動画制作の基礎知識

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

「動画制作にかかる費用の相場ってどれくらいなの?」
「動画制作の費用を抑える方法を知りたい。」

動画制作は、結婚式やパーティーなどのプライベートシーンから、企業PRや社内セミナーなどのビジネスシーンなど幅広い場面で必要になりますよね。

しかし動画制作にかかる費用の相場が分からず、予算に悩むことも多いと思います。

動画制作を依頼するには、事前に相場を知っておくことが重要ですね。

そこで今回は、動画制作にかかる目的別の費用相場や内訳について詳しく解説します。

記事の後半では、動画制作の費用を抑えるコツや依頼先を選ぶポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の費用相場はどれくらい?

疑問に思う女性

動画制作を依頼するには、会社紹介や商品紹介、セミナーやイベントなどあらゆる目的や種類がありますよね。

動画制作の費用相場は、目的に応じた種類によって大きく異なるので、まずは動画の種類別の費用相場について、主に以下を紹介します。

動画の種類 動画制作の費用相場
YouTube 5万円~50万円
セミナー・イベント 20万円~60万円
研修動画 10万円~150万円
商品・サービス紹介 20万円~150万円
学校・会社紹介 30万円~200万円
採用動画 30万円~200万円
展示会動画 50万円~200万円
ブランディング動画 100万円~300万円
テレビCM 100万円~400万円

上記が主な種類別の動画制作に必要な費用の相場です。

基本的には安い場合だと10万円程度、高い場合だと100万円超の費用が必要になります

上記の表を参考にして、自分の目的の動画の費用を大まかに把握しておきましょう。

動画制作の費用にかかる内訳とは?

考える女性

上記で紹介した動画制作にかかる費用の相場を知って、高いなあと感じた方も多いのではないでしょうか。

動画制作のどの部分にそんなに費用がかかるのか、気になりますよね。

動画制作にかかる費用の内訳は大きく分けると、企画費、人件費、その他費用となり、中でも人件費に最も費用がかかります。

上記の内訳においてどんな場面で費用がかかるのか、このトピックでは動画制作の主な内訳や内訳別の費用相場を紹介します。

内訳ごとの費用を知っておくことで費用の節約にも繋げやすいので、事前に詳しく把握しておきましょう。

想定より費用がかさんでしまったという問題を防ぐためにも、内訳を知ることは重要ですね。

動画制作の主な内訳別の費用相場は以下の通りです。

主な内訳 費用相場
企画費 5万円~50万円
撮影費 5万円~50万円
編集費 5万円~40万円
人件費 5万円~300万円

では上記の内訳について詳しく解説します。

①企画費

企画ではまず、クライアントと制作会社で打ち合わせを行い、動画の目的を確認して動画の完成イメージを共有します。

動画の方向性をすりあわせながら動画のターゲット等を考え、脚本や絵コンテ、構成やコンセプトを決める重要な段階です。

動画において、実写なのかアニメーションなのかといった種類や台本も決めるため、今後の動画制作にかかる費用にも大きく影響します。

動画の構成が完成すると、場所や日程などスケジュールを立てて本格的に動画制作が始まります。

企画は動画制作の基となる工程であり、基本的にはディレクターが必要です。

企業によってはディレクターではなくプロデューサーを呼ぶこともあり、費用も異なります。

そのため企画において必要となる費用の内訳は以下の通りです。

企画費用の内訳 費用相場
企画構成費 5万円~30万円
ディレクター・プロデューサー 10万円~50万円
合計 10万円~50万円

上記が主な企画の内訳であり、関わる人数やどのような人を呼ぶのかで費用は変わります。

ちなみにプランナーを呼ぶ場合、15秒程度の動画で3万円、30秒程度で5万円が一般的で、それ以上の長さの場合10万円を超える思っておきましょう。

②撮影

企画が終わると、撮影に移ります。

撮影では企画で決まった構成や台本に従って、撮影を進めます。

撮影で必要な費用は、撮影を行うスタッフや動画に出演するキャスト、撮影に使う機材においてです。

人件費は、動画が実写なのかアニメーションなのか、必要な人数や期間によって大きく異なります。

スタッフの費用としては、音声や照明、アシスタントスタッフなど専門的なスタッフが必要なのかで変わります。

キャストについては、タレントやモデルを起用するのか、どのようなプロを呼ぶのかで大きく異なり、場合によってスタイリストやヘアメイクスタッフも必要です。

また、撮影に必要な機材などには主に以下があります。

  • ビデオカメラ
  • 三脚
  • マイク
  • 照明機材
  • 録音機材
  • 小道具等の美術費

撮影には上記の人件費や機材に加えて、交通費やロケ地費用もかかるため、最も費用が必要になる工程です。

撮影に必要な費用相場は以下の通りです。

撮影を行う期間や本格度によって費用相場には大きい幅があるので、参考程度にしておきましょう。

撮影費用の内訳 費用相場
機材費 5万円~30万円
人件費 10万円~50万円
交通費・ロケ地レンタル費 10万円~30万円
合計 5万円~150万円

上記に加えて、CGやアニメーションであれば、その制作費も必要です。

③編集

撮影が終わり動画に必要な全ての素材が揃ったら、動画の編集が始まります。

編集では企画で決めた台本や構成を参考に無駄な素材を省いて、一本の動画を作ります。

基本的には動画編集専門のスタッフが担当し、1日で終わることから長期間必要になるなど、動画のクオリティによって期間は異なるでしょう。

編集では、動画編集のスタッフの人件費、音響やナレーションなどの素材費が必要です。

編集には主に以下の3つに分けられます。

  • 仮編集
  • 本編集
  • 音編集

編集はこだわりたければどれだけでもこだわれる工程です。

しかし、編集の質の高さや複雑さによって必要な費用は変わってくるので、依頼先と予算を相談しながら決めましょう。

編集は動画の完成に大きい影響がある重要なポイントなので、時間や費用は惜しまないことがおすすめですよ。

編集における費用の内訳や相場は以下の通りです。

編集費用の内訳 費用相場
編集 5~25万円
音響・ナレーション 5万円~20万円
合計 10万円~50万円

またアニメーション動画で声優などを起用する際は、追加で人件費が必要です。

④納品

ここで納品にも費用が必要だと忘れないように気を付けましょう。

納品には、プリント費用やコーディング費用、マーケティング費用必要です。

動画が完成した後、どのように動画の認知度を上げられるか、どのように宣伝するか、戦略によって必要な費用は異なります。

最近では編集だけでなく納品後の運用も重視されるため、企画から納品まで一貫して依頼できる制作会社も多いです。

費用の予算を決める際は、納品に必要になる費用まで計算するようにしましょう。

動画制作では人件費が大きく影響する!

ポイントを指す女性

上記では動画制作における費用の内訳を詳しく紹介しました。

内訳として最も費用が必要になるのは、スタッフやキャストにかかる人件費だと分かりますね。

動画制作では全ての工程において基本的に人件費が必要です。

工程別に必要になる人件費やその相場は主に以下の通りです。

工程 工程別の人件費 人件費の費用相場
企画 ディレクター・プロデューサー 10~50万円以上
撮影 機材スタッフ・キャスト 10~50万円以上
編集 編集スタッフ・ナレーション 5~25万円以上
合計 5~300万円以上

動画制作に必要な人件費は、起用するキャストや必要なスタッフによって大きく異なります。

そのため一概に費用相場は言えませんが、動画制作における大部分の費用を占めると考えられるでしょう。

人件費の中でも、キャストや声優の種類や人数、期間が費用に大きく関わるので、予算と照らし合わせて慎重に決めることが大切です。

人件費には大きな費用がかかりますが、その分節約しやすい費用でもありますよ。

動画制作の費用を抑えるコツ!

おすすめ「動画制作って思ったよりも費用がかかりそうで不安。」
「動画制作の費用を少しでも抑えたい。そんなに出せない。」

動画制作にかかる費用相場や内訳を見て、上記のような悩みを持った方もいるのではないでしょうか。

どのような目的で動画を作るかで費用は異なりますが、できるだけ節約したいですよね。

動画制作の費用は意外と節約できる部分が多く、コツを知っておくことで安心して動画制作を依頼できます。

このトピックでは動画制作を抑えるコツを紹介するので、悩んでいる方もぜひ一度チェックしましょう。

今回紹介する動画制作の費用を抑えるコツは以下の通りです。

  • キャストに自社の社員を起用する
  • 撮影はできるだけ早く終わらせる
  • 素材やBGMはフリー素材を利用する
  • 自分でできる準備を全て行う

キャストに自社の社員を起用する

動画制作は実写にするかアニメーションにするかで、必要なキャストは異なります。

実写の場合、自社の社員をキャストとして起用することで、大幅に費用を節約できます。

アニメーションの場合は、ナレーションや声優に自社の社員を起用しましょう。

人件費は動画制作において大きく影響があるため、キャスト費を抑えることで費用の大幅な節約が可能です。

特に実写であれば自社社員を起用することで、スタイリストやヘアメイクスタッフも必要ないので、スタッフの人件費もカットできますね。

しかし、何も考えずに自社社員を起用しては失敗することもあります。

例えばキャストが務める役割が重要な場合、素人が担当すると無駄に撮影時間が長引くことや理想の動画にならない可能性が高いです。

人件費の節約は重要ですが、クオリティが落ちるのであれば考え直してみましょう。

また、自社社員の肖像権についても確認が必要ですよ。

撮影はできるだけ早く終わらせる

実写の動画制作を行う場合、撮影日をできるだけ短くすることが重要です。

撮影期間が長引く程、撮影に必要な人件費や機材費、ロケ地費用や交通費はかさみます。

そのためなるべく1日で撮影が終わるように、キャストやスタッフと調整しましょう

また、撮影は会社の近くで行う、撮影場所は借りる必要のない場所で行うなどで、社員の交通費やレンタル費用も抑えられます。

撮影場所として自社の社内の利用が理想なので、使える場所はないか確認してみましょう。

他にも撮影に必要なカメラの台数を最小限に抑えることや、マイクなどは自分で用意するなど機材を減らすことがおすすめです。

機材が減ると、その機材を扱う専門スタッフの人件費も削減できる場合が多いので、大幅に費用が節約できます。

撮影においては効率化を重視して、短期間で必要最小限の道具で行いましょう。

素材やBGMはフリー素材を利用する

動画制作におけるBGMや背景、イラストなどの素材は、自社の素材やフリー素材を利用することで、費用を抑えられます。

材についてはオリジナル性が高いほど費用が高くなります。

そのためできるだけ自社で所有している素材やフリーで利用できる素材を、多用することがおすすめです。

特にアニメーションで利用する背景やBGMは、完全オリジナルで作成すると非常に高額な費用がかかります。

また著作権も関わってくるため、動画制作にかかる期間や手間も増えるでしょう。

動画制作の目的にもよりますが、基本的に素材にはお金をかけずに自分で用意することが良いですよ。

自分でできる準備は全て行う

動画制作において費用を抑えるのであれば、できる限り全て自分で用意することが重要です。

事前準備を整えて動画制作を依頼することで、細かい費用を節約できます。

自分で準備できるものには、上記で紹介したようなキャストや素材ロケ地以外にも以下があります。

  • 企画
  • 小道具

特に動画制作における企画は、自社で事前に決めておくとディレクターを呼ぶ必要がなくなります。

そのため、企画においての費用を一気に減らせますね。

企画について全体が決まらない場合でも、大まかな流れを決めることや、部分的な構成を考えておくことがおすすめです。

少しでも考えがあれば、ディレクターの仕事や負担も減らせるため、費用を抑えられるでしょう。

また、撮影で必要な小道具を事前に考えておいて、自社社員などから借りる事で、レンタル費用がかかりません。

大きな費用以外の細かい費用も、重なると意外と大きな出費になるため、できる限りの準備はしておくと良いでしょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の費用には何が影響するの?

悩む女性

上記で紹介した動画制作の費用を節約するコツを実践しても、金額が高いと感じることもありますよね。

動画制作の費用を抑えるには、反対にどのようなことが費用を高くする要因となるのか知っておくことも必要です。

今回のトピックでは、動画制作の費用に影響する要因について詳しく紹介します。

これ以上節約できないという場合は、反対に費用が膨らまないようにするポイントを把握しておきましょう。

動画制作において影響することには、主に以下があります。

  • 動画の長さや質
  • 動画の表現方法
  • 動画制作の依頼先

動画の長さや質

動画の長さや質は、動画制作の費用に大きく関わります。

制作する動画が長いほど、必要な台本や構成、演出や編集も増えるため、比例して費用も高くなります。

また動画のクオリティを上げるには、オリジナル性を重視する必要があるため、費用も上がります。

少しでも動画制作の費用を抑えるためには、動画をできるだけ短くし、既存の素材を有効活用しましょう。

動画の目的によって必要な動画の長さは異なりますが、目的に合った長さで予算を考えましょう。

余計に長い動画は作らないことが重要です。

しかし費用を抑えるために目的にそぐわない短さの動画であれば、動画で狙っていた効果が得られない可能性が高いです。

動画の質や長さは必要以上に節約しないことが大切ですね。

動画の表現方法

動画の表現方法によっても動画制作の費用は大きく異なります。

特にアニメーションであれば、画質や立体感、CGの有無などでも費用は変わりますね。

アニメーションの動画には多くの種類があるので、どの種類を選ぶのかが重要です。

動画の表現方法は大きく分けて、実写とアニメーションですが、アニメーションはさらに以下に分けられます。

  • インフォグラフィック
  • モーショングラフィックス
  • ストップモーション・アニメーション
  • フル・アニメーション
  • リミテッド・アニメーション
  • 3Dアニメーション
  • イラストアニメーション

アニメーションの動画には上記以外にも種類はあります。

数多くの種類からどの表現方法を選ぶかによって費用は異なるので、理想とする完成形と予算を比較しながら決めましょう。

動画制作の依頼先

動画制作の依頼先によっても、費用は大きく異なります。

動画制作の依頼先としては主に以下があります。

  • 総合広告代理店
  • 動画制作会社
  • クラウドソーシング
  • フリーランス

動画制作は主に上記の依頼先がありますが、どの依頼先を選ぶかが重要です。

例えば総合広告代理店であれば、あらゆる知識やノウハウを持っていますが、その分費用相場も非常に高くなります。

反対にフリーランスなどに依頼した場合は、広告代理店に比べて大幅に費用を抑えることが可能です。

動画に求めるクオリティや動画の納品後の運用などによって、適切な依頼先は異なります

予算を考えつつ、自社の動画を依頼する先を見極めることが必要ですね。

複数の会社に見積もりを取ることがおすすめ!

人差し指を立てる女性

動画制作を依頼する際は、複数の会社に見積もりを取るようにしましょう。

複数の会社から見積もりを出してもらうことで、より費用を抑えて動画制作を依頼できます。

また見積もりを比較することで、自社の動画作りにおける相場を把握できるので、適正な料金で依頼できることも安心ですね。

動画制作の相場を知っておくことは非常に重要なので、あまりにも高いと感じた場合は、一度考え直すようにしましょう。

費用の見積もりを出してもらう際は、企画費、人件費、その他の費用について詳細に出してもらいましょう。

見積もりと、動画制作において提案された内容を照らし合わせて、総合的に判断することが重要です。

基本的には、動画制作の相場よりも高すぎず低すぎない、相場通りの価格帯の依頼先を選ぶことがおすすめですよ。

費用だけでなく費用に見合った動画が完成できるのか、提案内容も考慮して決めましょう。

動画制作は個人に依頼すると費用が安い!

動画制作は個人に依頼すると、大幅に費用を抑えられます。

個人であれば、企業に比べて予算に合わせた動画制作がしやすいため、予算が限られている場合にもおすすめですよ。

また動画における希望も伝えやすく、細かい改善点や編集を依頼できるので、融通が利きやすいことも特徴です。

しかし、動画制作の経験が少ない場合、満足のいく動画にならないことがあるので気を付けましょう。

さらに人によって合う・合わないがあるため、思い通りの修正を行ってくれない場合やレスポンスが遅いこともあります。

動画制作の費用を抑えるためには個人へ依頼することがおすすめですが、どの個人に依頼するかは慎重に見極めましょう。

個人に依頼する際は、実績や経験歴、口コミ等を徹底的に調べることが大切です。

動画制作を依頼するなら「むびる」がおすすめ!

むびる

 

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作の依頼先に悩んでいる方は「むびる」がおすすめです。

「むびる」とは、動画制作を依頼したい方がプロの動画クリエイターに直接依頼できるサービスです。

「むびる」のおすすめポイントには主に以下があります。

  • 幅広いジャンルに対応したクリエイターが登録している
  • スキルやマナーにおいて厳正な審査に通ったクリエイター
  • コンシェルジュと相談できるので初心者でも使いやすい

「むびる」では、最初にコンシェルジュに相談して、自分の依頼内容に合ったクリエイターやプランを案内してもらえます。

そのため初めて利用する方も、任せられるので安心ですね。

結婚式やパーティーから企業PRやセミナーまで、あらゆる目的に合わせて利用でき、コスパも良いのが嬉しい特徴です。

公式ホームページでは、在籍しているクリエイターの制作実績も確認できるので、ぜひチェックしてみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作に関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画制作に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • 動画制作ってどのような流れで進むの?
  • 依頼先を決める時のポイントってある?

動画制作ってどのような流れで進むの?

動画制作の流れは主に以下の通りです。

  1. 依頼先に問合せ
  2. 依頼先との打ち合わせ
  3. 企画の作成
  4. 撮影
  5. 編集
  6. 納品

上記の流れで動画制作が完了します。

動画制作では、上記の流れが決まっているので、基本的に順番を交互することはできません。

工程途中に問題がありやり直すとなると、その分時間やコスト、手間がかかるので気を付けましょう。

動画制作を依頼する場合は、一般的な動画制作の流れを知っておくことが必要です。

依頼先を決める時のポイントってある?

動画制作の依頼先を決める際のポイントは主に以下の通りです。

  • 動画制作の目的を明確にする
  • 依頼先の得意分野を把握する
  • 譲れない予算と納期を決めておく
  • 依頼先のサービスを考慮する

依頼先を決める際は、主に上記のポイントを確認することが必要です。

動画制作を失敗しないためには、依頼先を見極めることが非常に重要になるので、慎重に選びましょう。

依頼先を決める際は、動画制作における優先順位を決めておくと良いでしょう。

動画制作の目的や予算、納期など、優先順位に見合った依頼先を見つけることが大切です。

動画制作の費用は相場を知ることが大切!

動画制作を依頼する際は、必要な費用の相場を知ることが大切です。

そのため依頼先を決めるには、複数の会社で見積もりを出してもらい比較するようにしましょう。

動画制作には想像よりも費用がかかると感じた方も多いと思いますが、節約する方法はたくさんあります。

予算や動画の目的に見合った依頼先を見極めて、慎重に選びましょう。

動画制作をどこに依頼する悩んでいる方には、「むびる」がおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談