動画制作の基礎知識

動画制作の打ち合わせに必要なことって?ヒアリングのポイントも解説

動画制作の打ち合わせに必要なことって?ヒアリングのポイントも解説-アイキャッチ

「動画制作の打ち合わせに準備することって何?」
「動画制作での打ち合わせって、何を伝えれば良いの?」

動画制作を成功させるには、打ち合わせの段階でいかに動画の目的やターゲットを明確に伝えられるかが重要です。

しかし動画制作が初めての方だと、打ち合わせまでに何を用意しておくべきか分からないですよね。

そこで今回は、動画制作の打ち合わせまでに考えておくべき5W1Hについて詳しく紹介します。

記事の後半では動画制作の打ち合わせ時に伝えるべきポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の打ち合わせまでに考えておくべき6つのことを解説!

ポイントを指す女性

「動画制作の打ち合わせまでに考えておくべきことってある?」

動画制作の打ち合わせが初めての方であれば、上記のような疑問がある方は多いのではないでしょうか。

動画制作の打ち合わせでは実際どのような内容が聞かれるのか、何を用意するべきなのか知っておきたいですよね。

動画制作を依頼する会社からより適切な提案をしてもらうためには、ヒアリングで伝える情報を充実させることが大切です。

そこでこのトピックでは、動画制作の打ち合わせのヒアリング時までに考えておくべきことについて、以下の6つを紹介します。

今後動画制作の打ち合わせを控えているという方は、ぜひ一度チェックしておきましょう。

  • なぜその動画を制作するのか
  • 想定するターゲット層はどこか
  • どのようなメッセージを込めたいのか
  • 動画はどこで流したいのか
  • どの時間帯に動画を流すのか
  • どのような媒体で動画を流すのか

①なぜその動画を制作するのか

動画制作の打ち合わせにおいて非常に重要なポイントは、なぜ動画を制作するのかという目的です。

動画制作において目的がはっきりしていることは、非常に重要になります。

目的が明確であればどのような動画を制作するのか、内容や構成を決められます。

動画制作において目的が明確なことは当たり前だと感じる方もいますよね。

しかし実際は動画制作の目的において、「色んな人に知ってもらいたい」くらいしか浮かばない方も多いです。

動画制作の目的は曖昧なものや抽象的な内容ではなく、具体的である必要があります。

例えば動画を企業の採用活動として使いたいのか、YouTubeなどでサービスを紹介したいのかでも、大きく異なりますね。

目的を伝える際は、動画制作までの経緯や動画によってどのような影響を与えたいのかを考えましょう。

今後のビジョンに合わせて、動画を見たユーザーに取ってもらいたいアクションまで考えることが必要ですよ。

②想定するターゲット層はどこか

動画制作において、狙うターゲット層も重要です。

狙うターゲット層は大まかなものではなく、年齢や性別、どのようなものに興味があるか等、具体的に決めておきましょう。

誰に向けて制作したい動画なのかが明確であれば、より効果的な動画制作が可能です。

ターゲット層を考えるときは、「ペルソナ」を意識することがおすすめです。

ペルソナとは、何かしらのサービスや商品のユーザー像のことで、実際に存在しているように詳細な情報を設定します。

ペルソナはターゲットに比べてより具体的な人物像を設定するため、どのような動画が響くのか想像しやすくなりますね。

しかしターゲットを絞りすぎると、動画の影響を与えられる相手が少なくなってしまうので、過度に範囲を狭めないように気を付けましょう。

動画制作においてどのような相手に見てもらいたいのかを明確にすることは、動画の効果に関わる重要なポイントです。

③どのようなメッセージを込めたいのか

動画制作では、制作する動画にどのようなメッセージ性を持たせたいのか、何を伝えたい動画なのかも考える必要があります。

動画制作の目的には、サービスや商品の紹介や採用活動など様々ですね。

例えばサービスや商品の紹介動画であるならば、そのサービスや商品の何を伝えたいのかを具体的に考えることが大切です。

採用活動の動画であるならば、自社や社員に関する何を見せたいのかを考えましょう。

具体的に伝えられるメッセージや内容としては以下などがあります。

  • 商品のコンセプトが大切なのか
  • 機能性に優れている商品なのか
  • 価格の安さを紹介したいのか
  • 実際に働く社員の考えなのか
  • 自社が持っている強みなのか

上記のように動画において特に伝えたい内容を明確にすることで、動画の方向性も変わります。

動画にこめたいメッセージは客観的にも求められているものか、動画で取り上げることが効果的なのかも考えてみましょう。

④動画はどこで流したいのか

どこで動画を流したいのかという場所についても、動画制作においては重要です。

制作した動画を流す場所や複数の場所で流すのかなどは、動画を視聴する環境や方法に大きく影響があります。

事前に場所ごとの環境を把握することが大切で、どこで動画を流すことが効果的なのかも考えるようにしましょう。

動画を流す場所には、例えば以下があります。

  • 電車
  • ショッピングモール

電車やショッピングモールで流す動画であれば、基本的に音声は流せません。

そのため、以下の点に気を付ける必要があります。

  • 音声がなくても成立するのか
  • 音がない中でも多くの方に見てもらえるのか
  • 目だけで動画の内容を正確に理解できるか

上記のように動画は流す場所によって環境が大きく異なるため、その環境で最も影響を与えられる動画を作ることが重要です。

特に音声を流せないなど、制限がある環境で動画を流す場合は、事前に情報を集めておきましょう。

⑤どの時間帯に動画を流すのか

動画制作では、動画をどの時間帯で流すのかも考えておくべきポイントです。

時間帯は忘れがちですが、ターゲットによって大きく異なる部分でもあるので覚えておきましょう。

動画を流す時間には、平日や土日祝日、昼間や夜間など様々で、時間帯によって流れる動画の傾向も異なります。

子ども世代向けなのか、主婦層向けなのか、シニア向けなのかなど、ターゲット別に適した時間があります。

またWeb上の広告であれば、多くの方がウェブ動画を見ている時間帯に流すことが効果的ですね。

例えばターゲットが子どもやシニアの場合は、深夜に流してもターゲットの視聴率が取れず効果を得られないでしょう。

例えば、子どもやシニア向けならゆっくり動画を見られる休日の朝の時間帯、社会人向けなら平日でも見やすいお昼休憩付近の時間などが考えられます。

動画制作では動画を流す時間において、ターゲット層に最適な時間帯はいつなのか、考えことが必要です。

⑥どのような媒体で動画を流すのか

動画制作における最後のポイントは、動画をどのように流すのかという配信媒体についてです。

動画をどのような媒体で流すのかについて、動画のターゲット層によって効果的な配信媒体は異なります。

例えば若者向けの動画であれば、今ではテレビやパソコンよりもスマホで再生することが多いでしょう。

そのため画面の小さいスマホでも分かりやすい動画を制作する必要があります。

一方でシニア世代向けの動画であればスマホよりもテレビで再生する方が多く、テレビでどのように印象付けられるかが重要になります。

特に最近はSNSが普及し、YouTubeやInstagram、TikTokなど配信媒体も多様化する傾向です。

そのためターゲット層に合わせた配信媒体を考える必要性は、今後更に高まると考えられますよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の打ち合わせには5W1Hを意識しよう!

人差し指を立てる女性

動画制作の打ち合わせまでに考えておくべきことについては、「5W1H」が重要です。

5W1Hとは以下の通りです。

  • Why : なぜ
  • Who : 誰が
  • What : 何を
  • Where : どこで
  • When : いつ
  • How : どのように

上記に沿って相手に伝えたい内容や当てはまる内容を考えましょう。

5W1Hのポイントを抑えて動画制作の内容を考えることで、ターゲット層やどのような内容にすれば良いのか、明確になります。

また5W1Hを考える際は、大まかにではなく具体的な内容を詳細に整理することが必要です。

ターゲット層にしても広すぎると、どのような動画を制作すれば良いのか考えにくいですよね。

想定する5W1Hが具体的なほど、最適な動画制作が可能になりますよ。

動画制作の打ち合わせにはヒアリングシートが重要!

動画制作の打ち合わせでは、ヒアリングシートが利用されます。

ヒアリングシートとは、打ち合わせ前に顧客の現状や課題を把握するために、企業等が用意する資料です。

動画制作において、クライアントがどのような動画を制作したいのか、どのような課題を持っているのかを確認できる重要な役割を担っています。

事前にクライアントから聞き出したい内容をヒアリングシートとして用意し、初回打ち合わせ時のヒアリングをもとに作成します。

ヒアリングシートがあることで、クライアントに対する適切な提案が可能になるため、ヒアリングシートの作成は必須ですね。

ヒアリングシートを作成する理由としては主に以下があります。

  • クライアントの情報を把握し理解するため
  • 把握漏れをなくして正確な情報を持つため
  • 動画制作における提案の質を保つため
  • ヒアリングの効率化

ヒアリングシートを知っておくと動画制作を依頼する際に、事前に用意しておくことが明確になるので覚えておきましょう。

ちなみにヒアリングシートで聞かれる内容でも、5W1Hを意識した答えが大切です。

動画制作の打ち合わせ時に伝えるべきポイントとは?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

「動画制作の打ち合わせ時に必ず伝えることってある?」
「動画制作の打ち合わせまでに用意しておくと良いことを知りたい。」

いざ動画制作の打ち合わせとなった際、伝えるべきことが分からない方もいますよね。

動画制作の打ち合わせでは、5W1Hとは別に以下のことを伝える必要があります。

打ち合わせをスムーズに進めるためにも、事前にチェックしておきましょう。

  • 予算
  • 納期
  • 動画の長さ
  • KPIを設定する
  • 参考にしたい動画やイメージに近い動画

予算

動画の打ち合わせ時に重要なのが、予算です。

動画制作にどれくらいの費用をかけられるのかによって、制作できる動画内容や種類は大きく異なります。

予算を伝えることで、予算に合った最適な動画制作の提案をしてもらいましょう。

予算が曖昧だと依頼先の提案も定まらず、動画の内容も明確になりにくいです。

また予算を上回り想定外の出費になる可能性もあります。

事前に動画制作にかけられる費用はいくらまでと、予算をはっきり決めておきましょう。

どうしても予算が決まらない場合は、制作したい動画のイメージを伝えて、大体どれくらいの費用が必要になるか聞くことも手です。

提示された費用と出せる予算を比較することも大切ですよ。

納期

動画制作において、納期も決めておく必要があります。

納期は動画が必要になるぎりぎりの日時ではなく、修正や問題があった場合でも間に合うように余裕を持った日時を伝えましょう。

動画制作では、製作後に確認して修正を行う場合もあります。

そのため基本的に修正があった場合を想定して納期を決めることが大切ですよ。

また動画をいつ何に使うのか、具体的な内容を依頼先に共有しておくことで、依頼先としても納期が想像しやすいです。

万が一納期に間に合わないことがあっても、余裕を持てる日時設定を考えましょう。

動画の長さ

動画の長さも、打ち合わせ時に伝えるべきことですね。

大まかに30秒程度なのか、1分程度なのか、3分以上なのかを考えておきましょう。

動画の長さを伝える理由としては、長さによって以下の内容が変わるからです。

  • 動画の制作費
  • 動画内に入れられるコンテンツ量
  • 構成

動画の長さによって、上記が大きく異なるので動画の内容にも影響します。

動画の長さは配信媒体やターゲット層、動画の目的によって異なるので、考えておきましょう。

動画の長さによって伝えられるメッセージ数も変わるので、1つか2つに絞って考えておくと安心ですよ。

KPI を設定する

KPIを設定しておくと依頼先も動画制作がしやすくなります。

KPIとは重要業績評価指数のことで、具体的な目標を達成する上で達成度合いを確認できる数値です。

ちなみに動画制作の目標はKGI(重要目標達成指標)と言われ、KPIは中間目標と考えておくと分かりやすいですね。

動画制作のKPIであれば、例えば以下について具体的な数値を考えておくと良いでしょう。

  • 視聴者数
  • 動画の再生数

KPIを設定することでどのような動画を制作すれば良いのか明確になります。

動画制作の打ち合わせまでに余裕がある方は、設定がおすすめです。

KPIを設定する際はあいまいな目標ではなく、視聴者数5万人、動画の再生数5万回など具体的な数字で決めましょう。

参考にしたい動画やイメージに近い動画

参考にしたい動画やイメージに近い動画があれば、打ち合わせ時に用意しておきましょう。

打ち合わせ時に、「このような動画を作ってください。」と見せることで依頼先も動画の方向性を想像しやすいです。

参考動画があることで打ち合わせをスムーズに進められるので、できるだけ用意することがおすすめです。

しかし提示する予算と参考動画のクオリティーに大きく差があると、打ち合わせが滞る可能性があります。

事前に参考にしたい動画の制作費はどれくらいなのか、調べておくと安心です。

自分の予算内で制作できる動画を参考動画として探しましょう。

動画制作の打ち合わせを含めた流れを解説!

おすすめ

動画制作を依頼する際、依頼するタイミングが分からない方も多いのではないでしょうか。

適切なタイミングで動画制作を依頼するには、動画制作の流れを知っておくことが必要です。

動画制作を依頼してから完成するまでの流れが分かれば、いつ依頼すれば間に合うのか大まかにイメージできますね。

動画制作について、依頼先に問い合わせてから納品までは以下の流れで進みます。

  1. 依頼先を決める
  2. 問い合わせ
  3. ヒアリング・打ち合わせ
  4. 企画
  5. 撮影
  6. 編集
  7. 納品

基本的に上記の流れで動画制作が行われます。

動画制作では基本的に順番が変わることがないので、行程をスムーズに進めるためには問題がないか確認することが重要ですよ。

ちなみに動画制作の流れにおいて、どこで時間が必要なのかは動画の種類によって異なります。

事前に動画の種類を決めておくことも忘れないようにしましょう。

動画制作の流れは動画の種類で異なる!

動画の種類には大きく分けて、実写動画とアニメーション動画があります。

特にアニメーション動画であれば更に以下に分けられます。

  • インフォグラフィック
  • モーショングラフィックス
  • ストップモーション・アニメーション
  • フル・アニメーション
  • 3Dアニメーション
  • イラストアニメーション

アニメーション動画は、画質や立体感、3DやCGなどで費用や必要な時間は大きく異なるので気を付けましょう。

ちなみに実写動画であれば撮影に時間がかかりますが、アニメーション動画では編集に時間がかかります。

動画の種類によって打ち合わせまでの流れを逆算し、余裕を持って動画制作を依頼しましょう。

動画制作を依頼するなら「むびる」がおすすめ!

むびる
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作の依頼先に悩んでいる方は「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは動画の企画や撮影、編集など動画制作を依頼したい方が、プロの動画クリエイターに直接依頼できるサービスです。

「むびる」のおすすめポイントには主に以下があります。

  • 幅広いジャンルに対応したクリエイターが登録している
  • むびるに登録しているクリエイターは厳正な審査に通っている
  • 費用をおさえて高品質な動画制作が可能
  • コンシェルジュと相談して進められるので初心者も安心

「むびる」ではコンシェルジュに相談することで、自分の依頼内容に合ったクリエイターやプランを案内してもらえます。

納期や予算について相談しながら進められるので、初めて動画制作を依頼したい方にもおすすめです。

自分に合ったプランのクリエイターから、良いと感板クリエイターのみと打ち合わせできるので、スムーズに進められますね。

むびるでは、プライベートからビジネスシーンまであらゆるジャンルで利用できるので、どんな依頼にもぴったりのクリエイターが見つかりやすいでしょう。

公式ホームページでは、在籍しているクリエイターの制作実績も確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

LINEでは24時間無料相談を受け付けているので、気になる方はまずは相談から始めることがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の打ち合わせに関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画制作の打ち合わせに関するよくある質問について、以下の3つを紹介します。

  • 動画制作の打ち合わせでの注意点ってある?
  • 依頼する動画制作会社を選ぶポイントってある?
  • 動画制作の費用相場ってどれくらい?

動画制作の打ち合わせでの注意点ってある?

動画制作の打ち合わせでの注意点としては、主に以下があります。

  • 5W1Hの内容が決まっていない
  • 予算や納期があいまい
  • 著作権の取扱が分かっていない

動画制作の打ち合わせまでには、今回の記事で紹介したように、必要最低限決めておくべきことがいくつかあります。

納期や予算、目的など決めておくべきことを決めていない、という状況は避けるようにしましょう。

何も決まっていなければ打ち合わせも進まず、依頼先にしても上手な提案ができません。

自分が理想とする動画を制作するには、依頼先に明確なイメージを伝えて最適な提案をしてもらうことが重要です。

また、使用用途や使用期間について契約で決められることがあるので、打ち合わせ時に著作権について確認しておきましょう。

依頼する動画制作会社を選ぶポイントってある?

動画制作の依頼先を決める際のポイントは主に以下の通りです。

  • どのような動画制作を得意としているのか
  • どのようなサービスが付帯しているか
  • 動画の制作実績はあるのか
  • 料金体系が明瞭で相場と差がないか

動画制作を失敗しないためには、依頼先を見極めることが非常に重要です。

上記の点に気を付けて、自分の動画制作に最適な依頼先を見つけましょう。

依頼先を探す前に、動画制作における優先順位を決めておくこともおすすめです。

予算や実績、サービスなど何を重視するのかを一度考えてみましょう。

またすぐに決めるのではなく、複数の依頼先で見積もりを出してもらい決めることが安心ですよ。

動画制作の費用相場ってどれくらい?

動画制作の費用相場は、動画の種類や長さによって大きく異なります。

基本的に安い場合だと10万円程度、高い場合だと100万円超の費用が必要になるので覚えておきましょう。

商品やサービス紹介の動画であれば20万円~150万円程度、YouTubeの動画であれば5万円~50万円程度が相場です。

動画制作にかかる費用については、打ち合わせ時に明確な予算を伝えて合わせてもらうことが必要です。

また見積もりが相場より低すぎる場合や高すぎる場合は、他の依頼先を検討してみましょう。

基本的に動画制作における相場と見積もりに大きく差がない依頼先がおすすめですよ。

動画制作の打ち合わせでは事前準備が大切!

動画制作の打ち合わせでは、事前に5W1Hを具体的に整理しておくことが大切です。

事前準備を整えることで打ち合わせをスムーズに進められるだけでなく、理想通りの提案をしてもらえます。

打ち合わせは動画制作を成功させる重要な工程なので、気を抜かずに臨みましょう。

また動画制作の打ち合わせは適切なタイミングで日程を組むこと、動画における予算を決めておくことも必要です。

動画制作において打ち合わせのタイミングや予算の決め方に困っている方は、以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

動画制作の流れや動画の利用シーンに合わせた費用相場を詳しく紹介しています。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談