動画制作

動画制作と映像制作の違いを分かりやすく徹底解説!

動画制作と映像制作の違いを分かりやすく徹底解説!-アイキャッチ

SNS上の動画や動画マーケティングが増えている今、動画制作と映像制作について違いを考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。

実際動画制作と映像制作について、どんな違いがあるのか分からない方も多く、説明するのは難しいですよね。

しかし動画制作と映像制作違いを理解することで、自分の作りたいものにはどちらが適しているのか明確になります。

特にビジネスシーンでの利用を考えている場合、動画制作と映像制作の違いを知っておくことは重要です。

そこで今回は、動画制作と映像制作における違いや制作過程の違いについて詳しく解説します。

前提として動画と映像にはどんな違いがあるのか、それぞれが向いているものについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画制作と映像制作の違いって?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

動画制作と映像制作には、主に以下の点で違いがあります。

  • 情報量
  • コンセプト
  • 完成度
  • 規模の大きさ
  • コスト
  • 媒体

ではそれぞれの違いについて、特徴を詳しく解説します。

情報量

動画制作と映像制作における最も大きな違いとしては、情報量があります。

情報量はIPTとも呼ばれ、動画制作と映像制作では時間あたりの情報量の差が大きいです。

一般的に動画は情報量が多く、映像は情報量が少ないとされ、視聴した際に得る情報が大きく異なります。

そのため動画はIPTが高いコンテンツ、映像はIPTが低いコンテンツと言えるでしょう。

例えば動画としては商品やサービス紹介の動画が多くあり、短い時間で訴求したい情報をまとめています。

動画は短い時間でも見た後の満足度が高く、必要な情報を凝縮させているため効率性も高いです。

一方で映像はプロモーション映像など情報量を控えめにして、雰囲気や世界観、メッセージを伝えることが多いです。

動画は短い時間で多くの情報が得られるコンテンツ向け、映像は長い時間で少ない情報量を丁寧に伝えたいコンテンツ向けと言えます。

一概には言えませんがIPTの高さや低さにおいて、動画制作と映像制作には大きい違いがあるでしょう。

コンセプト

動画制作と映像制作においては、コンセプトも異なります。

コンセプトとは主に、メッセージ性の有無です。

動画は基本的に撮影した動く画像をそのまま見せるもので、不要な部分は編集でカットして完成させます。

一方で映像は作者の意思を読み取って作成するため、明確なメッセージをもとにプランやストーリーを作り、撮影や編集に進みます。

そのため動画制作では強いメッセージ性はなく、時系列で撮影したものをつなぎ合わせ、音声などをつけるという流れが一般的です。

しかし映像制作では作者の意思があるため、どのような内容にすればどのような効果があるかなど、よりメッセージが伝わる作品にする必要があります。

動画制作に比べて映像制作は一貫したメッセージ性を持たせるため、そもそも作成するコンセプトが大きく異なりますね。

映像制作では、目的やターゲットを設定し、ターゲットに沿ったストーリーや媒体を考えるため、ストーリー性も重要です。

完成度

動画制作と映像制作では、完成度やクオリティも異なります。

一般的に動画制作は比較的誰でも挑戦しやすいですが、映像制作となるとより高い完成度が求められます。

特に最近ではスマホから簡単に動画編集や動画投稿ができるため、スキルや経験がなくても動画制作はしやすいですよね。

動画制作ではスキルや経験よりも、求められているコンテンツが入っていれば多くの方に視聴される可能性が高いです。

そのためあらゆるSNS上では多くの方が制作した動画を目にする機会が多いでしょう。

一方で映像制作には、作者の意図や世界観、メッセージを正確に伝えるために、高度な編集技術が必要になります。

映像はブランディングとして利用できるレベルに仕上げる必要があるので、スキルや経験を持ったプロの方によって制作される作品と言えますね。

動画制作と映像制作では求められる完成度やクオリティが異なるため、そもそも制作できる人も限られるでしょう。

規模の大きさ

動画制作と映像制作では、完成度が異なるように規模の大きさも異なります。

動画制作はスマホの動画編集アプリ等を使えば、撮影から制作、公開まで1人でもできますよね。

短い動画であれば、数時間で全ての工程を完成させることも可能です。

しかし映像制作では、撮影や編集まで多くのスタッフやキャスト、撮影場所が必要になります。

そのため撮影だけでも数日から数ヶ月の期間が必要になることも多いでしょう。

また撮影に入るまでにも、ストーリー性や構成を詳細に決める工程があるため、時間がかかります。

撮影後の編集でも高度なスキルや技術が必要であり、公開までにも時間がかかります。

映像制作の場合は、制作を始めようとした時から公開するまで、非常に長い時間と多くの人材、撮影場所が必要です。

そのため動画制作とは規模の大きさにおいて大きく異なります。

コスト

動画制作と映像制作では、完成度や規模の大きさが異なることに比例して、コストにも違いがあります。

動画制作の場合、撮影や編集、公開において、予算を切り詰めれば無料でも可能です。

無料ではなくても、基本的には低予算で行えるでしょう。

簡単な動画制作であれば、時間や手間もあまりかかりません。

しかし映像制作では、撮影においてキャストやスタッフ、撮影場所において人件費が必要であり、編集もプロに任せる必要があります。

他にもあらゆる機材費も必要です。

そのため制作費は高額になると考えられ、場合によっては億単位の予算になることも多いです。

また規模の大きさに伴い、映像制作では完成までに多くの時間や手間が必要になります。

費用だけでなく、制作期間や労力も含めた全てのコストにおいて、映像制作は動画制作よりもコストがかかるでしょう。

媒体

動画制作と映像制作では、配信媒体にも違いがあります。

動画制作の場合、一般的にはWeb上の媒体で配信することを想定し制作することが多いでしょう。

最近では、YouTubeやTikTok、InstagramやTwitterなど様々です。

そのため多くの動画はスマホから簡単に見られるため、見ようと思わなくてもなんとなく再生することもありますね。

一方で映像の場合、基本的にはテレビや映画館、DVDなどスクリーンで見る作品を目指して制作します。

そのため、動画に比べて気軽に見ることは少なく、明確な興味を持って見ようとすることが多いです。

しかし最近では、スマホからでも映画やドラマが視聴できるようになっています。

そのため配信媒体のみで、映像制作と動画制作の違いを明確に区別することは、難しいでしょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

そもそも動画と映像の違いって?

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

動画制作と映像制作には、複数の違いがありますが分かりにくいと感じた方もいるのではないでしょうか。

そもそも前提として、動画と映像にはどのような違いがあるのか知っておくと、分かりやすいでしょう。

動画と映像について考えてみると、何が違うのか言葉ではっきりと説明しにくいですよね。

そこでこのトピックでは、動画と映像の違いについて、詳しく解説します。

動画

動画とは、動く画像という意味でアニメーションの日本語訳でもあります。

狭い定義では動く画像を指し、広い定義では音声や音楽などと同時に流れるものを指します。

動画は映像に比べてカジュアルな雰囲気であり、最近では静止画ではないものは基本的に動画を言われがちです。

動画は、ビデオカメラで撮影した映像など動く画像全般を指すので、普段目にする機会も多いでしょう。

今では多くの方が持っているスマホですが、スマホでなんとなく撮ったものも、動く画像は動画と言われます。

そのため多くの方のスマホには、動画と呼べるものが多く保存されているでしょう。

また今ではWeb上で配信される動く画像全般を、動画と呼ぶことも多いです。

映像

映像とは映し出された画像という意味で使われ、テレビが普及してから頻繁に使われるようになりました。

テレビが普及する前は、映画やテレビに映し出される映像ではなく、画面や画面の像を意味することが一般的でした。

映像は動画に比べて本格的なイメージが強く、何かしらの作品自体を映像と呼ぶことが多いです。

最近ではWeb上での動く画像も多く出てきたことから、映画やテレビに映し出される動く画像全般が映像と呼ばれますね。

今映像としては、写真やテレビ、映画を中心に何かしらのメディアに出される作品自体を映像と考える方が多いでしょう。

映像と動画の主な違いとしては、映し出される媒体によるものが大きいと言えますね。

動画制作と映像制作の制作過程の違いって?

疑問に思う女性

動画制作と映像制作における違いは多いですが、制作過程にどのような違いがあるのかも知っておきたいですよね。

それぞれの制作において、どこに重きを置くべきか大きく異なります。

例えば動画制作では、短い時間で多くの情報量を込めるための編集が必要です。

動画制作には完成度が求められることが少なく、コストや規模もあまりかかりません。

しかしその分視聴者が求めている情報を凝縮する必要があります。

そのため、多くの情報量を1つの動画に短い尺で違和感なくまとめられる編集が大切です。

一方で映像制作では、作者の意図やメッセージを明確に伝える必要があります。

動画制作に用に情報量が多すぎると、何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

映像を通して最も伝えたいメッセージを強調させるには、どのようなストーリーが良いか、クオリティも意識しながら制作することが大切ですね。

動画制作と映像制作が向いているものの違いって?

動画制作と映像制作では、内容にも制作過程にも違いがあると分かりました。

より違いをイメージしやすくするには、具体的にどのようなものに向いているのかを知っておきましょう。

動画制作が向いているものには以下などがあります。

  • CM
  • アニメ
  • 商品やサービス紹介

一方で映像に向いているものには主に以下などがあります。

  • 映画
  • ドラマ
  • TV番組のコンテンツなど

動画制作か映像制作かは、時間内にどれだけの情報を入れる必要があるのかで考えると分かりやすいでしょう。

CMや商品紹介などは、紹介するものに関する有益な情報を多く入れることで、視聴者に購入を促す目的が多いでしょう。

情報が足りないと、視聴者に紹介するものの良さが伝わらず、目的への効果が得られない可能性が高いです。

反対に映画やドラマにおいて情報を入れすぎると、何を伝えたい作品なのか、主要となるメッセージが分かりにくくなってしまいます。

動画制作と映像制作に向いているものには、違いがあるので具体例を参考に考えてみましょう。

動画制作と映像制作の違いは曖昧になっている?

悩む女性

動画制作と映像制作、動画と映像には違いがありますが、ネットが普及する現代において、境界線が曖昧になっていると言えます。

大きな一因としては、最近ではスマホからでも簡単に映画やドラマを視聴できることにあります。

これまで動画制作や動画は配信媒体として、スマホなどのWEB上で視聴できるものと紹介しました。

また映像制作や映像とは、スクリーンで映し出される作品を指すことが一般的です。

しかし最近では、時間が長くクオリティの高い映像においても、多くのサブスクで誌著できるようになっています。

今では映画もスマホで観ることが普通だと感じている方も多くいることで、動画と映像の違いが曖昧になっていると言えるでしょう。

また動画制作においてもクオリティの高い動画が増えています。

そのため今回の記事でも紹介した動画制作と映像制作の違いは、全て一概には言えないでしょう。

最近は動画制作が広がっている!

最近ではテレビよりもYouTubeやTikTokを見る、という方が増えています。

また動画制作はプロではない一般の方でも気軽に取り組めます。

低コストで抑えられ完成度よりもコンテンツに注目が行く動画は、多くの方からの人気を集めています。

動画は基本的に短い時間で視聴できるため、すきま時間にも活用でき集中力もあまりいりません。

映像よりも気軽で身近な動画は、制作においても視聴者数においても広がっているので、今後映像とどのように区別されるのか注目しましょう。

動画制作と映像制作の違いを明確にしてビジネスでも活用しよう!

最近ではビジネスシーンでも動画や映像が使われる機会は多いですよね。

しかし実際動画制作と映像制作の違いについて、明確に理解していることは少ないでしょう。

特にビジネスシーンで動画や映像を利用したい場合は、それぞれの違いや特徴、メリットデメリットを知っておく必要があります。

制作に必要なコストや過程、違いを知っておくことで、上手く使い分けましょう。

それぞれのメリットを最大限活かせるような制作を意識することが大切です。

動画制作・映像制作なら「むびる」がおすすめ!

むびるバナー-20231110
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作・映像制作なら「むびる」がおすすめです!

「むびる」とは、全国の動画クリエイターと依頼者をマッチングしてくれるサービスです!

むびるでは厳正な審査に通過したプロの動画クリエイターが対応してくれるため、安心して依頼できます。

動画制作の規模にもよりますが、5,000円から依頼できる点がメリットです。

動画制作会社に依頼するよりもコストを抑えて動画制作できるため、ぜひ利用してみてくださいね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作と映像制作には大きな違いがある!

動画制作と映像制作には、主にIPTやコンセプトにおいて違いがあります。

どんなものを制作したいのか、目的によって上手に使い分けるようにしましょう。

動画制作と映像制作の違いを知っておくことで、目的に最適な作品を完成させられます。

また、最近では多くのアプリやソフトがあることから、プロでなくても比較的手軽に制作に取り組めます。

しかし、よりクオリティが高く効果的な作品を制作したいのであれば、プロに依頼することがおすすめです。

動画制作と映像制作、それぞれどれくらいの費用や時間が必要なのか、事前に調べておきましょう。

ちなみに以下の記事では、動画制作に必要な費用を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談