動画制作

動画クリエイターに資格は必要?動画クリエイターになるための近道を解説

資格は必要?動画クリエイターになるための近道を解説

動画クリエイターを目指すときに、資格が必要かどうか気になりますよね。

結論から言うと、動画クリエイターに資格は必要ありません。

未経験から動画クリエイターを目指す方でも、資格を取得する必要はないと覚えておきましょう。

では資格以外に何が必要なのか気になりますよね。

そこでこの記事では動画クリエイターに必要な資格以外の部分について解説します。

これから動画クリエイターを目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画クリエイターに資格は必要ない

冒頭でも言いましたが、動画クリエイターに資格は必要ありません。

そもそも「動画クリエイター」自体が最近できた職種なので、資格がないというのもあります。

また動画クリエイターとしての腕前は資格ではわかりません。

もちろん、映像全般で見れば取得しておいて損はない資格はあります。

ただ動画クリエイターは、資格以上にスキルや実力が求められるので、最初から目指す必要はありません。

資格はいらないことを覚えておきましょう。

動画クリエイターが取得しておくと役立つ資格

資格はいらないと解説しました。

ただ、取得しておくと役に立つ資格はあります。

先程も言ったとおり、真っ先に資格取得を目指すのではなく、ある程度スキルを身に着けた方のプラスアルファ要素です。

具体的に、役立つ資格は以下のとおりです。

  • CGクリエイター検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • 色彩検定
  • Adobe認定プロフェッショナル(プラスα)

これらについてそれぞれ解説します。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、CGでの表現力を高めるために身に付ける資格です。

アニメーション作品を作りたいと思っている方や、映画のクリエイターを目指したいと思っている方におすすめの資格です。

CGに興味があって、仕事にしたいと考えている方はぜひ取得を目指しましょう!

画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定は画像処理や設計に必要な知識を身につけられます。

よりコアな部分になってくるので、動画エンジニアの分野に進みたい方におすすめです。

動画編集だけで動画クリエイターになりたいと思っている場合には、そこまで必要ありません。

色彩検定

色彩検定は、色に関する知識をみにつけるためにおすすめです。

動画の中でもたくさんの色が使われていますよね。

動画内での色の使い方を学ぶことで、よりデザイン性のある動画を作れるようになります。

動画編集をする際にも、テロップやエフェクト追加の際に色合いを気にしますよね。

動画制作に直接関わってくる資格ではありませんが、色彩検定を取得すると有利になる可能性があると覚えておきましょう。

Adobe認定プロフェッショナル(プラスα)

Adobe認定プロフェッショナルはAdobe製品を使えるスキルを証明できます。

個人で動画クリエイターをする場合には、必要の無いスキルです。

ただし企業の動画クリエイターやアルバイトとして動画クリエイターをしたいと思っている場合には、役に立ちます。

企業の動画クリエイター募集欄を見ると、「Adobe Premiere Pro」を利用できる方が募集されていることが多いです。

そのため、Adobe認定プロフェッショナルを取得しているだけで確実に扱えることをアピールできますね。

企業やアルバイトとして動画クリエイターを目指しているなら、Adobe認定プロフェッショナルの取得を目指しましょう。

動画クリエイターに必要なスキル

動画クリエイターに必要なスキルここまで動画クリエイターが持っておくと役に立つ資格について紹介しました。

ただ動画クリエイターは資格以前にスキルが必要な仕事です。

ここでは動画クリエイターに必要なスキルについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 動画編集・制作スキル
  • 企画力
  • コミュニケーションスキル
  • ディレクションスキル
  • アニメーション制作スキル(プラスα)

これらについてそれぞれ解説します。

動画編集・制作スキル

動画クリエイターを目指すなら動画編集や動画制作はできなければなりません。

動画のカットやテロップの挿入、エフェクトの追加など様々なことを求められます。

カットの間やBGMの使い方などの細部を学ぶことで、他の動画クリエイターと差別化できます。

最近ではいろいろなYouTuberや書籍で動画編集・制作の方法を学べるので、確認してみましょう。

企画力

動画クリエイターは動画編集や動画制作をするだけの仕事ではありません。

企業と関わっていく場合、企画の段階から入っていくこともしばしば。

そのため企画力がある動画クリエイターのほうが重宝されています。

アルバイトや企業の動画クリエイターを目指す場合には、動画の企画も考えられるようにしておきましょう。

コミュニケーションスキル

動画編集や制作をするだけであれば、コミュニケーションを取る必要がないように思うかもしれません。

ただクライアントの意見をそのまま動画に反映させるためには、コミュニケーションが必須です。

コミュニケーションがなければ、クライアントが思っている通りの制作物を納品できなくなってしまいますからね。

また動画を通じて人に何かを伝える必要がある仕事です。

コミュニケーション能力がなければ、適切な場所で適切なテロップを追加できないですね。

日々人の相談に乗ったり意見を聞いたりして、コミュニケーション能力を高めておきましょう。

ディレクションスキル

動画クリエイターはディレクションスキルも必要です。

ディレクションとはプロフェクトの方向性を決めることで、指揮者のような重要人物のことです。

一対一でやり取りをする場合にはディレクションスキル必要ありません。

ただクライアントが複数人以上いる企業であれば、現場を上手く回す必要があります。

個人でもディレクションをしていた経験があると、企業やアルバイトとして雇ってもらいやすくなるので、ディレクションスキルを磨いておきましょう。

アニメーション制作スキル(プラスα)

アニメーション系の動画クリエイターになる場合には勉強しておくといいですね。

基本的な動画制作であれば、アニメーションまで身につけておく必要はありません。

現在の個人レベルの動画制作では、アニメーションを使用していることは少ないですからね。

逆に言えば、アニメーションスキルを身に着けているだけで、市場価値がとてつもなく上がるとも考えられますが…。

映像制作会社に就職したいと考えている場合には、アニメーションスキルも身につけておきましょう。

動画クリエイターになるには勉強する必要がある

では最後に動画クリエイターを目指す方法について解説します。

具体的には、以下の2通りの方法で動画クリエイターを目指せます。

  • YouTubeや書籍を利用する
  • 専門学校や大学に通う

これらについてそれぞれ解説します。

YouTubeや書籍を利用する

最近では、動画制作・動画編集用のYouTubeや書籍がたくさん出ています。

特にYouTubeでは無料の教材もたくさん用意されているため、誰でも簡単に勉強できる環境があります。

書籍に関しても複数冊読むことで、基礎の部分を完全にマスターすることが可能です。

YouTubeや書籍を利用すれば、ある程度の基礎を学べるのでおすすめです。

ただし独学になってしまうので、非効率な部分はあると覚えておきましょう。

専門学校や大学に通う

専門学校や大学に通うことで、費用はかかってしまいますが確実に動画クリエイターを目指せます。

大学や専門学校に通うメリットは、確実なフローで勉強できるだけではありません。

動画クリエイターを目指す友人や人脈のある先生と繋がれることが最大のメリットです。

特にフリーランス動画クリエイターを目指したいと考えている方は、動画制作の依頼を持ってくることが難しくなります。

しかし大学や専門学校での人脈があれば、経由で案件を紹介してもらえる可能性もありますよね。

このように、大学や専門学校に通って確実な勉強をしつつ、人脈を作れると覚えておきましょう。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画クリエイターとして働くなら「むびる」がおすすめ

むびる動画クリエイターとして働きたいと考えたら「むびる」がおすすめです。

動画編集だけの案件や結婚式の動画制作など、さまざまな案件があります。

単発の案件から受けられるので、ちょっとしたスキマ時間に仕事を受けることも!

自分にあったら働き方を探しているなら、むびるに登録してみてくださいね。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

【まとめ】動画クリエイターに資格は必要ないがスキルは必須

この記事では動画クリエイターになるには資格は必要ないと解説しました。

資格は必要なくても、スキルを身に付ける必要はあります。

もう一度、動画クリエイターとして働くために必要なスキルをまとめます。

  • 動画編集・制作スキル
  • 企画力
  • コミュニケーションスキル
  • ディレクションスキル
  • アニメーション制作スキル(プラスα)

どれも必須級のスキルなので、頑張って身につけましょう。

また動画クリエイターを目指すなら「むびる」がおすすめです。

むびるでは動画クリエイターを募集しているので、ぜひ応募してみてくださいね!

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談