動画制作の基礎知識

動画制作の企画書の作り方!必要な要素やポイントを解説

動画制作の企画書の作り方!必要な要素やポイントを解説-アイキャッチ

「動画制作の企画書を任されたけど、何を書けば良いの?」
「動画制作の企画書に必要な要素が分からない。」

動画制作をする上で企画書は非常に重要な役割を担いますが、作り方が分からない方も多いですよね。

動画制作の成功には企画書の作り込みが必要であり、企画書が甘いと動画による十分な効果が期待できない可能性があります。

そこで今回は動画制作の企画書に必要な要素やポイント、作成手順について詳しく解説します。

記事の後半では企画書を通すコツや企画書を作る際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の企画書とは?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画制作の企画書とは、動画制作における企画の方向性や動画を制作する目的をまとめたものです。

動画の概要やなぜ制作するのかについて、分かりやすくまとめる必要があります。

動画の目的をもとにどのような動画を制作するのか、イメージする動画について提案します。

そのため、自分が考える動画制作についてのアイデアを誰が見ても理解できるように、作成することが重要です。

企画書は動画を制作する目的を達成するための計画書類なので、担当者は企画書を詳細に練る必要があります。

特に動画制作を自社で行う場合、企画書の担当は大切な役割なので覚えておきましょう。

企画書は外注することもありますが、外注する場合はヒアリングをしながら依頼先にまとめてもらえます。

企画書は自社で作成する場合も外注する場合も、動画制作において必要な書類です。

動画制作に企画書は必要不可欠!

企画書は動画制作において必要不可欠な書類なので、用意せずに動画制作の工程に取り組むことは避けましょう。

企画書があることで、動画の目的やターゲットを明確にして動画制作に取る組むことができます。

動画制作の企画書がなければ、動画の制作途中で目的が曖昧になり内容がぶれてしまう、メッセージが分かりにくいなどの失敗に繋がりやすいです。

動画制作には撮影や編集など、基本的な手順が決まっていてそれぞれコストもかかります。

企画書がないことで動画の方向性が分からず作り直しとなると、大きな手間とコストが更にかかるので避けたいですね。

また予算など場合によっては作り直しができない可能性もあるので、気を付けましょう。

企画書があれば、動画制作に必要な工程や明確な内容が把握できるので、失敗せずに動画制作を進められますよ。

動画制作を成功させるには、優れた企画書を作成することが非常に重要です。

動画制作の企画書はイメージ共有にも欠かせない!

企画書は、動画制作をスムーズに進めて成功させるために必要ですが、チーム内で動画に関するイメージを共有するためにも欠かせません。

動画制作はチームで行うことが一般的であり、チーム全員が同じ動画のイメージを持っていないと理想の動画を作りにくいです。

チームが同じ動画をイメージして動画制作に取り組むためには、事前に企画書で動画の詳細な目的や方向性を把握する必要があります。

動画制作に関わる人全てが意思統一させるためにも、企画書は重要ですね。

また、予算などで経営層からの承諾を得るためにも企画書は使われます。

動画制作の負担を減らし、理想の動画制作を成功させるには、時間がかかっても企画書に力を入れるようにしましょう。

動画制作の企画書に必要な要素を解説!

ポイントを指す女性

「動画制作の企画書には何を書けば良いの?」

動画制作において企画書は非常に重要ですが、企画書に組み込むべき情報が何か分からない方も多いのではないでしょうか。

動画制作の企画書に必要な要素が抜けていて、作り直しになることは避けたいですよね。

企画書では、動画制作によって何を成し遂げたいのか、誰に伝えたいのかが特に需要になります。

動画制作の企画書を見た人全てが共感できるかを意識して、作成しましょう。

このトピックでは、動画制作の企画書に必要な要素について特に重要な以下を紹介します。

企画書を任された方はぜひ一度目を通しておきましょう。

  • 目的
  • 目標
  • ターゲット・ペルソナ
  • コンセプト・メッセージ
  • 配信媒体

①目的

動画制作の企画書では、明確な目的が最も重要な項目です。

そもそも動画制作の企画書は、動画を制作する目的に沿って作成します。

なぜその動画を制作するのか、具体的な目的を明確にしましょう。

目的を考える際は、動画制作に至った経緯や制作した動画によってどのような影響を与えたいのか具体的に考えることが必要です。

例えば商品紹介であれば、なぜ商品紹介を動画で行うのか、動画の商品紹介をすることで、視聴者にどのような行動が期待できるのか、などです。

商品を購入して欲しいのか、知って欲しいのかで、動画の内容は大きく異なりますね。

動画制作をすることになった課題や、その課題を動画によってどのように解決できるのか、という内容を入れましょう。

また動画を見た視聴者に、どのようなアクションを取ってもらいたいのか、次のアクションに繋がる訴求を考えることも必要です。

企画書で動画制作の目的を明確にすることで、一貫した方向性を保った動画制作ができますよ。

②目標

動画制作の企画書において、目標も重要です。

目標設定では、動画を制作することで何を達成したいのか、具体的な数値を用いて決める必要があります。

例えば「5万人に動画を視聴してもらう」「5万回動画を再生してもらう」などです。

企画書で設定する目標はKPI(重要業績評価指数)とKGI(重要目標達成指標)があります。

KPIは中間目標、KGIは最終目標を考えると分かりやすく、特にKPIの設定を忘れないようにしましょう。

目標として具体的な数値設定があることで、動画が成功しているのか、失敗しているのかの基準となります。

最終目標を達成するために、中間目標の段階で、今後動画を流す時間帯や場所の変更が必要か確認しましょう。

③ターゲット・ペルソナ

ターゲットとペルソナは、動画制作において誰に動画を見て欲しいのかという動画の対象です。

ペルソナとは、動画の対象となるターゲットにおいてより具体的な情報を設定したユーザー像を指します。

年齢や性別、職業や趣味など、実在するような人物を想定し、動画の視聴者を明確にします。

ターゲットには例えば新規顧客や既存顧客、男性や女性など様々ですが、中でも20代の女子大学生向けなど、細かいユーザーを設定することが必要です。

ペルソナを設定すれば、どのような人に動画を見てもらいたいのかが明確になるため、より動画の方向性や効果を高められます。

動画によって興味を持つユーザーは大きく異なるので、ターゲットやペルソナを明確にした最適な訴求が大切ですね。

④コンセプト・メッセージ

動画制作の企画書では、動画でどのようなメッセージを伝えたいのか、どのようなコンセプトで作成するのかも必要です。

特に動画で伝えたいメッセージはたくさん思い浮かびがちですが、その中から重要なメッセージを1つに絞りましょう。

メッセージが多すぎると、動画をみて結局何を伝えたいのかが曖昧になってしまいます。

例えば商品紹介の動画であれば、伝えたいメッセージとして以下などがありますね。

  • 商品の安さ
  • 商品の機能性
  • 商品のコンセプト

上記の中で何を伝えたいのかを明確にしましょう。

メッセージが1つに絞れない場合は、動画制作の目的や課題を思い返すと分かりやすいですよ。

どんなメッセージを込めることで、課題解決に繋がるのかが重要です。

⑤配信媒体

動画制作の企画書では配信媒体も必要です。

配信媒体とは、ネット上で動画が見られるスマホやテレビ等があります。

動画のターゲットによって、どの配信媒体を利用すればより動画の効果を引き出せるか異なります。

例えば若者向けの動画であればスマホ再生が多く、シニア向けの動画であればテレビで見ることが多いでしょう。

特に最近ではSNSが普及し、YouTubeやTikTokなどネット上で動画を見る機会も増えています。

配信媒体に合わせて動画の雰囲気や長さを考える必要があるため、配信媒体に最適な動画を考えましょう。

動画の配信媒体は多様化している傾向にあるので、より考える必要性は高まりますよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の企画書を作る際のポイント

人差し指を立てる女性

「動画制作の企画書は必要な要素があれば良いの?」

動画制作の企画書を作るには必要な要素を組み込むだけでなく、ポイントを抑えておくことでより良い企画書を完成させられます。

動画制作の企画書におけるポイントは主に以下の通りです。

  • 企画書のフォーマットを重視しすぎない
  • 動画制作に至った課題や背景を明確にする
  • 動画のイメージを具体化する
  • タイトルを決める

企画書のフォーマットを重視しすぎない

初めて動画制作の企画書を作る方であれば、企画書のフォーマットを重視しがちですよね。

動画制作の企画書のフォーマットは、ネット上にも多くあるので形式を気にする方も多いでしょう。

しかし実際企画書で大切なのは中身や企画書の見やすさなので、フォーマットを意識しすぎないことが必要です。

企画書を作成する際は、パワーポイントやスライドを利用して、企画書を見る方が一目で内容を把握しやすい資料を考えましょう。

ちなみに動画制作の企画書には主に以下の内容を入れることが一般的です。

  • 目的
  • 目標
  • ターゲットやペルソナ
  • メッセージ
  • 配信媒体
  • 動画の種類
  • 動画の長さ
  • 予算や納期

上記の情報を書く際は、大まかにするのではなく具体的な数字を用いるようにしましょう。

特に目標は数字があることで動画が成功しているのか失敗しているのかの、判断材料になりますよ。

動画制作に至った課題や背景を明確にする

動画制作の企画書では、動画制作をするまでの過程を明確にしましょう。

過程が分かることで、自社が持っていた課題が分かります。

なぜ、何のために動画制作をするのかを考えて、課題をどのように解決するのか、企画書通りで課題は解決できるのか、考えましょう。

課題解決に向けて、ユーザーに寄り添った動画を制作することが大切です。

目標達成から逆算して、動画の視聴者に想定するアクションを取ってもらえるような企画書を作成しましょう。

動画のイメージを具体化する

動画制作の企画書では、動画制作に携わる人が同じ方向性を共有できるように、動画のイメージを具体化しましょう。

動画制作の企画書は、動画制作をスムーズに進めて成功させるために大切な資料ですが、チームが同じ意識で動画制作に取り組むための指標にもなります。

最終的にどのような動画の完成形を目指しているのか、チームが同じイメージができるように具体化が重要です。

企画書では動画の種類や長さ、目標など最低限書くべき項目がいくつかありますが、全ての項目で明確な数字を入れましょう。

特に動画の長さにおいて数字で分かれば、コンテンツ量や構成も考えやすくなりますよ。

タイトルを決める

より良い企画書を作成するには、動画のタイトルも大切です。

例えばYouTubeで動画を見る際やテレビの番組表を見る際、タイトルだけで興味を引かれることや反対に見ようと思えないことがありますよね。

タイトルは視聴者が最初に動画において得られる情報です。

制作した動画をより多くの視聴者に見てもらうために、ターゲットに沿っているか、動画の内容を端的に表せているかを考えましょう。

タイトルは動画をあげるまでに変更できるので、企画書の時点では確定しません。

具体的なイメージを持たせるためや、何の動画制作の企画書なのかを分かりやすくするために、設定しておくことがおすすめですよ。

動画制作の企画書の作成手順

おすすめ

動画制作の企画書を初めて作る方は、まず手順を知っておきましょう。

基本的な動画制作の企画書の手順は以下の通りです。

  1. 目的や目標を明確にする
  2. ターゲットと配信媒体を設定する
  3. メッセージを絞りコンセプトを決める
  4. 動画の長さや種類を決める
  5. 参考にする動画を決める
  6. 絵コンテを作成する

一般的な動画制作の企画書の手順は上記の通りで、それぞれの流れにおいてポイントを抑えた説明が必要です。

目的に沿ったシンプルな内容で、簡潔に作成しましょう。

①目的や目標を明確にする

まずは動画制作において非常に重要な目的と目標を設定しましょう。

目的は動画制作をするに至った経緯や自社が持つ課題を考えると、分かりやすくなります。

動画制作の目的が明確に決まると、動画制作の手順が必要な工程が明確になるので大切ですね。

目的は具体性を持たせて、慎重に決めることが必要です。

また課題解決に向けてなぜ動画を利用するのか、動画で訴求する理由も含めることも覚えておきましょう。

目的が決まったら目標であるKPI(重要業績評価指数)の設定です。

KPIは設定しない方も多いですが、具体的な数字で設定することで一気に動画を成功に近づけられます。

動画制作の企画書を作成する際は、まず具体的な目的と目標を設定しましょう。

②ターゲットと配信媒体を設定する

動画制作における目的や目標が決まれば、動画のターゲット層と配信媒体を決めます。

動画のターゲット層を決める際は、ペルソナまで具体的なユーザーを想定しましょう。

基本的に動画制作の目的が決まると、ターゲット層も把握できますよ。

しかしターゲット層は広すぎても狭すぎても、思うような視聴者を得られない可能性があります。

性別や年齢、趣味嗜好などを絞って、誰に動画を見て欲しいのか考えましょう。

また動画はターゲットに合わせた配信媒体を選ぶ必要があります。

特に最近ではYouTubeやInstagram、TikTokなどネット上でも動画の配信媒体は多様化していますね。

ターゲットに合わせて、どの媒体を利用すれば効果的に見てもらえるのか、考えて設定しましょう。

③メッセージを絞りコンセプトを決める

次に動画で伝えたいメッセージを1つに絞って、コンセプトも決めましょう。

メッセージも動画制作の目的に基づいて決めることが重要です。

例えば商品紹介であれば、価格の安さを伝えたいのか商品の機能性を伝えたいのかで、動画内容は大きく異なります。

複数のメッセージを入れてしまうと、結局動画で伝えたいことが何か分かりにくいですよね。

メッセージはできるだけ絞ることで視聴者の印象にも残りやすく、次のアクションを促せます。

どのメッセージを伝えれば課題解決に向けた効果が期待できるのか、視聴者にとって魅力のあるコンセプトを設定することが大切です。

④動画の長さや種類を決める

次に、動画の長さや種類を決めましょう。

動画の長さは30秒以内や1分程度、3分以上で予算や構成、コンテンツ量が大きく異なります。

短い動画であればコンテンツ量は減りますが最後まで見てもらいやすく、長い動画はコンテンツ量を増やせますが完全視聴率が下がりがちです。

動画の長さに悩む場合は、予算から逆算することも良いでしょう。

また動画には大きく分けて、実写動画とアニメーション動画の2種類があります。

種類によって動画制作の工程や向いている動画が違うので、目的と照らし合わせて決めるようにしましょう。

ちなみに企業や商品の紹介には1分程度の実写動画、ブランディング動画にはアニメーション動画がおすすめです。

動画の種類別のメリットやデメリットは以下の通りです。

実写動画 アニメーション動画
メリット
  • 共感しやすい
  • 信頼性や説得力がある
  • 多くの動画と相性が良い
  • ポイントが分かりやすい
  • 印象を和らげられる
デメリット
  • 時間や費用がかかる
  • クオリティの差が出やすい
  • 共感しにくい
  • 表現が難しいことがある

⑤参考にする動画を決める

動画の種類や長さまで決まったら、参考にしたい動画を探しましょう。

特に初めて動画制作を行う場合、動画の流れや終わり方が分からないですよね。

動画制作の目的や長さ、種類が同じ動画から、イメージする動画を見つけることで、より具体的な完成形を共有できます。

動画制作を外部に依頼する際も、参考動画があることで理想とする動画を制作しやすいでしょう。

動画を探す際は、動画制作会社などの制作実績やYouTube、普段見かけるCM等から見つけることがおすすめです。

普段からネタ集めを意識して行うことで、より理想の動画制作ができるでしょう。

参考動画を見つける際は、自分の予算と照らし合わせて大幅に差が出ないように気を付ける必要があります。

自分の動画制作にかけられる予算と参考動画のクオリティを比較して依頼しましょう。

⑥絵コンテを作成する

最後に絵コンテを作成しましょう。

絵コンテとは、動画制作をする際に動画の流れを絵や文字を使って表現するものです。

絵コンテがあることで、動画制作のチームにより具体的な動画のイメージを共有できます。

動画制作を外注する際、依頼先にできるだけ理想通りの動画を制作してもらうには絵コンテがあると安心でしょう。

動画制作の企画書において絵コンテを作らない場合も多いですが、絵コンテがないと想像通りの動画を作れない可能性が高いです。

文章だけでなく絵でイメージを共有できる効果は大きいので、簡単にでも絵コンテは作っておくようにしましょう。

絵コンテを作る際は、7コマ程度用意することがおすすめです。

余裕がある場合は、セリフや効果音、ナレーション等もできるだけ細かく作成しておくと分かりやすいですよ。

動画制作の企画書を通すコツ

考えこむ女性

「動画制作の企画書が完成したけど、OKをもらえるか不安。」

動画制作の企画書に必要な要素やポイントを詰め込めば、必ず企画書が通るわけではありません。

企画書を通すには、内容だけでなくアピールするべきことがいくつかあります。

動画制作の企画書を作成した後は、その企画書を通すために以下の点を意識して伝えるようにしましょう。

  • 費用対効果をアピールする
  • 特に重要なメッセージを絞って伝える

費用対効果をアピールする

企画書を通すにあたって、費用対効果のアピールは重要です。

費用対効果とは、動画制作において費やすコストに対して、どれくらいの効果を得られるのか、という意味です。

簡単に言うとコストパフォーマンスが高いのかということで、費やすコストと効果をお金で換算してアピールします。

例えば企画書だけで見ると非常に優れていても、動画制作にかける費用以上の効果が見込めない場合、上からの承認は得られないでしょう。

動画制作における費用対効果では、以下の点について数字を使って具体的に説明する必要があります。

  • 動画制作に必要な費用や期間、人材
  • 動画公開後の期待できる収益

費用対効果を上げるには、動画制作にかけるコストをできるだけ下げると良いでしょう。

動画を公開した後の収益はあくまで期待値ですが、動画制作にかけるコストは明確に決められますよ。

特に重要なメッセージを絞って伝える

動画制作の企画書は、目的や目標、用途で内容が大きく異なります。

自社が持っている課題解決に向けて、どのように取り組めるのか、最も重要なメッセージを完結に伝えましょう。

特に企画書のボリュームが大きい場合、何を伝えたいのか何が魅力なのか、分かりにくいですね。

企画書を通すのか決定する経営層は、要点を求める傾向にあります。

企画書において最も重要なメッセージを絞って、始めに伝えてから企画書内容の説明に移ると良いでしょう。

動画の目的や課題に沿った内容はもちろん、ターゲットやコンセプトも明確にして完結に話すことが重要です。

企画書として不要な情報は全てなくし、必要な情報のみを盛り込むと内容も理解しやすいですね。

企画書を通すには相手に分かりやすく伝える重要性を把握して、事前にメッセージを絞っておきましょう。

動画制作の企画書を作成する際の注意点

疑問に思う女性

動画制作の企画書を作成する際は、以下の点に注意するようにしましょう。

必要な要素だけでなく注意点を知っておくことで、より良い企画書を作成できますよ。

このトピックで紹介する動画制作の企画書作成における注意点は、主に以下の通りです。

  • 企画書の内容は具体的か
  • 実行に係る工程数は把握できるか

動画制作における企画書は具体的に作成することで、イメージする動画をチーム内で正確に共有できます。

また、理想的な動画制作を楽にするためには企画書を作り込むことが必要です。

同時に動画制作の実行における工程数も把握できる企画書を作成しましょう。

工程数が把握できないと、動画制作にどれくらいの時間や費用が必要なのか分からないですよね。

事前に工程数が分かれば、動画制作をスムーズに進められますよ。

動画制作の企画書は動画の種類で考えよう!

動画制作の企画書は動画の目的で内容が異なります。

例えば会社や商品などの紹介動画であれば、ストーリー性を持たせて飽きないような工夫が必要です。

図やアニメーション、音声を活用して、紹介する会社や商品の魅力を伝えて、目的を達成できるような企画書を制作しましょう。

紹介する会社や商品の強みやメリット、何が得られるのか視覚的に理解できる動画が重要です。

一方で採用動画などであれば、自社と他社の違いを明確にして差別化する必要があります。

自社ならではの動画にするためには、自社社員へのインタビューを行うといった、独自でしか取り組めない動画を意識しましょう。

動画制作の企画書は、動画の目的で流れや構成が異なるので、まずは目的を明確にすることが重要ですよ。

動画制作の企画書は外注するのも1つの手!

指を指す

動画制作の企画書がどうしても上手く作成できない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

企画書は動画制作において非常に重要な役割ですが、作成するのは難しいですよね。

どうしても構成が思い浮かばない際や、イメージする動画に繋がりにくい際は、動画制作の企画書から外注することもおすすめです。

企画書を外注する際は、外注先の担当者とも話し合って動画制作に対するイメージをすりあわせる必要があります。

動画のイメージを正確に伝えるには、5W1Hを意識して伝えましょう。

外注先と動画制作において打ち合わせ前には、用意しておくべきことが多いです。

外注するとなっても全て任せるのではなく、どんな動画にしたいのか明確にイメージしておくことが重要です。

動画制作の企画書作成を任されたけど、どうしても上手く作れないという場合は、一度外注も検討してみましょう。

動画制作の企画書を外注するメリットとデメリット

動画制作の企画書を外注する際は、事前にメリットとデメリットを知っておくことが必要です。

動画制作の企画書を外注する主なメリットは以下の通りです。

  • 高品質な企画書を作成しやすい
  • 分野に特化した企業に任せられる

一方で動画制作の企画書を外注する主なデメリットは以下の通りです。

  • 外注費がかかる
  • 制作の目的が上手く伝わらない可能性がある

動画制作の企画書作成を外注することで、クオリティの高い企画書作成が可能ですが、費用がかかります。

また、場合によっては動画制作の目的が上手く伝わらず、イメージする動画制作ができない可能性があるので覚えておきましょう。

動画制作の企画書の外注先は、動画の目的と相性が良いのか、実績はあるのか、確認しておくことが必要です。

事前に外注先の公式ホームページなどで、実際に作成した作品を見ておくとイメージしやすいですよ。

動画制作の企画書を外注する場合は、そのメリットとデメリットを把握してから慎重に決断しましょう。

動画制作の企画書の依頼には「むびる」がおすすめ!

むびる
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作の企画書を外注するか悩んでいる方には、むびるがおすすめです。

むびるとは、動画の企画や撮影、編集など動画制作に関するどんな依頼もできるサービスです。

動画制作に関しての依頼を発注したい依頼者と、全国のクリエイターを繋げてもらえるので、自分の希望に合ったクリエイターを紹介してもらえます。

紹介してもらった複数のクリエイターの中から、良いと感じた方とのみ打ち合わせに進めるのでスムーズです。

コストを抑えて高品質な動画制作が可能なので、コスパ重視の方にもぴったりですね。

初めて動画制作の企画書を外注する場合でも、コンシェルジュと相談して進められるので安心できます。

むびるでは、24時間LINEで相談できるので気になる方は一度相談してみましょう。

公式ホームページでは在籍しているクリエイターの制作実績も確認できるので、事前に確認することがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作には企画書が必要不可欠!

動画制作を成功させるには、どれだけ優れた企画書を作成できるかが重要です。

企画書を作成することで動画の方向性や工程が明確になるので、今回紹介したポイントを参考に完成度の高い企画書を作成しましょう。

企画書では特に動画の目的や目標、ターゲットを具体的に絞ることが重要ですよ。

また、動画の目的によっては企画書の外注がおすすめの場合もあります。

クオリティの高い企画書や動画制作を実現させたいのであれば、外注も検討してみましょう。

企画書を外注する際は、動画に対するイメージを明確に共有する必要があります。

外注先の得意動画や実績も考慮して、動画の目的に合った外注先を見極めましょう。

ちなみに以下では動画制作を依頼する場合の費用を紹介しているので、気になる方は確認してみてください。