動画編集の基礎知識

動画編集の需要や将来性は?増えすぎだけど実際どうなの?

動画編集の需要や将来性は?増えすぎだけど実際どうなの?-アイキャッチ

動画編集と聞いて、需要や将来性に不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

最近動画コンテンツの人気に伴い動画市場は拡大しています。

その中で動画編集に興味を持つ方も増え、動画編集を仕事にする不安で悩むこともありますよね。

結論から言うと動画編集にはまだまだ需要があり、将来性も高いです。

しかし需要のある動画編集者になるには、動画編集スキルを磨き続ける必要もあります。

そこで今回は動画編集の需要や将来性に関して、まだ心配しなくて良い理由や懸念点について詳しく解説します。

記事の後半では動画編集者として需要を維持するための方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集は需要が高く将来性もある!

指を指す

動画市場は今後も拡大していくことが予想されるため、動画編集はまだまだ需要が高く将来性もある職業です。

しかし動画編集を始めるか悩んでいる方は、需要や将来性に不安を感じている方が多いですよね。

そこでこのトピックでは、動画編集に需要や将来性があると言える理由について以下の3つを解説します。

  1. 動画市場は今後も拡大が予想される
  2. 動画コンテンツの視聴者は増えている
  3. 5Gによって動画編集スキルの需要は一層高まる

①動画市場は今後も拡大が予想される

動画編集に需要や将来性がある大きな理由として、動画市場が拡大していることがあります。

ちなみに、株式会社サイバーエージェントとオンラインビデオ総研が共同し行った国内動画広告の市場動向調査では、以下のことが分かっています。

  • 2021年の動画広告市場規模は、昨年対比142.3%、4,205億円の成長
  • 今後も動画広告市場は高い成長率での推移が予想される
  • 2025年には1兆465億円に達する見込み

参照 : サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

上記の通り動画市場は近年拡大している傾向にあり、今後ますますの成長が予想されています。

2021年時点で昨年に比べて動画市場は拡大していますが、2022年、2025年とより拡大する予想なので、動画編集者の需要や将来性はまだまだあると言えますね。

また予想段階では単なる成長ではなくかなりの成長が見込まれるため、今から動画編集を始めても遅くはないでしょう。

動画市場は拡大を続け成長率も圧倒的なので、今後当分は動画編集の仕事がなくなる可能性は低いと考えられますね。

②動画コンテンツの視聴者は増えている

動画編集の需要が高く将来性がある理由の1つとして、動画コンテンツの視聴者が増加していることもあります。

実際新型コロナウイルスの影響で、家にいることやスマホをいじる時間が増えたことにより、多くの方にとっての娯楽がネットも求められることが理由の1つでしょう。

最近ではスマホやネットから視聴できる動画コンテンツは非常に豊富であり、YouTubeやTikTokの視聴者は非常に多いです。

動画コンテンツの視聴者が多いことから、これまで動画市場に参入していなかった企業やインフルエンサーも動画コンテンツに続々と参入しています。

また動画コンテンツには種類が多く、面白い動画や普段の生活に役立つ動画、料理動画やメイク動画、ペット動画や検証動画などがあります。

そのため多くの方にとって、自分が興味を持てるコンテンツが存在しているため、今後も動画コンテンツの視聴者は増えるでしょう。

実際動画コンテンツの質は以前に比べて上がっていて、新しい分野も参入していることから、視聴者はまだまだ飽きずに動画コンテンツを楽しめますね。

③5Gによって動画編集スキルの需要は一層高まる

動画編集の需要や将来性には、5Gの拡大も影響します。

5Gとは「第5世代移動通信システム」のことであり、次世代のインフラとして大きな影響をもたらすと言われています。

第4世代通信に比べて通信速度が一気に速くなることが考えられているため、画期的な通信が期待できるでしょう。

5Gはまだ日本の一部にしか対応していませんが、今後地方にもより普及していくと考えられるため動画市場の拡大にも影響すると考えられますね。

特に今後5Gに切り替わるタイミングで、動画の需要はまた高まると考えられるため、動画編集の需要も更に高まるでしょう。

動画コンテンツは画像などに比べて容量が大きく読み込みに時間がかかります。

そのため外出時に動画コンテンツを観る方は少ないですが、今後より通信環境が整い自宅でもWi-Fiも浸透すれば動画が気軽に視聴可能です。

外出時のすきま時間に動画コンテンツが視聴される機会が増えれば、動画編集の将来性は大きいですね。

動画編集の需要や将来性がなくなる原因として考えられることって?

疑問に思う女性

動画市場の拡大や動画コンテンツの人気の高まりなどによって、動画編集の需要はまだまだ高く将来性もあるといえます。

しかし今後もずっと動画編集の需要が高まり続けるのか、将来性は必ずあるのか、と聞かれると断定はできません。

基本的に動画編集は需要も将来性もありますが、今後需要の低下や将来性のなさに繋がる原因として以下の2つが懸念されていることも事実です。

では実際以下の懸念点について、動画編集にどんな影響があるのかより詳しく解説します。

  1. 動画編集者の増加
  2. 高機能な動画編集アプリの増加

①動画編集者の増加

動画編集の将来性に関しての懸念点としては、動画編集者の増加があります。

動画市場の拡大に伴い動画編集の需要は非常に高いですね。

動画コンテンツも身近になったことから、動画編集に興味を持ち仕事として始める方も増えています。

そのため動画編集者の増加によって、需要よりも供給が高まってしまうのではないかという懸念があります。

動画編集の供給が高まりすぎると、動画編集で稼ぐことや仕事にする競争率が上がり難しくなるでしょう。

しかし結論から言うと動画編集において需要よりも供給が高まり、動画編集者が飽和状態になることは当分ないと考えられます。

動画編集者は確かに増加していますが、それ以上に動画編集の需要は高いため安心してください。

また今後万が一動画編集者に飽和が見られるとすれば、初心者の動画編集者が考えられます。

動画編集者が増加することは、スキルや知識がまだ磨かれてない初心者や未経験者が増えるとうことです。

そのため初心者で動画編集を始める場合は、他社と差別化できる強みを持つ必要があるでしょう。

②高機能な動画編集アプリの増加

動画編集の需要がなくなる理由として、高機能な動画編集アプリやソフトが増えていることにあります。

アプリやソフト自体の動画編集機能が高まるほど、動画編集者に依頼しなくても自社で動画編集が行えますね。

またAIによる自動動画編集が普及すれば、動画編集者の仕事が取られてしまうという懸念もあるでしょう。

結論から言うと動画編集のおける一部の仕事はアプリやソフトに変わる可能性は考えられます。

しかし動画編集における全ての仕事がアプリやソフトで完結することはないと言えるでしょう。

例えば、ターゲット層によってそれぞれの年代に合う感性の動画編集は、アプリやソフトではできません。

また流行を意識した動画編集、動画において求められている動画編集は人間でしか分からないですよね。

そのため動画編集アプリやソフトの機能性が高まっても、動画編集者の仕事がなくなることはないので安心しましょう。

気を付けるべき点として、今後アプリやソフトで代替できそうな作業以上のスキルを身につけることが必要ということです。

動画編集の需要や将来性はまだまだ高い!

ポイントを指す女性

動画編集はまだまだ需要や将来性が高い職業です。

動画編集者の飽和状態や動画編集アプリやソフトの発達など、懸念点もありますが、当分は気にしなくて良い問題でしょう。

実際動画市場は拡大していて2025年までにもより一層の拡大が見込まれています。

また動画コンテンツは非常に身近になり、視聴者だけでなく動画コンテンツを制作しようと考えている方も増えていますよね。

動画コンテンツの人気の伴い新しく動画事業に参入する企業も多く、動画市場の人気や期待はまだ上がり続けるでしょう。

動画コンテンツは昔からありますが、人気が高まるにつれてコンテンツの質にも注目されています。

最近ではただ動画コンテンツを投稿するのではなく、テレビ並みの質や規模にこだわったコンテンツが増えているため、視聴者も飽きませんね。

動画コンテンツを投稿する側の競争が激しくなっていることで、動画編集者は現状不足していると考えられます。

そのため動画編集者として働くことは、当分需要や将来性が高いので安心しましょう。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集者として需要を維持する方法

人差し指を立てる女性

動画編集の需要や将来性は高いですが、今後動画編集者の競争率はより激化していくと考えられます。

動画編集者の競争に勝って仕事に取り組むためには、需要を維持し続けることが重要ですね。

そこでこのトピックでは、動画編集者として需要を維持する方法について以下の5つを紹介します。

動画編集者として活躍し続けたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 動画編集スキルを磨く
  2. マーケティングや営業力も身につける
  3. ディレクションの知識やスキルを習得
  4. 動画制作全般のスキルや知識を学ぶ
  5. 動画編集に関する流行に敏感でいる

①動画編集スキルを磨く

動画編集者としての需要を高めるには、動画編集スキルを磨くことが最も重要です。

多くの動画編集者がいる中で、他者に差をつけるにはやはり実力がものをいいますね。

動画編集者が増えて競争率が高まるとして重要なことは、自分の希少価値を高めることです。

そのため、常に動画編集のスキルを学んで磨き続ける必要がありますね。

例えば動画編集アプリやソフトではできない編集スキルの向上や、他の動画編集者に比べて圧倒的な完成度は必要でしょう。

動画編集は一度身につければ終わりではないので、日々自分に必要が動画編集スキルを把握し不足をなくすことが大切です。

また動画編集を独学で始めた方は、できるだけスクールに通うことがおすすめです。

動画編集は独学でも必要なスキルを身につけやすい分野ですが、独学と動画編集スクールでは学ぶ内容に差があります。

自分のスキルが足りていないと感じた方は、まず動画編集スクールを検討してみることがおすすめですよ。

②マーケティングや営業力も身につける

動画編集者として活躍するには、マーケティングや営業力を身につける必要があります。

特に動画編集を依頼するクライアントの目的を考えると、マーケティング力がある動画編集者は重宝されるでしょう。

動画編集を依頼するクライアントには、ブランディングや商材の認知度向上などの目的があり、課題解決のために動画を制作します。

その中で動画編集スキルのみ持っている方か、動画編集スキルに加えてマーケティングの知見がある方であれば、後者を選ぶ方が多いです。

マーケティング力があればクライアントの目的に沿って、目的を達成できる動画編集に取り組めます。

そのため動画編集スキルに加えて周辺スキルを磨いている方は重宝されるでしょう。

また自分のスキルや実績を上手くクライアントにアピールするには、営業力も必要です。

あらゆるスキルを磨いてもそれを相手に伝えられないと、意味がないですよね。

効率良く自分の能力をアピールして選ばれるためには、営業力も同時に学ぶ必要がありますよ。

③ディレクションの知識やスキルを習得

今後動画編集に携わっていきたいのであれば、動画編集を行う側だけでなくディレクションできる側にまわることも考えましょう。

ディレクションとは、動画編集者や動画編集に携わる方をディレクションし、チームを引っ張っていくスキルです。

動画編集者にこだわっているわけではなく動画業界で活躍し続けたい方は、ディレクションスキルを身につけることは非常に役立つでしょう。

ディレクションにまわることで、他の人に仕事を任せられるため、自分が余裕を持って取り組める業務が広がります。

上手く他の動画編集者をまとめられればより効率的に多くの案件に取り組めることは、嬉しいポイントですね。

またディレクションの知識やスキルを身につけると、お金の流れも理解できるようになり、ビジネスでの知識が深まるでしょう。

動画編集に限らずディレクションはあらゆる場面で重宝される能力なので、身につけておいて損はないですよ。

④動画制作全般のスキルや知識を学ぶ

動画編集者としての需要を上げるには、動画制作全般のスキルを身につけることもおすすめです。

動画制作全般のスキルとは、企画や構成、動画撮影に関するスキルや知識を指します。

動画編集スキルを磨くことも重要ですが、動画制作全般に携わるスキルを身につけることで、より業務の幅を広げられます。

クライアントからしても動画制作の知識やスキルも持っている動画編集者に依頼する方が、安心ですよね

また動画制作全てを1人に任せられるので、自分が受注できる案件の単価も一気に上がるでしょう。

動画編集スキルと合わせて業務幅を広げるために、動画制作に関するスキルは磨いておくことがおすすめです。

特に動画制作において企画や構成の工程は非常に重要なので、企画力を学べばクライアントと効率良く動画制作を進められますよ。

動画編集の案件の単価も上げたいと考えている方は、動画制作のスキルも学び始めましょう。

⑤動画編集に関する流行に敏感でいる

動画編集者としての需要を維持するには、動画編集に関する流行を常に把握することが必要です。

時期や時代によって人気となる動画編集は異なりますよね。

常に動画市場にアンテナを張り今必要とされている動画編集を学ぶようにしましょう。

動画コンテンツは新しく参入する方が多いことから、注目される動画編集もすぐに変わります。

どんなクライアントの依頼にも応えられるように、あらゆる動画編集方法を身につけておくことは必須ですね。

ちなみに動画編集の流行りを把握する方法としては、毎日テレビや人気の動画コンテンツを確認することがおすすめです。

自分の動画編集にない表現方法を使っていた場合は、真似して同じような動画編集を行うと良いでしょう。

動画編集者として需要を保つには、毎日動画に囲まれた生活をおくる必要もあるので、動画が好きな方が有利ですね。

動画編集の需要に関するよくある質問

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

このトピックでは、動画編集の需要に関するよくある質問について、以下の2を紹介します。

  1. 動画編集ではもう稼げないって本当?
  2. 動画編集はつらいって聞くけど何で?

①動画編集ではもう稼げないって本当?

結論から言うと動画編集ではまだまだ稼げます。

動画編集が稼げないと言われる理由としては、今回の記事でも紹介した懸念ポイントにあります。

動画編集者が増え、簡単な動画編集は代替できるアプリやソフトが増えたことで、特に初心者や未経験者の動画編集者だと稼ぎにくいと言われています。

しかし動画編集のスキルをしっかりと身につけていれば、動画編集で稼げないことはないので安心してください。

実際まだまだ動画編集者の需要は高く必要とされている職業です。

独学から初めて1ヶ月で稼ぎ始めた方もいるので、不安方は実際に動画編集を初めて稼いでいる方のブログなどを見ると良いでしょう。

リアルな動画編集者の現状が分かるので、得たい情報も多いですよ。

②動画編集はつらいって聞くけど何で?

動画編集がつらいと言われる大きな理由としては、動画編集のスキルが不足していることにあります。

動画編集スキルが不足していることで、思うように動画編集ができない、動画編集の時間がかかってしまう、案件が取れない、といった問題に繋がります。

上記の問題については基本的に動画編集のスキルが身についていれば、解決できる内容です。

そのため動画編集は、スクールなどでスキルを身につけて始めれば、稼ぐことも可能で辛い仕事ではありません。

動画編集を始めようと考えている方は、まずは使えるスキルを身につけることを徹底しましょう。

動画編集や動画クリエイターとして活躍したいなら「むびる」がおすすめ

むびるむびる動画クリエイターとして働きたいと考えたら「むびる」がおすすめです。

この記事で紹介した通り、動画編集や動画撮影は今後も需要が増えていくことが予想できます。

今の段階から実績やスキルを身に着けておくことで、将来的にも役立つ可能性が高いですね!

これから動画クリエイターとして活動していきたいと考えている方や更に仕事を増やしたいと考えている方におすすめです。

むびるでは動画クリエイターや動画編集者を募集しているので、ぜひ登録を検討してみてくださいね。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集は需要も将来性も高い!

動画編集はまだまだ需要が高く将来性もある仕事です。

今後も動画市場の拡大や動画コンテンツの人気は増加すると考えられるので、現状動画編集者の将来について心配する必要はないでしょう。

しかし今後も動画編集者としての需要を保つには、動画編集スキルを磨き続けることが必要です。

状況に応じて動画編集スクールに通うなど、継続してスキルを身につけましょう。

ちなみに以下の記事では動画編集に向いている人や向いていない人を紹介しているので、始めるか悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する