動画編集の基礎知識

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

「動画編集の案件取れないんだけど、どうすれば良いの?」
「動画編集の案件の取り方や獲得までのコツを知りたい!」

動画編集の案件取れないと上記のように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

動画編集の案件の取り方にはあらゆる方法がありますが、コツを知っておかないと思うように案件が取れないことがあります。

そこで今回は動画編集の案件の取り方や獲得までのコツについて詳しく解説します。

動画編集は需要も高い仕事で案件が多く、未経験でも始められるので、案件取れないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

記事の後半では動画編集の案件を獲得した後のポイントまで、紹介します。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画編集の案件取れない方必見の案件の取り方を紹介!

人差し指を立てる女性

「動画編集の案件が取れないけどどうすればよいのか分からない。」
「動画編集の案件の取り方を詳しく知りたい。」

動画編集の案件が取れない方は、上記のように悩むことが多いですよね。

動画編集の案件を取るための方法は意外と多いです。

そでこのトピックでは、動画編集の案件の取り方について、以下の方法を紹介します。

動画編集の案件取れないと悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。

  • 友人や知り合いから仕事をもらう
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 副業やフリーランスのサイトに登録する
  • フリーランスのエージェントで契約を結ぶ
  • 自分のSNSやブログから仕事をもらう
  • 企業などに直接営業を行う
  • 動画編集のスキルを教える

①友人や知り合いから仕事をもらう

まだ実績がない方や動画編集において初心者という方であれば、友人や知り合い、親戚などから仕事をもらうことがおすすめです。

友人などの知り合いであれば、仕事としての不安や緊張も抑えて取り組めるので、初仕事として経験を積みたい方にも良いでしょう。

動画編集と聞くと本格的な動画編集を想像しがちですが、ネットが普及した今では手軽な案件も多いです。

特に実績が少ない方や初心者であれば、基本的に小規模の簡単な編集から始めます。

例えば友人にYouTubeで動画配信を行っている方がいれば、動画編集の案件がないか聞いてみると良いでしょう。

他にも結婚式の動画制作など個人的な案件や、企業をしている場合企業PRの動画編集などの案件もあります。

ちょっとした動画編集でも任せてもらえないか、確認すると良いですね。

また動画制作会社に勤めている友人がいれば、業務委託として案件がないか打診することも手です。

友人や知人相手の案件も適切な報酬を提示しよう!

友人や知り合いからの動画編集案件であれば、無償で行うことや非常に安い報酬で受けようと考えている方もいますよね。

しかし、いくら友人だとしても報酬は相場を基準としてもらうことが重要です。

報酬をもらうことで、動画編集の案件に対する仕事としての責任感や実感がもてます。

責任感を持って取り組めれば、自分の成長や次のアクションにもつなげやすく、貴重な経験にもなるでしょう。

また一度無償で案件を受けた場合、その後も無償や安い報酬で動画編集を頼まれる可能性があります。

相手が友人でも、仕事としての関わりはメリハリをつけることが大切ですよ。

また動画編集の案件を取れる友人が少ない場合も、経験を積みあらゆる人と関わることで人脈を広げられます。

人脈が広がるとより案件を獲得できるツテも増えるので、積極的に人づき合うすることもおすすめです。

②クラウドソーシングサイトを利用する

動画編集の案件を獲得するには、クラウドソーシングの利用もおすすめです。

クラウドソーシングとは、あらゆる企業が業務委託の案件をンターネット上で不特定多数に向けて、発信しているサイトです。

最近ではクラウドソーシングを利用する企業や個人は非常に増えているため、自分に合った案件も見つけやすいでしょう。

クラウドソーシングは、専業のフリーランスはもちろん副業として利用している方も多くいます。

クラウドソーシングの案件にはあらゆる種類が揃っているので、初心者や未経験の方にもおすすめですよ。

また案件ごとの収入や納期も事前に確認できるので、条件が全て明確なのも始めやすいポイントです。

動画編集の案件を取れない方は、応募条件に当てはまれば誰でも応募可能な案件が多いクラウドソーシングを検討してみましょう。

クラウドソーシングで経験や実績を積んだ後、副業やフリーランスのサイトで案件を探すという流れが良いですよ。

クラウドソーシングの案件報酬は基本的に低くなるため、把握しておきましょう。

③副業やフリーランスのサイトに登録する

副業やフリーランスのサイトに登録して、動画編集の案件を獲得することもおすすめです。

副業やフリーランスのサイトとは、副業やフリーランスで動画編集の案件を取りたい方に向けて、案件を掲載しているサイトのことです。

クラウドソーシングと似ていますが、クラウドソーシングに比べて単価が高い案件が多くあります。

そのため、動画編集の実績や経験をある程度積んだ方や高単価の案件を求めている方は、副業やフリーランスのサイトに登録してみましょう。

副業やフリーランスのサイトでの案件までの流れは基本的に以下の通りです。

  • 無料で会員登録する
  • 気になる案件を探して応募する
  • 選考に進み合格すると案件を任される

掲載されている案件には、一定の経験やスキルが求められることが多いので、中級者や上級者の方向けの方法ですね。

初心者の方や経験が少ない場合、自分が取り組める案件が少ない可能性が高いので覚えておきましょう。

クラウドソーシングでの案件に慣れた方は、ステップアップの方法として検討すると良いでしょう。

副業やフリーランスのエージェントもおすすめ!

サイトで案件が撮りにくい場合は、副業やフリーランスのエージェントへの登録もおすすめです。

副業やフリーランスのエージェントとは転職エージェントと同じように、キャリアアドバイザーなどの担当者が案件を紹介してくれるサービスです。

エージェントの担当者は、自分に合った案件の紹介からクライアントとの交渉や日程調整なども代行してくれます。

そのため、自分で直接クライアントと連絡を取っている時間がない方にもおすすめですね。

普段は仕事に専念しながら並行して新しい案件を獲得できるのは、嬉しいポイントです。

特に初心者や未経験者の方であれば、最初は自分に合った案件が見つかりにくい場合や報酬が少ない場合が多いので、一度利用してみるのも良いでしょう。

副業やフリーランスのサイトと一緒にエージェントの登録も1つの手です。

④フリーランスとして企業と契約を結ぶ

動画編集として安定した収入が欲しい方は、フリーランスとして企業と契約を取ることを目標にすることも良いでしょう。

企業と契約することで定期的に収入を得られるので、動画編集の案件がないことや収入がないと悩むこともありません。

契約相手としては、例えばYouTubeの動画配信を行っている方や自社サービスのPR動画を出している企業などがあります。

フリーランスとしての契約のため、企業との契約は自分のできる範囲で複数結べるため、自分の力次第で安定した収入を得られます。

しかし動画編集のフリーランスとして企業と契約を結ぶには、実績や経験が必要なのでステップアップの際の目標として考えてみましょう。

フリーランスとして契約を結ぶのであれば、動画編集としての実績や経験だけでなく管理能力も必要です。

特に複数の企業と契約を結ぶ場合は、全ての仕事の納期を把握し上手にスケジュールを立てることが大切ですよ。

⑤自分のSNSやブログから仕事をもらう

動画編集の案件獲得に向けて動くのではなく、自分のSNSやブログで動画編集として作品や自己紹介を発信することもおすすめです。

自分のSNSで制作した動画を発信していくことで、動画編集を頼みたい方の目にとまり気に入ってもらえば、案件依頼に繋がります。

最近では誰でもYouTubeなどのSNSで発信することが簡単になりました。

SNSをチェックしている方も多いため、あらゆる方の目にとまる機会も多いでしょう。

また自らの作品を発信していく方法であれば、未経験者や初心者でも自分の現在のスキルを明確にアピールできます。

そのため求められているスキルと提供できるスキルにズレがある、という問題も事前に防げるので安心ですね。

営業による案件獲得であれば、打ち合わせ後などに必要なスキルが足りていないなどのトラブルにも繋がる可能性もあるので、避けたい方におすすめです。

SNSとして自分のブログやサイトを立ち上げて、直接案件を依頼できるフォームを設置することも良いでしょう。

⑥企業などに直接営業を行う

案件獲得として直接営業することを考える方も多いのではないでしょうか。

直接企業などに営業を行って動画編集の案件を獲得する方法もありますが、営業は動画編集の実績や経験がないと難しいでしょう。

動画編集の案件に関する営業としては、動画制作会社など動画配信を行っている企業に向けてメールなどで行うことが多いです。

未経験や初心者の方にはおすすめできない方法ですが、ある程度動画編集としての経験を積んだ方は検討してみましょう。

基本的に直接営業を行う方法は失敗する可能性が高いので、失敗しても切り替えることが大切です。

企業の動画などを見て、自分にも作れそうなのか事前に確認してみましょう。

⑦動画編集のスキルを教える

動画編集に関する案件には動画編集としての仕事だけでなく、動画編集のスキルを教える案件もあります。

動画編集として実績や経験が豊富であれば、教える側としての案件も探してみると良いでしょう。

動画編集に関する仕事から一気に幅も広がるため、自分に合った案件も増えますね。

初めて教える側としての案件を探す場合は、レベルや人数を見て比較的難易度の低い案件から選びましょう。

また、動画編集の方法を自分で動画にして発信することもおすすめです。

ちなみに動画編集のスキルを教える方法として、以下の2つがおすすめですよ。

  • ストアカ
  • Udemy

動画編集を教える側としてのキャリアを積みたい方は検討してみましょう。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

そもそも動画編集の案件って何?

疑問に思う女性

動画編集の案件が取れなくて悩んでいる方には、未経験や初心者の方もいるのではないでしょうか。

未経験や初心者の方だと、そもそも動画編集の案件内容についてよくわかっていない場合もあります。

そこでまずは動画編集の案件の内容について、改めて確認してみましょう。

主な動画編集の案件には以下があります。

  • 実写画像や動画の素材編集
  • 画像や動画の素材をもとにアニメーション動画制作
  • 動画に合わせたテキストやBGM等の編集

動画編集の案件では動画編集アプリやソフトを利用して、動画のカットや加工といった編集を行います。

動画編集の案件をこなすには、機材やアプリについて基本的な使い方ができるだけでなく、スキルも必要です。

上記の案件でも動画編集全般ができる必要があるので、覚えておきましょう。

ちなみに案件で行う動画編集のアウトプット先には、YouTubeやCM、広告など様々です。

動画編集の案件って稼げるの?

動画編集の案件とはどのようなものか分かりましたが、実際に仕事として稼げるのか気になりますよね。

動画編集を仕事とする場合、スキルや働き方によっても年収は大きく異なりますが、平均年収は420万円程度となっています。

しかし給料分布の幅が広いため、人によって大きく稼げる場合もあるでしょう。

反対にフリーランスとして働いていて動画編集の案件が取れない場合、思うように稼げないこともあるので、覚えておきましょう。

動画編集の案件が取れずに悩んでいる方は、動画制作会社などの企業の正社員として働くこともおすすめです。

雇用されていれば、安定した給料は見込めるので検討してみましょう。

動画編集の案件を獲得するコツ

ポイントを指す女性

「動画編集の案件の取り方を参考にしているのに、なかなか案件取れない。」

動画編集の案件の取り方を実践しても、上記のように思うように案件獲得できずに悩む方もいるのではないでしょうか。

実際動画編集の案件の取り方を知っていても、案件を取るコツを知らないと獲得に繋がらない場合もあります。

今回の記事で紹介した案件の取り方を成功させるためには、事前に案件を取るためのコツを把握しておきましょう。

このトピックで紹介する案件の取り方は主に以下の通りです。

  • 充実したポートフォリオを作成する
  • 動画編集のスキルを磨く
  • プレゼン力を身につける
  • 特定の領域の動画編集に特化する
  • 動画編集の案件を毎日確認する
  • とにかく実績や経験を積む
  • 営業文や提案文をテンプレ化しない

①充実したポートフォリオを作成する

動画編集の案件獲得を成功させるにはポートフォリオを充実させることが重要です。

ポートフォリオとは、動画編集の実績やスキルをアピールするために作成する資料を指します。

動画編集の案件を獲得するには、いかにポートフォリオを充実させて周りと差別化を図れるかが大切ですね。

ポートフォリオを作成する際は、クライアント目線からどのような情報が欲しがられるのかを考えましょう。

ポートフォリオがあることで、自分ができる動画編集スキルや実績を一目で伝えられるため、信頼性を上げられます。

そのためポートフォリオでは自分の情報を全てフル開示するようにしましょう。

全ての情報を知ってもらうことで、案件を任せられるか、理想とする動画編集を完成させてくれるか、というクライアントの不安を解消できます。

基本的にポートフォリオの情報が少ないと、動画スキルや信頼性で不信感を与える可能性が高いです。

案件や自分の経験に応じてこまめにポートフォリオを更新し、できるだけの情報を詰め込むようにしましょう。

②動画編集のスキルを磨く

動画編集の案件を獲得するには、まず自分の動画編集スキルを磨くことは必要ですね。

基本的なことですが、動画編集のスキルがあるほど自分が応募できる案件の幅も広がります。

任せられる案件内容も充実するので、より案件獲得がしやすくなるでしょう。

多くの案件に取り組めることで、実績や経験、外部からの評価を高められるのは、動画編集の仕事において非常に重要です。

クライアントの期待に応えられる動画編集を行うために、案件獲得への取り組みと並行して動画編集スキルも磨きましょう。

動画編集のスキルを磨くには、動画編集スクールに通うことや独学でも動画編集に関する知識を増やすことが方法です。

中でも確実なのは、動画編集スクールでプロに教えてもらうことです。

全てを独学で行うと自分の間違いに気づかないことや、分からない問題を解決するまでに時間がかかりがちなので気を付けましょう。

③プレゼン力を身につける

動画編集のスキルを磨いても、自分が持っているスキルを正確にクライアントにアピールできないと、案件獲得も難しいですよね。

そこで、動画編集スキルに加えてプレゼン力が非常に重要です。

特に直接営業を行う方法を考えている方は、プレゼン力を高めて自分の作品やできることを明確に伝えられるようにしましょう。

プレゼンする際は、ポートフォリオを見せるだけでなく、自分の得意をどのように活かせるのかを伝えることが必要です。

クライアントはが動画編集を任せる際、相手の動画編集スキルに加えて自分の案件とマッチするのかを見ています。

どれほどポートフォリオが充実していても、そのスキルとクライアントが持つ案件のニーズが合わないと獲得しにくいですよね。

クライアントのニーズや希望を考えて、案件にあったプレゼンで自分の強みをアピールしましょう。

④特定の領域の動画編集に特化する

動画編集の案件には非常に多くの種類があります。

効率良く案件を獲得するには、特定の領域の動画編集に絞ることもおすすめです。

特に案件が取りにくい初心者であれば、領域を絞って1つの種類の動画編集に特化すると有効的ですね。

動画編集には企業のPRや動画広告、サービス紹介など様々ですが、その中で自分が特化したい領域や得意な分野を見つけましょう。

例えば最近ではYouTubeの動画編集に特化している方も多いです。

YouTubeの動画編集であれば、案件も多いため自分のスキルに見合った案件も見つけやすいでしょう。

特定の領域に絞ることで、自分のスキルのアピールもしやすく分野ごとに経験や実績を積めます。

特定の領域で実績があれば専門的なスキルが身につき安定して案件を取れるため、安心ですね。

しかし特化しすぎると取り組める案件が少なくなる、幅広い動画編集のスキルが身につかないなどがあるので、徐々に領域を広げると良いでしょう。

⑤動画編集の案件を毎日確認する

動画編集の案件を取るには、常に動画編集の案件をチェックして営業や応募をすることが必要です。

特に未経験者や初心者であれば、少ない案件に対して営業をかけても獲得できる案件は非常に少ないでしょう。

最初の内はとにかく多くの案件に対して応募や営業をすることがおすすめです。

しかし多くの案件を見ていると、一つ一つの案件に対しての営業や提案の質が落ちる可能性があります。

クライアントのニーズや希望にそぐわない提案をしていても、多くの案件を取りこぼしかねません。

大変ではありますが、全ての案件においてクライアントのニーズや特徴を把握することが重要です。

また案件を確認する時間を増やすだけでも、いち早く自分に合った案件を見つけられる可能性は高まります。

応募や営業をしない場合でも、常に案件を確認する習慣をつけることはおすすめですよ。

⑥とにかく実績や経験を積む

案件獲得において実績や経験は非常に見られるポイントです。

そのため初心者や未経験の場合は案件獲得が難しい場合が多いので、とにかく実績や経験を積むこともおすすめです。

最初は案件を選ばすに自分がこなせる案件は、積極的に取り組むようにしましょう。

低単価の案件も多いですが、ある程度の経験や実績を積むためには単価にこだわらないことも必要です。

特にクラウドソーシングの案件は単価が低い案件が多いですが、初心者や未経験でもできる案件もあります。

実績や経験がついてきたら、単価や条件も重視して案件を選ぶようにしていきましょう。

あらゆる案件をこなすことで、動画編集のスキルや対人スキル、自分の得意分野や効率の良い案件のこなし方が分かるようになりますよ。

また人脈を広げて依頼された案件に取り組むこともおすすめです。

規模や報酬を気にせずまずは動画編集としてアピール出来る実績を残し、外部からの評価をもらいましょう。

⑦営業文や提案文をテンプレ化しない

動画編集の案件を獲得するために営業を行うことも多いですが、その際の営業文や提案文はクライアントによって工夫が必要です。

同じような文章を使い回している方は、すぐに辞めるようにしましょう。

テンプレの文章は意外とクライアントにも見抜かれやすく、本当に営業する気があるのか疑われかねません。

クライアントの求めている人物像を理解して、見合った営業文を考えることが案件獲得に繋がります。

クライアントの特徴や、これまでどのような動画編集を依頼しているのか、事前に調べておきましょう。

その上でクライアントにとって魅力的な営業を行うことで、他の動画編集者と差別化ができますよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

未経験だと動画編集の案件取れない?

動画制作の費用相場はどれくらい?内訳や費用を抑えるポイントも解説-アイキャッチ

動画編集の案件が取れないと悩んでいる方の中には、未経験や初心者の方もいるのではないでしょうか。

実際動画編集の実績や経験がない場合、案件を獲得するのは簡単ではありません。

かといって未経験だと動画編集の案件が絶対に取れないわけではないので、安心してください。

そこでこのトピックでは、未経験や初心者の方が案件を獲得するまでのポイントについて以下を紹介します。

不安な方もぜひ参考にしてみてください。

  • ポートフォリオが作れる動画編集スクールに通う
  • 動画編集ソフトの使い方を身につける
  • 初心者や未経験可の案件を探す

ポートフォリオが作れる動画編集スクールに通う

動画編集において未経験の方は、まず動画編集に関する基礎知識を徹底的に身につけましょう。

動画編集の勉強は独学でも可能ですが、基本的にはスクールに通うことがおすすめです。

スクールに通うことで基礎知識を身につけるだけでなく、フリーランスとして働くためのスキルも学べます。

案件獲得までのコツや手順も知れるので、身につけたスキルを効率良く発揮できますね。

また、スクールを選ぶ際はポートフォリオを作成できるスクールが良いでしょう。

ポートフォリオは動画編集の案件を獲得するために、クライアントが基準とする非常に重要な資料なので、スクールで教えてもらうと安心です。

自分の強みや得意分野に合ったポートフォリオが作成できますよ。

加えて動画編集の案件を紹介してくれるスクールもあるので、探してみましょう。

スクールに通うことでスキルだけでなく、フリーランスとして動画編集の案件を取れる知識が身につくのは未経験の方にぴったりですね。

動画編集ソフトの使い方を身につける

動画編集を行うには動画編集ソフトを使いこなせることが重要です。

動画編集ソフトをあまり使っていない方や使い方がよく分かっていない方は、必要な動画編集ソフトと使い方を把握しましょう。

ちなみに動画編集におすすめのソフトには主に以下があります。

  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro
  • Filmora
  • DaVinci Resolve

動画編集ソフトを選ぶ際は、自分の特化する領域の動画編集に合っているのか、自由度や編集方法は多いか確認しましょう。

自分に合ったソフトを見つけて、実際に動画編集を行い使いこなせるようにすることがおすすめです。

初心者や未経験可の案件を探す

未経験や初心者が動画編集の案件を探す際は、「未経験応募可」や「未経験歓迎」などの表記がある案件を探しましょう。

案件には必要なスキルや必須条件、歓迎条件が記載されているので自分でも取り組めそうなのか確認が必要です。

基本的に「未経験可」の案件は簡単な動画編集が多いので、具体的な案件内容を見てイメージしてから応募しましょう。

しかし「未経験可」の案件でも経験者が優遇されることが多く、すんなりと案件獲得できない場合もあります。

未経験が案件を獲得するには、自分のスキルを明確に示すポートフォリオを充実させるようにしましょう。

特に未経験で動画編集の案件を探す場合は、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングには未経験でもできる多くの案件が登録されているので、できるだけ多くの案件に応募してみましょう。

動画編集の案件を獲得した後の対応が大切!

おすすめ

動画編集の案件を獲得すると気が抜けてしまいがちですが、獲得した後の対応は非常に重要です。

例えば一度案件を獲得したクライアントから定期的に案件を獲得したいのであれば、クライアントとの関係を良好に保つことが必要ですね。

一度動画編集の案件を獲得しても、その際のやりとりが上手くいかないとその後の仕事にも繋がりません。

また外部からの高評価を得られないと、営業でなかなか案件取れないという状況にも陥りかねないので気を付けましょう。

動画編集の案件を獲得するまでには、実績やスキルに加えて評価が重要です。

動画編集の案件を定期的にもらうようにするには、以下の点に気を付けましょう。

  • 納期を確実に守る
  • クライアントからの連絡にはすぐに対応する
  • 求められている以上の作品を制作できるようにする

クライアントからの信頼度や満足度を高めて評価を上げるには、上記の点に気を付けて動画編集の案件をこなしましょう。

動画編集の案件取れないに関するよくある質問

考えこむ女性

このトピックでは、動画編集の案件が取れないことに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • 動画編集の案件取れない人の特徴ってある?
  • 動画編集で案件取れない理由って何?

動画編集の案件取れない人の特徴ってある?

動画編集の案件取れない人の特徴には、主に以下があります。

  • 動画編集の案件獲得に時間をかけられていない
  • クライアントの情報を把握しきれていない
  • そもそも応募をあまりしていない
  • 営業文や提案文がテンプレ化している

上記のように動画編集の案件獲得に時間をかけられない方は、クライアントの情報を把握できないことがあります。

そのため、募集内容に合っていないことやクライアント側が求めている人物象に合わないことが多いです。

また時間をかけられずに情報が足りていないことで、営業分がテンプレであることやそもそも応募数が少なくなりがちです。

動画編集の案件を獲得するには、時間を割いて常にクライアントについて詳細に把握することが重要ですよ。

動画編集で案件取れない理由って何?

動画編集で案件取れない理由としては主に以下があげられます。

  • 動画編集のフリーランスが多い
  • スキルを客観的に判断することが難しい
  • ポートフォリオの情報が少ない

動画編集で案件取れない理由には、本人だけでなく業界としての理由もあります。

動画編集業界は最近人気が高く、供給が多いため競争率が高いです。

初心者として始める方も多いので、案件獲得が難しくなってしまいがちです。

また、動画編集のスキルを客観的に明確に把握することは難しいため、実績や経験のみで判断されることもあります。

特にポートフォリオが充実していないと、よりスキルが判断できないので気を付けましょう。

動画編集の案件を見つけるなら「むびる」がおすすめ!

むびる動画編集の仕事がなかなかみつからないと悩んでいる方は、むびるに登録するのがおすすめです。

むびるには、動画編集だけの案件や結婚式の動画制作など、さまざまな案件があります。

これから動画編集を仕事にしていきたい方や案件を受けてみたいと思っている方におすすめです。

動画クリエイターや動画編集者の需要はこれからも高まっていくことが想定できるので、ぜひ登録してみてくださいね。

\無料でクリエイター登録!/
クリエイターに登録する

動画編集の案件取れない方はコツを抑えよう!

動画編集の案件の取り方は非常に多いですが、獲得するコツを知っておかないと案件取れない悩みにも繋がります。

コツを抑えておけば、未経験の方や初心者の方でも案件を取りやすくなりますよ。

特に初めての案件を獲得することが難しいので、以下の点を頭に入れて動きましょう。

  • ポートフォリオを充実させる
  • クライアントや案件のニーズに合った営業をする

動画編集の案件を獲得した後は、クライアントとの関係を良好に保ち次の仕事に繋げましょう。

未経験者が効率良く動画編集の案件を獲得するには、ポートフォリオを作成できるスクールに通うことがおすすめです。

まずは気になるスクール探しから始めることも検討してみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談