動画制作

動画制作のヒアリングシートって?必要な項目や記入のポイントを解説

動画制作のヒアリングシートって?必要な項目や記入のポイントを解説-アイキャッチ

「動画制作のヒアリングシートって何?」
「動画制作のヒアリングシートってどんなことが聞かれるの?」

動画制作を依頼する際、依頼先と動画のイメージを共有するために重要なのがヒアリングシートです。

依頼先を決めた後すぐにヒアリングが行われるので、余裕を持って入念な準備をしておくことが必要です。

しかし動画制作を初めて依頼する方などは、ヒアリングシートで何を聞かれるのか分からない方もいますよね。

そこで今回は、そもそも動画制作のヒアリングシートとは何か、必要な項目には何があるのか、詳しく解説します。

記事の後半では、動画制作の流れも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画制作のヒアリングシートって何?

疑問に思う女性

動画制作のヒアリングシートとは、動画制作を依頼する際に依頼先が用意する質問シートのような資料です。

ヒアリングシートには、クライアントが抱える現状の課題や動画制作の目的などを把握するための項目が設定されています。

詳細な項目は依頼先によって異なりますが、動画制作に対するクライアントの希望を聞き出すためのシートと考えておきましょう。

そのためヒアリングの際にできるだけ具体的な希望を伝えることで、ヒアリングシートが充実します。

ヒアリングシートが充実することで、動画制作を成功に近づけてヒアリングの質も高まります。

ヒアリングシートは、クライアントに対して適切な提案をするためにも必要不可欠な資料です。

依頼する側としてもヒアリングシートの存在や項目を知っておくことで、より理想的な動画制作が可能になるでしょう。

動画制作を依頼する際は、ヒアリングシートの項目に対する回答を準備しておくと、スムーズに進められますよ。

動画制作のヒアリングシートはいつ必要になるの?

動画制作を依頼するのであれば、ヒアリングシートが重要な役割を担います。

そんなヒアリングシートは、依頼先を決めた後最初に相談する際に必要になります。

ヒアリングシートは動画制作を始めるために必要になる資料なので、制作の序盤で使うと覚えておきましょう。

そのため動画制作の依頼先が決まったら、できるだけ早くヒアリングシートへの準備が必要です。

ヒアリングシートへの回答準備には、意外と時間がかかるので余裕を持って取り組みましょう。

ヒアリングシートにおいて、抽象的やおおざっぱな回答は避け、詳細に具体的な回答ができることが大切です。

イメージ通りの動画制作を実現しスムーズに作業を進めるには、ヒアリングシートの質を高めることが重要ですよ。

動画制作のヒアリングシートの項目には何があるの?

動画編集の案件取れない方必見!案件の取り方やコツを詳しく解説-アイキャッチ

「ヒアリングシートが何かは分かったけど、具体的に何を聞かれるの?」

ヒアリングシートは動画制作において必要不可欠なので、事前に項目を知り回答を準備することが大切です。

しかし動画制作に初めて取り組む場合、ヒアリングシートにどんな項目があるのか、何を聞かれるのか分からないですよね。

ヒアリングシートの項目は会社によって異なりますが、基本的な項目は共通しています。

そこでこのトピックでは、ヒアリングシートによくある項目について、以下を紹介します。

事前に一度目を通しておきましょう。

  • 現状の課題や動画制作の目的
  • 動画のターゲット
  • 予算・納期・長さ
  • イメージに近い参考動画

①現状の課題や動画制作の目的

動画制作において最も重要になるのは、動画制作の目的や現状抱えている課題です。

何を課題に感じて動画制作を決めたのか、動画制作によってどうやって課題解決するのか、もう一度考えてみましょう。

動画制作の目的は、具体的に考える必要があります。

例えば動画制作の目的として「採用活動のため」だけだと、動画の方向性を決めにくいですよね。

採用活動のために動画制作を行うことで、「認知度を上げて多くの方に応募してもらいたいのか」「特定のスキルを持つ人材を集めたいのか」、目的を深掘りしましょう。

目的がより具体的かつ明確になることで、動画の方向性も決まり、理想の動画のイメージを詳細に依頼先と共有できます。

ヒアリングシートでは、クライアントと依頼先のイメージをすり合わせることが重要です。

目的や課題に関して、具体的に回答しましょう。

コンセプトやメッセージも絞っておこう!

動画制作の目的や課題とともに、動画のコンセプトや込めたいメッセージも明確にしておくと良いでしょう。

動画に込めたいメッセージが複数ある場合は、できるだけ1つや2つに絞る必要があります。

動画制作の目的が明確になれば、必然的に最も伝えたいメッセージも分かるでしょう。

メッセージはいくつもあると、結局何を伝えたい動画なのか分かりにくくなるので注意が必要です。

また動画制作の目的によって、動画のコンセプトも分かりますね。

動画によって何を伝えたいのか、何を伝えることで課題解決できるのか、依頼先と共有しましょう。

動画制作の目的を考える際に、どのメッセージが動画に最も効果的なのか把握することが重要です。

②動画のターゲット

ヒアリングシートにおいて、誰に向けた動画を制作するのか、動画のターゲットも聞かれます。

ターゲットは、できるだけ具体的に書くようにしましょう。

例えば、「就職活動を始めようとしている大学3年生の男子生徒」などです。

ターゲットを考える際は、ペルソナを考えることがおすすめです。

ペルソナとは、動画制作を見て欲しい相手に関して、年齢や性別、趣味や行動など、実在している人物のような具体的な情報を設定することを言います。

ターゲットよりも具体的な人物像をイメージできるため、どのような動画だとみてもらえるか、より考えやすくなります。

ターゲットは範囲が広すぎても狭すぎても、期待している効果を得られない可能性が高いです。

一定のターゲット層を確保できる程度に、動画の視聴者を絞りましょう。

ターゲットに合わせた配信媒体も考えよう!

動画のターゲットが決まったら、そのターゲットに最適な配信媒体も考えておくことがおすすめです。

配信媒体についてもヒアリングシートで聞かれることがあるので、用意しておくと安心ですよ。

配信媒体とは、テレビやYouTubeなど様々あります。

特に最近ではWeb上で動画を流す機会も増えているため、動画の配信媒体は多様化しています。

どの配信媒体が想定するターゲットに見てもらいやすいのか、考えることが重要ですね。

例えばターゲットが若者であれば、テレビよりもスマホから見られるWeb上の媒体が目にとまりやすいでしょう。

反対にターゲットがシニアであれば、テレビだと見る機会も多いと考えられます。

ターゲットに合わせて、効果的な配信媒体も考えておくと、スムーズにヒアリングを進められますよ。

③予算・納期・長さ

ヒアリングシートでは、予算や納期、動画の長さも聞かれがちです。

動画をいつまでに納品したいのか、予算はいくらか考えておきましょう。

動画の予算が決まらない場合は、動画の長さから逆算することもおすすめです。

動画の長さは、30秒程度、1分程度、3分以上など大まかでも決めておきましょう。

長さによって予算は大きく異なるので、事前に動画の長さ別の相場を確認しておくと分かりやすいですよ。

事前に動画制作にかけられる費用を決めておいて、制作したい動画の長さと照らし合わせましょう。

動画の長さによって予算とコンテンツ量などが異なるので、動画の目的から長さを決めると予算も決めやすいですね。

また納期は、動画が必要な日に余裕を持った日時を伝えることが大切です。

動画制作では製作後に修正を行う場合もあるので、修正が入っても間に合う納期を提示しましょう。

④イメージに近い参考動画

ヒアリングの際にどのような動画にしたいのか、イメージする動画に近い参考動画があれば、伝えるようにしましょう。

具体的な動画があることで、依頼先とどんな動画が作りたいのかよりイメージを共有できます。

参考動画を探す際は、動画制作会社の実績やYouTubeなどで探すことがおすすめです。

参考動画があることで、より理想通りの動画制作が可能になり作業もスムーズに進められますよ。

しかし参考動画を提示する際は、伝えた予算内で制作できそうなクオリティの動画を選びましょう。

予算内では到底できない動画を見せても、依頼先から適切な提案を期待できない可能性があります。

参考にしたい動画が決まれば、どれくらいの費用がかかったのか調べてみることがおすすめです。

動画の予算が決まっていない場合は、参考動画から決めることも1つの手ですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作のヒアリングシートでは5W1Hを意識しよう!

人差し指を立てる女性

動画制作のヒアリングシートでは、5W1Hを意識することがおすすめです。

5W1Hとは以下の通りです。

  • Why 「なぜ」
  • Who 「誰が」
  • What 「何を」
  • Where 「どこで」
  • When 「いつ」
  • How 「どのように」

上記を参考に、動画制作において依頼先に伝える内容を明確にすると良いでしょう。

ヒアリングシートでは基本的に5W1Hに沿った質問がされます。

5W1Hのポイントを抑えた内容を事前に用意しておくと、ヒアリングをスムーズに進められますよ。

特にWhyとWhoは重要な項目なので、必ず考えておきましょう。

それぞれ内容を考える際は、できるだけ具体的に考えることが大切です。

依頼先から最適な提案をしてもらうためにも、分かりやすく詳細な内容を伝えましょう。

どうしても具体的に決まらない場合は、依頼先と相談しながら進めることも可能ですが、時間や手間がかかります。

動画の納品まで余裕がある場合は、相談しながら決めることもおすすめです。

動画制作のヒアリングシートのメリットって何?

動画制作において、ヒアリングシートがあることのメリットは以下の通りです。

  • クライアントと依頼先で動画に対する具体的なイメージを共有できる
  • クライアントへの聞き取りで漏れをなくして理想の動画に近づけられる
  • ヒアリングの質を保ち作業をスムーズに進められる

動画制作の際にヒアリングシートがあることで、理想的な動画の完成を期待できるでしょう。

しかしヒアリングシートにおいては、内容も大切です。

ただ聞かれることに答えるのではなく、より具体的な内容を考えて答える必要があります。

動画制作のヒアリングシートは、テンプレなどがWeb上に載っているので、一度調べることがおすすめです。

依頼先によってどれくらい具体的に書くのかは異なりますが、用意しておいて損はないですよ。

動画制作でヒアリングシート記入後の流れって?

考えこむ女性

動画制作においてヒアリングシートの記入は序盤に行いますが、その後どのように動画制作が進むのか気になりますよね。

動画制作の流れを知っておくことで、ヒアリングシートの内容がどのように活かせるのか把握できますね。

ヒアリングシート記入前後の動画制作の流れは主に以下の通りです。

  1. 依頼先を決める
  2. 見積もり・相談
  3. ヒアリング・打ち合わせ
  4. 企画・構成
  5. 撮影
  6. 編集
  7. 修正
  8. 納品

基本的に動画制作は上記の流れで進みます。

動画制作において撮影や編集などの順番が変わることはないので、やり直すとなると手間や時間、費用が非常にかかります。

やり直すことなくスムーズに動画制作を進めたいのであれば、ヒアリングシートで工程や内容を細かく伝えるようにしましょう。

動画制作では企画や構成を決めることが重要な工程ですが、ヒアリングシートは企画や構成に大きく影響します。

ヒアリングシートを充実させて、質の高い企画や構成を完成させましょう。

ちなみに動画制作の流れは動画の種類でも異なるので、種類も決めておくことがおすすめです。

動画制作にはヒアリングシート以外にも必要なシートがある?

悩む女性

動画制作においては、ヒアリングシート以外にも以下の2つのシートがあります。

  • オリエンシート
  • クリエイティブブリーフ

オリエンシートとは、ヒアリングシートに比べてより深い内容が必要となる資料で、戦略の方向性も考える必要があります。

クリエイティブブリーフとは、オリエンシートよりも具体的なイメージ作りの広告の設計図であり、よりマーケティング戦略を考えられるシートです。

基本的に動画制作では、ヒアリングシートを書きますが、場合によっては上記のシートを書くこともあるので覚えておきましょう。

3つのシートの目的は大きく変わらないので、ヒアリングシートの項目を大体把握しておけば安心です。

余裕がある場合は戦略も考え全て作成しておくと、より動画の質を高められますよ。

動画制作を依頼するならむびるがおすすめ!

むびるバナー-20231110
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作のヒアリングシートは依頼先で異なりますが、そもそもどこに依頼するか悩んでいる方も多いですよね。

依頼先が決まらない方にはむびるを検討してみましょう。

むびるとは、動画の企画や撮影、編集など動画制作に関する発注をしたい方と、全国のプロの動画クリエイターをマッチングするサービスです。

ビジネスシーンからプライベートまで幅広いジャンルに対応していて、動画制作全般に関する悩みに答えられるので、どなたでも利用しやすいです。

初めて動画制作を依頼する場合でも、コンシェルジュを相談して進められるので、安心です

また、自分の希望通りのクリエイターを複数紹介してもらい、その中から気になる方とのみ打ち合わせを進められるので、スムーズに進められます。

「むびる」がおすすめの方は主に以下の通りです。

  • 初めて動画制作を依頼する方
  • 動画制作の知識がなくて進め方が分からない方
  • クオリティの高い動画を作りたいけど費用はかけたくない方

公式ホームページでは、在籍しているクリエイターの制作実績も確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

LINEでは24時間無料相談を受け付けているので、気になる方はまずは相談から始めることがおすすめです。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作のヒアリングシートは具体的に記入しよう!

動画制作においてヒアリングシートは非常に重要です。

ヒアリングシートは内容を従事させることで、クライアントと依頼先との間で動画のイメージを具体的に共有できます。

ヒアリングシートで記入する基本的な内容は共通しているので、事前に確認して内容を準備しておきましょう。

どのような動画を作りたいのか、明確に伝えることで動画制作を精巧に近づけられますよ。

ヒアリングを控えている方は、余裕を持って準備しておきましょう。

ちなみに以下の記事では動画制作の打ち合わせについて、詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

同時に確認すると動画制作の流れをスムーズに進められますよ。

 

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談