vlog

Vlog編集のコツを分かりやすく解説!おしゃれなVlogにする方法

Vlog編集のコツを分かりやすく解説!おしゃれなVlog編集のポイント-アイキャッチ

Vlogは動画コンテンツでも人気のジャンルであり、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

自分もVlogを始めたいと思っても、編集が難しい、おしゃれな編集ができないと悩むこともありますよね。

そこで今回はVlogの編集のコツを、分かりやすく徹底解説します。

おしゃれなVlogにするための編集のポイントを紹介するので、これからVlogを始めたい方はぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Vlogの編集のコツを紹介!

ポイントを指す女性

Vlogは最近人気の高い動画ジャンルですが、いざ編集するとなると難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

特に初心者の方や動画編集に慣れていない方だと、vlogの編集も簡単ではないですね。

しかし事前にvlogの編集のコツを知っていれば、効率良く質の高い動画を制作できます。

そこでこのトピックではvlogの編集のコツについて、以下を紹介します。

Vlogの編集で悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

  1. 事前準備を怠らない
  2. 動画の最初にダイジェスト挿入
  3. Vlogの雰囲気に合った編集
  4. Vlog編集のテンプレート作成
  5. 動画全体の統一感
  6. カット編集でテンポを意識
  7. タイトルやサムネイルの工夫
  8. 撮影した日に編集

①事前準備を怠らない

Vlogの動画編集のコツとして、まず事前準備を整えることが大切です。

動画編集に必要な事前準備には、主に以下があります。

  • 動画で使う音楽やBGMを決める
  • 編集に必要な素材を集める

Vlogの動画では実際に撮影した動画の音声は使わず、動画編集の際に音楽やBGMを当てはめます。

その際動画に合う音楽やBGMが見つからず時間がかかってしまうことや、音楽を見つけることが難しいと感じることも多いです。

Vlog編集に入る前に使いたい音楽を用意する、撮影の際にどんな音楽を使うかイメージしておくと編集もしやすいでしょう。

また音楽やBGMには著作権があるので、フリーの音楽サイトなど探すサイトを絞っておくこともおすすめですよ。

Vlogの編集には音楽やBGM以外にも、効果音や画像などの素材を使う事があります。

自分のVlogに素材が必要なのであれば、事前に素材を集めておくことが必要です。

素材を集める際も著作権を確認し、基本的にフリー素材サイトから探しましょう。

編集に使う素材は全て整理しておくと、Vlogの編集もしやすくなりますよ。

②動画の最初にダイジェスト挿入

Vlogの編集では、動画の最初に10秒~30秒程度でダイジェストを挿入することがおすすめです。

ダイジェストでは、Vlog本編での魅力ポイントやハイライトをまとめると良いでしょう。

動画の最初で大まかにどんなVlogか把握できれば、視聴者のニーズも満たしやすくより興味を持ってもらえます。

また最初にアピールシーンを入れることで、動画の最後まで視聴者に見てもらいやすいため、動画からの離脱も防げます。

もしVlogに興味があまりない方がなんとなくタップしたという場合でも、最初に良いシーンを見れば見てみようかなと感じるでしょう。

Vlogではタイトルやサムネイルだけでは動画の全体が想像しにくく、何が出てくるのか分からないことが多いですよね。

その中で、こんな良いシーンがあるよと最初にアピールすることは非常に効果的です。

Vlogの編集をする際は最初にダイジェストで動画をまとめることで、一気にオシャレで興味を持てる動画を作れますよ。

③Vlogの雰囲気に合った編集

Vlogの編集では、動画の内容に合った編集を心がけましょう。

編集では音楽やBGMの挿入、テロップやステッカー、字幕の挿入がありますね。

Vlogには日常やカフェ巡り、旅行などあらゆる種類があるので、動画全体の雰囲気に合わせた素材を選びましょう。

例えばカフェ巡り動画であれば、茶色や白など淡い文字やちょっと明るめの音楽が合いますよね。

一方でナイトルーティンなどは、落ち着いた音楽や色を使った編集がぴったりでしょう。

Vlogの編集では特に字幕をつけることが多いので、字幕の色や大きさ、フォントは動画全体で見て違和感がないか確認が必要ですよ。

どのような編集がVlogに合っているか分からない方は、自分と同じテーマの他のVlogを参考にしてみましょう。

どんな字幕や音楽を使っているのか把握し、最初は編集を真似して練習することもおすすめです。

雰囲気を合わせた編集に慣れたらオリジナル性を加えて自分だけのVlogを作りましょう。

④Vlog編集のテンプレート作成

Vlogの編集が難しいと感じる方、時間がかかりすぎてしまう方は事前にテンプレートを作成することもおすすめです。

全て同じテンプレートを使用すると、毎回のVlogが似てしまうので、3パターンくらい用意しておくと良いでしょう。

Vlogの編集に慣れないうちはテンプレートを使って編集することも1つの手です。

編集をしているうちに必ず慣れてくるので、慣れてきたタイミングでテンプレートを使わない新しい編集に取り組むと良いでしょう。

テンプレートを作成する際は、どのようなVlogを撮るのか、完成形のイメージを明確にする必要があります。

事前にVlogの編集テンプレートができていれば、Vlogの素材集めや動画を撮る際も、必要なものが分かりやすいですね。

Vlogの編集が初めての方は、他のVlog動画をみて良いなと思う編集を見つけましょう。

完全に真似するのは良くありませんが、動画の中で気になる編集方法をピックアップして取り入れることはおすすめです。

あらゆる編集方法を見つけて組み合わせるなどで、テンプレートを作ってみましょう。

⑤動画全体の統一感

Vlogの動画では全体の統一感が大切です。

特に1日中外で動画や写真を撮った場合、日の当たり方などで意図せず動画の明るさが大きく変わってしまいますよね。

統一感がない素材をそのまま動画で1本にまとめてしまうと、まとまりのないVlogとなりオシャレさがなくなってしまいがちです。

Vlogの動画では統一感は非常に大切なポイントなので、実際に撮った動画や写真は色調補正をして明るさや色を統一しましょう。

Vlogでは白っぽい色で統一する動画も多いので、参考にしてみると分かりやすいですよ。

もし使いたい素材が調整できないほど色や明るさが異なる場合は、1本の動画にするのではなく2本の動画に分けることもおすすめです。

前編と後編など、Vlogの統一感を意識した動画編集をしましょう。

⑥カット編集でテンポを意識

Vlogの編集では、カットを程度に取り入れてテンポを良くすることがおすすめです。

Vlogでは長い動画を撮影することが多いですが、全てを使うとだらだらした動画になりがちです。

視聴者が最後まで見やすい動画にするには、動画のテンポが影響するので、不要な部分はばっさりカットしましょう。

カット編集の中でもよく使われる方法が、ジャンプカットです。

ジャンプカットとは、瞬間移動したように見せるカットでYouTube動画でもよく見る編集ですね。

Vlogの編集では1カットを5秒前後などで切り替えることで、視聴者も最後まで見やすい動画になるでしょう。

しかしジャンプカットは1つの動画で多用しすぎると、落ち着きのない動画になってしまい視聴者が混乱することがあります。

動画に必要な部分を厳選して適度なカット編集で、テンポ感を意識しましょう。

⑦タイトルやサムネイルの工夫

Vlogの動画では、タイトルやサムネイルの工夫も必要です。

多くのVlogは、ぱっと見ただけではどんな内容なのか分からない動画も多いでしょう。

内容が分からない動画に興味を持って再生してもらうためには、最初に目に入るタイトルやサムネイルが重要です。

タイトルではVlogの内容が一目で分かるKWDを入れ、サムネイルは動画の内容を端的に表せる写真を設定すると良いでしょう。

またサムネイルを設定する際は、文字やスタンプなどを使って編集することでより興味を引く写真設定が大切です。

Vlogの編集は動画内容だけでなく、タイトルやサムネイルまで気を遣うことを忘れないようにしましょう。

Vlogを撮っているときに、どんな写真をサムネイルにするか考えて候補となる写真をたくさん撮っておくことがおすすめです。

色んな場面で撮った写真をコラージュなどして、サムネイルにすると動画の内容も分かりやすいですね。

サムネイルは写真の中でも良く撮れた写真を使いたいので、できるだけこだわりましょう。

⑧撮影した日に編集

Vlogの編集は撮影した日のうちに取り組むことがおすすめです。

撮影日に編集まで行うことで、実際に撮った場所や感想が鮮明なので、よりリアルなVlog編集ができます。

特にカフェ巡りや旅行であれば、主観的な要素をテロップで入れることも多いので、撮影日に感じたことをそのまま入れると良いでしょう。

また撮影しながらこんな編集にしたいと考えている方は、自分のイメージする完成形に近づけやすいですね。

Vlogの撮影日から編集まで時間が空いてしまうと、どんな場所だったか、何が良かったか、何をしたかなど、詳細を忘れてしまいがちです。

思い出しながら編集作業を行うと、時間もかかってしまい効率も悪いので気を付けましょう。

できるだけ撮影日から近い間に編集することで、スムーズでリアルな編集ができますよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Vlogの編集のコツを掴むにはとにかくたくさん編集しよう!

指を指す

Vlogの編集にはコツがたくさんありますが、コツを掴むにはとにかくたくさん編集することが大切です。

編集を積み重ねるうちに自分に合った編集や、Vlogに必要な素材も明確になります。

Vlogを撮るコツ、編集するコツが分かれば、余裕を持って取り組めるので、さらにVlogが楽しく感じられますよ。

Vlogの編集は最初だと難しく感じることも多いですが、徐々に慣れるので焦らず継続することが大切です。

またVlogの編集を増やすことは作業時間短縮にも繋がります。

Vlogを編集する際に時間がどうしてもかかってしまう、難しいという場合は、とにかくたくさん編集して自分のやり方を確立しましょう。

Vlogの編集をするには、気分転換できる場所で行う、すきま時間を使うなど、周りの環境を変えながら取り組むこともおすすめですよ。

Vlogの編集のコツに関するよくある質問

動画編集の需要や将来性は?増えすぎだけど実際どうなの?-アイキャッチ

このトピックではVlogの編集のコツに関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. Vlogの編集は何でできる?
  2. Vlogの編集におすすめの無料アプリってある?

Vlogの編集は何でできる?

Vlogの編集は基本的にスマホ1つでもできます。

最近ではスマホで使える動画編集アプリも多く、無料でも機能性は十分です。

Vlogの編集が初めての方は、最初はスマホの無料アプリで問題ないでしょう。

慣れてきてもっと自由度の高い編集がしたいと感じた場合は、有料のソフトに変える、パソコンで編集を行うなどがあります。

自分の編集スキルや経験によって、スマホかパソコンか、無料アプリか有料ソフトか選びましょう。

基本的に趣味程度のVlogであれば、スマホで問題なく編集できるので特に準備する機材はないですよ。

Vlogは継続させることが大切なので、自分にとって使いやすい機材を使って編集を行いましょう。

Vlogの編集におすすめの無料アプリってある?

Vlogの編集におすすめの無料アプリとしては、「VLLO」があります。

「VLLO」はスマホから無料で利用できるアプリで、簡単にオシャレなVlog動画を作れます。

実際に多くのVlogを編集している人に使われているアプリなので、初めての方はとりあえず使ってみましょう。

Vlogに使うアプリは自分にとって使いやすいかどうかが非常に重要です。

無料アプリをいくつか使ってみて、自分に合うアプリを見つけましょう。

Vlogの編集のコツを覚えておこう!

Vlogの編集をする際は、特に動画の最初にダイジェストを入れることが大切です。

最初に目を引く内容を入れることで、興味を持ってもらい最後まで視聴しやすいVlog動画を作りましょう。

Vlogは最近人気の高いジャンルなので、他のVlogも参考にしながらとにかくたくさん編集することがおすすめです。

編集を重ねる中でコツをつかんで、オシャレなVlogを作りましょう。

ちなみに以下の記事ではおすすめのVlogチャンネルを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談