結婚式の動画

結婚式のエンドロールムービーの相場はどれくらい?種類別の相場や節約方法

結婚式のエンドロールムービーの相場はどれくらい?種類別の相場や節約方法-アイキャッチ

結婚式のエンドロールムービーは定番となってきていますが、依頼するとなると相場はどれくらいなのか知らない方もいますよね。

エンドロールムービーには、事前準備と撮って出しの2種類があり、それぞれで費用相場も大きく異なります。

撮って出しとは、結婚式当日の様子を撮影し当日中に編集してエンドロールで流す方法であり、人気が高い分事前準備に比べて費用相場も高いです。

事前準備にするか撮って出しにするか、費用相場の面から悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、種類別や依頼先別の結婚式のエンドロールムービーの相場について詳しく紹介します。

記事の後半では、費用を少しでも抑える方法について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

むびる広告ボタン(LINE)

むびる-フォームで相談するボタン

エンドロールムービーの相場ってどれくらい?

動画制作・編集におすすめのアプリ!アプリの選び方も解説-アイキャッチ

結婚式のエンドロールムービーには主に以下の2種類があり、種類によって相場も異なります。

  1. 事前準備
  2. 撮って出し

一般的に事前準備のエンドロールムービーの相場は5万円から10万円とされています。

一方で撮って出しのエンドロールムービーの相場は20万円程度です。

そのためどちらの種類を選ぶかによって、必要になる費用は2倍ほど変わるため注意が必要です。

エンドロールムービーの種類が決まっていない方は、とりあえず20万円を目安に考えておくと良いでしょう。

またできるだけ費用を抑えたい方は、事前準備のエンドロールムービーがおすすめですね。

エンドロールムービーの種類を決めるには、それぞれどのようなムービーなのか詳細を知っておく必要があります。

後ほどそれぞれのエンドロールムービーの特徴やメリットとデメリットを紹介するので、一度チェックしてみてください。

エンドロールムービーの依頼先別の相場を解説!

ポイントを指す女性

エンドロールムービーは種類によって相場が変わると紹介しましたが、依頼先によっても相場は異なります。

エンドロールムービーの依頼先には主に以下の2つがあります。

ではそれぞれの相場を紹介するので、事前に確認しておきましょう。

  1. 結婚式場提携業者に依頼する
  2. 外部の動画制作会社などに依頼する

①結婚式場提携業者に依頼する

結婚式のエンドロールムービーを依頼する先として、まず結婚式場の提携業者があります。

基本的に結婚式場には、提携している映像制作会社がいます。

結婚式場で打ち合わせをしている際にエンドロールムービーを作ってもらう場合は、式場側からプランの提案などがあるでしょう。

一般的にエンドロールムービーを結婚式場の提携業者に依頼する場合、相場は最も高くなりがちで、撮って出しは20万円前後、事前準備は5万円から10万円程度です。

結婚式場の提携業者に依頼すると相場が高くなる理由として、結婚式場が提携業者に費用を支払う際に手数料が発生することがあります。

実際のエンドロールムービーに上乗せさせられる手数料は、50%程度が多く外注よりも2倍程度の費用になることも多いです。

しかし自分たちでエンドロールムービーの制作を依頼する業者を調べる手間が減り、クオリティ面でも安心して任せられるというメリットもあります。

結婚式場の提携業者なので、最良の撮影位置や構成も把握できているのは嬉しいポイントですね。

費用は高くてもクオリティを重視したい方、業者を探す時間がない方にはおすすめです。

②外部の動画制作会社などに依頼する

結婚式のエンドロールムービーの依頼先には、外部の動画制作会社などの業者もあります。

外部業者に依頼する場合の相場は、撮って出しが10万円前後、事前準備が5万円程度だと考えておきましょう。

外部の業者であれば、結婚式場の提携業者よりも費用相場が安いため、費用を抑えてエンドロールムービーを作成できます。

基本的には結婚式場の提携業者と同じクオリティのエンドロールムービーを依頼できるので、費用を抑えつつクオリティも保ちたい方におすすめです。

また外部業者であれば、価格帯も幅広く自分たちのイメージに近いムービーも可能なので、こだわりがある方でも嬉しいですね。

しかし外部業者に依頼するのであれば、自分たちで業者を探す手間がかかるので時間に余裕があるか確認しましょう。

また結婚式場によっては持ち込み料がかかる場合があるので、エンドロールムービーの持ち込み料の有無と詳細な費用も把握する必要があります。

そのため時間に余裕があり結婚式場に持ち込み料がかからない場合は、外部の業者への依頼がお得でおすすめですね。

エンドロールムービーの費用を相場よりも節約する方法!

指を指す

エンドロールムービーにかかる費用相場は5万円~20万円程度ですが、結婚式には他にも費用がかかる場面が多いです。

そのためできるだけ節約して費用を抑えたいと考える方も多いですよね。

そこでこのトピックでは、結婚式のエンドロールムービーの費用を抑える方法について、以下を紹介します。

結婚式の費用に関して悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 自分たちで作る
  2. 外部の依頼先を見極める
  3. 割引やクーポンを確認する
  4. 撮影する場面を限定する

①自分たちで作る

エンドロールムービーを最も安く抑えるには、自分たちで作ることがおすすめです。

結婚式のエンドロールムービーは意外と自分たちで作っている方も多いので、費用を抑えたい方は検討してみましょう。

自分たちでエンドロールムービーを作る場合の相場は一般的に0円~1万円程度です。

基本的に自分たちで作る場合のエンドロールムービーは事前準備の種類になります。

事前準備でムービーを作る際に必要になるものは、主に以下の2つです。

  • パソコン
  • 動画編集ソフト
  • DVD

パソコンはすでに持っている方が多く、エンドロールムービーに使える動画編集ソフトには無料のものも多いです。

無料のソフトでも基本的な編集は可能で、「iMovie」や「Movie Marker」でも十分に満足できるエンドロールムービーは作れるでしょう。

そのため場合によってはDVD本体の費用のみしかかからないと、非常に安く完成させられますね。

②外部の依頼先を見極める

結婚式のエンドロールムービーを安く依頼したい際は、基本的に外部の業者に依頼することがおすすめです。

外部の業者は多くありますが、依頼先によって費用は大きく異なります。

結婚式のエンドロールムービーの作成を依頼できる外部業者には主に以下があります。

  • 動画制作会社
  • フリーランスのクリエイター

エンドロールムービーを動画制作会社に依頼する方は多いですが、フリーランスの方が費用を抑えられる可能性が高いです。

自作はしたくないけど費用を抑えたい方は、フリーランスのクリエイターに依頼することも検討してみましょう。

しかしフリーランスのクリエイターは非常に多く、経験や実績、スキルも様々です。

依頼する際は、事前に実績を確認するようにしましょう。

また自分たちのイメージするエンドロールムービーを作れるのか、聞いておく必要があります。

スキルが足りていないと想像と違う完成度になってしまうため、フリーランスに依頼する際は慎重に選ぶことが大切ですよ。

③割引やクーポンを確認する

エンドロールムービーを式場の提携業者や動画制作会社に依頼したい方は、割引やクーポンがないか確認してみましょう。

特に式場の提携業者に依頼するのであれば、セットプランなどが用意されていることが多いです。

エンドロールムービー以外にも複数ムービーを依頼したいなどでは、セット価格として安くなる可能性があるので見ておきましょう。

また動画制作会社に外部依頼する際も、条件付きで割引やクーポンが提供されることがあります。

早めの依頼で安くなる早割など、期間によって費用を抑えられる割引もあるので、エンドロールムービーの依頼を考えている方は、時間に余裕を持って探し始めましょう。

動画制作会社と式場の提携業者で迷っている方は、エンドロールムービーを加えた全てのムービー作成にかかる費用の総額を比較することが必要です。

特に動画制作会社に依頼する際は持ち込み料の有無も忘れず確認しましょう。

総額で比較して費用を抑えられる方を選ぶと安心ですね。

④撮影する場面を限定する

撮って出しのエンドロールムービーを依頼したい場合は、費用は高くなりがちですが、撮影する場面を限定することで費用を抑えられることがあります。

結婚式は、挙式や披露宴、食事会などの流れがありますが、全ての場面で撮影をお願いするのではなく、限定した場面で撮影をお願いしましょう。

どうしても撮って出しが良いけど費用が払えない場合は、エンドロールムービーに必ず入れたい場面を絞っておくことがおすすめです。

また撮って出しのエンドロールムービーで注意したいことが、結婚式場によっては提携業者ではないと入れないスペースがあります。

そのため外部の業者に撮って出しのエンドロールムービーを依頼しても、自分たちが撮って欲しい場面が取れない可能性があるので気を付けましょう。

事前に結婚式場に、外部のカメラマンがどこまで入って良いのか聞いておく必要があります。

撮って欲しい場面に入れない場合は、結婚式場の提携業者に依頼するようにしましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

エンドロールムービーの種類別相場やメリットとデメリット

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

エンドロールムービーには、撮って出しと事前準備の2種類のムービーがあります。

しかしどちらにするかなかなか決まらない方もいますよね。

エンドロールムービーは結婚式の締めくくりにもなる大切なムービーなので、納得のいく種類を選びたいですね。

そこでこのトピックでは、撮って出しと事前準備それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

相場と照らし合わせながら考えてみましょう。

事前準備のエンドロールムービーのメリットとデメリット

事前準備のエンドロールムービーの主なメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 費用を抑えて依頼できる
  • 自分好みのムービーにできる
  • 完成したムービーを事前に確認できる
  • 自分たちで使用したい写真を選べる
  • 本番のトラブルも起こりにくい
  • 当日の映像をムービーには入れられない
  • 当日の映像が手に入らない

事前準備の主なメリットは、撮って出しに比べて費用を抑えられることです。

費用相場も10万円以内に抑えられることがほとんどなので、撮って出しよりも半分の非予想鳩なります。

また事前に完成したエンドロールムービーを確認できるので、本番当日を安心して迎えることが可能です。

ムービーを確認できないまま流す場合、完成度や構成で満足できない可能性もありますよね。

そのためエンドロールムービーの感性を事前に確認したい方や、当日のトラブルが不安な方は事前準備がおすすめです。

しかし事前準備だと結婚式当日の写真や動画を入れられないため、覚えておきましょう。

撮って出しのエンドロールムービーのメリットとデメリット

撮って出しのエンドロールムービーの主なメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 結婚式の当日の様子をムービーにできる
  • 結婚式のダイジェストとして記録できる
  • ゲストと一緒にムービーを作り上げられる
  • 結婚式の締めくくりとして思い出に残る
  • プロに全て任せられるので新郎新婦も楽しみにできる
  • 事前準備に比べて依頼費用が高い
  • 本番でムービーが流されるまで確認できない
  • 当日にトラブルが起きる可能性もある

撮って出しのエンドロールムービーのメリットは、結婚式当日の様子をムービーとして楽しめることです。

結婚式当日の様子を客観的に見ることはできないので、特別な記念として残せるのは魅力的ですね。

またプロに全て任せられるため、新郎新婦の負担を減らせます。

結婚式の準備には色々用意が必要なので、できるだけ手間をかけたくない方は撮って出しもおすすめです。

しかし事前準備に比べて費用が高く、本番で見るまでムービーの内容を確認できないというデメリットもあります。

費用相場も20万円程度と、事前準備に比べて倍以上の費用が必要となる可能性が高いです。

場合によっては当日に編集機材の調子が悪くなるなどのトラブルもあるので、不安な方は事前準備が良いでしょう。

結婚式のエンドロールムービーを依頼するなら「むびる」がおすすめ!

むびる結婚式バナー②-300-250むびるのお問い合わせ画面に移ります

結婚式のエンドロールムービーを依頼するなら、「むびる」がおすすめです。

むびるとは、依頼したい動画について全国のプロのクリエイターに直接依頼できるサービスです。

幅広いジャンルを受け付けていて、もちろん結婚式や披露宴で利用したい映像作成も依頼できます。

エンドロールムービーの作成依頼も可能であり、他にも当日の思い出を動画に残したいという利用もできるのは嬉しいポイントです。

むびるではフリーランスのプロのクリエイターに依頼するため、動画制作会社と同じクオリティでも費用を抑えて依頼できます。

また写真撮影として姉妹サイトの「出張撮影サービスふぉとる」からフォトグラファーも手配できるので、結婚式当日の写真撮影を検討している方にもおすすめです。

費用を抑えたいけどクオリティも重視してエンドロールムービーを依頼したいという方にぴったりですよ。

またホームページでは在籍クリエイターの制作実績も見られるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

むびるでは、24時間LINEで無料相談を受け付けているので、興味がある方は一度相談してみましょう。

エンドロールムービーの相場に関するよくある質問

おすすめ

このトピックでは、エンドロールムービーの相場に関するよくある質問について、以下の3つを紹介します。

  1. エンドロールムービーを自作するメリットとデメリットって?
  2. 撮って出しのエンドロールムービーの相場が高い理由って何?
  3. 撮って出しを外部に依頼する際の注意点ってある?

①エンドロールムービーを自作するメリットとデメリットって?

エンドロールムービーの費用を抑えるために自作する際、メリットとデメリットは主に以下の通りです。

メリット デメリット
  • 費用を抑えられる
  • 自分たちのこだわりを詰め込める
  • 写真の枚数や動画の長さも自由に決められる
  • 修正や調整の融通が利く
  • オリジナルムービーとしての思い出になる
  • 編集ソフトやパソコンなどの準備が必要
  • 想像よりも制作に時間がかかる
  • 当日のトラブルにも備える必要がある
  • プロ並みのクオリティは求められない

エンドロールムービーを自作する大きなメリットは、依頼する際に比べて費用を抑えられることです。

他にも自分たちのイメージ通りに作成できるため、こだわりが強い方でも納得のいくムービーを完成させられるでしょう。

また依頼すると写真や長さに制限がありますが、全て自分たちで自由に決められるので、1つだけのオリジナルムービーができますね。

出席者が減った時や入れたい写真があったなどでも、調整や修正を前日まで行えることもメリットです。

一方で、エンドロールムービーの自作には必要なものがあることや時間がかかることがデメリットです。

当日も気を抜けないので、結婚式に関する他の準備などと並行して行うのに体力が必要になります。

費用を抑えられることは大きなメリットですが、クオリティ重視の方や時間に余裕がない方は依頼がおすすめですよ。

②撮って出しのエンドロールムービーの相場が高い理由って何?

撮って出しのエンドロールムービーは、事前準備に比べて費用相場が高いですが、なぜ高いのか気になりますよね。

撮って出しのエンドロールムービーが高い理由には、主に以下があります。

  • 当日に撮影した写真を当日中に編集するスキルが必要
  • カメラマンも必要になる
  • 手数料が高い
  • 人気が高く需要があるため費用相場も上がりやすい

撮って出しが高い理由として、当日中に撮影した写真を編集できるスキルを持つ方やカメラマンが必要なことにあります。

事前準備とは異なり必要となるスタッフや技術が高いため、手数料などで費用が上がりますね。

また撮って出しのエンドロールムービーは人気が高く需要があることから、費用相場も高くなりがちです。

特に撮って出しのエンドロールムービーを式場の提携業者に依頼する場合、最も費用が高くなるので覚えておきましょう。

③撮って出しを外部に依頼する際の注意点ってある?

撮って出しのエンドロールを外部に依頼する際の注意点は、式場によって提携業者のカメラマンしか入れない場所があることです。

式場によって異なるので事前に確認が必要ですが、外部のカメラマンだと入れない場所がある可能性があります。

そのため外部に依頼した際せっかく撮って出しのエンドロールムービーで当日の様子を収めたいのに、肝心の場面の写真がない、ということもあります。

全ての場面での写真が欲しい方は、事前に式場に外部のカメラマンがどこまで撮影できるのかを聞いておきましょう。

また撮って出しの場合、写真撮影をする場面の多さで料金が変わります。

これは式場の提携業者に依頼する際も基本的に同じですが、予算に合わせると限られた場面しか残せないことがあるので気を付けましょう。

撮って出しのエンドロールムービーを撮影する際は、事前に欲しい写真を明確にしておくことが大切です。

エンドロールムービーの相場は種類や依頼先で異なる!

結婚式のエンドロールムービーには撮って出しと事前準備の2種類があり、撮って出しは20万円程度、事前準備は5万円~10万円程度が相場です。

依頼先によっても費用は異なりますが、それぞれの依頼先や種類にはメリットとデメリットがあります。

予算と照らし合わせつつそれぞれの特徴を把握して、最適なエンドロールムービーを決めましょう。

ちなみに以下の記事ではエンドロールムービーを自作する手順について細かく紹介しています。

費用を抑えるために自作も考えている方は、ぜひ一度チェックしてみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

むびる広告ボタン(LINE)

むびる-フォームで相談するボタン

LINEから無料相談