SNSの動画

動画撮影のコツについて徹底解説!スマホでもプロ級の動画撮影が可能に!

コツについて徹底解説

今の時代、音楽撮影は誰でも簡単にできてしまいますよね。

スマホ1台あれば、ボタン一つで長時間の動画撮影も可能です。

またYouTubeやTik Tokに動画をアップロードしようと考える方も多いです。

そうなると求められるのは動画の質ですよね。

スマホのボタン一つでも動画を撮影することはできますが、質は高くありません。

この記事では動画撮影の質を高めるためのコツについてまとめます。

これから動画撮影の質を高めていきたい方は、是非参考にしてくださいね。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画撮影で押さえておくべきコツ

ではさっそく動画撮影で押さえておくべきコツについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 撮影する内容をしっかりと決める
  • 動画を公開する場所を決める
  • 動画がブレないように調整する
  • ズームを使わない
  • 逆光にならない場所で撮る
  • 背景に何もない場所で撮る

これらについてそれぞれ解説します。

撮影する内容をしっかりと決める

まずは撮影する前の準備段階が重要です。

撮影する動画の内容をしっかりと決めておきましょう。

構成をしっかりと作って置かなければいい動画は撮影できません。

必要なカットを逃してしまったり、動画に統一性がなかったりといい動画にならない恐れがあります。

動画撮影を開始する前に動画の構成をしっかりと決めておきましょう。

動画を公開する場所を決める

動画をアップロードしようと考えているなら、どの媒体にアップロードしようと考えているのか決めましょう。

例えば、YouTubeに動画を投稿する場合には横向きで動画撮影をしなければなりません。

ただTik Tokに動画をアップロードしようと考えている場合には、縦画面で撮影しますよね。

このように動画を公開する場所によって、動画撮影の方法も変わってきます。

またYouTubeのような動画の質が求められる世界では、スマホの動画撮影昨日では役不足感が否めません。

YouTubeやTik Tokで動画投稿を検討されているなら、一眼レフやミラーレスカメラを利用しましょう。

動画がブレないように調整する

動画撮影を固定せずにおこなう場合、動画がブレてしまう可能性があります。

自分の手で持って撮影をする場合や誰かに持ってもらう場合には、手ブレ補正機能がしっかりと付いているカメラを利用しましょう。

残念ながらスマホの手ブレ補正機能は良いものではないため、手ブレが起きやすいです。

他にも三脚を利用し、固定して撮影をおこなう方法があります。

その場合には、スマホでもブレない動画が撮影できますね!

また移動中の動画を撮影したいなら、ジンバルを利用しましょう。

ジンバルは動きながら撮影する際に手ブレ補正をしてくれるものです。

スマホでも利用できるので、ぜひ利用してみてくださいね!

ズームを使わない

遠くの場所を撮影したいときに簡単に使えるのがズーム機能です。

非常に便利な機能ではありますが、動画全体がボケてしまう可能性があるので極力使わないようにしましょう。

またズームインやズームアウトを繰り返すことで、視聴者が画面酔いしてしまう可能性があります。

そうなるといい動画にはならないので気をつけてくださいね。

ズームを使いたくなったら、自分自身をカメラに近づけるかカメラを撮影場所まで近づけましょう。

逆光にならない場所で撮る

見やすい動画を撮影するためには、光がしっかりと入る場所にするのがおすすめです。

ただし逆光にならないように気をつけましょう。

被写体の後ろから光が指している状態を逆光といいます。

逆光状態で撮影をすると、画面が真っ暗に見えてしまうため何の動画なのかわからなくなってしまいます。

特に家の外で撮影をする際には、太陽の位置をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

逆光で撮影してしまうと、表情が暗く見えてしまうので気をつけてくださいね。

背景に何もない場所で撮る

外で撮影をする場合には仕方ありませんが、室内で撮影する場合には背景に何もない場所で撮影するのがおすすめです。

重要な書類が写ってしまい、自宅がバレてしまったり個人情報が漏れてしまったりするので気をつけましょう。

また家の間取りがわかるだけで、マンションが特定されてしまうことも。

単純にシンプルな背景で統一できるので、おしゃれに見えますね。

他にも背景に気を使わなくていいメリットがあります。

できるだけ背景には何も映さずに撮影しましょう。

そもそもYouTubeやTik Tokの動画撮影はスマホでもできる?

続いては、スマホでYouTubeやTik Tokの動画撮影ができるのかについて解説します。

結論からいうと、スマホでYouTubeやTik Tokの動画撮影は出来ます。

YouTubeやTik Tokを副業にしたいと思っている場合には別ですが、気軽に動画撮影をして楽しむ程度であればスマホでも十分です。

いきなり一眼レフやミラーレスカメラを購入して、質の高い動画を撮影したいと考える
方もいます。

ただ、動画撮影のモチベーションがいつまで続くかわかりませんよね。

そのため動画撮影をスマホで始めることがおすすめです。

スマホで動画撮影をして、波に乗ってきたら一眼レフやミラーレスカメラを購入するのもありですね。

スマホでもこの記事で紹介したコツを試すことで、それなりに良い動画が撮影できるので試してみてくださいね。

動画撮影をしたら動画編集もしよう!

動画撮影をしたらそのまま投稿…というわけにはいきません。

動画撮影をしたら動画編集をしましょう。

YouTubeやTik Tokの動画を見てみるとわかりますが、動画編集で以下の物を入れています。

  • エフェクト
  • テロップ
  • 音楽(SE)

最低でも上記の編集はするべきです。

スマホのアプリでも動画編集をすることはできますが、パソコンでおこなうのがおすすめです。

無料の編集ソフトもあるので、利用してみてくださいね!

動画制作を依頼する際の相場はどのくらい?費用を徹底解説!

撮影した動画を編集できなければ「むびる」に依頼!

むびる

【むびるのサービス概要】

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

【まとめ】動画撮影のコツを理解して撮影を楽にしよう

この記事では動画撮影のコツについて解説しました。

もう一度、動画撮影のコツについてまとめます。

  • 撮影する内容をしっかりと決める
  • 動画を公開する場所を決める
  • 動画がブレないように調整する
  • ズームを使わない
  • 逆光にならない場所で撮る
  • 背景に何もない場所で撮る

これらを意識して動画撮影をしてみてくださいね。

また撮影した動画を編集することが出来ない場合には、「むびる」おまかせ!

むびるでは動画編集に特化したクリエイターが要望通りに動画編集をおこないます。

YouTubeやTik Tokに投稿するための動画編集を得意としているクリエイターもいるのでぜひ利用を検討してみてくださいね!

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談