動画編集の基礎知識

動画編集のフリーランスになるには?なり方や仕事をもらう方法も解説

動画編集のフリーランスになるには?なり方や仕事をもらう方法も解説-アイキャッチ

近年動画コンテンツの人気も高まり、動画市場は拡大しています。

そのため動画編集に興味を持つ方も増えていますね。

動画編集は未経験からでも始められる仕事ですが、実際フリーランスとして働くのであれば、何をすれば良いのか知っておきたいですね。

そこで今回は動画編集のフリーランスの仕事内容や年収、なり方や案件獲得方法まで詳しく紹介します。

記事の後半では、動画編集のフリーランスになるまでの流れやメリットとデメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集のフリーランスの仕事内容

パソコン

動画編集のフリーランスとして働く際、そもそもどのような仕事内容があるのか性格に把握していない方も多いのではないでしょうか。

動画編集のフリーランスの仕事内容は、一般的な動画編集の仕事と基本的に違いはありません。

フリーランスとして動画編集を仕事にする際の具体的な仕事内容は、主に以下の通りです。

  • 動画編集に使う素材を動画編集ソフトに取り込む
  • 動画編集の構成をもとにカットや並び替えを行う
  • テロップや効果音、BGMなどを挿入する
  • 仮編集した動画をクライアントに提出する
  • 修正がある場合修正を行い納品する

フリーランスとしての動画編集の仕事内容は主に上記の通りなので、基本的に一般的な動画編集を同じだと考えて問題ありません。

動画編集をフリーランスで行う場合基本的に在宅ワークなので、上記の仕事を自宅や好きな場所で、好きな時間に行えます。

フリーランスの動画編集の仕事は、納期までに確実に納品できるように気を付けましょう。

また持っているスキルや案件によっては、企画から動画制作に参加することもあります。

動画制作全般の実績やスキルが身につくと、案件に丸ごと参加できるので、単価も高くなりますよ。

動画編集のフリーランスとして働く年収

動画編集のフリーランスとして働く際、1本の単価相場は3,000円~10,000円程度です。

多くの案件は5,000円程度だと考えておきましょう。

そのため動画編集のフリーランスとして、働き始めたばかりだと年収で200万円前後の場合もあります。

しかし動画編集のフリーランスとして実績や経験、スキルを積めば年収で400万円以上稼ぐ方も多いです。

また実際動画編集の案件によって単価は大きく異なるので覚えておきましょう。

短い動画や簡単な動画だと3,000円程度、長い動画や難しい動画だと20,000円ほどの単価にもなるので、取り組める案件によって年収も変わります。

フリーランスとして働くほどスキルが身につき実績も増やせるので、継続している方は高単価の案件のみを選べるでしょう。

作業効率の方法も身につけることで、より多くの案件をこなせるようになるので、フリーランスの動画編集者として高年収も期待できます。

より年収を上げたい方はディレクションなど、動画編集以外の職も検討しましょう。

動画編集のフリーランスは初心者だと稼げない?

疑問に思う女性

動画編集のフリーランスは初心者だと稼げないと耳にすることも多いですよね。

実際動画編集のフリーランスとして始めたばかりだと、思うように稼げないことは多いです。

理由としては、動画編集の案件は実績や経験を積まないと高単価の案件に取り組めず、受注できる単価が低いことにあります。

特に初心者の場合スキルもあまりないことが多く、より低単価の案件しか選べないことが多いでしょう。

動画編集の案件は多く、中には未経験や初心者向きの案件もたくさんあります。

実際未経験から動画編集を始める方は多く、その分未経験向けの案件の需要が高まるため、低単価の案件は増えると考えられます。

初心者や実績がない動画編集のフリーランスでも取り組める案件はありますが、最初のうちは単価が低いので稼ぎにくいと覚えておきましょう。

また最近では初心者が増えていることから、低単価でも初心者向けの案件は競争率が高いことにも注意が必要です。

動画編集のフリーランスで稼ぐには実績とスキルが必要!

動画編集の案件は、基本的に実績やスキルに合わせて単価が上がります。

そのため動画編集のフリーランスで稼ぐには、実績やスキルを磨く必要があります。

動画編集のフリーランスは初心者や未経験のうちはなかなか稼ぎにくいですが、長期的に継続することで一気に稼げる仕事です。

最初に稼げないからといってすぐに諦めないようにしましょう。

最初は自分のスキルや経験で取り組める案件から始め、着実に経験を増やす事が重要です。

多くの案件をこなすことで、アピールできる実績を増やせるので、徐々に単価の高い案件にも挑戦できるようになりますよ。

また同時に新しいスキルも身につけられるので、少し難しい案件や専門性の高い案件も偉ぶるようになるでしょう。

特に経験を増やす中で自分の得意分野を把握できれば、専門分野として特化することも可能です。

実績を積めば自分の武器も増えるので、最終的に理想通りの年収にも近づくでしょう。

動画編集のフリーランスになる方法

おすすめ

フリーランスの動画編集の仕事内容は、基本的な動画編集の仕事と大きく変わりはないですが、実績やスキルによって、高収入も期待できます。

では動画編集のフリーランスになるには、実際何をすれば良いのか気になりますよね。

そこでこのトピックでは動画編集のフリーランスとして働く方法について、以下を紹介します。

  1. 独学で動画編集の勉強をする
  2. オンラインスクールやスクールに通う
  3. 動画編集に携わる会社で働く

①独学で動画編集の勉強をする

動画編集のフリーランスとして働くには、独学からでも可能です。

動画編集は独学や未経験からでも勉強しやすい分野なので、費用を抑えてフリーランスになりたい方は独学から始めてみましょう。

ちなみに独学で動画編集の勉強をするには、以下の方法があります。

  • YouTubeを見る
  • 本や教材を買う
  • サイトやブログを参考にする

独学で動画編集のスキルや知識を習得するには、特にYouTubeがおすすめです。

YouTubeであれば動画で見ながらスキルを学べるので、本などよりも分かりやすく効率的に習得できます。

本では動画編集に必要な知識やスキルを理解して、実践する際はYouTubeを参考にするなど、勉強内容によって使い分けると良いでしょう。

また独学であれば普段スクールに通う時間がない方でも、自分の空いている時間に合わせて勉強できます。

生活スタイルが不規則な方や、日中は仕事で忙しい方などは独学から始めると良いでしょう。

しかし独学だと動画編集のスキルを習得するまでに時間がかかることや、モチベーションが保てないなどのデメリットもあるので、注意が必要です。

②オンラインスクールやスクールに通う

動画編集のフリーランスとして働くには、オンラインスクールやスクールに通うことも1つの手です。

スクールとなると独学に比べて費用がかかりますが、独学よりも効率良く動画編集のスキルや知識を身につけられるメリットがあります。

また動画編集のプロに教えてもらえるため、性格で必要な動画編集のスキルを習得できるので、着実な成長ができますね。

独学だと誰にも聞けない質問や分からない部分についても、すぐに講師に聞けるため学習につまずくことがありません。

スムーズに動画編集の知識を体系的に習得できるので、より早く動画編集のフリーランスとして働けるでしょう。

またスクールでは、動画編集のスキルに加えて案件獲得のノウハウも学べます。

特にフリーランスとして働くには、動画編集の案件獲得が非常に重要なので、独学に自信がない方はスクールがおすすめです。

スクールによっては案件を紹介してくれることもあるので、初めての案件獲得もスムーズにできるでしょう。

③動画編集に携わる会社で働く

動画編集のフリーランスとして働くには、動画編集に携わる会社でまず働くことも方法の1つです。

動画編集の知識やスキルを習得できる会社に入社して、成長できるのは収入を得ながら勉強できるため非常に効率が良いです

そのためいずれ動画編集のフリーランスとして働きたいと考えている方は、動画編集に関わる会社に入ると良いでしょう。

また会社でスキルを習得できることは、より実践的な経験に繋がるためフリーランスとして働いても即戦力を期待できます。

また本業と別に動画編集の勉強ができない方は、動画編集の会社に転職も考えてみましょう。

実際動画編集に関わる会社に就職できれば、動画編集のスキルから案件獲得やその後の流れについても学べます。

安定した収入を得ながら効率良く動画編集のフリーランスになりたい方は、会社に勤めることがおすすめですよ。

動画編集のフリーランスにおすすめの案件獲得方法

ポイントを指す女性

動画編集の案件獲得方法にはいくつかありますが、中でもフリーランスで動画編集をしている方は以下の方法がおすすめです。

  1. クラウドソーシングで案件を探す
  2. SNS やブログから受注する
  3. 知人や友人から案件を獲得する
  4. エージェントやサイトに登録する

①クラウドソーシングで案件を探す

動画編集のフリーランスの方には、クラウドソーシングで案件を探すことがおすすめです。

クラウドソーシングとは、あらゆる企業がインターネット上で案件を依頼するサービスで、多くのフリーランスの方が登録しています。

クラウドソーシングには動画編集の案件も多く、特に初心者や未経験に向けた案件の取扱があります。

そのためフリーランスとして始めたばかりの方や実績やまだ少ない方は、クラウドソーシングで案件を探すと良いでしょう。

クラウドソーシングであれば、フリーランスとして自分の実績やスキルに合った案件を見つけやすいですよ。

しかしクラウドソーシングの案件には低単価が多いので、最初のうちに実績を積む手段として利用することがおすすめです。

クラウドソーシングで案件をこなし、徐々に高単価の案件獲得を目指しましょう。

②SNS やブログから受注する

動画編集のフリーランスとして案件を獲得するのであれば、自分のSNSやブログから案件を受注することもおすすめです。

フリーランスで働く場合、自分の動画編集の実績やスキルを効率良くアピールすることが難しいです。

自分のSNSに今まで作成した作品を載せて自分のスキルを公開することで、より多くの方に見てもらうことができます。

またSNSやブログは拡散性が強いので、上手くいけば一気にたくさんに人に知ってもらうこともできますよ。

SNSやブログは、他の案件獲得方法と並行して余裕がある時に更新することがおすすめです。

動画編集の案件獲得には積極的に自分のスキルを発信することが重要なので、ブログやSNSは有効的でしょう。

また事前に自分のスキルを明確に発信できるため、クライアントと必要なスキルにズレが生じにくいのも嬉しいポイントです。

ブログを始める際は、直接案件を依頼できるフォームをブログ内に設置することがおすすめですよ。

③知人や友人から案件を獲得する

動画編集のフリーランスとして、まだ実績が少ない場合は、友人や知人など人脈に頼ることも1つの手です。

特に最近では動画コンテンツの人気は高まっているので、意外と身近な人に動画編集で困っている方もいます。

周りにYouTubeやTikTokなどで動画投稿をしている方がいれば、動画編集の仕事がないか聞いてみると良いでしょう。

特にYouTubeにおける動画投稿の場合、長期的に継続する方が多いので、安定した案件獲得にも繋がります。

また動画編集に関する会社に携わっている友人がいれば、業務委託などの案件がないか聞いてみるのもおすすめです。

しかし友人や知人から案件を獲得することにおいて気を付けたいのが、適切な報酬を受け取ること、仕事としての責任感を持つことです。

友人などからの案件の場合、無償や安い料金で引き受ける方もいますが、そうなると責任感を持てない、継続して低報酬で頼まれるといったトラブルに繋がります。

友人からの案件でも、仕事として区別をつけて取り組むようにしましょう。

④エージェントやサイトに登録する

フリーランスとして動画編集の案件を獲得するには、フリーランスのエージェントやサイトに登録することもおすすめです。

特にエージェントであれば、キャリアアドバイザーなど担当者が案件を紹介してくれるため、初心者の方でも案件獲得できます。

またクライアントとの調整や話し合いも任せられるので、時間がない方や1人だと不安な方も安心ですね。

他の案件獲得方法や案件に取り組みながら次の案件を探したい方は、エージェントに申し込むと良いでしょう。

自分で案件を探したい方にはサイトがおすすめです。

サイトにはクラウドソーシングよりも高単価な案件も多く、一定のスキルや実績が求められます。

動画編集のフリーランスとして慣れてきた方は、次のステップとして動画編集のサイトに登録すると良いでしょう。

なかなか案件が取れない方は、エージェントに頼りつつサイトでも探すなど、同時に利用すると効率的ですね。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集のフリーランスになるまでの流れ

人差し指を立てる女性

動画編集のフリーランスになるには、スキルや実績、案件獲得方法まで身につける必要があります。

では最初にどのようにして、フリーランスとして仕事をもらえるようになるのか知りたいですよね。

動画編集のフリーランスになるまでの流れは主に以下の通りです。

  1. 動画編集に必要なものを揃える
  2. スキルを身につけ実際に動画編集を行う
  3. ポートフォリオを作成し案件獲得に動く

①動画編集に必要なものを揃える

動画編集のフリーランスとして働くには、まず動画編集に必要なものを揃えましょう。

動画編集に必要なものとしては、主に以下の2つがあります。

  • パソコン
  • 動画編集ソフト

動画編集を始めるのであれば、まずは上記の2つを揃えましょう。

パソコンも動画編集ソフトも選ぶ際は、自分にとって使いやすいかを重視しましょう。

自分にとって使いやすく、自分の目的に合っているものが大切です。

また動画編集ソフトには無料や有料がありますが、仕事として使うには有料ソフトを選びましょう。

最初に動画編集に慣れておきたい方は、無料ソフトを使用して実際に動画編集をしてみるのもおすすめです。

無料ソフトを利用していれば、自分に合うソフトや自分にとって必要な機能も分かりやすいので、使い慣れておくと良いでしょう。

またパソコンはある程度スペックが整っていないと、動画編集をスムーズに進められないので気を付けましょう。

②スキルを身につけ実際に動画編集を行う

動画編集に必要なものが揃ったら、動画編集のスキルを身につけましょう。

スキルのみに付け方は、紹介した通り独学やスクールに通うなどがあります。

ある程度動画編集のスキルが身についたら、実際に動画編集を行いましょう。

最初の動画編集は、良いなと思った動画を真似して編集することがおすすめです。

真似したい動画を見つけて同じように編集することで、スキルや実践的な編集方法も身につきます。

またセンスやアイデアも磨かれるので、自分のオリジナル動画編集にも役立てられるでしょう。

実際に動画編集をいくつか行い、自分にも取り組める案件があれば低単価でも積極的に取り組むことが重要です。

少しでも実績を積むことが動画編集のフリーランスに必要なので、最初は簡単な案件から実績を積み、スキルを磨きましょう。

特にクラウドソーシングには初心者や未経験者でも取り組める案件が多いので、ぜひチェックしてみてください。

③ポートフォリオを作成し案件獲得に動く

動画編集のスキルや実績を磨ければ、ポートフォリオを作成します。

ポートフォリオとは、自分のスキルや経験を明確にアピールするための資料であり、クライアントからの判断材料となります。

動画編集のフリーランスとして稼ぐには、企業等に営業することも必要ですが、その際にポートフォリオは必須です。

ポートフォリオはできるだけ充実させて、自分のスキルを全て伝えられるようにしましょう。

ポートフォリオの情報が少ない、質が良くない場合、営業が上手く行かない場合も多いです。

案件獲得に悩んでいる方は、自分のポートフォリオが足りていない可能性があるので一度見返す必要があります。

1人で作ることが不安な場合は、ポートフォリオを作成できるスクールに通うこともおすすめです。

動画編集のプロに教えてもらいながら、適切なポートフォオを作成できるので、クライアントにとっても魅力的にアピール出来ますよ。

フリーランスの動画編集のメリットとデメリット

指を指す

フリーランスの動画編集の仕事内容やなり方について詳しく紹介しましたが、事前にメリットやデメリットも知っておきましょう。

リアルなフリーランスの動画編集の仕事に関する特徴を知っておかないと、始めてから後悔することもあります。

後悔せず動画編集のフリーランスとして活躍できるように、このトピックでは動画編集のメリットとデメリットについて以下を紹介します。

メリット デメリット
  1. 時間や場所を選ばずに働ける
  2. 初心者でも始めやすい
  3. 自分で仕事を選べるので幅が広い
  1. 最初は思うように稼げない
  2. 初期費用がかかる
  3. 安定性がない

フリーランスの動画編集のメリット

フリーランスの動画編集のメリットは主に以下の通りです。

  1. 時間や場所を選ばずに働ける
  2. 初心者でも始めやすい
  3. 自分で仕事を選べるので幅が広い

ではそれぞれのメリットについて、詳しく解説します。

①時間や場所を選ばずに働ける

フリーランスの動画編集として働く大きなメリットは、働き方が自由な点です。

動画編集の仕事は基本的に在宅やリモートでできるため、時間や場所に制限がありません

そのため自分の働ける時間に働きたい場所で作業できることは、大きなメリットですね。

特に家事と仕事の両立に悩んでいる方や副業したい方には嬉しいポイントです。

動画編集は納期を守れば自由に働けますが、常に納期を意識して作業を進めることが必要です。

フリーランスとして働く場合、納期を確実に守ることが重要なので、納期から必要な時間を逆算して取り組むようにしましょう。

納期に間に合わない場合、作業時間を増やす必要があるのでスケジュールを管理することも大切ですね。

②初心者でも始めやすい

動画編集は初心者でも始めやすく稼ぎやすい分野です

動画市場の拡大に伴って動画編集の需要も高まり、動画編集に関するスキルや知識はネット上で簡単に見つけられます。

そのため動画編集に興味がある多くの方にとって、チャンスがあることも嬉しいメリットですね。

動画編集は実際初心者で始めてフリーランスとして稼いでいる方もいるので、気になる方は一度チェックしてみましょう。

また初心者が独学でも始められるので、本業と並行したい方や費用をかけたくない方でも安心です。

まずは独学から勉強を始めて、本格的に取り組みたい際はスクールも検討すると良いでしょう。

③自分で仕事を選べるので幅が広い

動画編集のフリーランスは自分で仕事を選べます。

そのため自分の好きな仕事や興味のある仕事だけを選別することもできるのは、嬉しいメリットですね。

選び方によっては幅広いスキルを身につけられるので、将来的に役立つスキル習得ができます。

動画編集で身につけたスキルはあらゆる場面で活用できるので、手に職をつけたい方にもおすすめです。

動画編集のフリーランスとして働くには多くのメリットがあるので、興味がある方はぜひチャレンジしてみましょう。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

フリーランスの動画編集のデメリット

フリーランスの動画編集のデメリットは主に以下の通りです。

  1. 最初は思うように稼げない
  2. 初期費用がかかる
  3. 安定性がない

ではそれぞれのデメリットについて、詳しく解説します。

①最初は思うように稼げない

動画編集のフリーランスの大きなデメリットは、思うように稼げないことや安定性がないなど、金銭面にあります。

特にフリーランスとして働き始めたばかりだと、低単価の案件にしか取り組めません。

また動画編集を始める方が増えることで動画編集の案件の需要が高まり、単価が下がっている傾向もあります。

そのため実績やスキルを磨かないと、なかなか稼げず常にお金の不安があることは覚えておきましょう。

特に動画編集を始める方は増えているので、競争率も非常に高いです。

最初は案件がそもそも取れないことも多いので、覚えておきましょう。

動画編集のフリーランスとして働くのであれば、案件獲得方法についてのノウハウなども身につける必要があります。

②初期費用がかかる

動画編集のフリーランスとして働く場合、パソコンやソフトなど用意するものがあるため、初期費用がかかります。

特に仕事として本格的に始める場合、必要になるパソコンやソフトは料金が高いことが多く、10万円から20万円程度必要になることもあるでしょう。

そのため金銭的に余裕がない方や、初期費用が多き負担になる方にはデメリットと言えます。

お金がない方はまずは無料ソフトを使って練習してみるなど、費用を抑える方法を知っておきましょう。

また動画編集のスキルや知識習得のためにスクールに通うとなると更に費用がかかるので、予算と照らし合わせて考える必要があります。

③安定性がない

動画編集に限りませんが、フリーランスは安定した収入を得るまでに時間がかかります。

多くの場合不安定な期間が続き途中で挫折してしまう方も多いので、安定性が低いことにも注意が必要です。

特に動画編集は低単価の案件も多く、動画編集者が増えていることから競争率も高まっています。

そのため他の動画編集者と差をつけなければ、フリーランスとして安定した収入を得るのが難しい可能性が高いです。

安定した収入を求めている方にとっては、動画編集のフリーランスはお金の不安がつきまといがちでしょう。

また初期費用の負担が大きい場合、稼げないことでより焦ってしまうなどのストレスもあります。

動画編集のフリーランスは初めのうちは安定性がありませんが、とにかく継続することが大切ですよ。

動画編集のフリーランスの方は「むびる」に登録することがおすすめ!

むびる

動画編集のフリーランスとして案件を獲得したい方には、「むびる」に登録することがおすすめです。

「むびる」とは、動画編集などの案件を依頼したい方と全国の動画編集者をマッチングしてくれるサービスです。

むびるには幅広い分野や難易度の案件があるので、フリーランスとしてキャリアを形成し始めた方にもぴったりの案件が見つかります。

最初は簡単な案件から始めて、徐々に難しい案件に取り組むことで、効率良く実績やスキルを磨けますね。

むびるには副業やフリーランスとして登録している方も多いので、安心して始められるでしょう。

気になる方は、一度ホームページをチェックしてみましょう。

動画編集のフリーランスに関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは動画編集のフリーランスに関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. 動画編集のフリーランスは未経験でもなれる?
  2. 動画編集のフリーランスで案件は安定して取れる?

①動画編集のフリーランスは未経験でもなれる?

動画編集のフリーランスには未経験でもなれます。

動画編集は未経験や初心者でも始めやすい分野なので、興味がある方は積極的にチャレンジすると良いでしょう。

特に動画編集は独学でも学べる環境が整っているので、費用をかけたくない方でも始められます。

実際に動画編集のフリーランスに未経験でなっている方は多いです。

動画編集のフリーランスが気になるけど、未経験だから不安という方は、一度実際に未経験からフリーランスとして働いている方を調べると良いでしょう。

ブログをやっている方だと、未経験から動画編集のフリーランスになった経緯や方法を詳細に載せている方もいます。

リアルな実体験を確認できるので、自信がない方は一度チェックしてみましょう。

実際に未経験で動画編集のフリーランスとして働いている方の生活を知ることで、新しい発見も多いですよ。

②動画編集のフリーランスで案件は安定して取れる?

動画編集のフリーランスでも、安定した案件が獲得できます。

フリーランスとして始めたばかりだと難しいですが、経験や実績、スキルを磨けば、継続した案件は取れるようになります。

また企業等とフリーランスとして契約し、安定した収入にも繋げられるでしょう。

案件を獲得して次に繋げるには、以下の点に気を付ける必要があります。

  • クライアントからの連絡にはすぐに返信する
  • 納期までには必ず納品する

動画編集のフリーランスとして安定した案件を獲得するには、クライアントからの信頼を得ることが大切です。

クライアントから信頼してもらい、次も案件を依頼してもらうには、とにかく連絡を積極的に行い、期待以上の作品を早めに納品しましょう。

仕事において納期や連絡を守れる人は、信用されやすいので、他のフリーランスと差をつけるためには心がけて取り組むことが必要です。

動画編集のフリーランスを始めよう!

動画編集のフリーランスとして仕事をもらうためには、とにかく実績やスキルを磨くことが必要です。

最初のうちは低単価の案件にしか取り組めず、思うように稼げにないこともあります。

しかし長期的に継続することで、徐々に高単価の案件に取り組めるようになるので諦めずに続けましょう。

スキルが上達できない、案件獲得が難しいという方は、スクールに通うことも1つの手ですよ。

ちなみに以下の記事では動画編集に必要なものを紹介しているので、フリーランスとして始めたい方はまずチェックしておきましょう。