動画制作の基礎知識

動画制作にかかる期間ってどれくらい?流れやスケジュールを徹底解説

動画制作にかかる期間ってどれくらい?流れやスケジュールを徹底解説-アイキャッチ

「動画制作に必要な期間や流れを知ってから依頼したい。」
「動画制作を依頼したいけど、スケジュールの立て方が分からない。」

動画制作を依頼する際、必要な期間や流れを知っておかないと不安に感じることも多いですよね。

特にスケジュールを立てるには、大体どれくらいの期間がかかるのか知っておく必要があります。

動画制作には基本的に2~3ヶ月程度かかりますが、工程によって必要な期間が異なります。

そこで今回は動画制作について、工程別に必要な期間や動画制作の流れを紹介します。

記事の後半では、動画制作を依頼するまでに必要な準備期間や、依頼する際の注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作にかかる期間ってどれくらい?

悩む女性

動画制作においてかかる期間は依頼先によっても異なりますが、基本的に2ヶ月から3ヶ月程度だと考えておきましょう。

動画の種類や長さ、完成度によって必要になる期間は異なりますが、余裕を持って3ヶ月程度と把握しておくと安心ですよ。

基本的に動画制作を依頼する会社によって、大きく期間が異なることは少ないです。

そのため動画制作の期間を短くしたいのであれば、依頼する側の事前準備などが重要になります。

何も準備せずに動画制作を依頼してしまうと、序盤の時点から思うように進まない可能性が高いです。

場合によっては3ヶ月以上かかってしまうこともあるので、事前準備によって必要な期間は大きく異なるでしょう。

動画制作では2ヶ月から3ヶ月という期間を目安として、進められるようにすることがおすすめです。

動画制作は依頼前の段階から、時間に余裕を持って行動することを意識しましょう。

動画制作の工程別にかかる期間を紹介!

人差し指を立てる女性

動画制作には余裕を持って3ヶ月程度かかりますが、どこの工程に時間が必要なのか知っておきたいですよね。

動画制作の流れと共に、工程別にかかる期間を知っておくことで、事前準備がしやすいでしょう。

できるだけスムーズに動画制作を進めるために、工程別にかかる期間の目安を紹介します。

動画制作の依頼を考えている方は、ぜひ一度チェックしておきましょう。

動画制作の依頼先を決めてからの主な流れや、それぞれに必要な期間の目安は以下の通りです。

動画制作の流れ 必要な期間の目安
依頼先との事前準備 1週間程度
依頼先との打ち合わせやヒアリング 1週間程度
依頼先による見積もり・提案 1週間程度
企画・構成 3週間程度
撮影 2週間程度
編集 3週間程度
納品

上記の期間はあくまで目安なので、参考程度にしてください。

①依頼先との事前準備

動画制作の依頼先との打ち合わせ前には事前準備が必要ですが、ここで大体1週間程度の期間がかかります。

依頼先と最初に打ち合わせを行う前には、いくつか考えておくべき事があります。

事前準備として主に考えておくべきことには以下があります。

  • 動画制作の目的やターゲット
  • 動画の長さや種類
  • 動画制作にかける予算や納期

他にも事前準備として必要な項目はありますが、最低限上記の項目は考えておきましょう。

上記の項目の準備や必要な会社の資料を集めるには、基本的に1週間程度かかります。

依頼先との打ち合わせがある場合は、1週間前を目安に打ち合わせに向けた準備を始めましょう。

事前準備は詳細に用意しておく程、その後の工程をスムーズに進められるので、余裕を持って取り組むことがおすすめです。

事前準備がないがしろだと、余計に期間がかかるので気を付けましょう。

動画制作の依頼前に必要な事前準備に関しては、後ほど詳しく解説します。

②依頼先との打ち合わせやヒアリング

動画制作において依頼先に問い合わせた場合、初めに行われることが打ち合わせやヒアリングです。

1回の打ち合わせやヒアリングは、基本的に1時間程度で終わります。

しかし依頼先を決める際は複数の会社に問い合わせることが一般的なので、依頼先との打ち合わせを全て終えるには大体1週間程度必要だと考えましょう。

実際に打ち合わせをしたい会社がどれくらいあるのかを明確にして、必要な期間を計算する必要があります。

初めから打ち合わせする会社を絞っている場合や、依頼先を決めている場合は2日程度で終わるでしょう。

しかし多くの会社を比べたい場合は、1週間以上かかる可能性もあります。

会社によって1回の打ち合わせ時間は異なるので、事前に確認して計算しておきましょう。

ちなみに動画制作の打ち合わせやヒアリングについて、以下の記事で詳しく解説しているので、打ち合わせ内容を知りたい方は参考にしてみてください。

③依頼先による見積もり・提案

依頼先との打ち合わせが終わったら、見積もりや提案に移ります。

見積もりや提案も打ち合わせと同じように、基本的に1回につき1時間程度で終わります。

見積もり依頼を複数社に行う場合、1週間程度を目安に考えておきましょう。

依頼先による見積もりでは、制作したい動画の相場と大きく差がないかを確認することが大切です。

相場に比べて安すぎるまたは高すぎる場合は、他の会社も検討してみましょう。

また見積もりに関しては、項目ごとに必要な費用や追加費用の有無の確認も重要ですよ。

提案では、打ち合わせの内容をもとにどのような動画制作を行うか、動画の方向性やメッセージなどが基本的に書かれています。

自分の想像する動画と違いがないか、内容は明確か確認して、少しでも違いがあれば指摘するようにしましょう。

複数社を比較する際は、提案内容における見積もりが適切なのか把握が必要です。

④企画・構成

依頼先を決めた後は、本格的に動画制作が始まります。

動画制作において初めに取りかかることは企画や構成ですが、一般的に1週間から2週間以上かかると考えておきましょう。

余裕を持って3週間程度の期間を目安にしておくと安心ですね。

企画や構成は動画制作の基本となる工程なので、時間をかけて慎重に行われることが多いです。

構成では動画の台本や種類も決まりその後のスケジュールも明確になります。

企画では、絵コンテやキャスト等を決めるため、依頼先とクライアントでイメージをすり合わせながら修正を繰り返します。

キャストは場合によってオーディションなども必要となるので、どのような人物をキャストとするかによって、必要な期間は大きく変わるでしょう。

また撮影に向けて、撮影場所の下見や機材集め、撮影当日の動きの資料の作成なども必要です。

企画や構成の段階で必要な作業は多いため、時間がかかる工程だと覚えておきましょう。

⑤撮影

撮影準備が整えば実際に撮影に移ります。

撮影に必要な期間は、数日から2週間程度の場合が多いです。

しかし動画の長さやクオリティ、キャストの予定などによっては半年近くかかることもあるので、覚えておきましょう。

制作費を抑えた短めの動画であれば、1日で終わることもあります。

撮影に必要な期間は制作する動画によって大きく異なりますが、基本的に2週間程度を目安に考えましょう。

ちなみに撮影時には、必ずクライアントも立ち会うことがおすすめです。

撮影にはキャストや機材、場所など必要な条件が多いため、簡単にやり直しがききません。

万が一撮影に立ち会わずにイメージと異なる動画になった場合、より期間やコストがかかるので注意が必要です。

イメージする動画通りの撮影ができているか、立ち会って確認しましょう。

ちなみに撮影は実写動画の際に必要となる工程です。

⑥編集

撮影が終わると、撮った素材の編集に移ります。

編集には基本的に2週間から3週間以上かかります。

編集にどれほどこだわるのかで、必要となる期間は異なりますが、余裕を持って1ヶ月を目安に考えておきましょう。

編集では、クライアントのイメージ通りの映像があるか、クオリティには問題ないかの確認がされます。

確認が終わると、企画や構成を参考に不要なシーンのカットや必要なシーンのつなぎ、音声や字幕などの編集に入ります。

編集は予算を切り詰めた場合短期間で完成させることもできますが、こだわるほど完成度の高い動画制作が可能です。

そのため編集にはできるだけ予算や期間を費やすことがおすすめですよ。

特にアニメーション動画の場合は、編集にかける時間でクオリティに大きく差が出ます。

編集に必要な期間は多めに見積もっておくと良いでしょう。

修正

編集が終わった後は一度クライアントに動画を送り、確認してもらいます。

そこで何か指摘があれば、その通りに修正を行います。

修正は必ずしも発生するわけではありませんが、発生することも見込んで編集の期間は1ヶ月程度を考えておくと良いでしょう。

修正において、大きく変更が必要な場合は想定よりも期間がかかります。

納期に間に合わせるために修正を行わないことや、修正することで納期に遅れてしまうなどの問題を防ぐために、余裕を持った納期の設定も重要ですね。

修正に必要な期間は内容によって異なりますが、完成度にこだわる場合は何度も修正を繰り返す可能性が高いです。

修正にかかる期間も非常に重要なので、忘れないように気を付けましょう。

⑦納品

動画の編集が終わり一本の動画が完成したら、納品です。

納品では、プリントやコーディング、マーケティングに時間が必要です。

どのような方法で動画の認知度を上げるか、どのように宣伝するかなど、戦略によって必要な期間は異なります。

納品における作業も制作会社が行ってくれることが多いですが、場合によっては自分で行うこともあります。

動画制作においてどのような戦略にするのかを考え、それぞれに必要な期間を計算しましょう。

納品にも必要な工程が全て終わると、動画制作が完了します。

基本的に納品まで込みで動画制作にかかる期間は、2ヶ月から3ヶ月程度です。

動画制作を依頼する際は契約にかかる期間も把握しよう!

ポイントを指す女性

動画制作にかかる期間は2ヶ月から3ヶ月程度ですが、動画制作が実際に始まるのは契約書の締結が完了してからです。

そのため動画制作の依頼を発注してからすぐに作業が始まるわけではありません。

場合によっては契約だけに1ヶ月かかることもあるので、注意が必要です。

動画制作を依頼する際は、問合せから契約までの期間も考慮してスケジュールを組みましょう。

また提案時と契約時において、動画制作にかかる期間に違いがないかの確認も重要です。

基本的には提案時の期間が契約時に変わることはありませんが、依頼先によっては契約時に新しい提案をされることもあります。

契約書を確認する際は、動画制作にかかる期間をまず確認するようにしましょう。

提案時と大きく異なるのであれば、明確な理由を聞いて他の依頼先を検討することもおすすめですよ。

動画制作の期間は動画内容で大きく異なる!

動画制作の期間は、一概に2ヶ月から3ヶ月とはいえません。

あらゆる要因で必要な期間は大きく異なります。

動画制作に必要な期間が変わる理由には、主に以下があります。

  • 動画の種類
  • 動画の長さ
  • 動画の質

上記のように、実写動画かアニメーション動画か、動画の長さは30秒程度なのか3分以上なのか、どれほどクオリティを重視するかで期間は変わります。

そのためどのような動画を制作したいのかを明確にしてから、制作したい動画に合った期間を確認しましょう。

動画の種類によっては動画制作の工程や費用も異なります。

期間だけでなく他の条件もそれぞれ変わるので、覚えておきましょう。

また動画制作の工程は基本的に前後できないため、やり直しが難しいです。

途中まで制作を進めてやり直すとなると、時間や費用などあらゆるコストがかかるので、各工程で問題ないか慎重に確認しましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作を依頼するまでに必要な期間は?

考えこむ女性

動画制作に必要な期間には、動画制作を依頼する前の準備期間も関わります。

依頼前の準備には一般的に1週間程度必要です。

依頼前の準備が整っていないと、動画制作の打ち合わせや企画において必要以上に時間がかかる場合があります。

できるだけ動画制作をスムーズに進めて、期間に遅れないようにするには、事前準備を徹底しましょう。

動画制作の依頼準備として、するべきことは以下の通りです。

  • 動画制作の目的を決める
  • 動画制作の予算や納期を決める
  • 動画制作において参考にできる動画を探す

動画制作の目的を決める

動画制作を依頼する前には、動画制作の目的を明確にする必要があります。

目的とは、何を課題に感じて動画制作を行うのか、動画制作によってどのように課題解決にアプローチするのか、というものです。

動画制作の目的として、大まかに考えるだけの方もいますが、目的はできるだけ具体的に考えておきましょう。

具体的な目的があることで、依頼先と動画制作における方向性を決めやすいでしょう。

また、動画を視聴者に見てもらうことでどのようなアクションをとってもらいたいのか、同時に考える必要があります。

期待するアクションを促せる動画制作を意識して、一貫したメッセージ性を込めることが重要ですね。

動画制作では、動画の長さや種類、ターゲットやコンセプトなど、他にも考えることは多いです。

ての項目において動画の目的をもとに進めていくので、目的が具体的で明確なほど動画制作を順調に進められるでしょう。

動画制作の予算や納期を決める

動画制作を依頼する前に、動画制作にかける予算や納期も決めておきましょう。

かけられる予算によって、どのような動画制作が行えるかは大きく変わります。

正確な予算を伝えて、予算内で適切な提案をもらうようにしましょう。

予算が曖昧だと提案内容も定まらず、場合によっては想定外の支出になるので注意が必要です。

また、いつまでに動画が必要なのか、納期も決めることが重要です。

納期を決める際はぎりぎりの日時を指定するのではなく、余裕を持った期間設定が必要になります。

動画をいつ何に使うのかなど用途を伝えておくと、依頼先も把握しやすいのでおすすめですよ。

動画制作における予算や納期は、提案時と契約時に問題ないか慎重に確認しましょう。

追加費用や想定外の期間がかかる場合は、詳細を聞いて不明点をなくすことが必要です。

動画制作において参考にできる動画を探す

依頼する前に、動画制作において参考にできる動画を探しておくことがおすすめです。

参考動画があることで依頼先も動画制作のイメージがしやすく、打ち合わせをスムーズにすすめられるでしょう。

動画制作にどれくらいの期間が必要なのかも、事前に分かりやすいので用意しておくと安心ですよ。

参考にする動画を探す際は、予算と比較してクオリティや動画の長さなど大差ないものを選びましょう。

予算内では制作できない動画を参考にしても、依頼先からの適切な提案は難しくなります。

動画制作の予算を考慮して、YouTubeや動画制作会社の実績などから探すことがおすすめです。

動画制作に必要な期間を考慮してスケジュールを組むことが重要!

指を指す

動画制作を依頼してスケジュールを組む際、何も考えずに組んでしまうとスケジュール通りに行かない可能性があります。

動画制作において適切なスケジュールを組むには、以下のポイントを意識するようにしましょう。

  • 動画制作にかかる期間を理解する
  • 納期までの期間に余裕を持たせる

動画制作にかかる期間を理解する

動画制作のスケジュールを組む際は、動画制作にどれくらいの期間が必要なのか把握しておきましょう。

必要な期間は動画の内容や目的によっても大きく異なりますが、大まかに必要な時間を理解することが重要です。

基本的に動画制作には3ヶ月程度かかりますが、意外と長い期間が必要だと感じた方もいるのではないでしょうか。

動画制作に必要な期間を把握しておかないと、スケジュールと大きく差が出てしまうので、気を付けましょう。

まずは依頼先と契約前の段階で、どれくらいの期間がかかるのか聞いておきましょう。

必要な期間については、工程別で知っておくと安心です。

大まかな動画制作の流れと同時に、それぞれに要する期間を把握してスケジュールを組みましょう。

また契約の際には、契約前に提示された期間と変わりがないか、確認が重要ですよ。

納期までの期間に余裕を持たせる

動画制作の依頼をする際は、納期までに余裕を持ったスケジュール設定を行いましょう。

動画制作では納期前に修正を行うなど、想定外に時間が必要になる場合があります。

スケジュールを決める際は、何かしらのトラブルがあっても納期に間に合わせられる余裕を持つことを意識しましょう。

また納期自体も、ぎりぎりに設定しないことが重要です。

動画が必要になる直前を納期に設定してしまうと、トラブルがあった際に対応できなくなります。

納期までの期間と納期には、動画制作が順調に進まない場合ややり直しが必要になった場合も考慮すると安心ですよ。

動画制作で必要な作業を詰め込みすぎずに、作業内容において納期が適切か確認しましょう。

他の予定と並行できるのかも考え、余裕を持った適切な納期設定が大切ですね。

動画制作の依頼先に悩んでいる方にはむびるもおすすめ!

むびる
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作の依頼先に悩んでいる方は、むびるも検討してみましょう。

むびるとは、動画の企画や撮影、編集など動画制作に関する依頼をしたい方と、全国のプロのクリエイターをマッチングするサービスです。

初めにコンシェルジュに希望を相談することで、納期や予算など依頼内容に合ったクリエイターやプランを紹介してもらえます。

動画制作の依頼が初めての方でも、コンシェルジュと相談して進められるので安心ですね。

紹介してもらったクリエイターの中から、自分が気になったクリエイターのみとスムーズに打ち合わせを進められることもポイントです。

また、むびるにはプライベートシーンからビジネスシーンなど、幅広いジャンルに対応できるクリエイターが在籍しているのでどなたでも利用しやすいでしょう。

コストを抑えて高品質な動画制作が可能なので、コスパ重視の方にもぴったりですよ。

むびるでは24時間LINEで無料相談できるので、気になる方は一度相談してみましょう。

公式ホームページでは在籍しているクリエイターの制作実績も確認できます。

事前に確認して、参考になる動画も探してみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の期間を把握して準備に取り組もう!

動画制作には基本的に2ヶ月から3ヶ月程度の期間が必要です。

スケジュールを組む際や動画制作を依頼する際は、事前に必要な期間を把握して余裕を持つことが大切です。

また動画制作において、依頼する側に必要な準備も多くあります。

依頼前に何を準備しておくべきなのかを確認し、依頼先との打ち合わせをスムーズに進めましょう。

ちなみに以下の記事では、動画制作を依頼した際によく使われるヒアリングシートについて解説しています。

動画制作の依頼を考えている方は、事前に確認して準備万端の状態で臨みましょう。