動画制作

動画制作の種類を徹底解説!実写やアニメーションの特徴

動画制作の種類を徹底解説!実写やアニメーションの特徴-アイキャッチ

動画制作には主に実写動画とアニメーション動画の2種類があり、それぞれ更に細かい種類に分かれています。

動画制作において適切な動画の種類を選ぶためには、それぞれの種類の特徴やメリット、デメリットを知っておくことが重要です。

そこで今回は動画の種類別の特徴や向いている動画について、詳しく紹介します。

動画の種類選びに悩んでいる方に向けて、選ぶ際に基準とするべきポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

制作したい動画に最適な種類を選んで、より効果的な動画制作を実現させましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画制作の種類は主に3つ!

おすすめ

動画制作を始めるには、まず制作する動画の種類を決めることが必要です。

動画の種類によって、動画制作における工程や費用、どんな目的に合うのかは大きく異なります。

動画制作の目的や予算を明確にして、適切な動画の種類を決めましょう。

今回紹介する動画制作の主な種類は以下の3つです。

  1. 実写動画
  2. アニメーション動画
  3. 実写動画とアニメーション動画の組み合わせ

上記のなかでどの種類を選ぶかによって、完成する動画は大きく異なります。

動画制作において適切な種類を選ぶことは非常に重要なので、事前に動画の種類を把握しておきましょう。

動画の種類を決めておくことで、その後の動画制作の工程をスムーズに進められます。

また動画の目的に合った動画の種類を選ぶことで、より理想的な動画制作ができますよ。

では動画の種類別の特徴や利用シーンなどについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

実写動画

実写

実写動画とは、実在する人物や商品を撮影した動画です。

実在する人物や商品による動画のため、アニメーション動画に比べて共感性を得られやすいことが大きな特徴です。

リアリティを出したい動画や共感性を得たい動画を制作したい場合は、実写動画を検討しましょう。

また実際の商品を視覚的に捉えられるため、自分がその商品を使用するイメージもしやすく、印象付けられます。

実写動画はキャストによって印象も大きく変わるため、動画の内容に合ったキャスティングを行うことでより効果を期待できます。

実写動画のキャストには芸能人を起用することや自社の社員に出てもらうなど、選択肢が多いです。

動画の目的に合った動画制作がしやすいことも、ポイントですね。

実写動画は広く使われている動画の種類であり、主に以下の動画制作に向いています。

  1. 採用動画
  2. 商品・サービス紹介動画
  3. ブランディング動画
  4. 社員総会・イベント動画
  5. セミナー・研修動画
  6. 企業紹介動画
  7. プロモーション動画
  8. デモンストレーション動画
  9. インタビュー動画
  10. CM

では上記の実写動画の種類について、紹介します。

①採用動画

採用動画とは企業が新しい人材を確保するために行うもので、企業の事業内容や働き方、仕事の風景や自社の魅力を伝える動画です。

動画を制作することで、文章だけでは分からない自社の雰囲気を知ってもらい、多くの優秀な人材を効率良く集められます。

採用動画を制作する際は、求人票では分からない情報を組み込むことが重要です。

動画でしか出せない自社の雰囲気や風景を入れることで、働くイメージもしやすくなります。

採用動画では主に以下の形式が使われがちです。

  • ブランディング動画
  • 会社紹介動画
  • 社員インタビュー動画

上記の形式をとることで就活生が知りたい情報を提供し、動画で伝えることの強みを活かせます。

採用動画を制作すれば、より多くの就活生に興味を持ってもらえるので、非常に効果的ですね。

②商品・サービス紹介動画

実写の動画制作は、商品やサービス紹介動画において多く使われます。

商品やサービス紹介動画とは、紹介する商品やサービスの認知を上げるために制作され、より商品やサービスの特徴を分かりやすく伝える動画です。

商品やサービス紹介において、文字と画像だけではどうしても伝えにくい部分は多いですよね。

具体的な特徴まで動画にすることで、使い方や魅力をイメージしやすくし、ユーザーに購入を促します。

動画にすることでより豊富な情報を入れ込めるため、ユーザーの印象にも残りやすいでしょう。

商品やサービス紹介動画は、購入を促すだけでなく認知度を上げるためにも利用されます。

商品やサービス動画は、SNSやWEBサイト等あらゆる場面で発信できるため、より多くの方が目にする機会を増やせることがメリットです。

どのような方に見てもらいたいのか、ターゲット層を明確にすることで動画内容は異なるので、覚えておきましょう。

発信する場面によって動画の長さを変えることで、短い時間に必要な情報を伝えられますよ。

③ブランディング動画

ブランディング動画とは、企業のブランドや商品、サービスを紹介することで、理念や世界観を伝えるための動画です。

そのため商品などを知ってもらい購入を促すのではなく、信頼感や認知を持ってもらうことを目的としています。

ブランディング動画においては、企業がどのようなイメージを持ってもらいたいのかによって、動画の内容は大きく異なります。

ブランドや商品の魅力を効果的に伝えることで、イメージアップや認知度アップに繋げる工夫が必要です。

ブランディング動画は失敗するとイメージダウンに繋がる可能性もあるため、慎重に動画内容を決めることが重要ですね。

動画の内容やブランドなどの見せ方には繊細な工夫が必要ですが、動画によって分かりやすくイメージを与えられます。

④社員総会・イベント動画

社員総会や社内イベントでは、会社の業績を発表し社員のモチベーションを高めることを目的とした動画制作を行います。

動画では、会社の雰囲気や成果を紹介することで、社員総会を社員にとって有意義な時間にできます。

動画によって再度自分たちの努力や成果を知ることで、モチベーションを上げて仕事に取り組むことや、将来性を確認することも可能ですね。

社員総会のために制作した動画は採用動画などにも応用できるため、効率の良い動画制作です。

特に費用対効果が高いため、限られた費用内でより効率良く動画制作を行いたい場合にも向いています。

またスライドや言葉のみの社員総会だと途中で集中力が切れてしまいがちですが、動画があることで社員を引きつけられますね。

社員総会の時間に合わせた動画の内容を考えることも大切です。

⑤セミナー・研修動画

セミナーや研修動画とは、社内外問わず行われるセミナーや社内研修において、より多くの方に効率的に動画内容を把握してもらうために制作されます。

特にセミナーだと参加したい場合でも、日時が合わないとなかなか参加できないことがありますね。

セミナーや研修動画を制作し配信することで、時間や場所を選ばずに動画を視聴するべき相手に内容を伝えられます。

セミナーや研修動画では、伝えたい内容を分かりやすく理解してもらうために、共感性の高い実写動画が利用されがちです。

また動画でセミナーや研修を行うことで、コスト削減や定着率の向上、より多くの顧客獲得、効率化などのメリットがあります。

企業の研修やセミナーの記録や実績としても残せるため、動画制作するメリットは大きいですね。

⑥企業紹介動画

企業紹介動画は企業についてユーザーに知ってもらうために制作し、企業の認知度やイメージを上げるための動画です。

商品やサービスの前に企業自体をPRするための動画であり、企業について好意的な認知を広げます。

企業紹介動画は、消費者だけでなく他の企業や仕事を探している方など、ターゲットによって動画内容は大きく異なります。

ターゲットによって、企業の事業内容を伝えるのか、企業理念を伝えるのか、発信する内容も様々です。

企業紹介動画はすでに多くの方に知られている企業にとってはあまり効果がありませんが、あまり知られていない企業にとっては効果的でしょう。

企業紹介動画によって、より多くの方に認知を広げ価値に共感してもらいファンを増やせますね。

WebサイトやSNSなど幅広く活用できるため、大きい宣伝効果や集客を狙えるでしょう。

⑦プロモーション動画

プロモーション動画とは、商品やサービスを紹介するために制作される動画であり、直接的な販売促進も行います。

販売促進目的であれば、実写動画によって共感性や具体的なイメージを与えましょう。

基本的には短めの動画で商品やサービスの紹介を行い、テレビのCMや広告用の動画としても利用されます。

売り込むものには商品やサービス以外に、企業のプロモーション動画も多いです。

プロモーション動画では販売促進を目的として制作することが一般的ですが、認知度の向上にも役立ちます。

動画を制作することで情報量を増やしあらゆる場面で多くの方にアピール出来ます。

静止画や文章では伝えられない情報を入れることで、ユーザーの購買意欲を高めることが大切です。

最近ではSNSが浸透していることで拡散されやすいため、配信媒体によって動画の長さを決めるようにしましょう。

⑧デモンストレーション動画

デモンストレーション動画とは、商品やサービスの概要や特徴を分かりやすく映像にして具体的な使い方を実演する動画です。

文章や静止画では分からない詳細な使い方を、実際に動画で見せることで、商品やサービスの販促に繋げます。

自分が使っているイメージがわきにくいと、難しそう、合わなそうといった印象もありますが、使いやすさを証明することで購買意欲も高められます。

主に商品やサービスの使い方を分かりやすく紹介しながら、実際に使うといった内容なので、実写動画にぴったりですね。

具体的な購入後のイメージをつけることで、安心感や納得感も与えられるため、販売促進として欠かせません。

デモンストレーション動画はプレゼンなどの営業活動でも活用できるため、使い方によっては費用対効果を上げられます。

ナレーションなどを加えて直感的に分かりやすいコンテンツの作成を意識しましょう。

⑨インタビュー動画

インタビュー動画は、商品やサービス、企業紹介などにおいて実際に体験した人にインタビューを行い、共感性を得る動画です。

企業紹介動画や新卒採用動画、商品PRなどを目的とする動画で多く使用されます。

動画でしか分からないリアルな声や雰囲気を知れるため、視聴者に与えたい情報を効率良く入れられます。

また、実際に商品を利用した方や企業で働いている社員の声を聞けるため、安心感や信頼感を与えられることも大きな特徴です。

インタビュー動画では、実際にインタビューを受ける方の表情や話し方、雰囲気や声のトーンなど文章では伝えられない魅力を充実させられます。

動画として視聴者の印象に残し、企業や商品の魅力や強みを伝えやすいので、活用するメリットは大きいですね。

インタビューを受ける方は、何を伝えたいのか要点をまとめておくようにしましょう。

⑩CM

CMには主にテレビCMとウェブCMの2種類があります。

テレビCMとは皆さんが知っているとおり、テレビで流れるCM です。

一方でウェブCMとは、YouTubeなどのウェブ上の動画メディアやInstagramなどのSNSにおいて、流される広告動画です。

テレビCMとは主に配信媒体が異なるため、テレビで良く目にするCMのウェブ版と考えると分かりやすいでしょう。

ウェブCMはテレビCMに比べてターゲットを絞りやすく、SNSで拡散されやすいメリットがあります。

特に最近ではSNSが広く普及しているため、より多くの方の目にとまりやすいでしょう。

また、商品紹介であれば商品のサイトなどを載せることで、CMから次のアクションに直接促せることもポイントです。

テレビCMに比べてコストも抑えられるので、企業や商品紹介など幅広く利用されています。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

アニメーション動画

アニメーション

アニメーション動画とは絵やイラストを使った動画であり、実写動画に比べてより自由な動画を制作できます。

実写動画に比べて費用を抑えた動画制作が可能で、伝えたいメッセージを明確に伝えられることが特徴です。

アニメーション動画であれば修正の融通も利きやすいため、動画制作の途中で納得いかない点は基本的に修正できます。

以前はアニメーション動画といえば、複数枚のイラスト画像を使用するなど紙を使用するイメージがありましたが、最近では3DやCGを使用する動画が多いです。

アニメーション動画にも多くの種類があるので、このトピックでは主に以下の種類について紹介します。

  1. 手描きアニメーション
  2. モーショングラフィックス
  3. 3Dアニメーション
  4. ホワイトボードアニメーション
  5. ストップモーションアニメーション
  6. インフォグラフィック動画
  7. キャラクターアニメーション
  8. タイポグラフィアニメーション
  9. アイソメトリックアニメーション

①手描きアニメーション

手描きアニメーションとは、手で描いた静止画をつなぎ合わせて動画のように作成する方法です。

紙にペンで多くの静止画を描き、パソコンのアニメーションソフトなどで動画にします。

手描きアニメーションは、日本の漫画アニメで多く利用されている方法です。

初心者の方でも比較的簡単に挑戦しやすいため、今でも人気は高いですね。

しかし手描きアニメーションは大量の静止画が必要であり、1枚1枚パソコンにデータとして写す必要があるため、多くの時間と手間がかかります。

そのため最近ではパソコンなどの端末に直接絵を描く方法も多いです。

紙にペンで絵を描いた時の仕上がりが好きな場合やパソコンで絵を描くことが難しい場合に利用しましょう。

描き手によって動画の印象は大きく異なるので、動画の目的に合った雰囲気の絵を描ける方を見つけましょう。

②モーショングラフィックス

ーショングラフィックスとは、イラストやテキスト、ロゴや写真などの静止画に動きや音を加えて制作するアニメーション動画です。

普段動かない静止画に動きを加えるだけで、一気に幅広く自由な表現が可能になり視聴者に強い印象を与えられます。

モーショングラフィックスは視覚からメッセージを伝えやすくするため、例えば以下のような幅広い動画制作で利用されます。

WebサイトやSNSで使われる動画広告
ミュージックビデオ
デジタルサイネージ動画

モーショングラフィックを利用することで、文章や静止画だけでは伝わらない内容も分かりやすくなるため、無形商材などにも使えます。

動画でどのようなメッセージを伝えた以下によって、利用するイラストやデザイン、文字やエフェクト、ナレーションなどを変えることで、効果的な動画制作が可能です。

③3Dアニメーション

3Dアニメーションとは、キャラクターなどを3次元空間に配置し動かす方法です。

動画を立体的な映像にできるため、動画の内容を印象付けやすくなります。

また3次元空間でキャラクターやオブジェクトを事由に配置できるため、実写では不可能な角度や表現も可能です。

非現実的な世界観を与えたい場合やより現実的な臨場感を与えたい動画におすすめですね。

2Dのアニメーション動画に比べて奥行きが出せるので、3Dならではの魅力が表現できます。

しかし3Dアニメーションは費用が高い傾向にあるため、予算と相談して決めるようにしましょう。

プロモーション動画やPR動画で多く利用されますが、利用する場合は費用を抑える方法を知っておくことがおすすめです。

費用対効果を考えて決めるようにしましょう。

④ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションとは、真っ白い背景にイラストレーターなど絵を描く方が、手描きで絵を描いているように見せる方法の映像です。

ナレーションなどに沿って、イラストが徐々に完成されていくため、動画の内容を理解しやすいことが特徴です。

また背景が白で統一されていて、イラスト自体は黒などで描かれるため、動画内の絵を際立てることができます。

動画で見せたいイラストのみに重点を置き、余計な情報を与えないため視聴者も集中しやすいでしょう。

簡潔な説明動画など、モーショングラフィックよりもシンプルな動画で内容を伝えたい場合におすすめです。

特に企業の研修動画などであれば、必要事項をシンプルな動画で分かりやすく伝えられるため検討してみましょう。

⑤ストップモーションアニメーション

ストップモーションアニメーションとは、実在する対象のものの位置や形を徐々に変えていき、1コマずつ撮影して繋げる方法です。

コマ撮りされた静止画を繋げ合わせることで、映像を作ります。

他のアニメーション動画の手法とは異なり、スムーズな動きではなく特徴的な動きになるため、注目を集めやすい特徴があります。

ストップモーションは人形などを使い撮影することが多く、クレイアニメなどでよく利用される方法です。

また、ストップモーションにCGなど他の技法を加える事でより自由な表現ができます。

他のアニメーション動画と差別化したい場合や独自性を出したい場合におすすめですね。

ストップモーションは手作り感を出せるため、動画で表現する商品やサービスへの親近感も持たせられますよ。

⑥インフォグラフィック動画

インフォグラフィック動画とは、文字や数値といった情報についてイラストなどを使って分かりやすく表現する方法です。

情報をグラフィック化することで伝えたい動画の内容を分かりやすくまとめ、視聴者に見てもらうことができます。

文字や数値のみで表現するよりも視覚的に理解できので、メッセージを効果的に伝えられることが大きな特徴です。

動画では想像しているよりも多くの情報を相手に与えられますが、分かりにくい動画や情報が多すぎると要点を捉えられません。

インフォグラフィック動画では、適切な量の情報をあらゆる人に対して分かりやすく正確に伝えられるため、多くの場面で利用されています。

また印象に残りやすいインフォグラフィック動画は、最近ではSNSで拡散されやすい傾向にあるため効果的に動画の視聴者を増やせるでしょう。

企業やサービス紹介動画としてもおすすめの方法です。

⑦キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションとは、名前の通り何かしらのキャラクターを中心に制作される動画です。

キャラクターがいることで、視聴者に親近感や安心感を与えられます。

またシンプルな動画になるため、伝えたいメッセージを分かりやすく伝えられることも特徴です。

シリーズになる動画を制作する場合、毎回同じキャラクターを登場させることで印象もつけやすいですね。

同じキャラクターを利用しても飽きられにくいため、様々なバージョンの動画制作や長期間キャラクターの利用ができます。

ちなみにキャラクターアニメーションは子どもなどをターゲットとする動画制作に多く利用されます。

動画のターゲットや目的に合っているかを考慮した上で、利用しましょう。

⑧タイポグラフィアニメーション

タイポグラフィアニメーションとは、テキストやロゴなど文字に動きをつける動画です。

モーショングラフィクスの1つですが、タイポグラフィはイラスト図形ではなく文字のみのアニメーションと覚えておくと良いでしょう。

最近ではウェブCMやイベント等の告知動画として利用されることも多く、伝えたいメッセージを明確に分かりやすく伝えられます。

文字のアニメーションとは、文字が飛び出すような表現や文字に振動などの動きを与えるなどあらゆる表現があり、インパクトも大きいです。

文字にどのような動きをつけるかで、与える印象も変わるため動画の目的に合うアニメーション動画も制作しやすいでしょう。

タイポグラフィアニメーションは、コストを抑えて印象強い動画を制作したい場合におすすめです。

特に短めのプロモーション動画などに検討してみてください。

⑨アイソメトリックアニメーション

アイソメトリックアニメーションとは、2Dアニメーションを3Dアニメーションのように見せる動画です。

そのため2.5次元動画とも呼ばれています。

アイソメトリックアニメーションでは、動画の対象物を斜め上の視点から描くことで全体を見下ろす構図として立体的な表現を可能にします。

対象となる商品などを客観視できるため、視聴者は対象物の使い方や雰囲気などをイメージしやすくなるでしょう。

特に町並みを対象とする観光などの動画制作や家に置くインテリアなどの商品紹介動画におすすめの方法です。

2Dの動画では確認できない部分も視覚的に捉えられるため、文章のみだとイメージしにくい動画制作にぴったりです。

対象物の全体の世界観を効率的に伝えられることで、サービスや商品を使用するイメージをよりリアルに与えられますよ。

実写動画とアニメーション動画の組み合わせ

指を指す

動画制作の種類として、上記で紹介した実写動画とアニメーション動画を組み合わせた動画もあります。

組み合わせることで、実写動画のリアルさとアニメーション動画のメッセージの伝えやすさを組み込めますね。

動画の目的に合わせて実写動画とアニメーション動画のメリットを活用することで、より理想的な動画制作も可能です。

動画制作において、実写動画とアニメーション動画どちらにするか悩んでいる場合は、組み合わせることも検討しましょう。

両方の種類を組み合わせる場合、デメリットも事前に知っておく必要があります。

それぞれのメリットとデメリットを把握して、動画の目的に合った方法を選びましょう。

動画制作の種類別のメリットやデメリットって?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画制作には多くの種類があり、動画の目的や理想とする表現方法によって、どの動画の種類が適切なのか異なります。

種類によっては行程や予算、修正の可否や与える印象も大きく変わるため、慎重に決めることが重要です。

制作したい動画に最適な種類を選ぶには、事前に種類別のメリットとデメリットを知っておきましょう。

このトピックでは、実写動画とアニメーション動画のメリットとデメリットについて、主に以下を紹介します。

動画の種類選びに悩んでいる方は、ぜひ一度目を通してみてください。

実写動画 アニメーション動画
メリット
  • 信頼性や共感性が高い
  • サービスや商品のイメージがしやすい
  • 雰囲気や世界観をリアルに伝えられる
  • 幅広い動画制作に向いている
  • 多くの情報を分かりやすく伝えられる
  • 修正や変更への対応に強い
  • 比較的コストを抑えられる
  • より自由な表現が可能
デメリット
  • コストがかかる
  • 修正や変更への対応が難しい
  • 抽象的な表現が難しい
  • リアルな雰囲気を伝えられない
  • 共感性や安心感が低くなりがち

実写動画のメリットとデメリット

実写動画のメリットとデメリットは主に以下の通りです。

メリット デメリット
  • 信頼性や共感性が高い
  • サービスや商品のイメージがしやすい
  • 雰囲気や世界観をリアルに伝えられる
  • 幅広い動画制作に向いている
  • コストがかかる
  • 修正や変更への対応が難しい
  • 抽象的な表現が難しい

実写動画の大きなメリットは、実在する人物や物を動画に映し出すことで、信頼性や共感性が高まることです。

そのため実写動画はリアルな雰囲気を伝えて安心感を与えたい動画におすすめの種類です。

例えば以下の目的で動画制作を行うのであれば、実写動画が良いでしょう。

  • 採用動画
  • インタビュー動画

しかし実写動画では撮影が必要なため、修正や変更が基本的に難しいです。

一度終えた撮影をやり直すには、キャストや撮影場所などの日程を合わせる必要があり費用もかかるので気を付けましょう。

実写動画を制作する場合は修正しなくて良いように、撮影の段階で確実に納得のいく素材を集めることが重要です。

実写動画は幅広い動画制作に利用できるので、動画の目的に合ったキャスト選びや雰囲気作りを考えましょう。

アニメーション動画のメリットとデメリット

アニメーション動画のメリットとデメリットは主に以下の通りです。

メリット デメリット
  • 多くの情報を分かりやすく伝えられる
  • 修正や変更への対応に強い
  • 比較的コストを抑えられる
  • より自由な表現が可能
  • リアルな雰囲気を伝えられない
  • 共感性や安心感が低くなりがち

アニメーション動画の大きなメリットは、情報やメッセージを視聴者に分かりやすく伝えられることです。

実写動画だと抽象的な表現が難しく、多くの情報を入れ込むと分かりにくくなりますが、アニメーション動画であれば伝えたいメッセージを明確に提示できます。

また実写では表現不可能な場面も簡単に表現できるため、より自由度の高い動画を制作できるでしょう。

しかし実在しない表現方法のため、実写動画に比べて共感性が低く感情移入が難しいので、リアルな世界観を伝えたい場合には実写動画を選びましょう。

アニメーション動画は、内容の分かりやすさを重視したい目的の動画におすすめですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の種類に悩んだときのポイント!

ポイントを指す女性

動画制作において、種類別のメリットとデメリットを知っても、どちらを選べば良いか悩むこともあるでしょう。

動画の種類を決める際は以下の点を基準にすることがおすすめです。

  • 動画制作の目的
  • 動画のターゲット層
  • 動画で伝えたいメッセージ
  • 動画の活用シーン
  • 動画制作の工程において修正や変更の予定があるか

動画の種類に悩んだ場合、まずは動画制作の目的から逆算して考えると良いでしょう。

動画制作の目的が明確であれば、どのような動画が効果的なのか、問題解決に繋げられるのか、再確認できます。

解決したい問題へのアプローチ方法を逆算すると、適切な種類も分かりやすいでしょう。

例えば動画に共感性が必要なのか、リアルな声が必要なのか、複雑なメッセージがあるのかなどです。

また自分が目的とする動画制作の参考になる動画を探すこともおすすめですよ。

動画制作の種類に関するよくある質問

疑問に思う女性

ここでは動画制作の種類に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • 動画制作に関わる仕事の種類とは?
  • 動画をアップできる配信媒体の種類って?

動画制作に関わる仕事の種類とは?

動画制作に関わる仕事の種類には主に以下があります。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • 監督
  • カメラマン
  • 照明・音響・編集オペレーター

実写動画かアニメーション動画かで必要となる仕事は異なりますが、プロデューサーやディレクターなど企画構成に関わる仕事は動画制作全般に必要です。

実写動画であれば、カメラマンや照明スタッフも非常に重要なポジションとなりますね。

一方でアニメーション動画であれば動画編集の技術が必要です。

CGクリエイターなどアニメーション動画の種類によって、必要となる仕事は異なります。

動画制作は自社で行うことも可能ですが、クオリティや完成度を重視する場合は依頼することがおすすめですよ。

動画をアップできる配信媒体の種類って?

動画の種類を決める際には配信媒体も大切な判断要素であり、動画をアップできる配信媒体には主に以下があります。

  • YouTube
  • テレビ
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok
  • 電車やショッピングモールなどのスクリーン

上記の通り最近ではSNSなどWeb上での動画配信が多くなっているため、SNS上で拡散しやすい動画作りも頭に入れると良いでしょう。

動画の配信媒体によって視聴者の特徴は異なるため、動画の目的やターゲット層を考えて配信媒体を選びましょう。

配信媒体によって画面の大きさや見やすさ音を出せるかなど、環境の違いも大きいため、事前に状況を詳しく把握することが重要です。

動画制作の種類が豊富な「むびる」におまかせ!

むびる

アニメーションやPR動画、結婚式の動画撮影など、いろいろな動画撮影を依頼したいと思ったら、どんな企業に依頼していいのか迷ってしまいませんか?

そこでおすすめなのが、動画クリエイターとのマッチングサービス「むびる」です!

むびるでは、経験豊富な動画クリエイターが在籍しているためクオリティの高い動画を制作できます。

動画編集や動画撮影の依頼のみにも対応しているので気楽に依頼してくださいね。

またコンシェルジュが徹底的にサポートいたしますので、安心して利用できます。

動画制作や動画編集を依頼したいのであれば、ぜひむびるに依頼してくださいね。

【むびるのサービス概要】

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の種類には実写とアニメーションがある!

動画制作の種類は大きく実写動画とアニメーション動画に分けられます。

しかしそれぞれ更に細かい種類に分けられるので、特徴を抑えて適切な種類を選びましょう。

動画の種類に悩んだ場合は、動画制作の目的やターゲット、メッセージなどを基準に選ぶことがおすすめです。

動画制作は自社でもできますが、基本的には依頼すること安心です。

以下の記事では動画制作を依頼した場合の費用について細かく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談