動画制作

動画制作の見積もりはどれくらい?安くする方法や注意点も解説

動画制作の見積もりはどれくらい?安くする方法や注意点も解説-アイキャッチ

動画制作を依頼するにあたって、見積もりは気になるポイントですね。

希望する動画を制作するにはどれほどの見積もりになるのか、相場や内訳を知っておくことが大切です。

しかし動画制作の見積もりは依頼先や動画の内容で異なるので、想像つきにくいですよね。

そこで今回は、動画制作の見積もりの内訳や相場を詳しく紹介します。

記事の後半では見積もりを安くする方法や、見積もりを確認する際の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画制作の見積もりの内訳を紹介!

指を指す

動画制作の見積もりが適正なのか、より安くするにはどうするべきかを知るには、事前に見積もりの細かい内訳を知っておくことが重要ですね。

動画制作の見積もりは大きく分けて以下の3つで構成されています。

  1. 企画費
  2. 人件費
  3. その他費用

上記の中でも特に人件費に費用がかかるため、見積もりが高い場合人件費を確認してみましょう。

ちなみに主な内訳の費用相場は以下の通りです。

見積もり内訳 相場
企画費 5~50万円以上
人件費 5~300万円以上
その他費用 5~100万円以上

ではそれぞれの内訳について、詳しく解説します。

①企画費

企画費は一般的に5万円~50万円以上が目安であり、以下の費用項目があります。

  • 企画構成費
  • 台本作成費
  • ディレクター・プロデューサー費

企画ではクライアントの要望に添って、動画の内容を企画構成します。

自社で行うことも可能ですが、動画制作における重要な工程であり難しいため、基本的には依頼先に任せることがおすすめです。

また企画の段階で、台本や演出なども詳細に決めます。

企画を決める際は、ディレクターやプロデューサーを呼ぶことも多く、企画の指揮を執ってもらいます。

企画費は関わる方や動画の長さ、求めるクオリティによって異なりますが、30万円程度はかかると考えておきましょう。

見積もりの際に企画費が高いと感じたら、どのような方を呼んでいるのか、どれほどの時間を使う予定なのか、確認すると安心ですよ。

②人件費

人件費は一般的に5万円~300万円以上が目安であり、詳細な内訳は主に以下の通りです。

  • キャスト
  • カメラマン
  • ナレーション
  • ヘアメイク・スタイリスト
  • 撮影スタッフ
  • 編集スタッフ

人件費は実写動画かアニメーション動画かで大きく異なる費用です。

実写動画の場合キャストや照明、音響など撮影に必要なスタッフに人件費がかかります。

キャストとして有名人を起用するのであれば、より高額な費用が想定されるので覚えておきましょう。

また撮影日数や必要なスタッフによって大きく異なるので、動画制作の見積もりの中で振り幅が大きいです。

アニメーション動画であれば、あらゆる専門の編集スタッフが必要なため、編集スタッフの実績などが見積もりに影響します。

動画制作の見積もりで人件費に関しては、関わるスタッフの人数や拘束期間、スタッフのスキルなどを確認しましょう。

人件費は依頼先によって金額の差が出やすいので、納得いくまで質問することが重要です。

③その他費用

その他費用は一般的に5万円~100万円以上が目安であり、詳細な内訳は主に以下の通りです。

  • 撮影機材費用
  • 交通費
  • ロケ地レンタル費
  • イラスト作成費
  • 編集費
  • 小道具・大道具などの美術費

企画費や人件費以外には、上記のような費用がかかります。

イラスト作成費や編集費はアニメーション動画で必要となり、実写動画では撮影に必要機材や高越費、ロケ地といった費用が必要です。

実写動画の場合、撮影日数によってレンタル費用は高くなるため、撮影日数が費用に大きく関わります。

またアニメーション動画の場合、編集やイラストのクオリティで費用に差が出るでしょう。

諸経費には種類が多いため、上記で紹介した費用以外もあります。

動画の内容によって必要となる諸経費は異なりますが、基本的に依頼先によって金額の差が出にくいです。

そのため複数の依頼先に見積もりを出してもらい、大きく差が出た場合は詳細な内容を確認するようにしましょう。

動画制作の見積もりの相場ってどれくらい?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画制作を依頼する際、提示された見積もりが適切なのかを確認するためには、事前に相場を知っておくことが重要です。

動画制作の見積もりは動画の種類によって異なり、大きく分けて「実写動画」と「アニメーション動画」の2つがあります。

2つの種類からさらに細分化されますが、特にアニメーション動画の1つである3DCG動画は見積もりが最も高くなりがちです。

実写動画とアニメーション動画、3DCGアニメーション動画の見積もり相場は以下の通りです。

動画の種類 見積もり相場
実写動画 100万円~200万円以上
アニメーション動画 50万円~100万円以上
3DCGアニメーション動画 150万円~300万円以上

また動画制作においてよくある種類別の見積もり相場は以下の通りです。

動画の種類 動画制作の費用相場
YouTube 3万円~50万円以上
セミナー・イベント 10万円~60万円以上
研修動画 10万円~150万円以上
商品・サービス紹介 20万円~150万円以上
学校・会社紹介 25万円~200万円以上
採用動画 30万円~200万円以上
展示会動画 50万円~200万円以上
ブランディング動画 100万円~300万円以上
テレビCM 100万円~400万円以上

上記で紹介している動画の種類別の相場は、動画の長さや依頼先によっても異なるので、あくまで目安として参考にしてください。

動画制作の見積もりは依頼先によって異なる!

動画制作の見積もりは依頼先によっても大きく差が出ます。

基本的に動画制作を依頼する先としては、主に以下があります。

  1. 動画制作会社
  2. 広告代理店
  3. 個人

ではそれぞれの特徴を簡単に紹介します。

動画制作会社

動画制作会社は、依頼した動画制作を社内のクリエイターが担当する会社です。

そのため直接依頼が可能で手数料も必要ありません。

上記で紹介した依頼先の中で、広告代理店の次に見積もりが高くなることが一般的です。

動画制作の担当者によって異なりますが、基本的にクオリティの高い動画制作が期待できます。

動画制作会社では担当者の業務幅が広く、単価が高くなりがちなので、事前にどのような動画制作が可能なのか詳細な確認が必要です。

また動画制作会社でも、フリーランスと契約し動画を依頼する場合もあります。

フリーランスが動画制作を行う会社の場合は、一般的な動画制作会社よりも見積もりが安くなるでしょう。

動画の要望を直接共有することはできませんが、クオリティと見積もりの安さで選ぶなら検討してみましょう。

広告代理店

動画制作を依頼する際、最も見積もりが高くなりがちなのが広告代理店です。

広告代理店に依頼すると、広告代理店を通して動画制作会社に制作してもらうことが一般的なため、手数料が発生します。

手数料は比較的高い金額で設定されているので、見積もりにおいても最も高額になるでしょう。

広告代理店は見積もりが高額ですが、動画制作だけでなく納品後の展開についても相談できます。

制作した動画をどのように展開していくか、プロモーション展開も一緒に依頼したい場合は広告代理店がおすすめですよ。

一方で広告代理店へ動画制作を依頼した場合、動画への要望やイメージを直接動画制作会社に伝えられず、認識のズレが生じる可能性があるので注意が必要です。

個人

動画制作の見積もりを最も安く抑えられるのが、個人に依頼することです。

しかし個人であれば確実に他の依頼先よりも安いとは限りません。

実績のある有名な個人など、他の依頼先よりも高くなる場合もあるので見積もりを安くしたいのであれば気をつけましょう。

見積もりを安くしたいのであれば、経験が少ない個人がおすすめですが、希望通りの動画制作ができるか、クオリティは問題ないか、確認が必要です。

個人で動画制作を行う方の実力には大きく差があるので、動画のクオリティもピンキリだと覚えておきましょう。

また個人で動画制作をするため、納品までのスピードもかかります。

クオリティを重視する方やスピードを重視する方は、動画制作会社や広告代理店への依頼がおすすめですよ。

動画制作の見積もりを安くするための方法

ポイントを指す女性

動画制作の見積もりは動画の種類や依頼先によって異なりますが、様々な費用がかかることが分かります。

動画制作の見積もり相場や内訳が分かっても、予算内に収められないと依頼できないですね。

動画制作の見積もりは依頼先や動画の種類によって異なりますが、見積もりを安くするポイントはあります。

そこでこのトピックでは、動画制作の見積もりを安くするための方法について、以下を紹介します。

  • 動画制作に必要な資料を準備する
  • 参考動画を探しておく
  • 企画を自社で担当する
  • キャストや素材を用意する
  • 撮影日数を1日にする
  • 予算の上限を決めておく
  • 動画の種類と依頼先を見極める

動画制作に必要な資料を準備する

動画制作の見積もりを安くするためには、事前に動画制作に必要となる具体的な資料を準備しておきましょう。

資料があることで、動画制作でどのような情報を入れられるか、依頼先も判断しやすくなります。

また依頼先が調査をする手間がなくなるため、見積もりを抑えられるでしょう。

例えば商品紹介の動画制作を行うのであれば、商品に関する詳しい情報と競合に関する資料を集めることがおすすめです。

依頼先が商品を全く知らなくても理解できるように、具体的な資料を準備することが必要です。

動画制作に必要な資料を集める際、依頼先にその資料を見せるだけで動画の構成や動画内容の特徴が捉えられるか考えましょう。

資料を集めすぎて損することはないので、できるだけ多くの資料を用意しておくと安心ですよ。

参考動画を探しておく

事前に参考動画を用意しておくことで、見積もりの企画費を抑えられます。

具体的な参考動画があれば、依頼先もどのような動画を制作するべきなのか具体的にイメージを持ちやすいです。

また企画構成や競合調査などに必要な時間を短縮できるため、見積もりを安くできるでしょう。

参考動画を提示する際は、その中でも特にどのような部分がイメージに近いのか、詳細な説明が大切です。

自社がイメージする動画に良い参考動画が見つからない場合でも、大まかに想像でいる動画を用意することがおすすめです。

参考動画を探す際は動画の長さやクオリティなど、自社の予算に合う範囲で見つけるように気を付けましょう。

動画制作会社の制作実績やYouTubeなどから探すと見つかりやすいですよ。

企画を自社で担当する

動画制作の見積もりの大きい内訳として企画費がありますが、企画を自社で担当すれば見積もりを安くできます。

基本的に企画は難しく、動画制作の中で非常に重要な工程なので、プロに任せることがおすすめです。

どうしても費用を抑えたい場合は、自社で担当することも考えてみましょう。

企画を担当する際、余裕があれば簡単に絵コンテも作成することがおすすめです。

絵コンテがあることで、文字だけでなくイラストでなんとなく動画のイメージができます。

社内だけでなく依頼先と動画のイメージを効率良く共有するためにも、作成しておくとスムーズですよ。

キャストや素材を用意する

動画制作の見積もりとして人件費は大きい項目ですが、自社社員をキャストとして起用することで大幅に節約できます。

特にキャストは有名人などを起用すると非常に見積もりも高くなります。

また場合によってはキャストに加えて、ヘアメイクスタッフやコーディネーターなど専門スタッフも必要ですね。

自社社員を起用することで、キャストや専門スタッフの人件費を抑えられるので、有効的です。

しかし動画制作において演技や完成度を重視するのであれば、自社社員だと思うようにいかない可能性が高いので気を付けましょう。

また、動画に使う音楽やイラストにおいてもフリー素材を利用するなど、動画に必要な素材をできるだけ用意しておくと見積もりを安くできます。

自社で用意できることは全て用意しておくことがおすすめですよ。

撮影日数を1日にする

実写動画を制作する場合、撮影日数をできるだけ1日で終わらせるようにしましょう。

撮影日数が長くなるほど、キャストや専門スタッフの拘束期間が延びるため人件費がかさみます。

また撮影に必要な機材をレンタルしている場合や、ロケ地が遠い場合、交通費やロケ地レンタル費など多くの諸経費が必要なので気を付けましょう。

キャストやロケ地などできるだけスケジュールを合わせて短期間で終わらせることで、見積もりを安くできます。

また撮影に必要なシーンを削ることや、自社から近いロケ地を探すこともおすすめです。

撮影にかかる見積もりを安くするためには、必要最小限の撮影回数で終わるように、1回の撮影にこだわりましょう。

予算の上限を決めておく

動画制作の見積もりを安くするためには、事前に予算の上限を決めて提示することもおすすめです。

基本的に動画制作の見積もりが提示されるのは、依頼してヒアリングを行った後です。

依頼先を決めた後、依頼準備の段階で予算を決め、ヒアリング時に予算を伝えましょう。

具体的な予算がないと想定外に高い見積もりになってしまうことがあります。

出せる範囲の適切な見積もりを提示してもらうためには、事前に予算の上限を決めておき、その範囲内での動画制作を依頼することが大切です。

予算を決める際は、動画制作のかかる費用相場を確認して、自社が制作したい動画の種類や長さに合わせた金額を設定しましょう。

制作したい動画に対して予算が低すぎると、依頼先からの最適な提示が難しく動画のクオリティが低くなる可能性があります。

動画の種類と依頼先を見極める

動画制作の見積もりを安くするには、動画の種類や依頼先も大きく関わります。

例えば動画の種類では基本的に実写動画よりもアニメーション動画が、見積もりが安い傾向にあります。

また、依頼先は個人のフリーランスを選ぶことで、最も安い見積もりを期待できるでしょう。

動画の種類は動画制作の目的や入れたいメッセージによって、どちらが適切なのか考える必要があります。

見積もりを抑えるために、動画の内容に合わない種類を選んでしまうと、動画制作による効果を期待できないので注意が必要です。

依頼先としても、クオリティやスピードを重視するのであれば、動画制作会社などを選ぶと安心ですよ。

見積もりには動画の長さも関わるので、動画の長さに合ったメッセージを絞ることも覚えておきましょう。

動画制作の見積もりを確認する際に見るべきポイント

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

動画制作の見積もりは詳細に確認しないと、後々追加費用がかかるなどのトラブルにつながりがちです。

見積もりの内容に沿って問題なく動画制作を進めるために、このトピックでは確認するべきポイントを紹介します。

動画制作の依頼を考えている方は、見積もりを確認する前に注意点を把握しておきましょう。

  • 内訳に含まれている費用は何か
  • 配信媒体や契約期間はどれくらいか
  • 著作権はどこにあるか
  • 見積もりに対する実績があるか
  • 不明点はないか

内訳に含まれている費用は何か

見積もりを確認する際、まずは費用の内訳を細かく見ましょう。

例えば以下の費用が含まれているのか、確認することが必要です。

  • ロケ地レンタル費
  • 交通費
  • ナレーション費
  • 音響効果費
  • キャストの人数

上記の費用は詳細に記載されていないことが多く、編集費などと一緒にされていることもあります。

動画制作の費用について記載されていなければ、追加費用が必要になる場合もあるので、詳細の確認が重要です。

内訳の項目が大まかであれば、何の費用が含まれているのか具体的に聞くようにしましょう。

内訳にロケ地や交通費が含まれていない場合、当日の手配をしなければならないこともあります。

想定外の追加費用がかかることや、手配ができていなかった等のトラブルを避けるように、注意しましょう。

また、どんな場合に追加費用が必要になるのかも聞いておくと安心ですよ。

配信媒体や契約期間はどれくらいか

動画制作の見積もりでは、権利の確認も非常に重要です。

特にキャストを起用する際、キャストの契約期間やキャストの配信媒体が限定されていることがあります。

キャストの配信媒体限定されている場合、他の配信媒体を利用したい際に追加費用がかかる可能性があります。

またキャストの契約期間があれば、期間を過ぎたタイミングで動画を使用できなくなるでしょう。

自社社員をキャストに起用した際でも、社員が退職した場合どうなるのか、対応を考えることが必要です。

アニメーション動画の場合は、イラストレーターの権利を確認しましょう。

動画の利用方法によっては追加費用がかかります。

動画制作において、どのような制限があるのか、どのような場合に追加費用がかかるのか、使用権などを細かく確認しておきましょう。

著作権はどこにあるか

動画制作において、著作権を誰が持つのかも見ておきたいポイントです。

著作権は依頼された側にあることが多いですが、必ず全ての権利が動画制作側にあるとは言い切れません。

そのため、著作権が依頼側か依頼された側か、どちらにあるのか見積もりの段階で確認しましょう。

著作権をどちらが持つかによって、編集や使用において制限があります。

著作権は支分権譲渡などの権利もあるので、覚えておきましょう。

また、動画制作会社に著作権がある場合、使用制限を確認することが大切です。

見積もりに対する実績があるか

見積もりを確認した際、見積もりに応じた実績やクオリティがあるのか確認しましょう。

見積もりが高いと感じても、依頼先が有名な場合や多くの実績を残していれば、高くなる理由が分かります。

一方で、実績や経験が特筆していないのにもかかわらず、見積もりが高ければ理由を把握することが必要です。

依頼先には大きく分けて3種類ありますが、どの依頼先でも実績や経験値など担当者のスキルで見積もりが異なる可能性が高いです。

実績や経験、動画のクオリティに比べて見積もりが適正なのか、確認しましょう。

不明点はないか

見積もりの内訳について、少しでも不明点があればすべて聞くようにしましょう。

見積もり書において、分からない事があるのに放置した場合、追加費用が必要になることや余計な費用がかかることがあります。

依頼先と見積もりを確認する際、専門的な用語も使われがちです。

話の内容が分からないときも、細かいですが聞くようにしましょう。

動画制作の見積もりでは、確認すると実はいらない費用や他に予算をかけるべき項目などもあります。

事前にどのような項目にどのような費用がかかるのかを調べた上で、見積書と照らし合わせましょう。

分からない事は全て解消して進めることが大切ですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の見積もりは複数の会社から取ろう!

おすすめ

動画制作の見積もりは複数の会社から取るようにしましょう。

初めから1つの依頼先に絞っていると、後から後悔する可能性もあります。

3つほどの依頼先を絞り、それぞれの見積もりを比較することで、より良い依頼先を見つけられます。

見積もりを確認する前には、動画制作のかかる費用の相場を知っておくことが大切なので確認しておきましょう。

動画制作を依頼した際に見積もりを確認するタイミングは、基本的に依頼してから2週間程度後です。

依頼した後ヒアリングを行い、見積もりを出してもらうため、事前準備の際見積もり相場や内訳も細かく調べておくと安心ですよ。

動画制作の依頼を安く抑えたいならむびるがおすすめ!

むびるバナー-20231110
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作の見積もりを安く抑えたい方には、「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは、動画制作を依頼したい方と全国のプロの動画クリエイターをマッチングしてもらうサービスです。

依頼したい動画の内容、予算、納期など、希望を伝えることで、最適なクリエイターとプランを紹介してもらえます。

コンシェルジュと相談しながら進められるので、動画制作の依頼が初めての方も安心して利用できますよ。

紹介してもらったクリエイターの中から気になる方とのみ、打ち合わせが可能なのでスムーズに進められることも特徴です。

また「むびる」ではフリーランスのクリエイターに依頼するため、動画制作会社と同じレベルのクオリティを保ちつつ、費用を安く抑えられます。

動画制作の見積もりを安く抑えたいけど、クオリティは落とせないという方にぴったりですね。

「むびる」は幅広いジャンルに対応していて、公式ホームページでは、在籍しているクリエイターの制作実績も確認できます。

24時間LINE相談無料なので、気になる方はぜひ一度チェックしてみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

まずは動画制作の見積もりを確認しよう!

動画制作の見積もりは依頼先や動画の内容によって大きく異なります。

まずは複数の依頼先に動画制作の見積もりを出してもらい、内容や費用を比較しましょう。

見積もりを確認する際は、疑問点や不明点を全てなくすことが大切です。

詳細な見積もり内容を確認することで、希望にぴったりの依頼先が見つかりますよ。

納得のいく見積もりを出してもらうためには、事前に費用相場を知ることや事前準備が必要なので、はやめに行動しましょう。

ちなみに以下の記事では動画制作の打ち合わせについて紹介しているので、見積もり前の事前準備の参考にしてみてください。

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談