動画制作

動画クリエイターとは?仕事内容やなるための方法について解説

動画クリエイターとは?仕事内容やなるための方法について解説

最近YouTubeやTikTokのような動画媒体の認知度が高まっていますよね。

そこで動画クリエイターになりたいと感じる方も多いです。

動画クリエイターになるためには、フリーランスやアルバイト・正社員といった方法があります。

それぞれのなり方や年収について解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画クリエイターとはどのような仕事をする人?

そもそも動画クリエイターとはどのような仕事をする人のことを指しているのかわからない方もいますよね。

一言で言ってしまえば、「動画制作に関わるすべての人」のことを指します。

ただ動画制作の中には、企画から考えることもあったり拡散方法についても考えたりすることがあります。

多くの人に動画を見てもらうためには、1つの動画に対していろいろな人が関わってくるのです。

そのため動画クリエイターといっても、動画制作をする人だけを指すのではないとおぼえておきましょう。

動画クリエイターの具体的な役職は以下のとおりです。

  • プロデューサー:制作の責任者・スケジュール管理者
  • ディレクター:プロデューサーの下で演出や企画を考える人
  • アシスタント:ディレクターの指示を受けて行動する人

このように振り分けられています。

動画制作自体に関わっているわけではなく、動画制作の企画に関わる人のことですね。

一方で、動画制作には技術者も必要です。

動画クリエイターの技術者は以下のとおりです。

  • 動画編集者:映像のカットや加工をする人
  • フォトグラファー:動画撮影をおこなう人
  • 音声担当:動画撮影時に音声を録音する・BGMの挿入など

主に上記に振り分けられています。

大枠で見ると、どれも「動画クリエイター」に当てはまると覚えておきましょう。

動画クリエイターになるには?仕事を得る方法

では動画クリエイターになるための方法について解説します。

動画クリエイターになるためには、以下の方法を覚えておきましょう。

  • 独学で動画編集・動画制作を学ぶ
  • 企業のアルバイトとして雇ってもらう
  • 専門学校や有料のオンライン教材を使う

これらについてそれぞれ解説します。

独学で動画編集・動画制作を学ぶ

まずは独学で動画編集や動画制作の方法について学びましょう。

自分がどのような動画を制作したいのかを考えて、似た動画を制作している方の真似から始めるのがおすすめです。

最近ではYouTubeや本でも動画制作向けの教材がたくさんあるため、勉強には困りません。

作りたい動画に必要な要素の勉強をはじめましょう。

自分自身に足りていない部分を見つけていくことで、効率的に勉強できるので自己分析が必須です。

独学なので時間はかかってしまいますが、仕事をもらえるレベルまではいけるので努力してくださいね。

企業のアルバイトとして雇ってもらう

ある程度独学でスキルや知識を身に着けたら、企業のアルバイトとして雇ってもらうのがおすすめです。

独学だと自分のレベルでしか動画制作ができません。

無理やり企業で動画制作を体験することで、現場のレベルや緊張感を味わえます。

世間的な動画編集のレベルを知ることができるので、圧倒的にレベルアップできますよ!

ただ自分自身がやりたいと思っていた動画制作ができるかどうかはわかりません。

とりあえずスキルアップを目指したいのであれば、企業のアルバイトとして働いてみましょう。

専門学校や有料のオンライン教材を使う

独学で動画制作を学ぶこともできますが、効率的とはいえません。

またやらなければいけない理由がないと、モチベーションも保てませんよね。

そこで専門学校や有料のオンライン教材を利用することで、やらなければいけない状況を作り出せます。

体系化された内容を学べるので、1から動画制作を学べますね。

効率的に動画制作を学んで、いち早く動画クリエイターになりたいと考えている方は専門学校や有料のオンライン教材を使うのがおすすめです!

動画クリエイターの年収について解説

動画クリエイタの年収ここまで動画クリエイターになる方法について解説しました。

動画クリエイターの年収が気になりますよね。

ここでは以下の3通りに分けて年収を解説します。

  • 正社員の年収
  • アルバイトの年収
  • フリーランスの年収

それぞれ通る道の可能性があるので、参考にしてくださいね。

正社員の年収

大手のテレビ局や映像制作会社で働くことになれば、年収700万円~1,000万円ほどまで狙えます。

日本の平均年収は約400万円なので、大幅に超えている金額ですね。

一方で中小企業の映像制作会社の場合には、400~600万円程度が平均年収です。

平均年収よりは上を目指せると覚えておきましょう!

アルバイトの年収

アルバイトとして動画クリエイターになる場合は、時給1,000円~1,500円程度がほとんどです。

仮に時給1,500円で8時間、20日間働いたとすれば「月収:240,000円」ということになりますね。

年収だと「2,880,000円」です。

アルバイトにしては高いことがわかります。

ただアルバイトとして動画クリエイターになる場合には、給料面よりもスキルアップを目的にすることがおすすめです。

アルバイトとして動画クリエイターのスキルを身に着けて、フリーランスや大手の映像制作会社に勤めることもできますからね!

フリーランスの年収

最後はフリーランス動画クリエイターの年収です。

フリーランス動画クリエイターに関しては、能力によって年収が大きく異なります。

有名なフリーランス動画クリエイターであれば、1本で数百万円程度もらえることもあり、年収は1,000万円を超えるでしょう。

ただ実績が少ない動画クリエイターや経験が少ない動画クリエイターの場合、アルバイトと同じくらいの年収になります。

フリーランス動画クリエイターとして稼ぐためには、経験や実績を積む必要があると覚えておきましょう。

動画クリエイターになるメリット・デメリット

ここからは動画クリエイターになるメリット・デメリットについて解説します。

動画クリエイターになるメリット

動画クリエイターになるメリットは以下のとおりです。

  • 今後も需要が増えていくと考えられる
  • 作品が世に出る
  • 独学でも仕事を得られるチャンスがある

それぞれ解説します。

今後も需要が増えていくと考えられる

動画市場は年々ニーズが高まってきています。

スマートフォンやインターネットの普及が増えるにつれて、動画や映像制作の需要が高まっています。

また最近ではコロナウイルスの関係で、自宅で過ごす時間が増えており、動画配信サイトを利用する方が多いです。

このような状況から、年々動画市場が高まっています。

しかしまだまだ動画クリエイターが足りていないため、仕事がもらいやすい状況です。

このようなことが動画クリエイターになるメリットですね!

作品が世に出る

動画クリエイターは自分が手掛けた作品が世に出て、記録として残せるメリットがあります。

SNSの普及によって、動画製作者に対してもコメントがしやすくなりました。

反響も見ることができるので、やりがいを感じられる仕事です。

独学でも仕事を得られるチャンスがある

動画クリエイターはまだまだ足りていないため、独学で頑張って勉強することで仕事をとってこられるチャンスがあります。

またYouTubeや本で動画制作に関する教材がたくさんあるため、未経験からでもチャレンジしやすい環境が整っていますよね。

このようなことから、未経験でも独学で仕事を得られるチャンスがあるのがメリットです!

動画クリエイターになるデメリット

動画クリエイターになるデメリットは以下のとおりです。

  • クリエイティブな部分を要求される
  • 常に勉強が必要
  • 編集ができるだけではダメ

それぞれ解説します。

クリエイティブな部分を要求される

動画クリエイターとして仕事をする以上、クリエイティブな部分を要求されます。

ただの動画制作では、誰でも出来てしまいますよね。

そのためクリエイティブな意見を出して、オリジナリティを出さなければなりません。

ただし芸術家のように自己表現をしていいわけではないので、気をつけてください。

常に勉強が必要

動画制作を勉強するとなれば、毎日のように新しい情報が入ってきます。

日々新しい技術が生まれているので、常に勉強を繰り返す必要がありますね。

1度勉強をしたら二度としたくないと考えている方には向いていません。

編集ができるだけではダメ

動画クリエイターには、プロデューサーとしての役割やディレクターとしての役割が求められることもあります。

そのため動画制作や編集ができるだけでは淘汰されてしまいます。

最初の段階では動画制作を勉強していればいいのですが、もう一段回上にいくならマネジメント能力を求められると覚えておきましょう。

動画クリエイターに向いている人の特徴!

続いては動画クリエイターに向いている人の特徴について解説します。

具体的には以下のポイントに当てはまっている方におすすめの職業です。

  • 発想力豊か
  • 自分で勉強・努力ができる
  • 変化に対して柔軟な対応ができる
  • クライアントに対するヒアリング能力が高い

上記に当てはまっている方におすすめです。

動画制作というと、動画を作成できればいいように感じますがそれだけでは無いとわかったかと思います。

自分自身の能力にあっているかどうかを考えてから、動画クリエイターを目指しましょう。

動画クリエイターとして働くなら「むびる」!

むびる動画クリエイターとして働きたいと考えたら「むびる」がおすすめです。

動画編集だけの案件や結婚式の動画制作など、さまざまな案件があります。

これから動画クリエイターとして活動していきたいと考えている方や更に仕事を増やしたいと考えている方におすすめです。

まだまだ動画クリエイター募集しているので、ぜひ登録を検討してみて下さい。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

【まとめ】動画クリエイターとは動画制作や動画編集をする人のこと

この記事では動画クリエイターについて解説しました。

もう一度、動画クリエイターがする仕事内容をまとめます。

  • プロデューサー:制作の責任者・スケジュール管理者
  • ディレクター:プロデューサーの下で演出や企画を考える人
  • アシスタント:ディレクターの指示を受けて行動する人
  • 動画編集者:映像のカットや加工をする人
  • フォトグラファー:動画撮影をおこなう人
  • 音声担当:動画撮影時に音声を録音する・BGMの挿入など

動画クリエイターになったら、上記のことをすると覚えておきましょう。

ただ動画編集だけを仕事にすることも出来ます。

むびるでは動画クリエイターを募集しているので、ぜひ登録を検討してみてくださいね。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談