動画制作の基礎知識

1分の動画制作の相場って?動画の長さ別の相場や費用を抑えるコツ

1分の動画制作の相場って?動画の長さ別の相場や費用を抑えるコツ-アイキャッチ

「1分程度で動画制作をするには、費用相場ってどれくらいなのかな?」
「1分の動画制作の方法を知りたい!」

最近1分程度の動画は人気が高く、あらゆる場面で見かけますね。

1分動画では必要な情報を短く完結に伝えられるため、あらゆる方に最後まで見てもらいやすいことが特徴です。

そんな1分動画を制作したいのであれば、事前に方法や費用相場を知っておきたいですね。

そこで今回は1分の動画制作における費用相場や制作方法について、詳しく解説します。

記事の後半では1分の動画制作を行う際のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

1分の動画制作をする際の費用相場ってどれくらい?

考える女性

1分の動画制作を行う際の相場は、基本的に40万円~100万円程度です。

しかし動画制作にかかる費用は動画の種類によって大きく異なるので、まずはどの種類の動画を制作するか明確にする必要があります。

種類別の1分動画制作における相場は以下の通りです。

動画の種類 費用相場
アニメーション動画 40万円~70万円
実写動画 40万円~100万円
3DやCGアニメーション動画 100万円~200万円

動画の種類には大きくアニメーションと実写の2つがあります。

アニメーションに中には更にあらゆる種類がありますが、今回は費用が高くなる3DやCG費用相場を紹介しています。

基本的には実写動画がアニメーション動画より費用相場が安い傾向です。

特にアニメーションであれば3D等を選ぶと、一気に費用相場は上がるので注意が必要です。

動画の種類に関係なく、1分の動画であれば少なくとも40万円以上は必要だと考えておきましょう。

1分の動画制作の相場は依頼先によって異なる!

1分の動画制作の費用相場は、基本的に40万円~100万円程度と紹介しました。

しかし動画制作の費用相場は種類だけでなく、依頼先によっても異なります。

動画制作の依頼先には主に以下があります。

  • 総合広告代理店
  • 動画制作会社
  • 個人のフリーランス

上記の中でも総合広告代理店の費用相場は特に高くなりがちなので、50万円~100万円程度と考えておきましょう。

動画制作会社であれば、40万円~70万円程度の場合が多いです。

反対に個人のフリーランスであれば、格段に費用が安くなることが多いので、費用を抑えたい方は個人への依頼も1つの手です。

依頼先は動画制作の目的やターゲット、クオリティーを考えて決める必要があるので、慎重に選びましょう。

1分の動画制作の流れ

1分の動画制作にかかる費用相場を知って、どの段階に費用がかかるのか気になった方もいるのではないでしょうか。

動画制作の流れを知っておくことで、どの工程でどれくらいの費用が必要になるのか、大まかに予想がつきますね。

また工程別の費用を知っておくことで、費用の節約方法も分かりやすくなります。

そこでこのトピックでは1分の動画制作における流れを紹介します。

1分の動画制作の流れは主に以下の通りです。

  • 脚本や構成を決める
  • 撮影準備を整えて撮影を行う
  • 撮影した動画を編集し完成

上記の中で特に費用がかかるのは、人件費です。

人件費は構成を決める段階で必要なディレクターや撮影のキャスト、カメラマンや編集専門スタッフなどがあります。

そのため、費用を抑えるにはキャストに自社社員を採用するなど、人件費の削減に努めましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

1分の動画制作の構成内容って?

考えこむ女性

動画制作において、動画の長さで構成は大きく変わります。

1分の動画制作を行うのであれば、1分の動画に適切な構成を考える必要があるので覚えておきましょう。

1分の動画制作の主な構成は以下の通りです。

  • オープニング
  • コンテンツ
  • エンディング

基本的な動画制作と言えば、起承転結の4段階で考えますが、1分だとそれほど情報量を組み込めません。

1分動画制作において、入れたい情報量と照らし合わせると丁度良い構成は3部構成となります。

それぞれの構成内容について、企業のサービス紹介をテーマとして例を紹介します。

構成 内容
オープニング 簡単な企業紹介や結論
コンテンツ サービス紹介や動画のメインとなる素材
エンディング 結論・次のアクションに繋がる訴求

1分程度の動画制作であれば、上記を参考に要点をまとめたシンプルな構成を心がけましょう。

1分の長さが向いている動画って?

1分動画の場合多くの情報を盛り込むことは難しいため、基本的にシンプルな動画が完成します。

そこで、どのような動画を制作する際に1分の動画が良いのか、知っておくことが大切です。

1分動画がおすすめの内容には主に以下があります。

  • サービス紹介
  • 企業紹介

1分の動画では、想像よりも詳しい情報を与えることができるので、何かの紹介動画として活用することがおすすめです。

しかし情報を入れすぎるとまとまりのない動画になってしまうため、要点を押さえた動画制作を心がけましょう。

比較的1分動画は短めなので、動画を通して本当に伝えたいことを明確にする必要があります。

内容の理解しやすさや最後まで見られる工夫を考慮して、構成をよく練りましょう。

動画の長さ別の費用相場や構成を紹介!

人差し指を立てる女性

これまで1分動画に関する相場費用や構成を紹介しましたが、1分より短い動画、長い動画だと、どれほど変わるのか気になりますよね。

それぞれの動画の長さに合った構成や費用相場を知っておくことで、動画制作時の基準にもできます。

1分の動画制作を考えていたけど、少し相場が高いな、予算はまだあるな、という場合は動画の長さの変更もおすすめです。

そこでこのトピックでは、1分より短い動画や長い動画の費用相場や構成について詳しく紹介します。

1分の動画制作における費用相場や構成に悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。

1分以下の動画制作における費用相場

1分の動画制作の費用相場において予算的に厳しい場合は、動画の長さを少し短くするだけでも、費用を抑えられます。

30秒程度の動画制作の費用相場であれば、基本的に10万円~60万円程度で、種類別の相場は以下の通りです。

動画の種類 費用相場
アニメーション動画 10万円~50万円
実写動画 20万円~60万円
3DやCGアニメーション動画 80万円~150万円

3DやCGアニメーション動画であれば費用は高いですが、基本的なアニメーション動画や実写動画だと、安くて20万円程度で制作可能です。

1分の動画と比べて半分以下の費用で動画制作が行えるので、動画の目的に合わせて検討してみましょう。

1分以下の動画制作における構成の流れ

1分以下の動画構成でも、1分動画と同じように3分割の構成で制作することが基本的です。

1分動画同様に動画の長さが短いため、起承転結で情報を入れるのは難しいです。

3分割の構成の場合、例えば以下のような内容で進めると良いでしょう。

  • 問題提起
  • 解決策
  • 結論

小論文などの、序論、本論、結論、のように展開していくと分かりやすいですよ。

30秒動画は、動画広告として使用されることが一般的です。

そのためYouTubeなどの広告を見て、30秒でどのような紹介が行われているのか、構成を参考にできますね

長い動画と比べて気軽に視聴できることが大きな特徴で、上手に活用すれば集客を期待できます。

1分以上の動画制作における費用相場

1分以上の動画制作を行う場合、基本的に少なくとも40万円以上の費用が必要です。

1分を超える場合は長さによって大きく費用は異なるので、最低限用意しておきたい費用相場を種類別に紹介します。

動画の種類 費用相場
アニメーション動画 40万円~
実写動画 60万円~
3DやCGアニメーション動画 150万円~

1分を超える動画制作では、少なくとも40万円以上の費用がかかることが一般的です。

選ぶ動画の種類によっては150万円以上にもなるので、事前に動画の長さの相場を知っておくようにしましょう。

基本的に動画制作を依頼する場合、費用は相場と同じ程度の会社を選ぶことがおすすめです。

1分以上の動画制作における構成の流れ

1分程度や1分以下の動画制作では3部構成が一般的ですが、1分を超える長い動画は起承転結を含めた4部構成が基本です。

起承転結がしっかり組み込まれている動画は、より詳しい情報を伝えられます。

しかし長い動画になるほど、視聴者が動画に飽きてしまう可能性も高くなります。

そのため長い動画を制作する際は、飽きずに最後まで見られるようにストーリー性を持たせるなど工夫が必要です。

また短い動画に比べて求められる編集の技術や工夫も高まるため、基本的に依頼することがおすすめです。

1分以上の動画はより多くの情報を紹介したい際などに使われますが、情報のみの動画にならないように気を付える必要があります。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

そもそも1分動画って?

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

1分動画とは、名前の通り1分に収められた動画のことです。

これまでの動画では1分を超える長い動画が多かったですが、最近では1分程度の短めの動画が増えています。

1分と聞くと短いと感じる方も多いと思いますが、1分動画の情報量は意外と多いです。

そのため、今では多くの場面で1分動画が活用されています。

特に企業広告といったビジネスシーンで使われることが増えていて、1分動画によって集客が成功している企業も多いです。

1分程度の動画が主流となった背景としては、スマートフォンの普及や機能性の高さにあります。

1分程度の動画であれば、スマホからすきま時間に簡単に確認できますね。

また、動画内容に興味を持った場合スマホから簡単に動画の核酸も可能です。

1分動画はスマホから見る動画として丁度良い長さであることが、人気となる大きな理由でしょう。

1分の動画制作を行うメリット

1分動画の人気が高まっていることは分かりましたが、具体的なメリットも知っておきたいですよね。

1分の動画制作を行うメリットは主に以下の通りです。

  • 短時間なので最後まで見られやすい
  • 要点が簡潔にまとめられていて分かりすい
  • 場所を選ばずスマホから簡単に確認できる
  • 短時間で内容が完結する

1分動画制作の大きいメリットは最後まで見てもらいやすいことです。

特にサービス紹介などの動画であれば、最後まで見てもらわないと意味がありませんよね。

1分程度の短時間であれば最後まで飽きずに見やすく、必要な情報も全て得られるので、次のアクションにも繋がりやすいです。

忙しい方でも1分であれば見る時間があるので、より多くの方の目にとまるでしょう。

また動画を見て良いと感じた際に、1分動画ならスマホから簡単に共有できます。

より多くの方に知ってもらいたい内容をアピールするのであれば、1分動画はぴったりですね。

動画の長さに悩んだら1分がおすすめ!

動画制作を行う際、長さを決めないと構成といった次の段階に進めません。

どの長さにも適応できる内容で悩んでいる場合は、1分動画がおすすめですよ。

1分であれば、必要な情報を網羅しつつ短めの動画で見てもらいやすくなります。

特に以下の動画制作には1分の長さがおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 食品・飲料企業
  • アパレル企業
  • ヘアメイク
  • DIY
  • 広告動画
  • 企業・サービス紹介動画

上記のような目的で動画制作を行う場合、基本的に1分動画がおすすめです。

特に何かの情報を提供したい場合は、長すぎると飽きやすく短すぎると必要な情報が足りなくなります。

また上記以外の企業や目的でも1分動画が向いている場面は多いので、まずは1分程度の長さを検討してみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

1分動画制作時のポイントを紹介

ポイントを指す女性

1分動画は人気が高くメリットも多いですが、制作においてのポイントを知らないと思うような効果が得られない可能性もあります。

1分動画の効果を最大限引き出すために、動画制作時のコツを確認しておきましょう。

このトピックで紹介する1分動画制作時のポイントは以下の通りです。

  • 伝えたい内容を整理する
  • ターゲット層を明確にする
  • 動画に引き込まれる内容を心がける
  • 短い動画を複数つなぎ合わせる
  • 早送りを利用する

①伝えたい内容を整理する

1分動画は比較的短いので、必ず伝えたい内容を整理することが必要です。

伝えたい内容には優先順位をつけて、確実に外せない情報を確認しましょう。

また必ず入れる情報として、6W1Hに当てはめて考えることもおすすめです

6W1Hに応じた内容を完結に紹介できることで、視聴者にも動画も内容や目的が明確に伝わるでしょう。

サービス紹介や企業紹介において、動画に入れたい情報は多いと思いますが、情報を詰め込みすぎると分かりにくい内容になります。

視聴者としても難しく感じ最後まで見てもらえないと意味がないですね。

そのため、6W1Hを意識しつつ本当に伝えたい内容を絞って動画にすることがポイントですよ。

情報が少なくても動画で興味を持ってもらえれば、検索等による集客が可能なので心配ないでしょう。

②ターゲット層を明確にする

1分動画を作る際はターゲット層を明確にしておきましょう。

例えばターゲットとする相手が男性なのか女性なのか、学生なのか高齢者なのかで動画の雰囲気は大きく異なります。

キャストや演出もターゲット層に合わせる必要があります。

ターゲット層とずれた演出やキャスト、雰囲気だと動画の導入の部分で興味を持ってもらいにくいですね。

ターゲット層の理解を得られやすい動画制作の工夫が必要なので、事前準備は徹底しましょう。

ターゲット層によっては動画広告媒体も異なるので、覚えておきましょう。

③動画に引き込まれる内容を心がける

動画制作において重要なことは、動画を最後まで見てもらうことです。

最後まで見てもらうためには、動画に引き込まれる内容作りが必要です。

そのため、ストーリー性を持たせた興味を持ちやすい動画にするなどの工夫をしましょう。

特に冒頭部分で、この動画を見たいのか、見たくないのか決まりやすいです。

動画の完全視聴率を上げるには、動画の冒頭でいかに興味を持たせるかが重要となります。

最初からインパクトのある内容を出す、演出を派手にするなど、ターゲット層を踏まえた上で考えましょう。

④短い動画を複数つなぎ合わせる

1分の動画と言っても、実際に使う撮影素材は非常に多いです。

特に情報量が多い場合、複数の素材をつなぎ合わせる必要がありますね。

そのため、長い動画を使用することや特定の場面だけ長い素材を使用することは割けましょう。

基本的に動画を最後まで見るには、動画のテンポ感も重要です。

テンポ良く動画が進むことで、あっという間に見終えられますが、バランスが悪い動画だと見ていて飽きやすくなります。

1分の動画であれば1つの素材につき3秒~5秒程度にしましょう。

1秒だと短く10秒を超えると長く感じてしまいます。

全体のバランスを見ながら、4秒程度の素材を複数つなぎ合わせると良いでしょう。

⑤早送りを利用する

1分の動画制作を行う際は、早送りを利用することも1つの手です。

動画制作の目的によっては早送りが適さない場合もありますが、例えば料理動画やヘアメイク動画などは早送りも有効でしょう。

早送りが利用できれば伝えられる情報量も増えるので、より満足度の高い動画が制作できます。

早送りでは素材にもよりますが、基本的に3倍速程度がおすすめです。

また、早送りを利用する動画ではテキストを上手に活用して内容が分かりやすいように工夫しましょう。

動画制作を依頼するなら「むびる」がおすすめ!

むびる

 

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

1分の動画制作の依頼先に悩んでいる方は「むびる」を検討してみましょう。

「むびる」とは、動画制作を依頼したい方とプロの動画クリエイターをマッチングするサービスです。

「むびる」のおすすめポイントには主に以下があります。

  • 高額な費用をかけずに高品質な動画制作が可能
  • 在籍しているクリエイターには審査があるので安心
  • 納期や予算に合わせて相談しながら決められる
  • 幅広いジャンルに対応している

「むびる」では最初に予算や納期などの条件をコンシェルジュに相談し、適切なクリエイターを紹介してもらいます。

プランに合ったクリエイターを紹介してもらい、その中から気になる方を選んで打ち合わせできるので安心して進められますね。

対応している動画制作のジャンルには、ビジネスからSNSなど幅広いので、どんな目的でも利用できるでしょう。

LINEでは24時間無料で相談できるので、気になる方はまずLINEで相談から始めるのもおすすめです。

また在籍しているクリエイターの動画は公式ホームページで確認できるので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

1分動画制作に関するよくある質問

おすすめ

このトピックでは、1分動画制作に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • 1分の動画制作費用を抑える方法ってある?
  • 1分の動画制作なら自力でできる?

1分の動画制作費用を抑える方法ってある?

1分の動画制作費用を抑える方法には主に以下があります。

  • キャストに自社の社員を起用する
  • 撮影は1日で終わらせる
  • 素材やBGMはフリー素材を利用する
  • 個人のフリーランスに依頼する

1分の動画制作でも撮影や編集には時間がかかります。

撮影を1日にまとめることで、人件費や撮影地費、交通費などを節約できます。

また、キャストとして自社社員を起用することで一気に人件費を削減できるので、動画の内容によっては検討しましょう。

編集で必要なBGM等の素材も、自社で用意することで費用は抑えられます。

オリジナル性が高い分費用は上がるので、自社できるものは全て用意しておきましょう。

更に依頼先として個人のフリーランスを選ぶと、大幅に費用が下がる可能性が高いので、1つの手ですよ。

1分の動画制作なら自力でできる?

費用を抑えるために動画制作を依頼するのでなく、自社で制作しようと考える場合もありますよね。

自社で1分の動画制作を行うことは可能ですが、事前にメリットやデメリットを知っておくことが重要です。

動画制作を依頼する場合のメリットとデメリット、自社で動画制作を行うメリットとデメリットは以下の通りです。

動画制作を依頼する場合 自社で動画制作を行う場合
メリット
  • 高クオリティーの動画ができる
  • 動画の流れや構成をプロに相談できる
  • 自社の強みを全面的に出せる
  • 自由に動画制作ができる
  • 費用を抑えられる
デメリット
  • 費用がかかる
  • 仕上がりに納得行かない場合もある
  • スキル不足で思い通りの動画ができない可能性がある
  • 自社社員の協力が必要
  • 機材費用がかかる

動画制作を自社で行う場合、依頼するよりは費用を抑えられますが、撮影などに使う機材は揃える必要があります。

そのため機材が全く揃っていない場合、想定外の出費になる可能性もあるので確認しておきましょう。

1分動画制作の費用相場は40万円以上が一般的!

1分動画制作の費用相場は動画の種類によって異なりますが、基本的には40万円以上かかると考えておきましょう。

1分動画には多くのメリットがあり、特に企業やサービス紹介の動画におすすめです。

1分動画のメリットを最大限引き出すためには、1分動画ならではの制作時のポイントや構成を知っておくことが重要です。

最後まで見てもらえる動画内容を意識して、1分動画を制作しましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談