動画編集の基礎知識

量産型の動画編集ができるアプリ!使い方や特徴を分かりやすく紹介

量産型の動画編集ができるアプリ!使い方や特徴を分かりやすく紹介-アイキャッチ

量産型の動画をSNSで見かける機会は多く、非常に可愛いので真似したい方も多いのではないでしょうか。

量産型の動画編集と言えば、キラキラやハート、ピンクフィルターを駆使した動画を思い浮かべますよね。

しかし実際真似してみると上手くいかない、使いたいフィルターが見つからないなどで困っている方もいると思います。

そこで今回は量産型の動画編集ができるアプリや、量産型の素材編集におすすめのアプリを紹介します。

それぞれの特徴やどんな量産型の編集ができるのか、詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

記事の後半では量産型の動画編集のやり方やアプリの選び方も紹介していますよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

量産型の動画編集や動画加工ができるアプリを紹介!

ポイントを指す女性

このトピックでは、動画コンテンツでよく見かける量産型のキラキラ加工ができる動画編集アプリや動画加工アプリについて、以下を紹介します。

量産型の動画編集がしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アプリ名 特徴
Capcut 量産型のエフェクトが充実している
VLLO 量産型の動画編集で見かけるステッカーが多い
PREQUEL キラキラのハートや羽のエフェクトがある
Picsart プロレベルの量産型動画編集ができる
わたあめカメラ 量産型のふわふわした雰囲気を作れる
Instagram 他のユーザーが作成したエフェクトを保存できる

①Capcut

対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

Capcutのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 量産型の動画編集で見かけるエフェクトの種類が多い
  • 初心者でも使いやすい操作性
  • フィルターや加工モード、エフェクトが充実している
  • 全ての機能を無料で利用できる

Capcutは、初心者でも使いやすい動画編集アプリなので、動画編集に慣れていない方でも、簡単に量産型の加工ができます。

Capcutには、非常に多くのエフェクトがありますが、その中でも量産型加工ができるものに「ラブ」という種類があります。

「ラブ」のエフェクトは全体的に量産型加工ができますが、中でも「キラキラのハート」というエフェクトは量産型加工で使われがちです。

またハートだけでも多くのエフェクトがあるので、自分の好きな量産型の動画編集ができますよ。

Capcutには動画編集としての基本的な機能も充実しているので、量産型に限らずあらゆる動画編集ができます。

初めて動画編集をする方でも、クオリティの高い動画を作れるので、量産型かつクオリティを重視したい方におすすめです。

さらに最近よく見かけるTikTokで人気のエフェクトも揃っているので、TikTokで動画を上げたい方にとって魅力的ですね。

エフェクト以外の機能として、美顔フィルターなどもあるため顔出しの量産型動画編集もできますよ。

動画に挿入できるBGMや効果音、文字やテキストも豊富なので、自分ならではの動画が作れることは嬉しい特徴です。

②VLLO

ブロ
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料・有料

VLLOのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 量産型の動画編集で使えるステッカーがある
  • 無料版でも十分な動画編集ができる
  • 初めて動画編集をする方にもおすすめ
  • ステッカーやフィルターなど素材が充実している

VLLOは、初心者でも手軽に使いやすい動画編集アプリです。

動画編集に必要な基本的な機能は全て揃っているので、誰でも簡単に量産型の動画編集ができます。

特に嬉しいポイントが、量産型の動画編集でよく見かける可愛い赤ちゃんのステッカーもが使えることです。

VLLOでは特にエフェクトやステッカー、字幕などの素材が充実していて、量産型の動画編集で使えるトレンディな素材もたくさんあります。

そのためエフェクトよりもステッカーを使いたい方には、VLLOがおすすめですね。

ちなみにステッカーでよくある使い方として顔を隠す方法があるので、自分の顔が写る動画で量産型の顔隠しステッカーを探している方にはぴったりでしょう。

またVLLOでは、著作権の心配がないBGMや効果音が充実しているため、自分好みの動画編集もしやすいです。

特に量産型の動画編集をYouTubeにアップしたい方におすすめのアプリとなっています。

量産型の動画編集に限らずあらゆる種類の動画編集が可能なので、また違った雰囲気の動画を作りたいときでも対応できますよ。

③PREQUEL

PREQUEL
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料・有料

PREQUELのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 量産型の加工エフェクトが充実している
  • キラキラのハートや羽などのフィルターが多い
  • クオリティの高い編集を無料で使える
  • 文字やステッカー、BGMも豊富

PREQUELは、写真や動画に加工を加えられる編集アプリです。

PREQUELでは、動画にもキラキラのハートを加工できるアプリで、量や大きさも調整できるので、理想通りの量産型の動画編集が可能です。

キラキラのハート以外にも妖精の羽など、量産型の動画編集にぴったりのエフェクトが充実しています。

フィルターやエフェクトは240種類以上あるので、あらゆる動画編集ができるのは嬉しいポイントです。

他にも100個以上のステッカーやフォントがあるため、どんな量産型の動画編集にも対応できるでしょう。

また、テンプレートも使えるので、初心者でも簡単に本格的な量産型の動画編集が可能です。

よく見かける量産型の動画編集に加えて、ビューティー機能などもあるので、顔出しをしつつ量産型の動画編集をしたい方にもおすすめです。

機能によっては無料で利用できる範囲に制限がかかりますが、基本的に無料で利用できる加工で問題なく量産型の動画編集ができます。

他にもサイズ変更といった加工機能もあるので、自分が編集した動画をアップしたいメディアに簡単に合わせられますよ。

④Picsart

ピクスアート
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料・有料

Picsartのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 機能が非常に豊富でキラキラ加工も充実している
  • ピンクフィルターやステッカーなど量産型動画編集にぴったり
  • プロレベルの動画編集ができる
  • アプリ内で量産型加工を検索できる

Picsartは、簡単に写真や動画を編集できるアプリで、初心者でも本格的な動画編集が可能です。

Picsartは機能が非常に充実しているので、量産型のキラキラ加工や可愛らしいフィルターもたくさんあるので、思い通りの動画編集ができます。

もちろんステッカーもたくさんあるので、量産型の動画編集には困らないアプリですね。

Picsartには、SNS機能や他のユーザーの作品加工を適用できる独自のツールがあります。

そのため他のユーザーが投稿した量産型動画編集で、良いと思うものがあれば自分の動画編集にもそのまま利用できます。

量産型の動画編集に慣れていない方でも簡単に量産型を実現できるのは、Picsartならではの特徴です。

またPicsartでは量産型向けのフレームもたくさんあり、アプリ内で「量産型 フレーム」と調べることができます。

量産型の動画編集がよく分からない方でも、調べて出てくる加工を使えば良いだけなので非常に便利です。

Picsartは初心者でも簡単にプロ並みの量産型動画編集ができるので、本格的に動画を作りたい方におすすめですよ。

⑤わたあめカメラ

わたあめカメラ
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

わたあめカメラのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • ぼかしの強さや色などを細かく調整できる
  • 量産型の動画編集の雰囲気に近づける
  • 無料で利用できるぼかしアプリとして万能
  • 自分好みのフィルターやカラーや濃さを見つけられる

わたあめカメラは、わたあめ風のふんわりとしてぼかし加工ができる動画編集アプリです。

ふわふわ度合いや色合いを細かく調整できるので、自分が想像する通りのオリジナルの量産型動画編集ができます。

初心者でも簡単にカラフルな加工ができるので、色合いや雰囲気で量産型の動画編集にしたい方におすすめです。

わたあめカメラでは、20種類のフィルターや122色の色から選んで加工できるので、特に色にこだわりたい方には嬉しい特徴ですね。

動画コンテンツでよく見かける量産型のふわふわした雰囲気の動画編集は、わたあめカメラで十分でしょう。

またフィルターとカラーの組み合わせが非常に充実しているので、他の量産型とは少し変えて自分なりの動画編集をしたい方にもおすすめです。

他にもシェイプ機能があるため、動画の中でも強調したい部分やフレームをつけることも可能です。

写真加工であれば文字入れもできるので、動画編集のための素材として文字入れの量産型写真も簡単に作れますよ。

⑥Instagram

Instagram
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

Instagramのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 他のユーザーが作成した量産型エフェクトを使える
  • 加工した動画をそのまま載せられる
  • Instagram上で最新のトレンドを把握できる
  • 気に入った量産型加工は保全可能

Instagramは多くの方がすでに使っているアプリですが、リールを使って簡単な動画編集ができます。

特に量産型の動画編集としておすすめなのが、他のユーザーが作成したエフェクトを保存できる点です

Instagramは世界的に人気のアプリなのでユーザーが非常に多いため、常に最新のエフェクトをチェックできます。

一度保存したエフェクトはそのまますぐに使えるので、気に入った量産型のエフェクトがあれば、非常に便利に使えますね。

よく使われている量産型のエフェクトとしては、キラキラやハートがありますが、Instagramのエフェクトには種類が非常に多いです。

Instagramのエフェクトは検索可能であり、あらゆるユーザーがおすすめのエフェクトをまとめていたりするので、自分好みの量産型エフェクトも見つけやすいでしょう。

最新のトレンドも同時に知れるので、流行りに乗った量産型加工ができることもポイントです。

Instagramのエフェクトを使って動画を撮り、そのままリールで動画編集して投稿できるのでスムーズに進めたい方にもおすすめです。

量産型の動画編集の素材におすすめの加工アプリ

おすすめ

これまで量産型の動画編集におすすめのアプリを紹介しましたが、そもそも動画編集の素材になる写真を可愛くしたいという場合も多いですよね。

そこでこのトピックでは、量産型の動画編集の素材におすすめの加工アプリについて、以下を紹介します。

動画編集アプリと一緒にぜひチェックしておきましょう。

アプリ名 特徴
キラキラ加工 Lite ハートやキラキラの素材が豊富
SNOW キラキラ素材が充実している
B612 動くキラキラ素材があり動画にもぴったり
LINEカメラ ピンクフィルターが充実している
BeautyPlus ナチュラルな量産型加工ができる
Pink U ピンクフィルターが多く操作が簡単

①キラキラ加工 Lite

キラキラ加工
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

キラキラ加工 Liteのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • あらゆるハートやキラキラの素材が充実している
  • スタンプの量や場所、ぼかしや色味も調整できる
  • スタンプの種類が豊富で自分好みにアレンジ可能

キラキラ加工 Liteは、写真をなぞるだけで、簡単にキラキラやハートのエフェクトをかけることができるアプリです。

ぼかし加工もあるので、量産型の写真を作りたい方にぴったりの写真アプリですね。

キラキラのスタンプは54種類あるため、写真に合わせて雰囲気を変えたキラキラを選べます。

大きさや色味、量や明るさなど細かい調整ができるので、理想とするキラキラの量産型加工写真を完成させられますよ。

ちなみにキラキラ加工 Liteには、以下の3種類のエディタがあり、自分の加工したい自由度によって変更可能です。

  1. 簡単エディタ
  2. 標準エディタ
  3. 高機能エディタ

キラキラ量産型編集に慣れていな方や初めてキラキラ加工をする方、特にこだわりがない方でも簡単に量産型加工を作れるのは嬉しいですね。

また細かいスタンプ設定を使いこなして、自分だけの量産型加工もできるので、自分の気分やスキルに合わせて変えてみましょう。

②SNOW

スノー
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

SNOWのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 特にキラキラ素材が揃っている
  • 簡単に素材全体をキラキラにできる
  • いくつかのキラキラ素材を組み合わせられる

SNOWは、特にキラキラした素材が充実している加工アプリです。

細かい調整はいらないから写真全体をとにかくキラキラさせたい方にも、簡単に量産型の加工ができるのでおすすめです。

キラキラ加工には写真全体にかけることはもちろん、部分的にキラキラをつけることも可能なので、写真によって雰囲気を変えられますね。

キラキラ加工に加えて全体的にピンク色にできるエフェクトも揃っているため、ピンクのキラキラ加工が好きな方にもぴったりでしょう。

加工の大きさや個数、組み合わせも自由に変えられるため、自分の理想通りの量産型加工もできますよ。

SNOWでは写真や投稿用など用途に合わせた撮影機能があり、毎日新しいスタンプが登場するため飽きずに使い続けられます。

簡単な操作で動画編集もできるので、量産型の素材集めに加えて動画編集をしたい方にも便利ですね。

季節限定のフィルターなども登場するため、季節によって量産型加工も変えたい方は常にトレンドの加工ができますよ。

③B612

b612
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

B612のおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • キラキラ加工の素材が充実している
  • 量産型の写真編集が初めての方でも簡単
  • 動くキラキラ素材もあり動画の素材にぴったり

B612とは、特にキラキラの素材が充実しているアプリです。

量産型ではピンクフィルターやハートの他にキラキラ加工は必須ですが、あらゆるキラキラ素材が揃っているB612ではお気に入りの加工も見つかります。

特に嬉しいポイントとして、動くキラキラの素材があるため、静止画でも動画のような印象を与えて動画編集に使えます。

静止画を動画編集の素材として使ったとき、なんとなく寂しいと感じる場合でもB612があれば、動きを加えられるので便利ですね。

またエフェクトによってフィルターがなくても、ピンク系の色味で完成させられるため簡単に量産型加工ができます。

さらにB612では初心者でも気軽にスタンプが作れるので、自分の求めている量産型スタンプがない場合でも、想像通りのスタンプを作れます。

よりオリジナル性の強い量産型加工をしたい場合は、ぜひB612で自分だけのスタンプを作ってみましょう。

エフェクトや楽曲を使って簡単に動画編集もできるので、そのまま量産型の動画編集を行うことも可能ですよ。

④LINEカメラ

LINEカメラ
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

LINEカメラのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • ピンクのフィルターが充実している
  • ふわふわ加工で量産型の雰囲気を出せる
  • 1000種類以上のスタンプや100種類以上のフレームが無料

LINEカメラは、特にピンクのフィルターを使った量産型加工がしたい方におすすめのアプリです。

ちなみにLINEカメラのピンクフィルターで特におすすめなのが、「プリンセス」や「スイート」、「ララ」のフィルターです。

実際に使ってみると分かりますが、ピンクフィルターに加えて少しキラキラした加工が入っているため、量産型の動画編集素材にぴったりでしょう。

また細かい調整もできるので、オリジナルの量産型加工もできますよ。

ピンクの色味は写真や自分の雰囲気に合わせて強くでき、ピンク系のフィルターはたくさんあるは嬉しいポイントです。

量産型加工がしたいけど、他とは被らずに自分ならではの画像を作りたい方にもおすすめですね。

もちろん動画撮影もできるので、動画編集の素材として量産型加工が入った動画をそのまま使えます。

毎週スタンプが追加されるので、自分お気に入りの量産型加工もたくさん見つけやすいでしょう。

⑤BeautyPlus

ビューティープラス
対応デバイス iPhone・Android
料金 無料

BeautyPlusのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • 自然な量産型加工ができる
  • ピンクフィルターやキラキラ加工が豊富
  • ぼかしを入れて量産型の雰囲気を作れる

BeautyPlusは、量産型の加工を少し抑えたナチュラルな加工をしたい方におすすめです。

そのため可愛くなりすぎないようにしたい、少し大人っぽい雰囲気にも寄らせたいという方は、ぜひBeautyPlusを使ってみましょう。

BeautyPlusには、キラキラの加工やピンクフィルターも充実しているので、量産型の加工は十分にできます。

ちなみにBeautyPlusで特に量産型加工に人気のフィルターは、「Lucid」です。

「Lucid」はピンク色のフィルターであり、ピンクの色味の強さは自分の好みに合わせて変えられます。

簡単に写真全体をピンク色の量産型にできるので、量産型の動画編集の素材を簡単に作りたい方でもスムーズに作れますよ。

フィルターは200種類以上あるので自分ならではのオリジナルの加工ができるのも嬉しいポイントです。

またぼかし加工もあるため、写真全体をぼかしてピンクフィルターやキラキラ加工を加えれば、ふんわりとした柔らかい量産型加工も簡単ですよ。

⑥Pink U

ピンクU
対応デバイス iPhone
料金 無料

Pink Uのおすすめポイントは主に以下の通りです。

  • キラキラ加工やピンクフィルターが豊富
  • 簡単に量産型加工ができる
  • 初心者でも使いやすい操作性で手軽に使える

Pink Uは、量産型の加工に人気のあるキラキラ加工やピンクフィルターを簡単に加えられるアプリです。

無料で使えるフィルターは48種類以上あり、その中でピンクフィルターは20種類以上あります。

キラキラやふんわり効果のあるステッカーも充実しているので、キラキラ加工やふんわり加工、ピンク加工が簡単にできますね。

フィルターの強度調整やステッカーの透明度も、自分の好みに合わせて調整できるのでオリジナルの量産型加工が可能です。

特に量産型の写真加工が初めてで慣れていない方は、Pink Uを使えば簡単にピンクやキラキラ加工ができるのでおすすめですね。

機能自体は他のアプリに比べて少ないですが、その分操作性がシンプルで簡単なので、細かいこだわりがない方は使いやすいでしょう。

スタンプにはハートのスタンプも多く、基本的な量産型加工はできますが、特にフィルターで様々な種類を使いたい方にぴったりですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

そもそも量産型の動画編集ってどんなもの?

考えこむ女性

これまで量産型の動画編集におすすめのアプリを紹介しましたが、量産型の動画編集の特徴についてもう一度知っておきたい方もいますよね。

量産型の動画編集とは、量産型のオタク界隈で流行っている加工であり、キラキラ加工やハートスタンプ、ピンクフィルターが定番の動画編集です。

量産型オタクとはInstagramやTikTokなどのSNSで見かけることも多いと思いますが、似ている髪型や服装をしているアイドルなどのファンを言います。

特にSNSに写真や動画を投稿する際に量産型の加工は必須なので、量産型の動画編集をしたい方は覚えておきましょう。

量産型の動画編集に慣れていない方は、まずTikTokやInstagramなどで「#量産型オタク」など調べてみることがおすすめです。

SNSにはたくさんの量産型の動画が投稿されているので、動画編集の完成イメージとして見ておくと作業がしやすいですよ。

その中から自分の気になる量産型の動画編集があれば、一度真似して動画編集をしてみると良いでしょう。

量産型の動画編集のやり方を解説!

女性

量産型の動画編集を初めてする方は、まず手順を知っておきましょう。

一般的な量産型の動画編集の手順は以下の通りです。

  1. 量産型の加工をする素材を選ぶ
  2. ステッカーやスタンプを選ぶ
  3. フィルターをかける
  4. 場合によって文字を入れる
  5. 明るさやシャドウ、彩度を調整する
  6. BGMを選ぶ

①量産型の加工をする素材を選ぶ

まずは量産型の動画編集をしたい写真や動画などの素材を選びましょう。

量産型の素材によって、顔隠しのスタンプが必要か、動画の雰囲気をどのようにするかが異なります。

顔が出ている素材を動画編集したい場合は、ステッカーやスタンプが豊富なアプリを選びましょう。

一方で顔が出ていなくて、全体の雰囲気を量産型にしたい場合は、フィルターが充実しているアプリがおすすめです。

特に顔を隠すステッカーやスタンプには、こだわりが強い量産型加工が多いので、素材選びの際に覚えておきましょう。

②ステッカーやスタンプを選ぶ

動画編集に使う素材が決まったら、まずはステッカーやスタンプを選びます。

顔隠しのステッカーや動画全体に使いたいステッカーを見つけましょう。

ちなみに量産型の加工でよく使われている顔隠しのステッカーには以下などがあります。

  • 赤ちゃん
  • ハート
  • ハートの中に猫

上記のステッカーの他にもぼかしで顔を隠す方法もあるので、自分が気に入ったものを使いましょう。

また動画全体に使うステッカーとしては、キラキラやハートが定番です。

基本的にどのアプリでもキラキラやハートの量や大きさ、場所は自由に調整できるので、全体のバランスをみて入れると良いでしょう。

ちなみに動画編集で動いている顔をずっとスタンプで隠す場合、スタンプを選んだ後に「固定する」や「ピン留めする」を選ぶと隠せます。

InstagramやTikTokでも動いている顔をスタンプで隠せるので、やり方が分からない方はアプリごとに事前に確認しておきましょう。

③フィルターをかける

ステッカーやスタンプが決まれば、フィルターを選びます。

量産型の動画編集でよく使われるフィルターはピンク系のものです。

動画全体にピンク系のフィルターをかけることで、量産型のふわふわとした雰囲気の動画を完成させられます。

また動画全体にキラキラやハートのフィルターを重ねてかけることで、可愛らしい量産型加工ができるのでおすすめですよ。

他にもぼかし加工などで動画全体の雰囲気を変えるのも良いでしょう。

ふわふわとした柔らかい雰囲気にしたい場合は、全体にぼかしを入れてピンク系のフィルターをかけると、簡単に量産型の動画にできます。

たくさんのフィルターを重ねすぎると、少しうるさい印象になってしまう可能性があるので、完成した動画を見ながら調整しましょう。

④場合によって文字を入れる

量産型の動画編集では、場合によって文字を入れることもありますね。

文字を入れる際も量産型ならではのフォントは多いので、事前に確認しておきましょう。

ちなみに量産型の動画編集の文字のフォントとしておすすめなのは、今回紹介した「CapCut」の「コミック」です。

コミックは多くの量産型の動画編集で使われているフォントなので、文字入れで悩んだらまずはコミックを選んでおくと安心ですよ。

フォントの色や透明度によっても動画の雰囲気は変わるので、動画全体のバランスを見ながら文字入れも考えましょう。

基本的に文字はピンクと白で入れられていることが多いので、慣れていない方は覚えておくとスムーズですよ。

⑤明るさやシャドウ、彩度を調整する

量産型の動画編集に必須のフィルターやステッカー選びが終われば、動画全体の明るさやシャドウ、彩度なども調整します。

量産型の動画編集では、全体的に白っぽい明るさの動画や薄めのシャドウが人気です。

動画全体の見やすさも大切なので、バランスを見ながら量産型と見やすさを考えて調整しましょう。

彩度を上げすぎることや明るさを暗くしすぎると、雰囲気が変わってしまうので、他の量産型の動画と見比べつつ編集することが必要です。

全体の色味などを調整し終われば量産型の動画編集は基本的に完成です。

⑥BGMを選ぶ

量産型の動画編集が終われば最後にBGMを選びます。

量産型にするには、BGMにもこだわりたいので覚えておきましょう。

量産型の動画編集におすすめのBGMとしては、以下の点を見ると良いでしょう。

  • とにかく曲の雰囲気が可愛い
  • つい踊りたくなるようなメロディー
  • 量産型に当てはまる可愛い歌詞

BGM選びに悩んだら他の量産型の動画を見て、よく使われている曲をチェックすることがおすすめです。

特に初めて量産型の動画編集をする方であれば、何を選べば良いか分からない方も多いので、ストックを増やしておくと安心ですよ。

量産型の動画編集アプリを選ぶポイント

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

量産型の動画編集ができるアプリはたくさんありますが、どれでも良いわけではありません。

特に動画編集に慣れていない方は以下のポイントを確認して、量産型の動画編集に使えるアプリを選びましょう。

  1. 自分にとって使いやすいか
  2. 使いたい素材が揃っているか
  3. 対応デバイスや料金設定

①自分にとって使いやすいか

動画編集アプリを選ぶ際に最も気を付けたい点は、自分にとっての使いやすさです。

使いやすさを見極める際は、まずそのアプリが初心者向きなのか経験者向きなのか、両方に対応しているのかを確認すると良いでしょう。

特に動画編集に慣れていない方は、初心者でも簡単に動画編集できるアプリがおすすめです。

まずは操作性やシンプルさを見て、実際に使ってみましょう。

初心者でも使いやすいアプリであれば、慣れていなくても問題なく量産型の動画編集ができます。

またアプリ自体に簡単モードなど初心者に向けたモードがあるもの、説明や自動編集ができるものもおすすめです。

量産型の動画編集強いこだわりがない方は、まずは編集の自由度が低くても初心者向けのアプリを選ぶと良いでしょう。

動画編集になれてきたタイミングで、編集の自由度が広いアプリに変えるなど徐々に慣れていくことがおすすめです。

②使いたい素材が揃っているか

量産型の動画編集をする場合は、自分が使いたい素材が揃っているか事前に確認しておきましょう。

特に量産型であれば、ステッカーやフィルター、フォントなどで使いたいものが明確に決まっている場合が多いです。

顔隠し用のステッカーやフィルター、ハートやキラキラ素材など、量産型の動画編集に欠かせない素材があるか、一度確認しましょう。

他にも文字のフォントやBGMも何があるか把握しておくと安心です。

自分が使いたい素材が1つのアプリに揃っていない場合は、他のアプリを複数使用することも可能なので、素材ごとにぴったりのアプリを見つけられると良いですね。

またどのような素材があるか、どのような動画編集ができる課を知りたい場合は、事前に口コミや評価を参考にしましょう。

利用者実績が多いアプリだと、量産型の動画編集を行っている方が使っている可能性も高いのでおすすめです。

特に初心者の方は実績が多いアプリを選べば、使い方など説明も多いので分かりやすいですよ。

③対応デバイスや料金設定

量産型アプリを選ぶ際は、まず自分のデバイスに対応しているか確認が必要です。

動画編集をする際、スマホやパソコンからできますが、iPhoneやAndroid、Macやウィンドウズなどデバイスは様々ですね。

中には特定のデバイスにしか対応していないアプリもあるので、自分が動画編集で使いたいデバイスから利用できるのか確認しておきましょう。

また同時に無料か有料化の確認も必要です。

無料の場合、どこまでが無料で利用できるのか、有料ではないと使えない機能は何かを詳細に把握しておきましょう。

量産型の動画編集は基本的に無料でできますが、中には有料ではないと使えないステッカーやフィルターもあります。

初めのうちは無料のアプリから初めて、どうしても必要なものがあれば有料に切り替えるなどがおすすめですよ。

特に動画編集に慣れていない方は無料のアプリから始めましょう。

量産型の動画編集におすすめのアプリを知っておこう!

量産型の動画編集に使えるアプリは非常に多いので、ぜひ自分に合ったアプリを見つけて使いましょう。

量産型の動画編集は人気も高いので、慣れていない方はまず他の量産型の動画を参考にすることがおすすめです。

ピンクフィルターやキラキラ加工、ハートステッカーなどを使って可愛い量産型動画を完成させましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談