動画制作

道案内動画の作り方を分かりやすく解説!道案内動画のメリットや注意点

道案内動画の作り方を分かりやすく解説!道案内動画のメリットや注意点-アイキャッチ

行ったことがない場所に行くときや、分かりにくい場所にある目的地に向かう際、道案内動画があると非常に便利ですね。

道案内動画があれば、方向音痴の方でも安心して目的地にたどり着くことができます。

そのため道案内動画を作ることにはメリットが多いですが、いざ作るとなると何から始めれば良いか悩むでしょう。

そこで今回は、道案内動画の作り方について分かりやすく紹介します。

記事の後半では道案内動画の作り方のポイントや注意点、メリットも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

道案内動画の作り方を分かりやすく解説!

ポイントを指す女性

道案内動画作りたくても、何から始めれば良いか分からない方も多いですよね。

道案内動画は意外と簡単に制作できますが、事前に作り方について流れを把握しておくことが必要です。

このトピックで紹介する道案内動画の作り方は、主に以下の通りです。

  1. 道案内の撮影や編集を行う機材を用意する
  2. 動画編集ソフトやアプリを用意する
  3. 実際に道案内動画に使う写真や動画を撮影する
  4. 素材をもとに動画編集を行う

ではそれぞれの作り方について、わかりやすく解説します。

①道案内の撮影や編集を行う機材を用意する

まずは道案内の撮影や編集に使用する機材を用意しましょう。

基本的には自分が持っているスマホやiPadで問題ありません。

しかし動画の質や編集にこだわりたい方は以下の機材を用意することもおすすめです。

  • 一眼レフなどのカメラ
  • ノートパソコン

道案内の動画の撮影や編集は全てスマホで完結させられますが、少しでも画質を良くしたいのであれば、一眼やビデオカメラも良いでしょう。

また動画編集を本格的にしたい場合は、ノートパソコンから編集することも1つの手です。

ノートパソコンから野動画編集であれば、スマホではできない細かい操作もしやすく、使える動画編集ソフトも広がります。

すでにノートパソコンやカメラを持っている方や、よりクオリティの高い道案内動画を制作したい場合は、上記の機材も使ってみましょう。

②動画編集ソフトやアプリを用意する

道案内の動画編集や撮影ができる機材が揃ったら、動画編集をするアプリをインストールします。

基本的にはスマホで全てできるので、スマホで使える動画編集アプリを入れると良いでしょう。

ちなみに道案内の動画編集アプリに必要な機能としては、以下があります。

  • テロップ挿入
  • 矢印や簡単なステッカー
  • 複数の動画や写真の結合
  • 早送り

道案内の動画編集に必要な機能は、最低限上記があるので、アプリで何ができるか把握してからインストールしましょう。

アプリには無料のものや有料のものがありますが、道案内の動画であれば無料のアプリで十分です。

複数のアプリを使いこなすことも良いですが、動画編集に慣れていない方は1つのアプリで完結させられるようにしましょう。

ちなみにiPhoneやiPadを使っている方には、「iMovie」がおすすめです。

「iMovie」は無料で使える動画編集アプリですが、1つで道案内の動画編集が可能なので、ぜひ使ってみましょう。

③実際に道案内動画に使う写真や動画を撮影する

道案内の動画編集に使うアプリが決まれば、道案内動画の素材を用意します。

実際に道案内動画に使いたい写真や動画を撮影するだけです。

複数の写真を撮影しつなぎ合わせる方法も良いですが、より分かりやすくするには動画で撮影すると良いでしょう。

動画の方がより道順が分かりやすく、歩く場所も想像しやすいです。

撮影する機材は基本的にスマホで問題ありませんが、ビデオカメラやGoProを使っても良い動画が撮れるでしょう。

すでに機材を持っている方であれば使うのも良いですが、動画をスマホやノートパソコンに取り込むのに時間がかかることも把握する必要がありますよ。

道案内動画を撮影する際は、気を付けるポイントがいくつかあるので、後ほど詳しく解説します。

④素材をもとに動画編集を行う

道案内に利用する動画を撮影終わったら、次に動画編集を行います。

道案内の動画編集の流れは主に以下の通りです。

  • 使用する動画編集アプリに動画や画像をアップロードする
  • 状況に応じて早送りや素材挿入を行う
  • テロップや効果音を挿入する
  • 最後に動画として出力し完了

上記の流れで道案内の動画編集は完了です。

道案内のテロップ挿入では、「ここを右に曲がります」「500メートル直進です」など道順のポイントを入れましょう。

また曲がる際は曲がる方向の矢印を挿入すると、視覚的にも分かりやすい道案内動画が制作できます。

ずっと道が変わらない場合や少し長い場合は適度に早送りをして、見やすい動画を意識しましょう。

道案内動画は基本的に音声が必要ないため、好きなBGMを挿入し完了です。

動画のアップロードや出力には時間がかかることがあるので、容量を確認して作業を進める必要があります。

容量が足りない場合、途中で動画編集が止まってしまうことや書き出しがスムーズに進まないことがあるので、気を付けましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

道案内の動画の作り方におけるポイントを紹介!

おすすめ

これまで道案内の動画の作り方について、簡単に流れを説明しました。

しかし流れだけが分かっても、作る上でのポイントを抑えないと良い道案内動画は作れませんよね。

そこでこのトピックでは、道案内の動画の作り方におけるポイントについて、以下の5つを紹介します。

ぜひチェックしておきましょう。

  1. 矢印やテロップを適度に使い分かりやすく
  2. 道案内における目印を抑える
  3. 簡単な道もカットせず早送りにして利用する
  4. 道の全体が確認できる画角を意識する
  5. 道案内人を起用する際はイメージに合わせる

①矢印やテロップを適度に使い分かりやすく

道案内動画では、どれだけ分かりやすく動画を作れるかが大切です。

そのためただ道を案内する動画にするのではなく、説明のテロップや矢印を使ってより分かりやすい動画編集を意識しましょう。

道案内動画で挿入するテロップとしては、以下などがあります。

  • 信号をわたって左に曲がります
  • このまま300メートル直進です
  • 〇〇を通り過ぎます
  • 駅改札中央口を出て右に曲がります

上記のように特に分かりにくい場所や、新しいアクションがあるタイミングでテロップを挿入しましょう。

また右や左に曲がる際、まっすぐ進む場合に、方向に合った矢印マークを入れると、視覚的に道順が把握しやすいです。

特に急いでいる方などにとっても、矢印で進む方向が提示されているとありがたいため、適度に矢印マークも使うことがおすすめです。

また道案内の動画は写真だけをつなぎ合わせるよりも、動画で作る方が分かりやすいため、覚えておきましょう。

②道案内における目印を抑える

道案内動画を作るポイントとして、道順において目印があれば抑えることが大切です。

目印には例えば目立つ看板や建物、多くの人に知られているようなお店など、一目で分かるものがあります。

道案内する中で目印になるものがあれば、カメラに収めテロップでも言及するなど、分かりやすい工夫をしましょう。

特に目的地が遠い場合途中で目印になるものが分かれば、道が間違っていないと安心して進めますね。

また帰り道である程度目印を参考に、迷わずに帰りやすくなるでしょう。

道案内ではどれだけ分かりやすい動画にできるかを優先して、自分が動画を見る側だったらどんな情報が欲しいのか考えることがおすすめですよ。

③簡単な道もカットせず早送りにして利用する

道案内動画では、簡単な道や同じ道でもカットしないように気を付けましょう。

動画は全て使い、同じような道は早送りにするなどで利用することが必要です。

例えば長距離の直進など特に説明がいらない場面でも、急に画面が切り替わってしまうと見ている側は「どこ?」と焦ってしまいます。

同じような道が続く場合、カットを使いがちですが、道案内では実際に歩く人と同じ景色を写すことが大切です。

簡単な道や直進でもカットせず全てを動画内に収めるように覚えておきましょう。

また全てを動画にすると長くなるという場合は、タイムラプスで撮影することもおすすめです。

しかしタイムラプスでの撮影が早すぎると、道の説明が分かりにくいことや、何回も巻き戻す羽目になるといった手間に繋がります。

動画全体の速さと見やすさを考慮して、見やすさと早送りを上手く活用することが大切ですよ。

④道の全体が確認できる画角を意識する

道案内動画では、できる限り道の全体が確認できる画角で撮影することがおすすめです。

道案内動画では基本的に主観動画になりますが、例えば写っている範囲が狭すぎる、下向きで道路ばかりが写っていると、分かりにくいですよね。

できるだけ道の周りの建物や雰囲気全体が分かるように、広い画角で撮影しましょう。

画角を広げて全体の現場が分かるようにするには、広角レンズを使うことがおすすめです。

スマホにも広角で撮影できる機能がついているものも多いので、スマホでできる方は広角撮影に変えましょう。

スマホで広角撮影ができない方は、広角レンズを買うと良いですね。

広角レンズは110円など安く手に入れられるので、撮影中に画角が狭いと感じた場合は広角レンズの購入も検討してみてください。

道案内動画において、現場全体が写っているだけで分かりやすさは一気に変わりますよ。

⑤道案内人を起用する際はイメージに合わせる

道案内動画では、稀に道案内人を起用した動画を作ることもありますよね。

道案内人を起用する際は、目的地へのイメージと合わせるようにしましょう。

例えばお店を紹介するのであれば、お店で実際に働いている方をそのままの服装や雰囲気で起用すると分かりやすいですね。

またラフな雰囲気か真面目な雰囲気か、道案内人で大きく変わるので覚えておきましょう。

基本的には道案内動画に登場人物はいなくて問題ありませんが、安心感や親近感を与えたい場合は、女性に道案内をしてもらう方法も1つの手ですね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

道案内動画の作り方における注意点って?

疑問に思う女性

道案内動画の作り方には抑えたいポイントも多いですが、気を付けるべき注意点も多いです。

ポイントだけでなく注意点も把握した上で、道案内動画を作りましょう。

このトピックで紹介する道案内動画の作り方における注意点は、主に以下の通りです。

  1. 手ぶれの確認
  2. 人混みなど動画に適さない環境は避ける
  3. 通行人にはモザイク処理を行う
  4. 動画の目的に沿った内容
  5. 長すぎず簡潔にまとめられているか
  6. 土地勘がない人が理解できるか

①手ぶれの確認

道案内動画の撮影で気を付けたい点が、手ぶれです。

手で持って撮影するため、少なからずぶれてしまうことは仕方ありませんが、見にくいほどぶれがあるのは良くありません。

できる限り手ぶれがでないように、持ち方や撮影の仕方を意識しましょう。

ちなみに手ぶれを抑えて動画を撮影する方法には、以下などがあります。

  • 三脚につけて撮影する
  • ジンバルを使う
  • 手ぶれ補正の動画編集を行う

手ぶれを防止するには、ジンバルや三脚などの機材が必要です。

しかしそもそも持っていない場合、高くて買えないことも多いですよね。

機材がなければ、手ぶれ補正の編集をすることがおすすめです。

最近では手ぶれ補正の動画編集を無料でできるアプリも多いので、合ったものをぜひ見つけましょう。

ちょっとの手ぶれであれば問題ありませんが、動画を見返した際気になるようであれば手ぶれ補正は必須ですよ。

②人混みなど動画に適さない環境は避ける

道案内動画では、適する場所と適さない場所があります。

基本的道案内動画では、画角が広く周りに何があるか、どの道を進むのか分かりやすい映像を使います。

そのため人混みで周りがよく見えない場合は、画角や支店を変えることが必要です。

例えば道案内動画として、この角度から撮りたい、この画角が分かりやすい、といったポイントはあります。

しかしそのポイントで撮るとどうしても人がたくさん入り込んで分かりにくい、というのであれば変えなければなりません。

道案内動画では道が分かることが最優先なので、状況に応じて視点や画角を変えるようにしましょう。

多少分かりにくい視点になってしまっても仕方ないため、動画に適さない環境を避けることが重要です。

③通行人にはモザイク処理を行う

道案内の動画では通行人が映像に映ってしまうことが多いでしょう。

その際通行人の顔にモザイクをかけることも必要です。

モザイク処理は大変ですが、万が一トラブルに繋がらないためにも、事前に不安点はなくしておくことがおすすめです。

動画にモザイクをかけられる無料の動画編集アプリも多いので、使いやすいものを選んで編集しましょう。

ちなみにiMovieではモザイク処理も可能なので安心ですね。

どのようにモザイクをかければ良いか分からない場合は、他の道案内動画を参考にすると良いでしょう。

多くの道案内動画ではモザイク処理が行われているので、似た方法で問題ありません。

特に通行人が多く写っている場合は、モザイクに時間がかかってしまうため、動画編集にかかる時間を多めに見積もる必要がありますよ。

④動画の目的に沿った内容

道案内動画を作る際は、動画の目的に沿った内容にする必要があります。

道案内動画で伝えたいこととしては、単純に道が分かれば良いだけの場合、街の雰囲気や目的地までの治安も伝えたい場合、など様々です。

単純に道が分かれば良いだけの動画であれば、周りの雰囲気が分かりにくくても問題ありません。

しかし目的地周辺の街全体の雰囲気も伝えたい場合や、道案内動画によって安心感を与えた井のであれば、撮影時の写し方も異なりますね。

例えば、目的地が子ども向けの施設であれば、街全体の治安や子どもを歩かせることが怖くないか知りたいですよね。

目的地によって、道案内動画の果たす役割は異なるので、目的を明確にしてから撮影しましょう。

また動画編集も目的に合うように、BGMなどを考えることが大切ですよ。

⑤長すぎず簡潔にまとめられているか

道案内動画はできるだけ短く簡潔にまとめる必要があります。

長すぎると効率が悪く見ているユーザーの不快感にも繋がりがちです。

かといって道順をカットすると、急に場面が飛び混乱させてしまうのでやめましょう。

道案内動画では必要以上のテロップや説明を入れず、必要な場面にのみ編集を加えましょう。

他の場面は基本的に早送りやタイムラプスで進めて問題ないでしょう。

道案内動画を作り終わったら一度自分で確認し、スピードや長さが適切か考えることが大切ですよ。

⑥土地勘がない人が理解できるか

道案内動画は基本的に、その土地を知らない方や土地勘がない方が見る動画です。

そのためその場所に初めて訪れる人にとっての見やすさを意識しましょう。

目的地までの道のりに慣れている方が作ると、初めて見る方にとっては分かりにくいこともあります。

道案内動画は始めて見る方の目線に立って制作することを意識しましょう。

また作り終わって動画を書き出す前に、その道案内で目的地に難なくたどり着けるか、誰かに協力して見てもらうこともおすすめです。

見てもらう相手はできるだけその土地を知らない方や、目的地に行ったことがない方を選びましょう。

何も知らない人目線で道案内動画を確認してもらうことで、足りていない部分や良い部分が浮き彫りになりますよ。

特に初めて訪れる人であれば、駅の改札口や駅を出た直後の道、目的地の入り方などは分かりにくいです。

そのため道案内動画では最初から最後まで詳細に移す必要がありますよ。

道案内動画を作るメリットを紹介!

人差し指を立てる女性

これまで道案内動画の作り方やポイントについて詳しく紹介しました。

しかし道案内動画を作ろうと考えている方には、どんなメリットがあるのかよく分かっていない方も多いのではないでしょうか。

そこでこのトピックでは、道案内動画を作るメリットについて以下を紹介します。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

  1. 目的地までスムーズにたどり着ける
  2. ユーザーに丁寧な印象を与えられる
  3. 街の雰囲気や目的地の外観も分かりやすい
  4. 安心感や信頼感に繋がる

①目的地までスムーズにたどり着ける

道案内動画がある大きなメリットは、目的地までスムーズにたどり着けることです。

目的地までの道案内として画像で行き方を解説する方法もありますが、画像だとどうしても途中の景色が切れるため、迷ってしまう可能性もあります。

しかし動画での道案内があれば比較的道に迷わず、スムーズに目的地につけるでしょう。

そのため初めてその場所を訪れる方や、方向音痴の方でも安心して足を運べるのは大きいメリットです。

特に入り込んだ場所に目的地がある場合は、道案内動画を作ることがおすすめですね。

②ユーザーに丁寧な印象を与えられる

道案内動画があることで、動画がないよりも丁寧なイメージをユーザーに与えられます。

最初の印象が良く、目的地までの行き方も明確であれば、初めての方も行きやすいですよね。

第一印象は非常に重要なので、ポジティブな印象をつけられるのは良い影響に繋がるでしょう。

また道案内動画で行き方が分かりやすいことや、良い印象を持つことで、その目的地に行きたい気持ちを強めることも可能です。

例えば気になっている場所があるけどどこにあるのかよく分からない、場所が難しい所にある、といった場合行く気が失せることもありますよね。

そんな時でも動画があれば道が分かるため、動画がないよりも行こうと思わせることができます。

丁寧な印象を与えることで、よりユーザーの行動を促せるのもメリットですね。

③街の雰囲気や目的地の外観も分かりやすい

道案内の動画があれば、街全体の雰囲気やお店の外観も分かりやすいです。

目的地だけでなく、待ちの魅力も同時に伝えられるのは嬉しいメリットです。

例えば道案内動画によって、目的地までにどんな施設があるのか把握できれば、ここに寄りたいな、ここで時間をつぶせるな、など行動の予定も立てられますね。

初めて訪れる場所であれば時間より早めに行く方も多いため、付近に何があるかという情報は意外と大切です。

また街の雰囲気が良ければまた来たいと思ってもらいやすく、街自体にも興味を持てます。

さらに目的地の外観や、どの位置から目的地が見えてくるのかを事前に把握できれば、周辺の時点で目的地を見つけやすいですね。

街の雰囲気や目的地の外観の情報は有益なので、大きいメリットです。

④安心感や信頼感に繋がる

道案内動画があることで、目的地までの道のりの治安や車通りをリアルに確認できます。

そのため目的地まで安全にたどり着けるか、夜でも安心か、事前に把握できるのは嬉しいメリットでしょう。

特に子どもが行く場所や女性などは、目的地までの道順を動画で知れることで、安心感や信頼感にも繋がりやすいです。

そのため、女性や子どもが来ることが多い場所や、夜に来ることがある場所は、道案内の動画を作ることがおすすめです。

道案内の動画を作る際は、暗い時間帯に撮影するなど、目的地ごとに時間帯も工夫しましょう。

道案内の動画の作り方に関するよくある質問

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

このトピックでは、道案内の動画の作り方に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. 道案内の動画はスマホでも作れるの?
  2. 道案内動画で特に伝えるべき部分って?

①道案内の動画はスマホでも作れるの?

道案内の動画はスマホだけでも作れます。

道案内の動画を作るには、実際に通る道の撮影、撮影した素材の動画編集が必要です。

上記の手順は全てスマホ1台で完結できるため、スマホがあれば問題ありません。

また道案内動画は基本的に、撮影や編集のクオリティにこだわらなくても良いジャンルです。

最低限の分かりやすさや見やすさ、編集ができていれば、道案内動画として成り立つので安心しましょう。

本歌的に作りたいのであれば、パソコンやカメラを用意しても良いですが、スマホでも十分な動画制作は可能ですよ。

また最近では無料の動画編集アプリも多いので、ぜひ使い分けてみましょう。

②道案内動画で特に伝えるべき部分って?

道案内動画で特に伝えるべき部分としては、以下の2つがあります。

  1. 駅の改札口から進む方向
  2. 目的地の入り口

上記の2つは迷う方も多く、動画で丁寧に説明がないこともあります。

そのため上記の点について忘れないように詳しく撮影しましょう。

特に駅に着いてからまずどこに向かえば良いのか分からないと、道案内の意味がありません。

改札口や改札を出て右か左か明確にし、道案内動画を作りましょう。

また目的地の入り口が分かりにくいことも多いので、入り口に入るまでの動画を作ることが大切ですよ。

道案内の動画の作り方は簡単!

道案内の動画は簡単に作れますが、何を伝えたいのかが重要です。

まずは道案内動画の目的を明確にして、撮影や編集を行いましょう。

今回の記事で紹介したポイントを参考に、分かりやすさを意識した道案内動画を作ってください。

ちなみに以下の記事では、スマホでの動画撮影のコツについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談