vlog

Vlogで収入を得る方法!Vlogで収益化する流れを解説

Vlogで収入を得る方法!Vlogで収益化する流れを解説-アイキャッチ

動画コンテンツの人気が上がる中で、Vlogに興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

Vlogとは「Video Blog」の略称で、Vlogを発信している方も増えています。

その中で自分もVlogを始めたいと思っても、Vlogでどうやって収入に繋げるんだろうと疑問を持つこともありますよね。

そこで今回はVlogで収入を得る方法について、条件や特徴もともに詳しく解説します。

Vlogを始めるか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

Vlogで収入を得るには?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

Vlogで収入を得る方法としては、大きく分けて以下の2つがあります。

  1. アテンションエコノミー
  2. クリエイターエコノミー

上記の方法はそれぞれ更に細分化されるため、まずは上記2つの分野において収入を広げることが大切です。

ちなみに初心者でVlogを始めるのであれば、まずはアテンションエコノミーで収入を得ることを目標にしましょう。

慣れてきたタイミングで、クリエイターエコノミーによる収入を目指すと良いでしょう。

では「アテンションエコノミー」と「クリエイターエコノミー」について、詳しく解説します。

またアテンションエコノミーとクリエイターエコノミーそれぞれの、より詳しい収入を得る方法については、後ほど詳しく紹介します。

①アテンションエコノミー

アテンションエコノミーとは、人々による関心や注目の度合いが経済的に価値を持って機能する経済圏のことを言います。

日本語では「関心経済」や「注意経済」と言われることもあり、人々の関心によって価値が高まるものだと考えると良いでしょう。

人々が寄せる関心が、貴重な価値として通貨のように扱われると予測されたこともあるほど、関心による経済圏は重要だと分かりますね。

そのためアテンションエコノミーによる収入を目指すには、まず自分の認知度を高め関心をもってもらう必要があります。

特にSNSでは関心を集める人がインフルエンサーとして活躍する場ですよね。

周りからの関心を集めることで広告などによる収益化が可能になり、広告収入がアテンションエコノミーの主な収入源となります。

まずはアテンションエコノミーで自分の周知度を広げ、より多くの方に自分のVlogを見てもらうことで広告収入を図りましょう。

Vlogの質も重要ですが、まずは存在を知ってもらうためにどうやって注目を集めるか、最優先で考える必要があります。

②クリエイターエコノミー

クリエイターエコノミーとは、一定のファンがついたクリエイターが、自ら作り出した商品やサービスによって収入を得る方法です。

クリエイターとは、YouTubeやインフルエンサー、アーティストなど幅広く、多くのクリエイターがクリエイターエコノミーで収入を得ています。

一定のファンを獲得しクリエイターエコノミーで収益化するには、大前提としてアテンションエコノミーで視聴者を増やす必要があります。

とにかく多くの視聴者が集めて、その中で一定数のコアなファンを獲得しなければ、クリエイターエコノミーとしての収入は得られません。

コアなファンを少しでも増やすためには、アテンションエコノミーによって認知度を上げることが大切ですね。

またクリエイターエコノミーで収入を得られるようになれば、より継続的にVlogを発信できます。

アテンションエコノミーによる収入を期待せずとも、安定した収入を期待できるので、徐々にクリエイターエコノミーを目指すことがおすすめです。

Vlogで収入を得る方法【アテンションエコノミー】

おすすめ

Vlogでは主に2つの方法で収入を得られますが、まずは「アテンションエコノミー」による収益化について、以下の方法を紹介します。

  1. YouTubeの広告
  2. Amazonアソシエイト
  3. 企業の案件動画
  4. スポンサード
  5. アフィリエイト

では上記の方法について詳しく紹介します。

①YouTubeの広告

名称 YouTubeの広告
期待できる収益 少ない
収益化の条件
  • 直近12ヶ月の公開動画の総再生時間4,000時間以上
  • チャンネル登録者数1,000人以上
特徴
  • 初心者だと収益化までに時間がかかる
  • 収益化の条件さえ達成すれば一定の収入を得られる

Vlogで収入を得る方法として最も思い浮かぶのは、YouTubeの広告収入ではないでしょうか。

YouTubeの広告収入は有名な収益化方法でもあり、広告収入を目当てにVlogを始める方も多いです。

特にVlogを始めたての場合、目指す収益化方法はYouTubeの広告収入でしょう。

YouTubeの広告収入は前提として、直近の公開動画の総再生時間とチャンネル登録者数において、一定の基準を満たす必要があります。

YouTubeの広告において収益化できる基準は以下の通りです。

  • 直近12ヶ月の公開動画の総再生時間4,000時間以上
  • チャンネル登録者数1,000人以上

上記の基準を満たしている場合に、再生回数や広告のクリック数に応じて、収入が発生する仕組みです。

ちなみにYouTubeの広告収入の単価はジャンルによって異なりますが、一般的に再生回数×0.1円と言われています。

収益化条件を達成できれば一定したYouTube広告による収入を得られるので、まずは条件達成に取り組みましょう。

②Amazonアソシエイト

名称 Amazonアソシエイト
期待できる収益 少ない
収益化の条件
  • Amazonアソシエイトに登録する
  • 登録から180日以内に3回以上の的確販売を発生させる
特徴
  • 初心者でも収益化を狙いやすい
  • 大きな収入は期待できない

Amazonアソシエイトとは物販アフィリエイトであり、自分のVlogにAmazonの商品リンクを入れることで、収益化を図る方法です。

自分のVlogで紹介したAmazonリンクを視聴者がクリックし、商品が購入された場合、収入を得られる仕組みとなっています。

Vlog動画内で紹介した商品のリンクを概要欄などに貼り、動画の最後などで概要欄に促すといった流れが一般的です。

Amazonアソシエイトによって発生する収入は商品によって紹介料が異なり、2%~10%とされます。

実際に得られる収入は少ないですが、YouTubeの広告収入に比べて収益化の条件は低いです。

そのためVlogを始めたばかりの方も比較的収入を得やすい方法なので、気になる方にはおすすめですよ。

またAmazonは非常に人気のオンラインショップなので、すでに使っている人や会員が多く、抵抗なく購入されやすいでしょう。

しかし一方で紹介料率が低いため、大きい収入は見込めません。

Vlogで大きく収入を得たいのであれば、他の収益化方法も同時に進めることがおすすめですよ。

③企業の案件動画

名称 企業の案件動画
期待できる収益 大きい
収益化の条件
  • 企業からの依頼
  • 企業への営業
特徴
  • 単価が大きく高い収入を期待できる
  • 視聴者からの印象を考慮する必要性がある

企業の案件動画とは、企業の商品やサービスを紹介するために動画の撮影や編集、投稿を行うことです。

実際にVlogを行っている方にとっては大きな収入となるので、アテンションエコノミーによる収入では企業案件を狙う方も多いです。

基本的には企業からVlog動画を投稿している方に、商品を紹介してくれといった依頼がされます。

しかし企業から依頼されるには人気のあるVloggerになる必要があるので、場合によってはVloggerから企業に営業をかけることも多いです。

企業の商品やサービス紹介のために、企画から撮影、編集や発信を全て任せられるVloggerは、企業にとっても嬉しい取引先です。

そのため、Vloggerにとっても企業にとっても良い影響を及ぼす収益化方法だと言えます。

企業案件動画による収益は、一般的にチャンネル登録者数や視聴回数、動画のジャンルなどによって決まるので様々です。

相場としてはチャンネル登録者数の1.5~3倍と言われているので、大きな収益に繋がりますね。

ちなみに企業案件動画は嫌がる視聴者も多いので、案件は慎重に選んで多用しすぎないことが大切ですよ。

④スポンサード

名称 スポンサード
期待できる収益 大きい
収益化の条件
  • 企業や個人とスポンサー契約を結ぶ
特徴
  • 長期間契約ができれば安定した収入に繋がる

スポンサードとは、企業にスポンサーになってもらい収入を得る方法です。

スポンサーとはよく耳にすることが多く、スポーツにおけるスポンサーが想像しやすいですね。

YouTubeではスポンサー企業のブランドや商品を提供することで、企業からスポンサー費用を獲得する方法があります。

スポンサードの場合、実際に商品を売る必要はなく紹介することが目的なので、アフィリエイトと比べて撮影もしやすいでしょう。

そのためスポンサー企業は基本的にブランディング目的であり、商品購入などの販促目的ではないのが、他の収益化と異なる点です。

スポンサードでは、Vloggerが商品を紹介して購入された回数に応じた収益ではなく、月ごとや動画ごとで決まった収入を得られます。

そのため年間契約など長期間での契約を結べれば、安定したVlogによる収入ができますね。

またスポンサードでは、動画の始めにスポンサー企業のブランドロゴを表示させ、リンクを貼るなどのみでも良いので、編集もしやすいですね。

⑤アフィリエイト

名称 アフィリエイト
期待できる収益 対象によって異なる
収益化の条件
  • 登録しプログラムに参加
  • リンクのクリックや商品購入
特徴
  • YouTubeでは紹介できない案件もある
  • 難易度が高めな傾向

アフィリエイトとは「成果型報酬得」とも呼ばれているインターネット広告の1つです。

アフィリエイトによる収入は人気も高く知っている方も多いと思いますが、紹介した商品を購入されることで収入を得られる方法です

先ほど紹介したAmazonアソシエイトと同じような収益化の仕組みなので、分かりやすいですね。

実際に商品を購入されなくてもリンクにクリックがあれば収入に繋がります。

アフィリエイトはブログや記事などにおいてよく使われる方法で、YouTubeでの収益化としてはまだメインではないです。

そのためYouTubeでのアフィリエイトを目指している方は、他の収益化方法に慣れてきたら始めてみると良いでしょう。

また難易度も高い傾向にあるので、Vlogを始めたばかりの方だと上手くいかない可能性があります。

まずはYouTubeの広告収入やAmazonアソシエイトから始めて、徐々に始めると良いでしょう。

Vlogで収入を得る方法【クリエイターエコノミー】

指を指す

Vlogで収入を得る方法には、アテンションエコノミー以外にクリエイターエコノミーがありますね。

そこでこのトピックでは、クリエイターエコノミーにおける収益化方法について、以下を紹介します。

  1. 有料情報商材販売
  2. オリジナルのブランドや商品販売
  3. メンバーシップ制度
  4. Vlogを集客に利用

①有料情報商材販売

名称 有料情報商材販売
期待できる収益 普通
収益化の条件
  • 情報商材の制作と販売
特徴
  • コアなファンがいないと難しい

そもそも情報商材とは、情報自体が商品となり売買される商材を指します。

特にVlogで使われる情報商材とは、旅行系のVloggerであれば旅行先でのコツや方法、料理系のVloggerであれば料理のレシピなどがあります。

他にも体調管理や身体作りに関するVloggerも、身につけた知識や経験を情報として売りやすいですね。

情報商材は、他の人に役立つ自分の経験や知識が重要です。

Vloggerとしてクリエイターエコノミーの収入を得たい場合は、Vlogを投稿しながら自分の知識や経験を積んでいきましょう。

ここで気を付けたいのが、有料にするほどの情報商材を提供できるのかという点です。

特に最近ではインターネットで調べたらなんでも情報が無料で手に入りますね。

多くのクリエイターも無料で有益な情報を発信していることも多いです。

その中で視聴者がお金を払っても見たいと思えるような、質の高い情報を商材しましょう。

実際に買ってくれた視聴者に万が一お金を払う価値がなかったと思われれば、その後のクリエイターとしての収入にも影響が出るので注意が必要です。

②オリジナルのブランドや商品販売

名称 オリジナルのブランドや商品販売
期待できる収益 大きい
収益化の条件
  • オリジナルブランドの立ち上げや商品の作成、販売
特徴
  • コアなファンがいれば収入に繋がりやすい

オリジナルブランドや商品の販売は名前の通りで、自分ならではのブランドや商品を製作することです。

立ち上げるブランドとしてはアパレルやコスメなど様々ですが、Vloggerであれば関連したブランドを考えると良いでしょう。

Vloggerとしてファンがついている場合、オリジナルブランドを立ち上げることで多くのファンが買ってくれます。

また単純にブランドとしてのセンスや評判が良ければ、自分をVloggerとして知らない人でも買ってくれるため、大きな収入に繋がるでしょう。

しかしあまり知名度がない場合や、コアなファンがいない段階でオリジナルブランドを立ち上げても、伸び悩む可能性が高いです。

一定数以上のファンができたら、ブランドや商品作成を検討しましょう。

まずはブランドではなく、オリジナルグッズや商品の販売から始めることがおすすめですよ。

ちなみに最近では、誰でも簡単に自分のオリジナルブランドを立ち上げられるサービスは多いです。

知名度も上がりファンも増えてきたら、自分ならではのグッズやブランドも視野に入れて活動しましょう。

③メンバーシップ制度

名称 メンバーシップ制度
期待できる収益 少ない
収益化の条件
  • チャンネル登録者数1,000人以上
  • YouTubeのパートナープログラムへの参加
特徴
  • コアなファンと気軽に繋がれる

YouTubeには、YouTubeメンバーシップ制度があります。

YouTubeメンバーシップ制度とは、視聴者が月額料金を払うことでVloggerを応援する方法です。

月額料金を支払ってくれるほどのコアなファンが必要となるので、人気がないと収益化まで難しいでしょう。

YouTubeのメンバーシップでは、メンバーシップになることで得られる特典があります。

そのため、Vloggerはメンバーに入りたいと思ってもらえる特典を用意する必要がありますね。

ちなみにメンバーシップ限定の特典としては、メンバー限定配信や動画などが多いです。

YouTubeのメンバーシップでは、月額500円程度を払うことで参加できますが、Vloggerでもメンバーシップを活用している方は多いです。

またメンバーシップに入っているメンバーと話し合い、動画の内容を考えることもあり、特典は豪華だと言えますね。

YouTubeのメンバーシップは、視聴者には特典がありVloggerにはファンと繋がりながら経済圏を広げるといった利益があります。

お互いにとって良い関係性を築けるので、YouTubeメンバーシップの条件を達成している方にはおすすめですよ。

④Vlogを集客に利用

名称 Vlogを集客に利用
期待できる収益 普通
収益化の条件
  • 他にサービス等を展開している
特徴
  • サービスとVlogのニーズを満たすことが難しい

Vloggerとして働く中で他のサービスをはじめた場合や、すでに他のサービスの展開と同時進行している方は、Vlogで集客を行うことも収入を増やす方法です。

例えば商品紹介系のVloggerであれば洋服のサブスク、カフェ巡り系のVloggerであればカフェの予約サービスなど、関連したサービスを展開する方もいますよね。

特に自分が取り組んでいるサービスと投稿しているVlogの内容に共通点があれば、Vlogを集客として活用するのもおすすめです。

自分が展開しているサービスのターゲット層が見たくなるようなVlogを作成し、投稿することでより幅広いターゲットに向けた動画が作れますね。

そこで自分のサービスを利用するか悩んでいる方の後押しにもなり、販売促進効果も得られるでしょう。

また自分のVlogは知らないけどサービスは知っている方であれば、動画を見てもらうことで自分について知ってもらえます。

他の事業なども展開している方は、Vlogの活用も検討してみましょう。

しかし、展開しているサービスと元々自分が載せているVlogのコンセプトがあまりに違う場合は、両方のニーズを満たす必要がありますよ。

Vlogで培った動画制作スキルも収入に繋がる!

ポイントを指す女性

Vlogで収入を得る方法は主に上記で紹介した通りですが、場合によっては動画制作の面で収入を得ることもあります。

Vlogを投稿している方は多くの場合、企画や構成、動画撮影、動画編集、投稿まで自分で行っていますね。

上記のように動画制作に慣れていくと投稿するVlog動画の質も上がり、場合によっては動画制作の依頼にも繋がりがちです。

特にチャンネル投稿者数が増え自分のチャンネルの認知度も上がると、自分のVlogに憧れを持つ方も多いでしょう。

そのため同じようなVlogの動画を作って欲しい、似たような編集で動画制作を依頼したいなどの案件にも繋がります。

そのためVlog動画によって直接収入を得るのではなく、Vlogの過程における知識やスキルを収益化することも1つの手ですね。

そのため動画クリエイターのような仕事としての収入も期待できるでしょう。

特に動画市場は伸びているので、今度Vlogだけでなく動画クリエイターとしての働き方も視野に入れている方はおすすめです。

Vlogで収入を得る方法はたくさんある!

人差し指を立てる女性

これまでVlogで収入を得る方法を紹介しましたが、意外と多いと感じた方も多いのではないでしょうか。

Vlogで収入を得る方法は非常に多く、登録者数が増えれば安定した収入にも繋がります。

最初はアテンションエコノミーを意識して、とにかく認知度を上げて多くの方に関心を持ってもらうことが必要です。

Vlogを始めたての場合だとなかなか自分の動画の再生回数が伸びない、チャンネル登録者数が増えない、という悩みも多いでしょう。

実際Vlogを始めてすぐに成果が出るわけではないので、諦めずに継続することが大切です。

ちなみにVlogでチャンネル登録者数や再生回数を伸ばすには、とにかく動画編集の質を高める必要があります。

そのためにはとにかくたくさんのVlog動画を編集することが重要なので、慣れるまではたくさん撮ってたくさん編集することを心がけましょう。

また編集や撮り方に悩んだ場合、他のVlog動画を参考にしましょう。

完全に真似することは良くないですが、気になった編集方法や表現方法を自分のVlogにも取り入れることがおすすめですよ。

Vlogは始めやすいジャンル!

VlogはYouTubeの中でも始めやすいジャンルです。

そのため気軽に動画投稿ができて収益化も期待できるジャンルを探している方は、ぜひVlogに挑戦してみましょう。

例えばYouTubeの動画と言えば、以下のような不安点がありますよね。

  • 顔を出す
  • 喋る必要がある
  • 企画や構成が難しい
  • 編集スキルや撮影スキルが求められる
  • 必要な機材が多い

YouTubeに動画を投稿するとなると、上記のように考えがちですが、Vlogであれば心配ありません。

Vlogだと顔や声を出さないことも可能なので、周りにばれる可能性も非常に低いです。

また基本的には日常的な動画を撮るため、事前に企画や構成を練る必要もあまりないでしょう。

さらにVlogであれば撮影から編集までスマホ1つで完結できます。

そのため事前準備がなく、比較的気軽に始められるでしょう。

編集スキルや撮影スキルがあまりなくても、Vlogとして完成度の高い動画は作れるので、嬉しいですね。

Vlogを始めるか悩んでいる方は、収入を得る方法も多いのでぜひ始めてみましょう。

Vlogの収入に関するよくある質問

動画編集の需要や将来性は?増えすぎだけど実際どうなの?-アイキャッチ

このトピックでは、Vlogの収入に関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  1. VlogとブログやYouTuberの違いって何?
  2. 初心者でもVlogで収入は得られるの?

①VlogとBlogやYouTuberの違いって何?

VlogとBlogやYouTuberの違いは主に以下の通りです。

Vlog 日常的な動画を配信する
Blog 出来事などを文字で発信する
YouTuber 凝った企画に沿って撮影と編集を行う

Vlogの特徴としては、日常的な生活の一部を動画にして投稿するものです。

そのためBlogとは主に配信媒体、YouTuberとは主に企画において違いがあります。

Vlogは「Video Blog」の略なので、Blogとの違いとしては文字か動画かと思っても問題ないでしょう。

そのため普段Blogを書いている方であれば、その内容をそのまま動画にして投稿することでVlogを簡単に始められるでしょう。

一方でYouTuberは事前にどんな動画を撮るのか、企画を決めて、より本格的な動画撮影や編集を行います。

Vlogに比べて難易度も高く、競合も多いですが、人気も非常に高い仕事です。

またBlogの主な収益は広告収入やアフィリエイトなどアテンションエコノミーがメインです。

そのためBlogでクリエイターエコノミーとしての収入は難しいと考えましょう。

YouTuberは基本的にVlogと同じ収益化方法ですが、人気が出るとクリエイターエコノミーで多くの収入を得ることが多いです。

VlogとBlogやYouTuberには特徴や収入が異なるため、事前にそれぞれの違いを詳しく把握しておきましょう。

②初心者でもVlogで収入は得られるの?

初心者でもVlogで収入は得られます。

始めてすぐに収入を得られるわけではありませんが、継続することで徐々に収益化できるので安心しましょう。

実際初心者でVlogを始めて、収入を得ている方も多いです。

初心者だからと不安がある方は、一度実際に初心者でVlogを始めて収益化している方を参考にしてみましょう。

Vloggerの中には、Vlogを始めるまでの過程や収入を得るまでの流れについて、Blogで細かく発信している方も多いです。

実体験ではリアルな情報を知ることもでき、自信にも繋がるのでおすすめですよ。

Vlogを始めたばかりだと思うように収入を得られないと思いますが、諦めず継続させる必要があります。

自分のペースでVlogを続けて収入に繋げましょう。

Vlogで収入は得られる!

Vlogで収入を得る方法はたくさんあります。

最初はVlogで認知度を上げて、徐々にコアなファンにアプローチした収益化を目指しましょう。

まずは多くの方の関心を集められるVlogを意識することが大切です。

Vlogは比較的始めやすいジャンルなので、悩んでいる方はぜひ始めてみましょう。

ちなみに以下の記事では動画編集におすすめのアプリを紹介しているので、Vlogに使うアプリが決まっていない方はぜひチェックしてみてください。