセンスも必要です。

元々デザインや芸術が好きな方は感性が豊かな場合が多く、自分のセンスをそのまま動画にいかせます。

他の動画と違う編集ができることで差別化を図り、動画編集者としての価値も上げられるでしょう。

動画編集にはスキルや知識だけでなく、普段からセンスを磨くことも必要です。

芸術やデザインが好きな方であれば、仕事以外でセンスを磨くための取り組みも苦にはならないでしょう。

日常的にクリエイティブなことに触れている方は、常に新しいセンスを動画編集に活かせるので、よりスキルアップもしやすいですよ。

⑤コミュニケーションが得意な人

動画編集の仕事では、クライアントと綿密なコミュニケーションを取る必要があります。

またクライアントは案件によって異なるので、あらゆる人とのコミュニケーションが重要です。

そのためコミュニケーションが得意な人や、好きな人には動画編集が向いているでしょう。

動画編集の仕事では、クライアントから正確なニーズをくみ取り、期待されている作品を作り上げることが必要です。

コミュニケーションが上手くいかないと、クライアントが何を欲しているのか分からず、動画に対するイメージに齟齬も生まれてしまいます。

お互いのイメージのすりあわせができていないと、何回も修正が必要になることやスムーズに進まない事があるので避けたいですね。

動画編集の仕事には編集だけでなく、クライアントからニーズを引き出すことも大切なのでコミュニケーションは必須です。

特に良い動画を作りたいのであれば、積極的にコミュニケーションをとる必要があるので覚えておきましょう。

⑥自主的に行動できる人

動画編集では、自主的に行動できる力が必要です。

働き方にもよりますが副業やフリーランスとして動画編集を始める場合、案件獲得に対して動く必要があります。

動画編集の案件獲得方法にはあらゆる種類がありますが、中には自分から積極的に動かないと獲得できない案件も多いです。

特に高単価な案件ほど自分から動く必要があるので、動画編集者として成長したいのであれば自主性は必須です。

また案件を獲得した後の対応について、クライアントの希望通りにしか動けない場合継続に繋がらない可能性が高いでしょう。

クライアントの期待以上の動画編集を行うためには、自ら新しい提案をすること、より良い作品にするためのアクションが必要なります。

そのため動画編集には、案件獲得から納品まで一貫して自主性や積極的な行動が必要だと覚えておきましょう。

⑦将来的に独立できる仕事が良い人

動画編集が向いている人として、将来的に独立したいと考えている人があります。

動画編集は、会社に所属して働くことも可能ですが、実際フリーランスとして活躍している方も多いです。

他の仕事に比べて動画編集は独立して稼ぎやすい仕事なので、いつか独立して仕事をしたい方にはぴったりです。

動画市場は拡大していることから動画編集の案件は多く、独立したてでも取り組める案件は多いでしょう。

早い人では動画編集を始めてから1ヶ月で5万円を稼ぐようになった方もいます。

本業と並行して独立できる仕事を探している方や、副業などから始めたい方は動画編集を始めてみましょう。

ちなみに動画編集は、未経験や初心者からでも独立しやすいので、興味がある方は積極的にチャレンジすることがおすすめです。

⑧継続して努力ができる人

動画編集は継続して努力ができる人に向いています。

動画編集では一度身につけたスキルや知識だけでずっと仕事ができるわけではありません。

動画コンテンツは非常に多いですが、時々によって流行りの編集は異なります。

そのため常に流行りや人気が出る動画編集方法を把握する必要があるので、継続して学習することが大切です。

また動画編集で稼ぐためには、実績やスキルを磨き続けることが大切なので、継続した努力も必要です。

特に初めの方は稼ぎが少ないことや動画編集に時間がかかるなどで、挫折する方はたくさんいます。

その中で継続できる方が動画編集者として、最終的に稼ぐこともできるでしょう。

動画編集は地道で一気に成果が出にくい仕事なので、継続して勉強し続けられる人にはぴったりですよ。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集に向いていない人の特徴

疑問に思う女性

動画編集をこれから始めたい方には、動画編集に向いていない人の特徴も知っておくことがおすすめです。

自分に動画編集の仕事が向いているのか、向いていないのか参考程度に確認してみましょう。

このトピックで紹介する動画編集に向いていない人の特徴は、主に以下の通りです。

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 動画があまり好きではない人
  3. 勉強やスキルアップが苦手な人
  4. 指示通りの仕事が良い人

①コミュニケーションが苦手な人

動画編集はコミュニケーションが苦手な人には向いていないと言えます。

クライアントと積極的にコミュニケーションを取る必要があると説明しましたが、他にも動画編集では人と関わる機会は多いです。

特に動画編集のスキルや実績を積み、動画制作全般に関わるようになれば、企画や構成、撮影の段階も任されるようになります。

多くの人と上手く意思疎通ができないと、思い通りの動画編集はできないでしょう。

またクライアントからの信頼を得て次の案件に繋げるにも、自らの積極的なコミュニケーションが必要です。

基本的に自分から連絡を取りに行く必要があるので、コミュニケーションが苦手だと信頼を得られない可能性が高いでしょう。

動画編集には働き方が様々ですが、フリーランスでも会社勤務でも同じです。

動画編集の会社などでチームとして取り組む際、周りと同じイメージを共有するためにはコミュニケーションは欠かせません。

あらゆる場面でコミュニケーション能力は必要なので、苦手な方は気を付けましょう。

②動画があまり好きではない人

動画編集は思った以上につらいと感じることも多い仕事です。

そのため、そもそも動画があまり好きではない人だと、挫折してしまいがちです。

動画編集の仕事には継続が重要なので、動画自体が好きではない人だとつらく感じてしまうでしょう。

また動画編集では実際に作業している時間以外にも、動画をよく見るなど動画に関わる生活をします。

動画が好きな人であれば、あらゆる動画を見て動画編集の表現方法を学べますが、そうでないと時間も費やせないですよね。

動画編集の仕事は基本的に常に動画に囲まれることが多いので、動画自体があまり好きではない人には向いていないと言えるでしょう。

③勉強やスキルアップが苦手な人

動画編集の仕事は、すねにスキルアップすることが必要です。

そのため勉強が苦手な方や向上心がない方は、あまり向いていないです。

特に動画編集でフリーランスや副業として働く場合、スキルアップをすることで案件獲得や高単価の案件に繋がります。

反対にスキルアップできないと、低単価の案件にしか取り組めないことや案件がなかなか獲得できないと言った問題にも繋がるでしょう。

動画編集の仕事は、流行りを把握するなど常に勉強する必要があるので、向上心が大切です。

また地道な作業をしつつ勉強も並行するため、地道な作業が苦手な人もあまり向いていないでしょう。

動画編集として大きく稼ぎたい、安定したいのであれば、動画編集のスキルや営業のノウハウなどの勉強に常に取り組む必要がありますよ。

④指示通りの仕事が良い人

基本的に指示通りの仕事しかしたくない人やできない人にも動画編集は向いていないでしょう。

動画編集の仕事では、より良い完成度を目指すために自分から提案することも必要です。

また指示通りしか動けない場合、クライアントの期待以上の動画編集ができず、継続した案件に繋がりにくいでしょう。

動画編集者として働く場合、クライアントが何を求めているのか、どうすればイメージ通りの動画になるのか考えることが必要です。

実際動画編集者で、クライアントの期待を超える仕事ができる方は多くありませんが、競争率が高まっている近年では、このスキルは必要ですよ。

動画編集者として他に差をつけて稼ぎたいのであれば、指示がなくてもクライアントの期待に応えられる仕事をしましょう。

動画編集に向いている人が活かせる仕事内容は?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

これまで動画編集に向いている人や向いていない人を紹介しましたが、実際仕事内容を知らないと、自分がどうなのか想像しにくいですよね。

動画編集の仕事内容は基本的に以下の通りです。

  • クライアントからもらった素材をもとにカットや加工をする
  • テロップや効果音、BGMを挿入する
  • 仮編集を確認してもらい状況に応じて修正する
  • 納期までに納品をする

上記の仕事内容において、最初はクライアントとコミュニケーションを取りながら、どのような動画にしたいのかイメージをすり合わせます。

共有したイメージをもとに上記の動画編集を行い、納期までに必ず納品するという流れです。

動画編集自体は基本的に1人で行う内容で、パソコンに長時間向き合う作業となります。

最初の打ち合わせや途中の進捗状況報告、仮編集の確認などにおいてクライアントとの綿密なコミュニケーションが必要です。

そのため1人で地道な作業を行う力と、積極的にコミュニケーションをとる力を両方持っている方は活かせますね。

動画編集の働き方って何があるの?

動画編集として働くのであれば、基本的に以下の種類があります。

  • フリーランス
  • 副業
  • 動画編集に携わる会社に勤務する

動画編集として働くのであれば、主に上記の方法がありますが、基本的に在宅やリモートで作業を行います。

会社に勤務している場合でも、打ち合わせなど以外では在宅の可能性が高いでしょう。

フリーランスや副業として働く場合は、時間や場所をきにせず自由に働けます。

動画編集の需要は高まっていることから、副業やフリーランスでも案件を獲得しやすいので、始める方も多いでしょう。

動画編集に興味を持っている方は、自分にはどんな働き方が合っているのかまず考える必要があります。

安定した収入を得ながら動画編集のスキルや知識を身につけたい方には、会社勤務がおすすめですよ。

動画編集は向いている人でないとなれないの?

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

動画編集に向いている人や向いていない人、仕事内容をみて、自分には向いていないと感じた方もいますよね。

動画編集に興味があるのに自分に向いていなそうだと、不安で始めにくいでしょう。

しかし動画編集は実際に始めてみないと、本当に自分に向いているのか向いていないのかは分かりません。

そのため、動画編集に向いていない人の特徴に当てはまった場合でも諦める必要はないですよ。

動画編集に向いている人や向いていない人は、あくまで特徴として参考にできる程度です。

向いていると思って働いたら向いていなかったことや、その逆もたくさんあるので、興味がある方はまずチャレンジしてみましょう。

動画編集は未経験や初心者でも始めやすい分野であり、独学でも可能です。

実際に勉強やスキルを身につけ動画編集を行っていくうちに、自分に合うのか合わないのか見極めるようにしましょう。

動画編集を始めるなら「むびる」に登録しよう!

むびる

動画編集を始めようと考えている方は、「むびる」に登録することがおすすめです。

「むびる」とは、動画編集の依頼をしたい方と全国の動画編集者をマッチングするサービスです。

副業やフリーランスとして登録している方も多いので、動画編集を始める方はぜひチェックしておきましょう。

むびるの案件には初心者が取り組めるものも多くあります。

そのため動画編集を始めたばかりの方や、実績が少ない方でも取り組める案件を見つけやすいですよ。

またむびるの案件には、プライベートからビジネスシーンなどジャンルも幅広いため、自分の得意分野の案件もあるでしょう。

動画編集を始めたけど案件が取れない方は、一度登録を検討してみてください。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集に向いている人に関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画編集に向いている人に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. 動画編集に向いている人のキャリアプランって何?
  2. 動画編集に向いている人が身につけるべきスキルって何?

①動画編集に向いている人のキャリアプランって何?

動画編集に向いている人であれば、実績を積んでスキルアップもしやすいでしょう。

そのため最終的には以下を目指して取り組むこともおすすめです。

  • ディレクションなどの立場にまわる
  • 動画制作全般のスキルを身につける

動画編集としてのスキルや実績を身につけ、高単価な案件や継続案件にも取り組めるようになったら、今度は動画編集以外のスキルにも目を向けましょう。

その1つはディレクションをするディレクターになるなどです。

ディレクターになることで、動画編集に関するお金の流れを把握できより収入アップも見込めます。

また制作側でいたいのであれば、動画制作全般のスキルを身につけると良いでしょう。

構成や企画、撮影まで網羅できれば、案件の単価は一気に上がるので、より効率良く稼げます。

また動画制作のスキルがあることで信頼も得やすく、動画編集の案件獲得にも繋がりますよ。

②動画編集に向いている人が身につけるべきスキルって何?

動画編集に向いていて始めたいと考えている方は、以下のスキルを身につけましょう。

  • 動画編集ソフトを使用するスキル
  • ポートフォリオを作れる動画編集のスキル
  • 案件獲得の営業スキル

動画編集を始めるには、動画編集ソフトを使用しますが、慣れていないと思うようにソフトを使いこなせません。

動画編集ソフトが使えないと、イメージ通りの編集ができないことや必要以上に時間がかかるので、まずはソフトの使い方を覚える必要があります。

また動画編集に関する基礎的なスキルを身につけ、ポートフォリオを作成しましょう。

動画編集に関するスキルが身についたら、案件を獲得するためにノウハウや営業方法をしることが必要です。

営業力によって獲得できる案件数は異なるので、忘れずに取り組みましょう。

ちなみに全てのスキルを効率良く習得したい方は、スクールに通うことがおすすめですよ。

動画編集に向いている人も向いていない人もチャレンジしてみよう!

今回紹介した動画編集に向いている人の特徴には主に以下があります。

  • 地道な作業や努力を継続できる人
  • 将来性を考え主体的に動ける人
  • 動画やクリエイティブなことが好きな人
  • コミュニケーションやスケジュール管理が得意な人

動画編集には向き不向きはありますが、実際始めてみないと分かりません。

動画編集に興味がある方は、向いているや向いていない関係なく挑戦することがおすすめです。

初心者や未経験、独学でも動画編集は始めやすいので、諦めずにぜひ始めましょう。

ちなみに以下の記事では動画編集に必要なものを紹介しています。

動画編集を始めるのであれば、まず必要なものを揃えることから入るので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。