結婚式の動画(ウェディングムービー)

結婚式で流すムービーの種類とは?それぞれの特徴を解説

結婚式で流すムービーの種類とは?それぞれの特徴を解説

結婚式で流すムービーを考えたときに、どのような種類があるのかわからない方も多いです。

特に友人の結婚式に行ったことがない場合には、わかりませんよね。

何も知らずに結婚式のムービーを用意してしまうと、全然足りないということも…。

ムービーのせいで結婚式が台無しになってしまったら嫌ですよね。

そこで今回の記事では結婚式で流すムービーの種類について解説します。

これから結婚式のムービーを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

結婚式で流すムービーの種類を解説!それぞれの特徴

ではさっそく結婚式で流すムービーの種類を解説します。

具体的には以下の種類があります。

  • オープニングムービー
  • プロフィールムービー
  • エンディングムービー

これらのムービーについてそれぞれ解説します。

オープニングムービー

まずはオープニングムービーです。

その名の通り、新郎新婦が入場する直前に流れるムービーのことを言います。

会場を盛り上げるための役割がありますね。

入場を盛り上げるためのカウントダウン的な役割もあると覚えておきましょう。

また、オープニングムービーとエンディングムービーは似た内容で制作すると統一感のあるおしゃれな動画ができますよ。

プロフィールムービー

プロフィールムービーとは余興の一つとして、流すことが多いです。

例えば、二人の生い立ちや出会ってからの情報を詰め込みます。

お互いの友達に対して、簡単な自己紹介を含んでいます。

エンディングムービー

エンディングムービーは新郎新婦が退場する際に上映する動画のことをいいます。

ゲストの名前を羅列して、それぞれへの感謝のメッセージを入れましょう。

また最近では、結婚式を撮影していて、披露宴の最後にエンディングムービーとして流すこともあります。

ゲストにとっても、新郎新婦にとっても新鮮な動画になるのでおすすめです。

結婚式ムービーは複数の種類を作る必要があるのか

結婚式ムービーは複数の種類を作る必要があるのかここまで3つの結婚式ムービーについて解説しました。

ただ、結婚式ムービーは複数の種類を作る必要があるのか疑問に思う方もいるかもしれません。

結論からいうと、作らなくても問題はないが作ったほうがいいです。

せっかくの結婚式・披露宴なので、できればおしゃれにしたいですよね。

またどうせなら会場を盛り上げたいはず。

結婚式のムービーには、会場を盛り上げる効果もあるため作れるなら作ったほうがいいです。

もちろん、自作する場合にはそれなりの労力が取られますし、動画クリエイターに依頼する場合には数万円の費用がかかってしまいます。

それでも、結婚式や披露宴は人生で一度きりしかありません。

貴重な体験のためにも、結婚式のムービーを作っておくことがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

結婚式ムービーを複数種類作るための方法

では続いては、結婚式ムービーを複数種類作るための方法について解説します。

どのようにして結婚式のムービーを作ればいいのかわからない方も多いです。

下記の方法で結婚式のムービーを作成できるので、参考にしてください。

  • 自作する
  • 動画クリエイターに依頼する

それぞれ解説します。

自作する

結婚式のムービーは自作することができます。

先程も言ったとおり、時間はかかってしまいますが誰でも簡単にできますよ。

また、自作する場合にはほとんど費用がかかりません。

最悪、パソコンがなくてもスマホの動画制作ツールを利用すれば編集ができてしまいます。

そのため、自作するのもおすすめです。

具体的には以下の流れで動画制作をおこないます。

  • 動画制作ソフトを準備する
  • ソフトに動画や画像をアップロード
  • 素材をつけたり音楽をつけたりする
  • DVDに焼く

このような流れで結婚式のムービーを作成することができます。

1つ注意点としては、結婚式場によってはDVDでの再生しか対応していないことがあることです。

そのため、スマホやパソコンで作成した動画をそのまま持っていっても再生できない可能性があるとおぼえておきましょう。

結婚式のムービーを自作したら、結婚式場に確認をとるのがおすすめです。

動画クリエイターに依頼する

自作する時間がないという方は、動画クリエイターに依頼するのがおすすめです。

動画クリエイターに依頼をすれば、費用はかかってしまいますが、希望したとおりのおしゃれな動画を制作してくれますよ。

動画撮影から依頼する場合には、10万円以上かかることも多いです。

ただ使う写真や音楽を決めた上で、動画編集のみを依頼する場合には数万円も掛からないことがあります。

二人の予算に応じて、動画クリエイターに依頼するのがおすすめです。

動画クリエイターに制作を依頼する際に、節約できるポイントは以下のとおりです。

編集だけを依頼する
個人クリエイターに依頼する

企業の動画クリエイターに依頼をしてしまうと、マージンが取られてしまうので若干費用が高くなってしまいます。

そのため、フリーで活躍している動画クリエイターに依頼するのがおすすめです。

結婚式ムービーを複数の種類作るのが難しければ「むびる」

むびる【むびるのサービス概要】

撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

【まとめ】結婚式ムービーの種類は3つある!すべて作るのがおすすめ

この記事では結婚式ムービーの種類について解説しました。

もう一度、結婚式ムービーの種類をまとめます。

  • オープニングムービー
  • プロフィールムービー
  • エンディングムービー

どれも作成するべき動画なので、ぜひ自作や動画クリエイターに依頼をしてみてくださいね。

動画クリエイターに安く制作を依頼したいなら、「むびる」にお任せください。

むびるでは、動画編集から撮影まで何でも対応可能です!

まずはお気軽にコンシェルジュに相談してみてくださいね。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談