動画制作

動画制作で稼ぐまでのロードマップを解説!独学で勉強する際のポイント

動画制作で稼ぐまでのロードマップを解説!独学で勉強する際のポイント-アイキャッチ

動画制作を仕事にして稼ぐまでには、ロードマップを理解することが重要です。

しかしロードマップが上手くイメージできない方も多いですよね。

そこで今回は、動画制作で稼ぐまでのロードマップを詳しく紹介します。

記事の後半では、独学で動画制作について勉強する際のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
Contents
  1. 動画制作で稼ぐまでのロードマップを解説!
  2. STEP1. 動画制作に向けた準備を行う
  3. STEP2.動画制作に必要な知識やスキルを身につける
  4. STEP3.実際に動画制作を行う
  5. STEP4.仕事の依頼をもらうために営業をかける
  6. 動画制作で稼ぐまでのロードマップには独学でも取り組める!
  7. 動画制作で稼ぐまでのロードマップに独学でも取り組める理由って?
  8. 動画制作で稼ぐまでのロードマップに独学で取り組む際の注意点
  9. 動画制作で稼ぐロードマップにおいてスクールに通うこともおすすめ!
  10. 動画制作のロードマップに関するよくある質問
  11. 動画編集を覚えたら「むびる」に登録!
  12. 動画制作で稼ぐまでのロードマップを理解しよう!

動画制作で稼ぐまでのロードマップを解説!

ポイントを指す女性

動画制作を仕事にしたいけど、独学からどのように仕事にできるのかイメージがつかないという方も多いですよね。

独学から動画制作の仕事を獲得するには、まず何をするべきなのかを把握する必要があります。

そこでこのトピックでは、未経験の初心者から動画制作で稼ぐまでのロードマップを紹介します。

動画制作において進め方が分からない方は、ぜひ一度チェックしてみましょう。

今回紹介する動画制作を仕事にして稼げるようになるまでのロードマップは、一般的に以下の通りです。

  1. 動画制作に向けた準備を行う
  2. 動画制作に必要な知識やスキルを身につける
  3. 実際に動画制作を行う
  4. 仕事の依頼をもらうために営業をかける

では次のトピックでそれぞれの過程についてより詳しく解説します。

STEP1. 動画制作に向けた準備を行う

事前準備

動画制作で稼ぐまでの最初のステップは、「事前準備」です。

何を始めるにしても、まずは始めるための準備が必要ですね。

動画制作を始める際は、まず以下の準備を行いましょう。

  1. 動画制作の目的と目標を設定する
  2. 動画制作に関する情報を集める
  3. 動画制作に必要な機材等を準備する
  4. 動画制作で使用するソフトを決める

ではそれぞれの方法を解説します。

①動画制作の目的と目標を設定する

動画制作を始める際は、まず目的と目標を明確にしましょう。

動画制作で稼ぐまでのロードマップは長いため、目的や目標が曖昧だと途中で挫折してしまいがちです。

そのため、まず自分が何で動画制作を仕事にしたいと思ったのか、理由や目的を再確認しましょう。

また目標としては、いつまでにどのようになっていたいのか、具体的に設定することがおすすめです。

特に数字を入れた目標を立てれば目標達成率が明確にわかりますね。

目標は長期的な目標、中長期的な目標、短期的な目標を立てる事で、自分が何をすべきか常に把握できるようにしましょう。

動画制作で稼ぐには、まず目的と目標を明確に設定することで、モチベーションを保って取り組めますね。

②動画制作に関する情報を集める

動画制作の目的や目標が決まったら、動画制作に関する情報収集を行いましょう。

具体的には以下についての情報を集める必要があります。

  • 動画制作の具体的な仕事内容
  • 動画制作で使用する機材
  • 動画制作に必要なスキルや知識
  • 実際に動画制作を行っている方の情報

動画制作を仕事にするのであれば、どのような仕事内容があるのか、どのように働くのかを知る必要があります。

動画制作で稼いでいる方の働き方は、副業やフリーランス、動画制作会社勤務など様々です。

自分にどのような働き方や仕事内容が合っているのか確認しましょう。

また動画制作に関して必要な知識やスキル、機材が何かを知ることが大切です。

必要な物が分からないと、具体的に何から始めるべきか悩んでしまうでしょう。

動画制作に必要な物事については、動画制作に関する情報を集めていく中で明確になります。

実際に動画制作を行っている方のブログや記事、本やなどを参考にして、自分に足りていない物を把握しましょう。

③動画制作に必要な機材等を準備する

動画制作に必要な機材が分かったら、足りていない機材集めをしましょう。

動画制作に必要な機材には主に以下があります。

  • 動画制作ができるパソコン
  • 動画制作で使用するソフト
  • 動画撮影に必要な機材

特に動画制作で使用するパソコンはよく吟味する必要があります。

パソコンのスペックが低い場合、動画編集がスムーズに行えないなどのトラブルに繋がりがちです。

また編集できる動画の長さに制限がかかってしまうことや画質が下がってしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

動画制作で使用するパソコンを選ぶ際は以下の3つの確認が必要です。

  • プロセッサー
  • ストレージ
  • メモリ

動画制作にはソフトも必要ですが、ソフトの決め方についてはこれから詳しく解説します。

ちなみに以下の記事では動画撮影に必要な機材を詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

④動画制作で使用するソフトを決める

動画制作に必要な機材を集めたら、実際に使用するソフトを決める必要があります。

動画制作で使用するソフトを決める際、無料ソフトを選ぶ方もいますが、仕事にしたいのであれば有料ソフトを選びましょう。

無料ソフトと有料ソフトでは、制作できる動画の幅も大きく異なります。

まずは趣味で動画制作を行いたい方は無料ソフトから始めることも良いですが、稼ぐには有料ソフトを使用することが大切です。

動画制作に使用できる有料ソフトは多いですが、中でも「Adobe Premiere Pro」がおすすめです。

上記のソフトは実際に使用している方も多く、動画制作の仕事では上記ソフトの使用を指定されることもあります。

また「Final Cut Pro」という有料ソフトも使用者が多く人気のソフトなのでおすすめですよ。

動画制作のソフトに何を選べば良いのか分からない方は、まず「Adobe Premiere Pro」を選ぶと安心です。

同時に上記のソフトが問題なく使用できるスペックのパソコンを選ぶことも覚えておきましょう。

STEP2.動画制作に必要な知識やスキルを身につける

ペンとノート

動画制作に向けた準備が完了したら、動画制作に必要な知識やスキルを身につけましょう。

動画制作の知識やスキルを身につけることとして、まずはいかに取り組むことが必要です。

  1. 使用するソフトの使い方を理解する
  2. 動画制作の基礎的なスキルを身につける

①使用するソフトの使い方を理解する

まずは使用する動画制作ソフトの使い方を理解しましょう。

ソフトの使い方を理解するには、まず以下について確認が必要です。

  • ソフトの基本的な機能
  • どこを操作すればどのような機能が使えるか
  • どのような手順で操作を進めるのか

ソフトについて全く知識がない場合、どこに何があるのかを把握することも難しいと思います。

ソフトには非常に詳細な情報や操作方法がありますが、まずは大まかな流れと必要最低限の機能とその操作方法を把握しましょう。

使っていくうちに、より細かい使い方や効果的な使い方が分かってくるので、最初は簡単な使い方を理解できれば問題ありません。

ソフトの使い方を理解するには、実際に自分が触ることが大切ですが、使用するソフトをすでに使っている方のブログなどを参考にすることもおすすめです。

まずはソフトに頻繁に触れることで、徐々に使い方に慣れていきましょう。

②動画制作の基礎的なスキルを身につける

動画制作で使用するソフトの操作方法を理解したら、動画制作に必要な基礎知識やスキルを身につけましょう。

動画制作で必要となる基礎的なスキルには主に以下があります。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM・効果音挿入
  • 画像挿入
  • 色調補正
  • サムネイル作成

上記のスキルは動画編集において必要最低限のスキルとなるので、できるだけ短い期間で習得できるようにしましょう。

基礎的なスキルが身につけば、それを応用させより高度なスキルを使えるようになります。

まずは基礎スキルが何かを把握し、できるだけ早く身につけるスケジュールを組むことが大切です。

知識やスキルを身につける方法については、後ほど詳しく解説します。

STEP3.実際に動画制作を行う

パソコン

動画制作における最低限の知識やスキルを身につけたら、実際に動画制作をしてみましょう。

動画制作に取りかかる流れとしては以下のようになります。

  1. これまでの知識やスキルをもとに動画を作ってみる
  2. 他の動画を参考にしながらスキルを吸収する
  3. より高度な動画制作に取り組む
  4. ポートフォリオとなる動画を制作する

上記のように、実際に動画制作しながらスキルを獲得していきましょう。

では一つ一つの流れについて、詳しく解説します。

①これまでの知識やスキルをもとに動画を作ってみる

まずは、これまでに得た知識やスキルをもとに簡単な動画制作を行いましょう。

実際に制作する動画は、比較的簡単で作りやすい動画で問題ありません。

これまでのスキルを活かせる内容にして、現状の動画制作スキルを確認することが大切です。

自分がどのレベルの動画制作ができるか把握することで、自分に足りないスキルや再度確認すべき点が明確になります。

選んだソフトを使用してある程度動画制作ができたら、同じレベルの動画制作を数回繰り返しましょう。

基礎的な動画制作ならもう問題なく行える段階にすることが必要ですね。

基礎が固まったら、より良いスキル獲得のために他の方の動画を参考に取り組みます。

②他の動画を参考にしながらスキルを吸収する

基礎的な動画制作が問題なく行えるようになれば、他の動画を参考にして自分の動画に取り入れたいスキルや表現を学んでみましょう。

動画制作はとにかく慣れることが大切なので、他の動画をたくさん見てあらゆる表現方法を頭に入れることも大切です。

良いと感じた表現は具体的にどのような部分が良いのか、どのように変えて自分の動画に取り入れるか考えましょう。

そのままの表現で動画制作に取り入れてしまうと、オリジナル性もなく差別化が難しくなります。

また自分が制作する動画の強みをアピールしにくくなるため、注意が必要です。

あらゆる動画から参考にできる表現やスキルを吸収することで、自分の動画で使える表現の組み合わせや引き出しを増やせますよ。

③より高度な動画制作に取り組む

基礎的な動画制作が可能で、自分の求める表現も出せるようになれば、より仕事として使える動画制作に取り組みましょう。

動画制作の基礎は大切ですが、基礎的なスキルのみだと思うように仕事を取れないこともあります。

動画制作を仕事として稼ぐには、周りとは違うより高度なスキルを身につけることが必要です。

次のステップとして必要なスキルには主に以下があります。

  • 演出の工夫をする
  • 動きをつける
  • 音声やノイズを確認する

演出の工夫とは、モザイクやぼかしなどの演出や集中線、倍速やスローモーションなどがあります。

演出にはあらゆる種類があり、動画制作において大きく差をつけられる部分です。

またアニメーションなどの動きをつけることで、飽きずに引き込まれる動画制作ができます。

更に音声やノイズ除去の作業を行うことで、より完成度が高くそのまま使える動画にできますね。

高度なスキルとしては、制作した動画がそのまま人目に付く場所に流れても問題ないかを基準に考えてみましょう。

④ポートフォリオとなる動画を制作する

動画制作におけるスキルが身についたら、ポートフォリオとなる動画を制作します。

ポートフォリオとは自分の持つスキルや経験などを相手に伝えるための作品であり、自分が制作できる動画レベルを明確に知ってもらうことが可能です。

ポートフォリオは動画制作の依頼をもらうために重要な資料なので、確実に用意することが必要です。

動画制作のポートフォリオを制作する際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 動画の冒頭で自分のスキルをアピールする
  • 1分程度の動画制作を行う
  • ターゲットや目的を意識する
  • 余裕があれば複数のジャンルの動画制作を行う

動画制作のポートフォリオでは制作した動画を全て見てもらうため、1分以内の動画がおすすめです。

また動画の冒頭部分で自分のスキルをアピール出来れば、動画に引き込むことができるため効果的でしょう。

動画制作を行う際は、応募する案件に近いジャンルや目的、ターゲットを意識すると、相手もイメージがしやすくなりますよ。

STEP4.仕事の依頼をもらうために営業をかける

会議

動画制作のポートフォリオが完成したら、実際に営業をかけましょう。

動画制作を仕事にして稼ぐにはまず経験を積む必要があります。

未経験の方や初心者の方が動画制作の案件を獲得するには、例えば以下の方法があります。

  • 友人や知り合いに仕事をもらう
  • クラウドソーシングを利用する
  • 副業やフリーランスのサイトに登録する
  • 企業などに直接営業をかける
  • SNSを活用して案件をもらう

経験がない場合は簡単に案件を獲得できませんが、地道に続けることが大切です。

特に初心者の方であれば、クラウドソーシングを利用することがおすすめです。

他の方法に比べて初心者や未経験者でも取り組める案件を見つけやすいため、とにかく経験を積みたい方にも良いでしょう。

案件ごとの条件や収入、納期なども事前に確認できるので、現状の自分に取り組める案件なのか判断して取り組めます。

クラウドソーシングで経験を積んだ後に、他の方法にも着手していくと良いでしょう。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画制作で稼ぐまでのロードマップには独学でも取り組める!

指を指す

動画制作を仕事にして稼ぐまでのロードマップにおいて、動画制作における知識やスキルを身につけるステップがありましたよね。

独学でも動画制作の知識やスキルを身につける方法には、主に以下があります。

  1. YouTubeを見る
  2. 本や教材を参考にする
  3. 動画制作のプロのブログを見る

上記の方法で独学でも動画制作を仕事にするまでのスキルを身につけられるので、方法について詳しく紹介します。

①YouTubeを見る

動画制作の知識やスキルを身につけるには、YouTubeを見ると良いでしょう。

YouTubeには、動画制作で必要となる編集方法やスキルに関する動画が数多くあります。

全て無料で視聴できるので費用もかからず、知ったスキルはすぐに実践できるのでおすすめですね。

またYouTubeは動画なので、編集方法について動画で説明があるのは非常に分かりやすいです。

まず自分の求めている動画制作における編集スキルを検索して、上記の動画を参考にしてみましょう。

YouTubeには非常に多くの動画がありますが、全てが正確で参考になるわけではありません。

多くの動画の中から、自分の求めている動画、信頼性がある動画、ためになる動画を見つける必要があります。

動画を探す際は、再生回数や評価、コメントなども参考にすると見つけやすいですよ。

また動画制作に関して投稿しているYouTuberを見つけてから、動画を探すのも良いでしょう。

②本や教材を参考にする

動画制作の知識やスキルを正確に身につけるには、本や教材を参考にすることがおすすめです。

YouTubeの動画だと主観が入ってしまうことや、信憑性に欠けてしまうことがあります。

一方で本や教材であれば、信頼性も高くより具体的で正確な知識を得ることが可能です。

動画制作における重要なスキルや知識について、分かりやすくまとめられているので、初心者であれば1冊は持っていて損はないでしょう。

しかし基本的に文字やイラストでの説明なので、場合によっては分かりにくいこともあります。

分かりにくい部分はYouTubeで検索するなど、動画と本を併用すると良いでしょう。

また本や教材を選ぶ際は、出版年の確認が重要です。

動画制作において求められるスキルは年々変わっているので、できる限り最新の情報を知るようにしましょう。

③動画制作のプロのブログを見る

動画制作の知識を身につけるには、動画制作を仕事として稼いでいるプロのブログやSNSなどを見るのもおすすめです。

実際に動画制作で稼いでいるからこその考えや知識など、リアルな情報を得られる可能性が高いです。

またTwitterやInstagramなどあらゆるSNSでは、有益な情報を発信している方も多いので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

動画制作に関するスキル以外にも、どのように稼げるようになったのか、どのように努力をしたのか等、経緯を記載している方もいます。

実際に動画制作をしている方から吸収できることや参考にできることは多いので、スキルを身につけつつ日常的に確認することがおすすめですよ。

動画制作で稼ぐまでのロードマップに独学でも取り組める理由って?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

独学でも動画制作を仕事にして稼ぐことは可能ですが、どうしても不安に感じる方や疑問に款いる方もいますよね。

自信を持って動画制作に取り組むために、このトピックでは独学で動画制作を仕事にできる理由について以下を紹介します。

  • 動画制作は独学で学習できる環境が整っている
  • 実際動画制作を独学で仕事にしている方が多い

動画制作は独学で学習できる環境が整っている

動画制作は独学で学習できる環境が整っています。

上記でも紹介したように、動画制作はYouTubeや教材など独学でも学習できる方法が多くあります。

特にTikTokやYouTubeといった動画配信の人気が高まっていく中で、動画制作の需要もあり知識やスキルを学べる場は増えています。

実際上記のようなサービスから、簡単な動画制作を行ってみる方も多いので、気軽に挑戦しやすい環境があることも一因です。

また動画制作を仕事とする方も増え、知識やスキルを身近なところから学びやすいこともあります。

最近では動画制作の学習環境が充実しているので、多くの方にとって独学でも仕事にできる分野と言えます。

また動画制作では身につけるべきスキルや知識が分かりやすく、勉強方法や自分に足りていない物が明確化しやすいです。

動画制作では自分に合った勉強方法に取り組めるので、独学でも効率良く動画制作を仕事にできるでしょう。

実際動画制作を独学で仕事にしている方が多い

動画制作を仕事にしている方には、独学でスキルを身につけたという方も多いです。

あらゆる場面において独学で知識を得られるため、最近だと独学で稼いでいる方も珍しくありません。

実際に独学で成功している方がいれば、独学で動画制作を学ぶことも安心して取り組めますね。

もちろん全ての方が独学というわけではありませんが、動画制作を仕事として活躍するには必ずしも独学だとできないこともありません。

独学で動画制作の仕事に取り組んでいる方を見つけて、仕事にするまでの過程や方法を調べてみると良いでしょう。

特にInstagramやYouTubeに動画を載せている方は、独学で行っている方も多いです。

他にも独学で動画制作のスキルを身につけている方は多いので、ぜひ一度調べてみることがおすすめですよ。

動画制作で稼ぐまでのロードマップに独学で取り組む際の注意点

疑問に思う女性

動画制作を仕事にして稼ぐには独学でも可能ですが、以下の点を理解しておくことが大切です。

動画制作は独学でも行える分野ですが、軽い気持ちで始めてしまうと思うような結果が得られないことも多いです。

本気で動画制作を仕事にして稼ぎたいと考えている方は、上記の点を把握した上で取り組むようにしましょう。

  • 自分に合った教材を利用する
  • 動画制作を学ぶための時間を十分に取る
  • 短時間で簡単に稼げるとは考えない

自分に合った教材を利用する

動画制作を独学で行う際は、自分に合った教材を利用することが重要です。

最近では動画制作の需要が高まっていることから、動画制作に関する教材も数多くあります。

その中で適当に選ぶのではなく、自分のスキル向上に本当に必要な教材を見極めることが大切ですね。

動画制作の教材を選ぶ際は以下の点を見るようにしましょう。

  • 教材の出版年度は最近か
  • 教材の中身は初心者でも分かりやすいか
  • 文字だけでなくイラスト等で説明があるのか
  • 教材が対応している動画制作のソフトの種類は何か

基本的に上記の点を意識して教材選びを行うと、自分に合った教材を見つけられます。

特に教材は分かりやすくないと意味がないので、自分のレベルで理解できる内容か確認しましょう。

また自分の求めているスキルや知識が載っているか、自分が利用するソフトが対応しているかも同時に確認が必要です。

教材の選び方で理解度や効率の良さは大きく変わるので、とりあえずおすすめの教材を買ってみることは避けましょう。

動画制作を学ぶための時間を十分に取る

動画制作を独学で行うのであれば、知識やスキルを身につける時間を十分に取ることが大切です。

動画制作を仕事にするには、それなりのスキルや知識が必要ですが、独学だと効率の良い学習が難しい場合もあります。

そのため着実に知識やスキルを身につけて、徐々にレベルを上げていくことが必要ですね。

独学でレベルを上げるには、多くの時間を費やすことが大切なので、普段勉強にあまり時間が取れない方は気を付けましょう。

動画制作を学ぶには長時間かかると把握した上で目標や計画を立てることがおすすめです

動画制作を仕事として稼ぐまでの知識を身につけるには、多くの時間が必要だと把握した上で始めましょう。

短時間で簡単に稼げるとは考えない

動画制作を仕事にしても短時間で稼げるとは考えないようにしましょう。

独学で動画制作を仕事にできるスキルや知識を身につけても、実際に稼げるようになるには時間がかかります。

特に未経験や初心者の方であれば、初めて案件獲得するまでが難しく時間がかかりがちです。

徐々に経験を積んでから稼げるようになっていくため、知識やスキルを身につけたらすぐに稼げるわけではありません。

そのため動画制作で稼げるようになるには、時間がかかると知っておくことが大切です。

気軽に始めてしまうと思うように結果が得られずに挫折してしまいがちなので、気を付けましょう。

また経験値によっても行うべき仕事の取り方や営業のかけ方は異なります。

自分の経験やスキルにあった仕事獲得の方法を見つけて、取り組むようにしましょう。

動画制作で稼ぐロードマップにおいてスクールに通うこともおすすめ!

人差し指を立てる女性

動画制作で確実に稼ぎたいと考えている方は、独学ではなくスクールに通うこともおすすめです。

スクールに通うことのメリットは主に以下があります。

  • 動画制作に必要なスキルや知識を正確に身につけられる
  • 実用的なスキルを習得できる
  • 動画制作の案件を紹介してもらえることがある

動画制作のスクールに通うことで、効率良く知識やスキルを学ぶだけでなく、仕事を紹介してもらえるなどのメリットもあります。

動画制作の経験が少ない方だと最初の案件を獲得することは難しいので、仕事をもらえるのは嬉しいポイントですね。

しかしスクールに通って満足するのではなく、自分でも普段から勉強することが大切です。

スクールに通い終わった後も、勉強や動画制作など行動を継続して、案件獲得に繋げましょう。

動画制作のロードマップに関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画制作のロードマップに関するよくある質問を紹介します。

  1. 動画制作を独学で勉強しても仕事は獲得できるの?
  2. 動画制作を仕事にして稼げる?
  3. 動画制作を独学で身につけるのに必要な期間ってどれくらい?

①動画制作を独学で勉強しても仕事は獲得できるの?

できます。

実際動画制作を独学で学んで仕事を獲得している方は多いので、安心してください。

独学だと仕事にして稼げるほどのスキルを身につけられないと考えている方も多いですが、動画制作は独学で学びやすい分野です。

必要なスキルや知識、勉強方法が比較的明確で、体系的なので独学でも問題なく必要なスキルを身につけられます。

また動画制作は需要が高まっているため、動画制作に関して学ぶ環境も整えられています。

独学で身につけた知識やスキルを活かして、徐々に経験を積んでいけば動画制作で稼ぐことも可能なので、積極的に学びましょう。

動画制作に関連する案件も増えているので、独学でも自分に合った案件を見つけやすいですよ。

②動画制作を仕事にして稼げる?

動画制作を仕事にして稼ぐことは可能です。

特に最近では動画制作の市場は拡大しています。

中でも顕著なものがYouTubeです。

最近ではYouTubeを見ていない方も少なく、多くの方が日常的に見ているYouTubeですが、動画制作の知識やスキルが必要ですね。

より高度なスキルがあれば、他の動画と差別化できるため、重宝されやすいでしょう。

他にもInstagramやTikTokなど、動画制作のスキルを活かせる場面は増えています。

動画市場の拡大に伴い、動画制作の案件も増えているので、動画制作を仕事にして稼ぐことは可能だと言えます。

しかし、動画制作の仕事で稼ぐにはスキルや知識、経験が必要なので、誰でも簡単に稼げるわけではありません。

動画制作を仕事にして稼げるようになるまでは、時間や努力も必要なので、覚えておきましょう。

③動画制作を独学で身につけるのに必要な期間ってどれくらい?

動画制作を独学で身につけるために必要な期間は、一般的に3ヶ月程度と言われています。

あくまで目安ですが、動画制作で案件を獲得するまでには半年弱ほど余裕を持って、勉強に取り組むと良いでしょう。

また、普段勉強する時間をあまり取れない方は、3ヶ月以上かかることもあります。

自分が1日にどれくらいの勉強時間を確保できるのか、一度計算してみると良いでしょう。

勉強の確保時間を計算するには、1日や1週間、1ヶ月と、期間別の時間を考えることが大切です。

1日勉強できない日がある場合は、1週間や1ヶ月で見た際に、勉強時間の遅れをとり戻せるように意識することがおすすめです。

無理矢理勉強時間を増やしても集中直が続かないことや、ストレスを感じる事があります。

自分のできる範囲で勉強時間を確保するようにしましょう。

動画編集を覚えたら「むびる」に登録!

むびる動画編集を覚えたら、フリーランスとしての働き方が見えてきます。

動画編集や動画クリエイターとして働きたいと考えたら「むびる」がおすすめです。

むびるには、動画編集だけの案件や結婚式の動画制作など、さまざまな案件があります。

これから動画クリエイターとして活動していきたいと考えている方や更に仕事を増やしたいと考えている方におすすめです。

まだまだ動画クリエイター募集しているので、ぜひ登録を検討してみて下さい。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー

動画制作で稼ぐまでのロードマップを理解しよう!

動画制作で仕事を獲得し稼ぐまでのロードマップは、主に以下の通りです。

  • 動画制作に向けた準備を行う
  • 動画制作に必要な知識やスキルを身につける
  • 実際に動画制作を行う
  • 仕事の依頼をもらうために営業をかける

動画制作で稼ぐためには、知識やスキルの学習を継続することが重要です。

最初は案件を獲得できないことも多いですが、諦めずに経験を積むことから始めましょう。

むびる-フリーランスの動画クリエイター募集バナー
プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談