動画制作

動画制作の納期っていつ?納期に間に合わせるポイントを紹介

動画制作の納期っていつ?納期に間に合わせるポイントを紹介-アイキャッチ

動画制作を依頼する際、どれくらいの納期を設定するべきなのか分からない方も多いですよね。

短い納期を設定すると間に合わない可能性もあり不安という悩みもあるでしょう。

動画制作には基本的に2ヶ月から3ヶ月程度かかるため、短納期を希望する方はできるだけ早く依頼することが必要です。

そこで今回は、動画制作にかかる期間や一般的な制作の流れについて、詳しく解説します。

動画制作の納期が早くても間に合わせるポイントや、必要な事前準備、依頼先の選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

動画制作の納期はどれくらい?

疑問に思う女性

動画制作にかかる期間は、依頼から含めて一般的に1ヶ月半から3ヶ月程度です。

そのため納期には余裕を持って3ヶ月程度を目安に設定すると良いでしょう。

しかし動画の種類や長さ、求めるクオリティによって必要な期間は異なるので、注意が必要です。

通常依頼から納品まで3ヶ月程度で終わりますが、場合によっては3ヶ月以上かかることもあります。

制作したい動画によって具体的に設定すべき納期は変わるので、納期の設定基準が分からない場合は制作の流れから逆算してみましょう。

また依頼する動画制作会社によって納期が大きく変わることは少ないですが、会社によっては短納期を受け付けていることがあります。

できるだけ早い納期を設定したい場合は、短納期可能な動画制作会社に依頼することも検討してみましょう。

動画制作の納期を決めたら、納期に遅れないように準備が必要です。

事前準備が整っていないと納期遅れにも繋がるので気を付けましょう。

動画制作は依頼前から時間に余裕を持って行動することが大切です。

動画制作の流れや工程別にかかる日数

動画制作の納期を決めるには、動画制作の流れやそれぞれの工程に必要な日数を把握しておく必要があります。

動画制作の流れは、実写動画かアニメーション動画かで異なるため、それぞれの流れについて紹介します。

実写動画の制作の流れと必要な日数は主に以下の通りです。

実写動画制作の流れ 必要な期間の目安
依頼先との事前準備 1週間程度
依頼先との打ち合わせやヒアリング 1週間程度
依頼先による見積もり・提案 1週間程度
企画・構成 3週間程度
撮影 2週間程度
編集 3週間程度
納品

アニメーション動画の制作の流れと必要な日数は主に以下の通りです。

アニメーション動画制作の流れ 必要な期間の目安
依頼先との事前準備 1週間程度
頼先との打ち合わせやヒアリング 1週間程度
依頼先による見積もり・提案 1週間程度
企画・構成 3週間程度
素材やキャラクター制作 1~2週間程度
アニメーション制作 1~2週間程度
編集 1~2週間程度
納品

事前準備から企画構成までは、実写動画とアニメーション動画で大きな違いはありませんが、その後の流れは大きく異なります。

実写動画であれば撮影や編集に非常に時間がかかる可能性がありますが、アニメーション動画では工程別にかかる時間は大きく変わらないでしょう。

また基本的に動画制作における流れを前後させることはできないため、やり直しが必要ないように正確に進めることが大切です。

アニメーション動画であれば修正も比較的簡単ですが、実写動画は修正が難しいため注意が必要ですよ。

納期を延ばさないためにも、1つひとつの工程で手を抜かないようにしましょう。

動画制作を納期に遅れないためにするべきこと

ポイントを指す女性

動画制作の納期を設定した後は、納期に遅れないように作業を進めることが大切です。

納期に遅れないためには、事前にしておくべきことを把握しておくと良いでしょう。

ポイントを知っているとスムーズに動画制作の工程を進められるので、納期にも間に合わせられます。

そこでこのトピックでは、動画制作の納期に遅れないためのポイントとして主に以下を紹介します。

  1. 動画制作の流れや日数を理解する
  2. 依頼先との打ち合わせ前の事前準備を整える
  3. 打ち合わせやヒアリングで気になる点を全て解消する
  4. 依頼先と制作したい動画のイメージ共有を徹底する
  5. 依頼先と積極的にコミュニケーションをとる

①動画制作の流れや日数を理解する

まずは動画制作の流れや、それぞれにかかる日数を理解しましょう。

動画制作の流れは動画の種類によって異なるので、実写動画なのかアニメーション動画なのかを決める必要があります。

またどちらか決まるとさらに細かい種類に分類されるため、詳細な種類別の費用や必要日数を確認しましょう。

動画の種類が詳しく決まると、動画制作に必要な工程や準備が明確になるので、一般的に必要となる日数を計算できます。

また動画制作の工程別に必要な期間は、動画の長さや求めるクオリティによって異なるので覚えておきましょう。

特に編集作業はこだわれる工程なので、より多くの期間を費やすことも多いです。

動画の目的や種類などクライアントの求める動画制作への適切な時間配分を考えることで、納期までの作業スピードを確認できるでしょう。

また動画制作の流れは基本的に前後できないため、納金に間に合わせるにはやり直しを出さないことが重要です。

特に実写動画の場合撮影などの修正が基本的に難しいため、流れ通りに進められるように気を付けましょう。

②依頼先との打ち合わせ前の事前準備を整える

動画制作を納期までに間に合わせるには、依頼側の事前準備も重要です。

事前準備として例えば絵コンテの作成があります。

動画制作を始める際、まず依頼先との打ち合わせやヒアリングがありますが、打ち合わせまでに絵コンテを用意しておくと流れを把握しやすいです。

事前に準備しておくことはたくさんありますが、絵コンテの作成はしていないという方は多いですよね。

時間はかかってしまいますが、絵コンテまで作成しておくことで、制作したい動画の納期を計算しやすくなりますよ。

時間が足りない場合は簡単で問題ないので、必要最低限の情報を入れ込むようにしましょう。

絵コンテはクライアントと依頼先とのイメージ共有はもちろん、クライアント内でのイメージ共有ができる大切な資料です。

絵コンテから必要な期間や工程内容を把握して、納期に間に合うスピードを計算しましょう。

③打ち合わせやヒアリングで気になる点を全て解消する

動画制作を納期に間に合うようにするには、打ち合わせやヒアリングの時点で疑問点をなくすことが重要です。

打ち合わせ時に曖昧なまま動画制作を進めてしまうと、工程の途中で問題が生じる、やり直しが必要になるなど、トラブルに繋がります。

動画制作の工程をスムーズに進めるには、最初に要望を明確に伝えて納得できるまで打ち合わせを行うようにしましょう

クライアントと依頼側で少しでも解釈に違いがあれば制作が滞り、納期遅れの原因になる可能性が高いです。

動画制作の最も重要な工程である打ち合わせの際、クライアントは制作したい動画について要望や質問を詳細に伝えましょう。

打ち合わせの段階で違和感があればそのままにせず納得いくまで打ち合わせを行い、違和感をなくすことが大切ですね。

④依頼先と制作したい動画のイメージ共有を徹底する

動画制作の納期を守るには、クライアントと依頼先で制作したい動画のイメージを徹底的に共有するようにしましょう。

動画制作においてイメージのすりあわせは非常に重要な工程です。

同じイメージを持てていなければ、制作段階で修正が必要になる場合もあるでしょう。

修正が入ると納期までに余裕を持てなくなることや、納期に間に合わなくなってしまう可能性があります。

またイメージ共有を徹底するには、打ち合わせを複数回行うことが必要です。

短いスパンで打ち合わせを行うことで、動画制作の作業が進んでいてもすぐに修正ができます。

修正に入る段階が早く修正ポイントも少なければ、大きい時間ロスにはならないでしょう。

基本的には動画制作を依頼した初めの段階で行う打ち合わせで、詳細まですりあわせを行い把握漏れしないことが大切です。

しかし初回の打ち合わせのみだと、認識にズレがある場合も多いので、制作途中も定期的な打ち合わせを意識して行いましょう。

⑤依頼先と積極的にコミュニケーションをとる

動画制作において、クライアントは依頼先と積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

コミュニケーションをとることで、動画制作の進捗状況や動画制作に関して聞きたいことを確認できます。

特に進捗状況が分かれば納期に間に合うか把握しやすいので、安心ですね。

納期に間に合うように動画制作を進められているのか確認があると、依頼先もより緊張感をもって取り組めるでしょう。

また納期に関してだけでなく、制作したい動画の完成形のイメージも具体的に合わせられます。

依頼先とのコミュニケーションが取れていないと、納期遅れや要望と異なる動画になってしまうなど、トラブルも起こり得ます。

打ち合わせだけで満足するのではなく、定期的に話をして場合によっては作業工程に立ち会うことも必要ですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作で納期を早めるために準備しておくべきこと

おすすめ

動画制作を依頼する際、できるだけ早い納期で対応してもらいたいこともありますよね。

最近では短納期を受け入れている動画制作会社もありますが、簡単ではありません。

短納期で動画制作を依頼するには、依頼側として事前に準備しておくべきことがいくつかあります。

そこでこのトピックでは、動画制作を依頼する前に準備しておくべきことについて、以下の3つを紹介します。

動画制作を短納期で依頼したい方は、事前にチェックしておきましょう。

  1. 動画の目的やメッセージを明確にしておく
  2. 動画に関する5W1Hを詳細に決める
  3. 参考にできる動画を見つける
  4. 動画制作に必要な資料や情報をまとめる

①動画の目的やメッセージを明確にしておく

動画制作において最も重要なことは、動画の目的や伝えたいメッセージについてです。

動画制作は基本的に自社が持つ課題解決のために行われます。

そのためまずは自社が持つ課題を明確にして、課題解決のためにはどのようなアプローチをするべきなのかを考える必要があります。

自社の課題を詳細に再確認することで、動画制作の目的が明確になるでしょう。

目的が明確になれば、どのようなメッセージ性を入れるべきなのかも把握できますね。

動画制作で組み込むメッセージはできるだけ絞ることが重要です。

動画の長さにもよりますが、基本的に1つのメッセージに絞った動画制作を意識しましょう。

動画に入れるメッセージが多すぎると、動画で何を伝えたいのか視聴者が理解できなくなります。

具体的な目的とメッセージがあれば依頼先が動画のイメージをしやすいため、スムーズに打ち合わせができます。

短納期で依頼する際は、動画の目的と最も伝えたいメッセージを詳細に用意しておきましょう。

②動画に関する5W1Hを詳細に決める

動画制作の納期を短くするには、初回の打ち合わせ時にどのような動画を制作したいのか、クライアントと依頼先で詳細に理解することが必要です。

そこで重要となるのが以下の「5W1H」です。

  • Why 「なぜ」
  • Who 「誰が」
  • What 「何を」
  • Where 「どこで」
  • When 「いつ」
  • How 「どのように」

「5W1H」に沿って以下のような動画制作に関する内容を整理しておきましょう。

  • なぜ動画を制作したいのか
  • 誰に向けた動画を制作したいのか
  • 動画によって何を伝えたいのか
  • 動画をどこで流すのか
  • どの時間帯で流すのか
  • 配信媒体は何か

「5W1H」について考える際はできるだけ詳細に設定することが重要です。

依頼先が動画制作において必要とする情報が細かく設定されていることで、短期間で作業に進むことができます。

クライアントが動画制作の具体的な内容をまとめていないと、実際動画制作の作業に入るまでに時間がかかります。

事前に動画制作に関する要望や具体的に想定していることを伝えることで、短納期でも依頼を間に合わせやすいでしょう。

参考にできる動画を見つける

短納期の動画制作を依頼する際は、制作したい動画の参考にできる動画を探しておくことがおすすめです。

参考動画があることで、依頼先も動画の完成形をイメージしやすいためスムーズな作業がしやすいでしょう。

参考動画を探す際は、自分が想定する動画の予算や長さに合わせることが必要です。

特に参考動画と提示する予算に大きなズレがあると、依頼先も適切な提案ができず打ち合わせが滞る可能性があります。

動画制作において参考になる動画を探す際は、予算やクオリティが同程度かどうか確認するようにしましょう。

また参考動画の中で特に共有したい部分やイメージの説明ができるように、ポイントをまとめておくこともおすすめです。

参考動画は動画制作会社の実績やYouTubeなどから探してみましょう。

動画制作に必要な資料や情報をまとめる

動画制作に関して必要な情報を準備しておくことも、納期を短くするためには大切です。

初めの打ち合わせの時点で動画制作に必要な資料を確認できれば、依頼先は理解しながら効率良く動画制作を進めやすいです。

また事前に動画の大まかな雰囲気やイメージを把握できるので、納期までの制作スピードを計算しやすくなります。

動画制作に必要な資料や情報としては、何も知識がない依頼先でも分かりやすいかどうかを意識しましょう。

例として商品紹介の動画制作であれば、その商品を全く知らない方でも理解できる特徴や魅力を伝えられる情報が必要ですね。

商品について何も知らない方が、その商品に関する動画を制作する際に、どのような情報があれば問題ないか、依頼先の視点に立って考えましょう。

できるだけ詳しい情報や資料を提示して、短納期にも対応できるように心がけましょう。

納期に遅れない動画制作会社を見つけるポイント

指を指す

動画制作において納期は重要ですが、依頼先によって納期に間に合わない場合もあります。

確実に納期までに動画制作を完成させたい場合は、依頼先の見極めも必要です。

納期遅れを出さないために、以下の点に注目して動画制作の依頼先を探しましょう。

  • 担当者と円滑なコミュニケーションが取れるか
  • 動画制作の流れが明確になっているか
  • 短納期を重視してクオリティが落ちていないか
  • 工程の途中で修正を受け付けているのか
  • 複数の依頼先に相談をする

担当者と円滑なコミュニケーションが取れるか

動画制作を納期までに終わらせるには、クライアントと依頼先の担当者が円滑にコミュニケーションを取れるかが重要です。

望み通りにコミュニケーションが取れない場合、お互いに認識のズレに気づくのが遅くなります。

ズレに気づかないまま動画制作を進めれば、後々動画修正に大幅な時間を取られる可能性が高いでしょう。

またコミュニケーション不足により、要望が上手く通っていなかった、動画制作の進捗状況が分からない、といったトラブルも起こり得ます。

特に進捗状況が分からないと納期に動画が間に合うのか分からず不安ですよね。

納期までに動画制作ができる依頼先を見極めるには、依頼先の担当者とコミュニケーションを円滑に取れるか確認しましょう。

依頼先に相談する際に、進捗状況はどのように確認できるか、担当者との連絡手段や頻度などについて、詳しく確認することがおすすめです。

連絡に関して少しでも不安があれば、他の依頼先も検討してみましょう。

動画制作の流れが明確になっているか

動画制作の納期を守れる動画制作会社を選ぶ際は、動画制作の流れが明確になっているか確認しましょう。

どのように動画制作を進めるのか、それぞれの工程でおおよそどれほどの時間が必要なのか、相談時に聞くことが重要です。

動画制作の流れが曖昧だと、納期までにどのように進められるのかも分からず、納期に遅れる可能性があります。

納期から逆算して動画制作のスピードを考える必要があるため、流れが曖昧な依頼先は避けましょう。

動画制作の流れとしては、全体の流れとそれぞれの工程別の内容、作業のスケジュールを詳細に確認できるかをチェックしましょう。

短納期を重視してクオリティが落ちていないか

動画制作の依頼先として、短納期を受け付けていることも多くあります。

納期を重視していても、短納期が可能だからという理由のみで選ぶのは避けましょう。

短納期を受け付けている動画制作会社を選ぶ際は、実績や評判も確認することが必要です。

動画制作会社であれば、ホームページに過去の制作実績を載せていることが多いため、チェックしましょう。

同時に口コミや評判も参考程度に確認することがおすすめです。

実績や評判によって、その会社が短納期でどれくらいの動画を制作できるか大まかに把握できますよ。

また短納期を重視することで、動画のクオリティが下がってしまう、費用が非常に高くなるなど、納期以外の面で問題がないか確認しましょう。

相談する際に、予算や動画制作の流れ、完成度について共有することが必要ですね。

工程の途中で修正を受け付けているのか

動画制作を納期に間に合わせるには、基本的に修正なく全ての工程を進めることが理想的です。

しかしクライアントと依頼先の間に認識の差があった場合、途中で修正が必要になることもありますね。

その場合修正に対応してくれるのか、何回まで修正可能か、修正しても納期に間に合わせられるか、確認しましょう。

修正が可能な場合は修正を行っても納期に間に合うように設定が必要です。

また修正によって追加費用があるのかも確認しておきましょう。

依頼先によっては修正費用が高いことや修正回数に制限がある場合も多いです。

事前に修正に関する細かい情報を聞いた上で、余裕を持った納期を決めましょう。

特に実写動画の場合は修正が難しいため、確認が重要ですよ。

複数の依頼先に相談をする

動画制作の依頼先を決めるには、1つに絞るのではなく複数の依頼先に相談するようにしましょう。

依頼先が納期を守れるのかについて、多くの依頼先を比較することで、対応の差を把握できます。

複数の会社を比較する際、納期や実績、費用や提案内容の確認が必要です。

複数の依頼先の納期や費用、提案内容を目安にして、どこに依頼するのか慎重に考えましょう。

依頼先を選ぶ際は、制作したい動画の種類を得意としているのかも大切です。

依頼先によって得意や不得意は大きく異なるので、動画の種類や目的に沿った会社を選びましょう。

また基本的に予算を見る際は相場と同じくらいの会社がおすすめですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

納期に余裕を持って動画制作を依頼することが大切!

人差し指を立てる女性

動画制作を納期通りに完成させてもらうには、余裕を持って依頼するようにしましょう。

特にできるだけ早い納期を希望している場合は、早めの依頼が重要です。

動画制作には修正が必要になることや、スムーズに作業が進まない可能性もあります。

トラブルが起こることも考慮すると、前もって依頼することが大切ですね。

動画制作は、長さや種類によっても異なりますが、基本的に3ヶ月程度の期間が必要です。

また動画制作を依頼するには、事前準備を整えることも重要なので、覚えておきましょう。

動画制作の依頼にはむびるがおすすめ!

むびるバナー-20231110
撮影料金 動画編集:5,000円~
動画制作(撮影・編集込み):15,000円~
結婚式動画(撮影・編集込み):100,000円~
(※ご依頼・ご予算に合わせて動画制作の内容をカスタマイズ可能)
対応ジャンル ・結婚式・披露宴
・子どものイベント
・お誕生日
・ご家族の動画
・企業PR
・パーティー
・広告・CM
・スポーツ
・サークル
・ダンス
・ライブ
・YouTube
・Instagram
・TikTok
その他制作に関しても相談可能
納期 動画撮影後、最短1週間で納品可能
(※撮影内容によって異なります)
制作の流れ 1. フォームから撮影相談
2. お電話やメールで予算や撮影内容に関してヒアリング
3. 動画クリエイターをご紹介
4. クリエイターを選択
5. クリエイターに相談しながら依頼内容を決定
6. お支払い
7. 撮影
8. 編集
9. 仮完成品チェック
10. 修正作業
11. 納品
サポート内容 専門のコンシェルジュがサポート

動画制作を依頼するのであれば、むびるがおすすめです。

むびるとは、動画制作を依頼したい方と全国のクリエイターをマッチングさせるサービスで、依頼内容に最適なクリエイターとプランを提案してもらえます。

コンシェルジュに相談して進められるため、初めて動画制作を依頼する方も安心できますね。

納期や予算など具体的な希望に合ったクリエイターを紹介してもらえるので、直接依頼先と話し合う手間も省けます。

また納期など希望に合ったクリエイターの中から、気になるクリエイターのみと打ち合わせをするため、スムーズに進められることも特徴です。

むびるにはビジネスシーンからプライベートシーンまで、幅広いジャンルに対応できるクリエイターが揃っているので、希望に合う依頼先を見つけやすいでしょう。

納期に関して撮影内容によって変わりますが、動画の撮影後最短1週間で納品できるため、急いでいる方にもおすすめです。

むびるの公式ホームページでは、銅吾制作の流れや在籍クリエイターの制作実績を確認できるので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

むびるでは24時間LINEで無料相談できるので、気になる方は一度相談することもおすすめですよ。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

動画制作の納期を重視するなら早めに依頼しよう!

動画制作には基本的に1ヶ月から3ヶ月程度かかるため、急いでいる方はできるだけ早く依頼することが重要です。

また短い納期を提示した場合は、依頼側も事前準備を整える必要があるので覚えておきましょう。

納期までに動画を完成させたい方は、特に以下の点に注意することで依頼先の納期遅れを防ぎましょう。

  • 事前に動画制作の流れや必要な期間相場を把握する
  • 依頼先と積極的にコミュニケーションをとる
  • 詳細な事前準備で依頼先と明確なイメージを共有する

ちなみに以下の記事では、動画制作にかかる期間や流れを細かく解説しています。

納期を設定する際は、ぜひ参考にしてみてください。

\専属コンシェルジュのサポートで初めてでも安心/
コンシェルジュへ無料相談

プロに動画制作を依頼するなら「むびる」

むびるバナー-20231110

撮影料金
10,780円(税込)~
クリエイター指名料
なし
制作できる動画
結婚式ムービー/PR動画/イベント動画/サプライズムービー/CM/Youtube動画/セミナー動画など
納品期間
最短1週間以内
むびるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑制作費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
LINEから無料相談