vlog

Vlogで顔出ししない方法!顔を出さないVlogで人気を出すコツ

Vlogで顔出ししない方法!顔を出さないVlogで人気を出すポイント-アイキャッチ

最近あらゆる動画コンテンツの中でもVlogは人気が高く、自分も始めてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかしVlogは挑戦したいけど、動画で顔を出すのは怖いから避けたい、と悩むこともありますよね。

結論から言うとVlogは顔を出さなくても始められるジャンルです。

そこで今回は、Vlogで顔出ししない方法や、顔を出さないVlogで人気を出すポイントについて詳しく解説します。

記事の後半ではVlogで顔出ししないメリットやデメリット、顔を出していないおすすめのVlogチャンネルも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Vlogは顔出ししないでもできる?

動画編集の需要や将来性は?増えすぎだけど実際どうなの?-アイキャッチ

Vlog動画は必ず顔出しする必要はないので、顔出ししなくてももちろんできます。

実際Vlog動画を投稿している方は多いですが、その中には顔を出さないVlog動画を投稿している方はたくさんいます。

そのためVlog動画を撮りたいけど、顔は出したくないという方も安心して始められますね。

顔を出さずVlogを始めたい方は、顔を映さなくても問題ないテーマのVlogを撮って投稿しましょう。

Vlog動画の撮影や投稿に慣れていくうちに、テーマによって顔を出すなどやりながら変えていくことがおすすめです。

もちろんずっと同じテーマで顔を出さないVlog動画も良いので、テーマや環境によって顔出しの有無を決めれば大丈夫ですよ。

顔出しのVlogにも顔を出さないVlogにもメリットやデメリットはあるので、事前にそれぞれの特徴を把握した上で決めるようにしましょう。

ちなみに最近では顔を出さないVlogの人気も高いので、顔を出したくない方にとっては嬉しいですね。

Vlogで顔出ししない方法!

Vlogでは顔出ししないでも動画を撮れますが、実際にどのようにすれば良いのかイメージが付きにくいこともありますよね。

そこでこのトピックでは実際にVlogで顔出ししない方法について以下を紹介します。

  1. 手元をメインとした撮影
  2. 購入品紹介やインテリア紹介など人物がいらないテーマ
  3. 実際に顔を出していないVlog動画を参考にする

では上記の方法について詳しく紹介します。

①手元をメインとした撮影

手元をメインとした撮影とは、主に料理動画などがあります。

料理動画であれば、料理中は基本的に手元や具材をうつすので、顔を出さなくても良いですね。

また完成した料理についても、テーブルに綺麗にセッティングした動画を撮影するだけで本格的な雰囲気を出せます。

実際に作った料理を食べている場面も撮影したい際は、首から下など顔は出さないように撮ると良いでしょう。

首から下も動画に出したくない場合は、手元だけを映して食事シーンにしても問題ありません。

料理には、モーニングやランチ、カフェやお菓子、パーティ料理など様々なジャンルがあるので、作るものには困らないでしょう。

可愛らしいVlog動画を目指しているのであれば、おうちカフェのようなお菓子作り動画がおすすめですね。

また社会人の日常系Vlogであれば、普段通りの料理シーンを撮影すれば良いでしょう。

料理動画は顔を出さなくても、セットや作る料理によってあらゆる雰囲気を出せるので、おすすめの方法ですよ。

②購入品紹介やインテリア紹介など人物がいらないテーマ

Vlogで顔を出さない方法として、購入品紹介やインテリア紹介、カフェ巡りなど人物がいらないテーマに絞ることも1つの方法です。

Vlogの動画にはあらゆるジャンルがありますが、その中で人物を必要とせず顔を出さなくてもできるテーマは多いです。

特にカフェ巡りなどであれば、カフェへの道のりやカフェの外観、実際に注文したメニューなどを撮影するので、自分の姿を全く出さなくてもVlog動画を作れます。

他にも商品紹介やルームツアー、インテリア紹介、掃除方法や収納方法など、人物を映さないテーマはたくさんあります。

ちなみに顔を出さない人気のテーマには以下などがあります。

  • カバンの中身紹介
  • 買って良かった購入品紹介

上記の中で商品紹介に服やコスメなどがあれば、場合によって実際に身につけている画が必要となるので気を付けましょう。

Vlogで顔を出さないで撮れるテーマは多いですが、顔出し必須のテーマというのも少ないので、必要以上にテーマを意識しなくても大丈夫ですよ。

③実際に顔を出していないVlog動画を参考にする

顔出ししないでVlogを撮りたい場合は、まず実際に顔出ししていないVlogのチャンネルを参考にしてみましょう。

顔を出さずにVlogを撮っているチャンネルは意外と多いです。

顔を出さないVlogだとどのような動画が撮れるのか、どのような撮り方をしているのか、まずは詳しく把握することが大切ですね。

Vlogのテーマがすでに決まっている方は、テーマに沿ったチャンネルを探し、テーマが決まっていない方はとにかく多くのVlogを見てみると良いでしょう。

また顔を出していないVlogを参考にする場合は、どこまでは出しているのか確認が必要です。

例えば身体や首元は出しているのか、全体を出していて顔を何かで隠す方法で撮っているのか、全く何も出していないのか、顔を出さない方法は様々です。

自分が顔以外であれば出して良いのか、顔も詳細が分からなければ雰囲気を出して良いのかなど、許容範囲を決めておく必要がありますよ。

ちなみに顔出しをしていないVlogのチャンネルについては、後ほどおすすめの方を3選紹介します。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Vlogで顔出ししないメリットとデメリット

指を指す

Vlogでは顔出しをしなくても問題なく撮影できますが、顔を出さないVlogにはメリットもデメリットもあります。

顔出ししないVlog動画について、特徴を事前に把握して決めることが大切ですね。

そこでこのトピックでは、Vlogで顔出ししないメリットとデメリットについて、以下を紹介します。

悩んでいる方もぜひチェックしておきましょう。

メリット デメリット
  • 個人が特定されない
  • 周りにばれずに始められる
  • 顔を気にしなくて良い
  • 外見に対する誹謗や中傷の心配がない
  • 表現の幅が狭い
  • 他のVlog動画と似たような雰囲気になりがち
  • 動画の知名度や再生回数が伸びにくい可能性が高い

Vlogで顔出ししないメリット

Vlogで顔出ししないメリットは主に以下の通りです。

  • 個人が特定されない
  • 周りにばれずに始められる
  • 顔を気にしなくて良い
  • 外見に対する誹謗や中傷の心配がない

Vlogで顔出ししない場合個人を特定されないため、周りにもばれずプライバシーも守られた動画を投稿できることが大きなメリットです。

顔を出したくない方にはやはり、周りに知られたくない、顔を知られたくない、という考えが多いですよね。

顔を出さないことで、自分だと知られず安心してVlogを始められるのは嬉しい特徴だといえます。

また、顔の表情やメイクなども気にする必要がないため、比較的気軽に動画を撮りやすいでしょう。

撮影中も表情管理がいらないため、リラックスして動画を撮れることも嬉しいですね。

特に顔を出した動画だと、自分の表情や角度は変ではないか、そもそも撮影できるコンディションかなどが関わってきます。

そのため撮影も気軽に行えず、撮った動画のチェックにも時間がかかるでしょう。

場合によっては顔に対しての良くないコメントがつくこともあります。

顔出ししないVlogであれば、上記のようなストレスなく動画投稿できるので安心ですね。

Vlogで顔出ししないデメリット

Vlogで顔出ししないデメリットは主に以下の通りです。

  • 表現の幅が狭い
  • 他のVlog動画と似たような雰囲気になりがち
  • 動画の知名度や再生回数が伸びにくい可能性が高い

Vlogで顔出ししない場合どうしても表現幅が狭まってしまうため、他の顔出ししていないVlog動画と似たような雰囲気になりがちです。

他のVlog動画と差別化しにくいことは、顔出ししないことのデメリットと言えるでしょう。

また動画自体を差別化できないと、チャンネルの登録者数や動画の再生回数が伸び悩むことが多いです。

自分のVlog動画を伸ばしたいのであれば、顔出ししなくても伸ばす方法を試行錯誤して工夫する必要があります。

そのためVlog動画編集や撮り方において、少し難しいと感じる場合も多いでしょう。

実際顔出しをしない場合、メイク動画など顔出しが必要になるテーマは難しいですね。

さらに実際に撮った動画に顔が映ってしまった場合、カットするかモザイクをかけるかなど、編集にも手間がかかります。

顔を出さないVlogにするなら、他のVlogといかに差をつけてオリジナル性を出すかが重要ですよ。

Vlogで顔出ししない際のポイント

ポイントを指す女性

Vlogは顔を出さなくてもできますが、顔出ししないとなると他のVlog動画と差別化する必要があります。

そこでこのトピックでは、顔出しをしないVlogを撮る際や編集のポイントについて、以下を紹介します。

顔を出したくないけど差別化できるVlogを作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. Vlogのテーマを明確に
  2. シルエットや身体の部位を活用
  3. 画角や画質にこだわる
  4. クオリティの高い編集を行う
  5. ペットを出演させてみる
  6. 投稿頻度を一定にする

①Vlogのテーマを明確に

まずはVlogのテーマを明確に設定して始めるようにしましょう。

なんとなくVlogを撮りたいと曖昧に進めてしまうと、確実に狙いたいターゲット層が浮かばず伸びにくいことがあります。

特に最初のうちはテーマを1つに絞って、特定のターゲット層を狙ったVlog動画にすることがおすすめです。

特に顔を出さない場合表現の幅も狭まりがちなので、特定のテーマにこだわった動画をあげることが再生回数にも繋がります。

テーマを決める際は、自分が継続して撮れるテーマかを考えましょう。

Vlog動画を始めるのであれば、継続することが大切なので、無理したテーマはおすすめしません。

顔を出さなくても撮れるか、継続してネタを増やせるか、ターゲット層はどこか、を意識してテーマを明確にしましょう。

テーマが決まったら同じテーマでVlog動画を出しているチャンネルを参考にすると、編集の仕方も分かりやすいですよ。

②シルエットや身体の部位を活用

Vlog動画で顔を出さない場合、シルエットや手元や足下など身体の一部分を活用して撮ることもおすすめです。

例えば顔だけでなく身体も全く出したくない場合は、影になった自分のシルエットを載せるなども良いでしょう。

Vlog動画は顔や身体を全く出さなくても撮れますが、自分ならではの動画にするにはシルエットなどを出すこともポイントです。

例えばカフェ巡りなどであれば、商品を持った手元を映すだけでもオシャレな動画ができますね。

他にも目的地に向かって歩いている足下の動画も、Vlog中のつなぎにおすすめの素材です。

シルエットとしては、自分の影越しにピースなど動きをつけて撮ることもオシャレですね。

実際に顔を出さなくてもオリジナル性を出すには、顔以外の自分の身体を使うことは効果的なので、覚えておきましょう。

しかし顔以外の部位やシルエットを出す場合は、自分と特定されないように慎重になりましょう。

Vlogとして投稿する動画で特定されないためには、他のSNSで使った写真や動画は使わないことがおすすめです。

③画角や画質にこだわる

顔を出さないVlogの場合、画質や画角など動画に関してこだわることがおすすめです。

他のVlog動画と差をつけるには、他では見られない画角からの視点や高画質が、視聴者の興味も引きやすいでしょう。

しかし画質にこだわるには、カメラなど機材を用意する必要があるので、最初は画角を意識することがポイントです。

例えば商品を撮る際は1つの視点からではなく、遠めや近め、主観や客観、上からや下からなど様々ありますね。

自撮り棒を使って良い場所であれば、自撮り棒などで高い場面から撮るなども他とは違った動画が撮れるでしょう。

顔出しをしないVlogではそのVlogでしか見られない動画が伸びるので、撮り方の工夫が必要です。

Vlogに慣れてきたら、ドローンや一眼カメラなど機材を集めて、より本格的な撮影に挑戦すると良いでしょう。

慣れるまでは、スマホからとにかくいろんな画角で動画を撮ることが大切です。

④クオリティの高い編集を行う

顔を出さないVlogで差別化を図るには、以下のような編集を意識しましょう。

  • 主観的な意見や感情を字幕で表現
  • Vlogの雰囲気に合ったBGMやフォント、色の使用
  • 動画全体の統一感の徹底

顔を出さないVlogの場合、商品や料理などに対して何を思っているのか伝わりにくいですよね。

そのため、字幕で細かい感情を伝えるようにしましょう。

字幕でリアルなレポが分かることで、視聴者も飽きずに動画を最後まで視聴できます。

またBGMや文字の大きさ、フォントや色もVlogの内容に合わせる必要があります。

ふんわりした雰囲気の動画であれば白や茶色、夜の動画では青や黒など、動画によって編集は変えることが大切ですよ。

他にもVlogでは全体の統一感を出すことが重要です。

色調補正や彩度調整などで、全体の動画や写真の色を統一させましょう。

Vlogの動画を撮る際、朝から夜まで撮っていると意図せず色味が大きく変わることがあるので、注意が必要ですよ。

⑤ペットを出演させてみる

ペットを飼っている方であれば、Vlogでペットを出演させてみることもおすすめです。

視聴者の中にはペットが好きな方も多いので、より多くの視聴者の獲得にも繋がるでしょう。

また自分の顔を出さなくても、自分の飼っているペットを出演させることで、自分のVlogチャンネルだと認識してもらいやすいです。

いつものVlog動画に癒しを出したい、少し違った動画にしたい方は検討してみましょう。

しかしペットを出演させる際でも、メインはVlogということを覚えておく必要があります。

例えば必要以上にペットを出演させてしまうと、Vlogを目当てに見ている視聴者を逃す可能性が高いです。

Vlogをメインとした動画だと頭に入れて、たまにペットが映る程度にすることがおすすめです。

投稿が多くなってきたタイミングで視聴者からのペットのニーズが高まった場合は、ペットをメインとした動画を少し出してみても良いでしょう。

⑥投稿頻度を一定にする

顔を出さずにVlog動画を出す場合、投稿頻度も考える必要があります。

高頻度で出す必要はありませんが、週に1回など投稿頻度を一定にして投稿すると良いでしょう。

投稿頻度が不安定すぎるといつ次の動画が出るのか分からないため、継続した視聴者を安定して獲得できません。

また投稿頻度が半年に1回など少なすぎても、視聴者離れにつながるので気を付けましょう。

顔を出さないVlogで他の方と差別化するには、できるだけ高頻度で一定して投稿することがおすすめですが、最初は難しいですよね。

普段仕事で忙しい方であれば、動画を撮る時間や編集する時間を十分に取れないことも多いでしょう。

最初は週に1回を目標にして、慣れてきたら投稿頻度を増やすなど調整すると良いですね。

しかし無理して投稿頻度を上げるのは辞めましょう。

Vlogは継続して投稿することが大切なので、自分の無理ない範囲で取り組むことが最優先です。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

おすすめの顔出ししないVlogチャンネル

人差し指を立てる女性

これまで顔を出さないVlogの方法やポイントを紹介しましたが、実際に顔出しをしていないVlogチャンネルを見るのが分かりやすいですね。

そこでこのトピックでは、顔出しをしていないVlogチャンネルのおすすめについて、以下の3選を紹介します。

気になるチャンネルがあれば、ぜひ見てみましょう。

  1. Choki
  2. kimimaro
  3. Hanako-ハナコと暮らし-

①Choki

choki
チャンネル名 Choki
チャンネル登録者数 110万人
登録日 2019/06/13

「Choki」のおすすめポイント

  • 顔出しをしていないのに100万人以上の登録者数がいる
  • 顔を出さなくてもオシャレなVlogが人気
  • 字幕やBGM、カットなど参考になる編集
  • 猫が登場する

「Choki」はチャンネル登録者数100万人を超える非常に人気のあるチャンネルです。

顔は出していませんが首から下は動画に映っているので、全体の雰囲気は掴みやすいチャンネルです。

特に料理を作る動画では、調理中の手元や食事シーンで首から下も移っています。

完全に姿を出さないチャンネルではありませんが、顔は出ていないので参考になるでしょう。

投稿している動画の特徴は、温かみのある落ち着いた雰囲気であり、リラックスして見ることができます。

日々の疲れを癒やせる動画や柔らかい雰囲気の動画を撮りたい方におすすめですね。

人気の動画には、心を癒す習慣やひとりで過ごす温かい休日など、ほっこりできるものが多いです。

また動画内では猫も出てくるので、ペットを飼っている方は撮り方を参考にしてみましょう。

顔を出さない日常系のVlogや料理に関するVlogを撮りたい方に、おすすめのチャンネルです。

②kimimaro

kimimaro
チャンネル名 kimimaro
チャンネル登録者数 14.7万人
登録日 2019/04/11

「kimimaro」のおすすめポイント

  • 顔を出さないルーティン動画も投稿している
  • 犬も登場するので癒やされる
  • 字幕や画角で参考にできる部分が多い

「kimimaro」は、顔を出さずに普段の生活に関するVlogを投稿しているチャンネルです。

顔は出していませんが身体や手元、頭や足下などは出しているため、男性の日常Vlogをリアルに楽しめます。

人気の動画ではモーニングルーティンやナイトルーティンの動画がありますが、顔を出さないルーティン系の動画として非常に参考になるでしょう。

他の動画では日々の生活やデスクワークを快適にする商品を紹介するなど、人物が必要ない動画も多いです。

幅広いテーマの動画があるので、どんなVlogにするか悩んでいる方にも参考になるでしょう。

更に愛犬であるこたつの動画も多く、ルーティンでは愛犬の散歩風景なども上がっています。

愛犬こたつのモーニングルーティンなど、愛犬をメインとした動画もあるので、ペットを飼っている方は参考にしやすいですよ。

他にも台湾グルメ紹介やルームツアーなどあらゆる動画を出しているので、特に男性のVlogに参考になるでしょう。

③Hanako-ハナコと暮らし-

ハナコと暮らし
チャンネル名 Hanako-ハナコと暮らし-
チャンネル登録者数 不明
登録日 2013/12/03

「Hanako-ハナコと暮らし-」のおすすめポイント

  • 顔を出さずにオシャレなVlogを出している
  • 幅広いテーマのVlogで参考になる
  • 最初のダイジェスト編集も分かりやすい

「Hanako-ハナコと暮らし-」は、一人暮らしのOLの方による日常系vlogのチャンネルで、顔を出さない動画を投稿しています。

顔が映りそうなときはモザイクをかけるなどの編集をしていますが、基本的に顔から下の部分のみが映っているVlogです。

お金の管理や家計簿に関する動画からモーニングルーティン、商品紹介など幅広いVlog動画を投稿しています。

OLの日常系Vlogなので、どんなテーマのVlogにも参考になる部分が多いでしょう。

投稿している動画の多くは、家ですごすVlogや料理に関するVlogなので、家にいる時間が多い方や料理をテーマにしたい方におすすめですね。

投稿している動画は字幕やBGMなど、全体的にオシャレな雰囲気や編集なので、可愛らしい編集として参考にできます。

特に一人暮らしのOLといった同じ境遇の方には、真似できる点が多いですよ。

Vlogで顔出ししないことに関するよくある質問

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

このトピックでは、Vlogで顔出ししないことに関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • Vlogで顔出ししない動画にはどんな種類があるの?
  • Vlogで顔出しするメリットやデメリットって?

①Vlogで顔出ししない動画にはどんな種類があるの?

Vlogで顔出ししない動画は意外と多く、例えば以下の種類があります。

  • 料理Vlog
  • 日常Vlog
  • カフェ巡りVlog
  • 商品紹介Vlog

上記以外にもたくさんありますが、人気の顔を出さないVlogは主に上記にあるVlogでしょう。

特に料理であれば、手元のみを映すだけでも完成できるので、できるだけ身体も映したくない方にもおすすめです。

Vlogは顔を出さなくても、編集や撮り方でおしゃれにできる方法は多いので、あらゆるテーマに挑戦してみましょう。

よく見かけるモーニングルーティンといったルーティン系の動画でも、顔出しせずに撮れるので嬉しいですね。

②Vlogで顔出しするメリットやデメリットって?

Vlogで顔出しするメリットやデメリットには主に以下があります。

メリット デメリット
  • 顔をいかした撮影ができる
  • 表現の幅が広がる
  • 視聴者がつきやすい
  • 自分として人気になれる
  • 個人が特定される
  • プライバシーがない
  • 周りにばれる
  • 見た目について中傷されることもある

Vlogで顔出しするメリットとしては、顔を活用することで表現の幅が広がり、視聴者もつきやすいことにあります。

そのため顔を出せないから諦めるネタもなく、あらゆるテーマに挑戦しやすいです。

一方で、顔を出すことによって個人も特定されるため、周りにもばれプライバシー面も不安なことがデメリットです。

場合によっては見た目に対して何か言われることもあるので、顔を出す場合は覚悟が必要ですね。

顔を出す場合も出さない場合も、それぞれ良い面、悪い面があるので、どちらが自分に合っているのか慎重に考えましょう。

Vlogは顔出ししないでもできる!

Vlogは顔出しをしなくても始められますが、他のVlogチャンネルと差別化するには工夫が必要です。

編集や画角にこだわり、自分ならではのVlog動画を作りましょう。

Vlog動画は継続させることが必要なので、無理せず自分のペースで投稿することが大切ですよ。

ちなみに以下の記事では動画編集に便利な機材を紹介しているので、Vlog動画を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談